パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ業界のイメージの変遷と今後


パチンコ日報とシナジーアーク共催によるホール社員の集いの第2弾「残念な離職0を目指す取り組み」より再録。

第三講座

パチンコ業界のイメージの変遷と今後
梁よう(オフィスヤナモト代表)


昭和36年(1961年)に始まる大阪方式(3店方式)は暴力団排除と身障者寡婦など社会的弱者とされる方々の雇用の創出を目的に大遊協と大阪府警の二人三脚で進められました。

では、なぜ、大阪府警に認められたのか? 3店方式の生みの親ともいうべきキーマンが水島年得さん(初代大遊協理事長)で戦前、大阪府警の警察官だった。戦後、民間人となり心斎橋でパチンコ店を開業し、暴力団の景品買取を締め出す方策を模索した結果、水島さんが考案して誕生したのが3店方式で、全国へ拡大したと聞きます。

昭和57年(1982年)NHK銀河小説「本日開店」は、パチンコ店を舞台に酒井和歌子さんや森本レオさんが出演しました。



昭和61年(1986年)全遊協(1990年解散)が発行した「全遊協20年史」では、当時の首相の中曽根康弘氏が祝辞文を寄せていました。



1986年に全遊協が創設したパチンコ文化賞では野党第1党日本社会党党首の土井たか子氏が受賞式に出席しました。

昭和63年(1988年)に制作されたパチンコをテーマにした映画「ほんの5グラム」には布川敏和さんや俳優デビューの福山雅治さんが出演しました。

また、長年にわたり業界は青少年健全育成の啓発映画製作への寄与や社会福祉施設への寄付を行なって来ました。

いくつかのターニングポイントはあるものの業界は射幸性の向上と規制される事を繰り返してきました。

一方で社会貢献を果たしてきた事で存在が容認されてきました。この事は上述の過去の取組から伺えます。また、メディアにも現在よりも好意的に取り上げられました。

射幸心、規制、社会貢献、社会的容認。昭和の時代はこのバランスがうまく取られていた事が伺えます。

平成の時代からそのバランスが崩れます。
その原因は下記の事柄などが考えられます。

①射幸心が高くなりすぎ、還元率も年々低くなった。結果勝ちにくくなりファンの離反へ。
②コンプライアンスの重視。
③ネット社会による偏った情報拡散とそれを信じてしまう人がいる。
④グレーを許さず白黒つけたがる風潮がある。
⑤趣味娯楽の多様化。

令和の時代となり、社会貢献にとどまらず社会的責務がますます問われる傾向になります。
現状のままなら業界イメージは良くはなりません。過去は変えられないが未来は変えることができます。慈善事業で止まらないCSR活動。ステークホルダーを意識することが重要となってきます。

また、スポークスパーソンの育成が必要であり、その事で業界を正しく知ってもらうためのロビー活動を活発に行うことが出来ます。業界が難しいなら会社で、店で、個人でもいい。 参院選で話題のN国党、令和。皆さんが立花氏や山本氏には成れませんが初めは1人。1人からの発信は学びがあると思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

消費税10%時代、スロットは50枚か46枚か


サン電子主催の「6号機の効果的活用術」より

ユニークワークスの上田健介ゼネラルマネージャーとメイドインサービスの飯田信一常務が各テーマに沿って持論を展開した。

テーマ1
消費税増税後のホール経営

■外税反対派 上田氏

スロットの貸し出し枚数で47枚と50枚の店がある。1枚減らすと2%の粗利が増える。1000回転回すお客さんと3万円使って帰るお客さんでは後者の方が多い中で、50枚の方が稼働がいいデータがある。

47枚も50枚も台粗はほぼ一緒。

外税のメリットは同じ売り上げで利益が取りやすい。設定も入れやすい。

一方、デメリットは8%の稼働差がある。現金を入れた時に払い出し枚数が少ない。関西では再プレイ比率が高い。負けた理由を47枚にする。

外税のメリットはホールにはあるが、ユーザーにはデメリットになる。ユーザーにメリットがある仕掛けが必要。ユーザーにとっては外税は値上げになる。

外税は稼働よりも粗利を取りたい場合はハマる。しかし、粗利確保はユーザーデメリットが多い。稼働が落ちる閑散期に外税は集客手段にはならない。

■外税賛成派 飯田氏

消費税が2%上がって10%になる。貸しメダルは最大46枚にすることができる。私は上田さんの意見とは反対で基本的に47枚の方が稼働がいい。地域性はあるがTRYSEMのデータでも外税の方が上がっている。これは立地で状況が変わる。

46枚貸しでメダル1枚の価値が敏感に感じられる。スロットユーザーは借りる時より、交換の時に価値を感じる。今後は46枚を考えていただきたい。併せて貸し出し枚数と交換率も考えなければならない。非等価にシフトしなければならない。Reゼロは設定を入れなければ稼働しない。中小ホールは設定をいかに使うかがカギになる。設定を入れるためにも、粗利を確保するためにも交換率の変更を視野に50枚より、46枚。

大阪では46枚貸し出しの52枚返し。5.65枚交換で11.3割。最大6枚交換で設定をどれだけ使うかがポイントになる。

ただし、消費税増税後の10月からいきなりスタートするのは危険度が高い。ほとんどが旧基準機の中で、貸し出し枚数、交換率の変更は危険。時期は12月の旧基準機撤去後でもいい。

年明けの後出しジャンケンでもいい。競合店の状況を判断して考えること。

来年は機械のスペックが徐々に上がっていくはず。機械の実績を見てからでも遅くない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




パチンコ店の価値と社会的意義を再発見!


パチンコ日報とシナジーアーク共催によるホール社員の集いの第2弾「残念な離職0を目指す取り組み」より再録。

第2講座
パチンコ店の価値と社会的意義を再発見!
アサヒディード河野真一郎営業部長

第一部でのアイスブレイクゲームで緊張感が取れ、チームが一つになり始めたところで、第2部に移った。テーマは「パチンコ店の価値と社会的意義を再発見!」。これを基に以下の流れで進行した。

アサヒディード河野営業部長


①パチンコ店の価値、社会的意義の書き出し(10分)

②グループで共有・整理(30分)

③全体で共有(20分)

まず、各自がポストイットに1枚1項目でパチンコ店の価値や意義を書き出していく。各自が書き出したものを整理しながらグループの意見をまとめ、最後に発表していった。

ポストイットに思いつくことを書き出す


グループの意見を整理してまとめる作業


発表は発表したいグループから手を挙げていく。第一部のアイスブレイクによってチームワークが出来上がっているので、積極的に手を挙げる光景が印象的だった。

各チームでのパチンコ店の意義を発表


では、実際に発表された内容を紹介しよう。

●チームC
・お客様目線では非日常の提供、町のインフラ整備、地域社会のコミュニティ
・ホール目線では雇用の創出、納税、出会いの場
・空気入れ、傘の貸し出しなどホールへ行けばなにかしらしてくれる
・夜は町の灯となり、防犯、安心、安全に貢献

●チームA
・納税で地域が反映
・お客様視点では素敵な時間と空間の提供。行くことによって感情の変化を与えられる
・従業員視点では何もしないと怒られる経験は1人1人の成長につながる、仲間づくりの場

・地域社会視点では大切なインフラとして安心、安全、防犯につながっている
・地域貢献による従業員満足

●チームD
7つの功罪
・いつでも行ける大衆娯楽
・雇用の受け皿、氷河期にも新卒採用
・戦後のストレス解消
・金銭犯罪の動機にパチンコが使われる
・空気が悪い反面タバコが簡単に吸える
・トイレがキレイ
・クレーム対応による成長

●チームB
・すべてが必要不可欠
・ストレス発散
・1人でも遊べ、色々な年代の人が遊べる
・人と人の触れ合いに価値がある
・真ん中はすべてがグレーゾーン
・人がメインの業界で出会いの場でもある
・従業員目当てのお客様がいることが存在価値

●チームE
・生存確認ができる社交の場の提供
・時給が高い
・出会いの場、飲みニュケーションが多い
・タバコが吸える
・社会貢献の項目が多数
・商店街にパチンコ店ができると商店街に人が増える

各チームの発表を終えて河野部長はこう話す。

「社会的価値があるにも関わらず、残念な離職をどう変えるかが一番の肝。どうすればパチンコ業界のイメージが変わるか」として、次の4点を挙げた。

①社会的価値のあるホール企業が多くなること
②業界全体で社会に対して広報活動を行う
③パチンコの合法化
④働く人たちが業界、会社を正しく知る

「若い優秀な社員が辞めて行くのを引き止められない。お客さんとの人的なトラブルやちょっとした嫌なことが膨らみ、嫌なところしか見えなくなる。パチンコ全体をネガティブに受け止めてしまう。まず、正しく現状を確認、把握するだけでも止まる人もいる。次の世代にバトンタッチするためにも業界全体を正しく知ってもらうことが必要」と訴えた。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




遊技機のパフォーマンスを最大化するための仕組みとは


遊技機運用活用セミナーより

遊技機のパフォーマンスを最大化するための仕組みとは

㈱CFY 代表取締役 梶川弘徳

以下本文

2018年アメリカ・シアトルにAmazon Goの1号店がオープンした。完全セルフレジの店でここにはトラッキング(追跡)技術が盛り込まれている。

入口でアプリをダウンロードしたスマホをかざして入店する。商品をバッグに入れたままレジを通さずに店を出ることができる。何を買ったかを天井にある無数のカメラが認識して、自動的にクレジット決済する。

トラッキング技術は何を買ったかが分かるだけでなく、何を買わなかったか、という情報も分かる。カゴに一旦入れたが、それを戻して別のものを買ったデータまで収集している。

買わなかった商品のビッグデータによって棚の陳列を替える。

お客にとっては、買い物体験の向上が一番のメリットとなる。 レジ待ちもなく、キャッシュレス。そして店員の対応も良いので、品揃えの問題や大きな価格差がなければ、間違いなくAmazon Goに通うようになる。

なぜアマゾンはこのモデルを試しているのか?

ビジネスに勝つには相手の土俵ではなく、自分の土俵で勝負するつまり自分に有利なルールで戦うほうが当然強い。アマゾンがこのAmazon Goのモデルで、オフラインでの小売ビジネスでのルールを変え、ゲームチャンジャ―になることを目指している、と言われている。

Amazon Goのトラッキングをパチンコ店の集客に役立てないかと考えて、千葉にある500台の郊外店でスタッフを立たせて調査した。

パチンコ業界の商品は遊技機だが、どのように選んで、情報をどの程度持っているかを聞き取り調査した。

まず、一目散に台に座った人が41%に対して、決まっていなかった人は59%だった。

さらに遊技台を決めていなかった人に、その遊技台を決めた理由を質問したところ、
・その台で遊技したことがあるが47%
・遊技台を見たことがあるが23%

さらにスペックを理解しているかどうかでは、91%がスペックを理解していなかった。打つ台が決まっていた人でも83%がスペックを理解していなかった。

そこでスペックポップと大当たりフローが台選びに役立つか質問したところ、69%が役立つと答えた。

調査の結果から、店に来る人の半分は打つ台を決めておらず、80%がスペックを理解していなかった。

家電量販店へ行くときは買うものも決め、商品の情報も調べていくが、パチンコは変わった消費行動であることが分かる。

80%の人がスペックを理解していない中で集客を上げるためには、提供者がスペックを理解して、スペックポップや大当たりフローで、アルバイトスタッフでもスペックを説明できることが重要である。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



新人の残念な離職を防ぐためのアイスブレイクゲーム


9月13日、大阪市の難波御堂筋ホールでシナジーアークとパチンコ日報の共催による第2回目のワークショップ&セミナー「残念な離職を目指す取り組み」が開催された。その模様を再録する。

第一部はシナジーアークの蔀晋輔代表取締役が、社内でできる「新人の離職を防ぐ入社時研修と取り組み」と題してワークショップを行った。5つのチームに分かれ、全員が初対面で自己紹介をするアイスブレイクから始まった。

蔀代表のマンダラート


まず、「自分マンダラート」を作成する。9つのマトリックスの中心に自分の名前を書き、残りのマスに人柄が出るように自分が好きなこと、嫌いなことなどを書いていく。これをもとに1分間で自己紹介し、後はメンバーからの質問を受ける。キーワードが同じことなどもあるとこれでぐっと距離が縮まる。初対面同士が一気に打ち解ける。まさにアイスブレイクである。

マンダラートを使って自己紹介


全員の自己紹介が終わり、それぞれの人柄が分かってきたところで、リーダーを決める。

続いて、価値観の違いをシェアするための以下のようなお題目が与えられ、それについて議論を重ねリーダーがそれぞれいの意見を取りまとめる。

・山と海のどっちが好きか?
・うどんとラーメンどっちが好きか?
・過去と未来行きたいのはどっち?
・サッカーと野球どっちが好きか?
・おカネと健康どっちが大事?

テーマは非常に身近なもので議論が活発化する。これは価値観の違いをシェアすることが目的で、さらにお互いの距離感が縮まって行く。

文字並べゲームでは20に分かれた単語を一つの正しい文章に作り上げていく。このころにはチームワークも生まれ始め、早いチームだと1分で文章を完成させ、遅いチームだと5分かかった。

文字並べゲームの一コマ


ワードゲームでは例えばパチンコと言うキーワードをもとに、それぞれが思いつく言葉を1分で書き上げ、全員が同じワードがあれば1点。なければ0点。このゲームも価値観の違いが如実に表れるが、全員の価値観が一致することの方が難しい、という体験をゲームを通じて学ぶ。

「新人がすぐに辞める理由は、疎外感を感じた時。人は承認欲求がある中、この店にいていいのかな? この店に必要とされているのかな? 歓迎されていないのかな? ここの人とは気が合いそうもないから、別のところを探そうということになります。新人が入った時は、ゲーム感覚で新人との価値観の共有のために使って欲しい。一つのことを共同ですることは新人にとっては嬉しいものです」(蔀代表)と話す。

この第一講座を受けた参加者の声を紹介しよう。

・ワークを通して離職を減らす仕組みが参考になった。

・チームビルディングによるお互いの印象、意見のちがい。

・様々なアイスブレイクがあり、今後取り入れていこうと思う。

・アイスブレイク体験が参考になった。

・チーム別のグループワーク、アイスブレイク。

・アイスブレイク、グループワーク全般。

・アイスブレイクにて、価値観のちがいを共有すること。

・一部では自己PR、どちらかを選択しての意見交換に、チームの方々の性格などがよく把握することができました。

・アイスブレイク方法、様々な方の意見、取り組みが聞けたこと。

参加者自身が新入社員になったつもりで体験しており、アイスブレイク効果を高く評価する意見が多かった。新入社員との距離がぐっと縮まることを実感した。何でも相談できる関係性も生まれてくることで離職防止にもつながる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。