パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

これが4パチ復活の具体策だ!


ハンドルネーム「とんかつ」さんから4パチ復活の具体的な提案が寄せられた。

以下本文

毎度出玉率を上げろと言っておきながら、確かに具体的な展望を欠いていたかもしれません。記事に対する否定は前に書いたので、4パチ復活の具体的な提案を書いてみます。

パチンコ店は出玉率を上げる。具体的には、店の半分~2/3程度は期待値1000~2000発(28~30玉)の台を置く。

プロが打って日当3000~5000円位で手が出せない範囲の台をとにかく沢山設置。残りはぼったくり台でもいい。海なら21~22回/1000円です。

この状態をとにかく長期間維持することです。そのために、新台入れ換えは期限切れ以外ではやらない。入れるなら残り二年以上ある安い中古を優先導入する。

メーカーは売上が1/5位になることを覚悟する。ゼロになるよりましだと思うしかない。

それから、発売前に充分な試打時間と実射データを提供すること。定期的に起こる大量導入大こけは、メーカーが仕組んでいるとしか思えないし、店にも客にも甚大なダメージを残すので、事前に防ぎましょう。

中古市場を安全・迅速化して、手数料で稼ぐとか、なんとか頑張ってください。

ここまでを実行する前提で、さらに新台の提案も加えます。

いよいよ設定付きも出回り始めたところです。これを利用して、最低設定終日で客のプラス0~1000発程度、止め打ち込みで1500~2500発程度の機械を提案します。同時に雑誌・ネットで「最低設定でも日当1万円!」って煽ってもらいます。

要するに先に挙げた出玉率の例と同じなのですが、これを釘を動かさない前提の設定付きで出すことに意味があります。

少なくともこの機種を打っていればぼったくりはないし、うまくやれば勝てるんじゃないかと思わせることができます。とりあえずこの台が空いてるかな?と、パチンコ屋を覗いてみる来店動機になります。

ついでに、パチログ的な機能も付いていれば、ちゃんと最低設定の確率で当たってることも示せます(笑)。

恐らく、設定導入が決まった段階でメーカーは「最低設定でも日当○○」路線に関して議論していたはずです。スロットでは定番ですしね。これから機種が出揃ってきたら、「1で100%」機種はいくつか混ざってるかもしれませんし、なかったら是非作ってもらいたい。

店も利益だけを見ないで、来店の契機になると思って少台数でも導入して欲しい。まさかのサプライズ高設定でもやれば、さらなる集客になります。

絶対勝てるならプロで満席になるし、絶対負けるなら今現在の様に客は来ません。だから、「勝てそう」を提供するのが4パチの一番良い集客になると思います。

でも、絶対に勝たせない方針のいくつかの大手グループはこの話には乗らないでしょうね。最近では止め打ちどころか、通常スタートが前日より上がるだけで出禁だとか…。軍団で目をつけられていたとかもあるでしょうが、もはや遊技性の欠片もないひどい話です。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。