パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

学習定着率が75%を超える野外学習とは


業績を変えるためのマンパワー研修などを手掛けるシナジーアーク(蔀晋輔社長)が、最近主軸にしているのが野外研修だ。蔀社長は現在、日本野外研修ワークショップ協会の関西支部の代表理事も兼ねている。野外研修とは一体どんなもので、どんな効果が期待できるのかを語っていただいた。

以下本文



平均学習定着率を示す「ラーニングピラミッド」があります。
私が教壇に立って、どんなにすばらしいことを話しても、定着率は10%しかありません。
セミナーを開催しても、「良いことを聞いて勉強になりました」で終わってしまうのがほとんどです。

私の書いたレジメや資料も読んでもらって10%。
映像を見てもらっても20%にしかなりません。

なので、私の研修ではディスカッションやプレゼンテーションを多く取り入れています。

それで何とか50%です。

そのため、部下の成長のためには、研修後の上司からの継続的フィードバックなど、学んだことを継続させる社内の仕組みが必要になってきます。

私の経験上、最も定着率が高くなる研修は、野外研修になります。

野外研修では、実際に実践をして経験することがメインになるからです。

講師から、チームとはこうだよ! 協力というのはこういうものですよ! などと教えることは、一切ありません。すべてがプログラムを通じて、受講生たちが思い出し気づくからです。
答えは講師側にあるのではないのです。

答えは受講生たちの中にあるものなのです。
それを思考として頭で理解するのではなく、感情として心で感じるのです。
人に助けられた時の感情。
人を助けて、感謝された時の感情。
それらを理論で学ぶのではなく、心と体で体感するのです。


だから、学習定着率が75%を超える結果になっているのです。
それらが、遊びの様なプログラムの中に潜んでいるのです。

勘違いしてほしくないのは、野外研修はアウトドア研修で、火のおこし方やテントの張り方、サバイバル的なことを学ぶものではないということです。

私自身もアウトドアは得意ではありませんし、運動神経もよくないので、アクロバティックなこともできませんし、受講生にさせることもありません。

閉鎖された会議室を飛び出して、自然の中に入ると心は素直になれます。
施設で少しずつ非日常の世界に入っていきます。



そして、遊びの様なプログラムをキャーキャーいいながらクリアし、振り返りをしていくと…あら? これって仕事も同じじゃない?という様なことに気づいたりするのです。

けれど、仕事の話はしません。
研修中は非日常の世界で、受講生たちに共通体験を積んでもらいます。



チーム作りにおいて、この共通体験というものが、とても大切な要素でもあります。
同じ釜の飯を食べた!
そういう共通体験が、絆を強いものにするのですが、そういう経験をすることが少なくなっているのが現代です。


夕食にはお酒も飲んで、焚火をしながら語り合います。
焚火の時のプログラムもあり、自然と涙を流す人も出てきます。



それは、一昔前に流行った無理矢理に泣かなくてはいけないという様な研修ではありません。
自然とお互いの心に寄り添い、かっこつけずに素直な自分でいることができるのです。

そして、研修の最終日には、少しずつ現実の世界に戻ってきてもらいます。

多くの合宿研修は、非現実的な状態で実社会に戻ってしまうために、一週間足らずで元の状態に戻ってしまいます。

この野外研修は、帰る時には現実の感覚に戻り、最後のアクションプランを決めてもらいます。
このアクションプランが継続できている企業が、非常に多いのです。

現状では新入社員研修や内定者研修で、従業員の結束を固め、離職者防止のために開催している企業が多くなっています。

もちろん、既存の従業員の参加も多いですが、幹部研修として部長や店長だけが参加するのもいいですが、部長や店長、主任、一般社員と、様々な役職の人間で開催するのも効果が大きいと感じています。

この研修は、若い人には分からないと思いますが、70年代を一世風靡した「あのねのね」の清水国明の経営する河口湖の「森と湖の楽園」で開催されていました。



ところが、リピート率が90%を超え、予約しても開催できるのが2年後という状況になってしまったのです。

その状態を打破するために「日本野外研修ワークショップ協会」を発足し、私が関西支部の代表理事として展開していくことになったのです。

提携施設も関東・関西だけでなく、全国に広げている最中であり、講師養成講座も開講し、私も試験官として講師養成に努めています。

関西支部と言いながら、全国を対応しています。

資料請求はこちらへ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





地域一番店メーカーVS売り上げ目標1000%達成コンサルがタッグを組んだセミナーとは


地域一番店を32店舗作り上げてきたネクステリアの森本耕司氏と営業目標1000%を達成し続けてきた伝説のコンサルタント越石一彦氏がタッグを組んだ地域一番店になるために必須の戦略セミナーが、10月18日(水)の仙台会場を皮切りに、11月9日(木)名古屋、11月24日(金)大阪、11月29日(水)東京の4会場で開催される。

ネクステリアは全国3000店の頭取りデータから、地域一番店と二番店の違いを分析しながら、売上を上げるために必要な8つの法則を発見。現在、15店舗以上の中堅企業向けに「戦略をカタチにして、儲かる仕組みを創り上げるプロジェクト」と題する全8回の講座を実施している。

「成果とNo.1にこだわり、本質を突く」という理念のもと行う本講座では「人生で一番、脳みそに汗をかいた。だけどバージョンアップされていく自分にワクワクした」というユーザーも多い。 何と言っても驚異の数字は、25法人全てで売上を105%~375%向上させているという事実がある。

一方の越石氏はパチンコ業界での知名度こそ低いが「100億円を引きよせる 手みやげ」の著者といえば、ご存じの方もいらっしゃるかも知れない。

現在はクライアントサイド・コンサルティングの代表取締役でもある越石氏は、元山一証券の営業マンとして社会人生活をスタート。富裕層顧客の資産運用に携わる。

新入社員時代、上司から「かゆいところに手が届くのは2流。1流はかゆいところを探して掻きに行け!」と教えられる。1日100軒以上の飛び込み営業をする中で、初対面の人や関係が希薄な人にリスクの高い商品を売るには「心の壁」を取り払う必要があると感じる。

手紙を書いたりする中で、「手みやげ」こそが、会話がはずむビジネスコミュニケーションの最適ツールと気づき、手みやげは「心と心の接着剤」と悟りを開く。

手みやげ作戦で信頼関係を築き、年1回、取引金額の最も高い営業に贈られる「社長賞」を2度受賞。山一廃業に伴い、メリルリンチ日本証券へ移籍後も営業目標1000%達成のファイナンシャル・コンサルタントとしてトップの成績を挙げる。顧問先だけでなく、上場企業や公共団体等からの講演依頼、トップセールスマン研修、管理職研修などの依頼を受けている。

さて、セミナーは第1部を越石氏、第2部を森本氏が以下の内容でそれぞれ担当する。



ホール企業で専務、常務、営業部長は必見。地域客数順位の上げ方を知ることができる。

■地域一番店になるために必須の戦略セミナーの詳細はこちらをクリック

料金は1人3000円

会場(開催時刻はいずれも14:00~17:45)  
仙台 10月18日(水) 
トラストシティ カンファレンス仙台
宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー5階

名古屋 11月9日(木) 
安保ホール4階
名古屋市中村区名駅3-15-9

大阪 11月24日(金) 
ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
大阪市淀川区西中島6-2-19

東京 11月29日(水)
アットビジネスセンター池袋駅前【別館】
東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル 8階



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



感心からの共感、安心からの信頼を作り出せる店は強い


パチ元会セミナーより

■テーマ
これからの接客の創り方
「自店を知り、強みをブランド化させる接客とは」

パチ元会講師(JAL CAインストラクター) 石田恵子

接客とは何か? 接客で集客できるのか? 接客で差別化できるのか?とよくいわれるが、これからの接客のヒントを話します。

まず、今まではこうだった。パチンコはこうあるべき、という考え方を捨て、今までの価値観を取っ払うことから始める。そして、判断基準はお客様のためになるかどうか。最後に自店の内部環境はどうかを考える。

お客様がパチンコ店を選ぶ判断基準は以下の順番になる。

①ホールへの行きやすさ(ハード)

②ホールの居心地の良さ(ハード、ソフト)

③好きな台が多い(ハード)

④店員の態度が良い(ソフト)

ハード面を重視する意見が多いが、では、ホールの居心地の良さとは何か? それは以下の3つ。

①人が作り出す雰囲気

②痒いところに手が届く接客

③人が作り出す空間づくり

つまり、居心地の良さとは人が作り出して、演出できるものである。

お客様は満足しているから通うが、不満があれば行かなくなる。例えば、スタッフの水準が基準以上なのに、1人でも達していないと態度が悪い印象を与え、行かなくなる原因にもなる。

これからは「お客様」を主語に物事を考える。個々のニーズにいかに対応できるか。できるか、できないかが居心地のよさの分岐点ともなる。

従来、接客の最終目的は稼働を上げるため、粗利を上げるためと考えられていたが、このような接客は通用しなくなる。臨機応変な対応ができる現場力がこれからは求められる。

居心地が良くて、きれいなホール作りを人材教育の一環として取り組む。人が創り出す演出のためにも。

次の項目で自店の接客が水準以上か、以下かを認知すること。

・笑顔対応
・トラブル処理能力
・迅速な対応
・機械知識
・お客様への関心力
・チームワーク力
・コミュニケーションスキル
・スタッフの活気

この時にアルバイトスタッフの知識も確認すること。交換率や機械説明ができないアルバイトがすごく増えている。ただ、頭ごなしに叱るのではなく10代の若い子の価値観に合わせる時代になっている。

スタッフの価値観、認識の足並みが揃ったら、うまく回るようになる。スタッフが自分で考え、行動するようになる。そして、強みをブランド化することができる。

自店の接客の強みをブレーンストーミングでどう表現できるかを行う。その場合、否定から入るのではなく、出たアイデアを尊重しながらフォローアップしながらやらせてみる。自分の考えたことをやらせることがモチベーションアップにもつながる。

例えば、自店の強みが「元気さ」としたら、それをどう感じてもらえるかをブレーンストーミングしてみる。否定厳禁、自由奔放、便乗効果、量を求めるなどのルールを設けると面白いアイデアがどんどん出てくる。

これからのパチンコ業界の接客について考えてみる。もはや、おもてなし接客は、されて当たり前で、感動接客も通用しなくなってきている。なぜなら、感動接客は慣れてしまうからだ。

次はどうやってお客様の心を掴むか? それは感心させる接客になる。「このスタッフは凄いな」。これが感心。感心するとお客様は心の中にプラスのスタンプを貯めてくれ、それが信頼と安心につながる。

これからの時代、自店でしか提供できない価値を作れない店は潰れて行く。

自店が提供しているものがお客様のニーズやウォンツとズレていないかを再確認することも必要。

感心からの共感、安心からの信頼を作り出せる店は強い。これは人が創れることでもある。それをやるかやらないか。やった店はお客様から選ばれ、必要とされる店となる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


完全禁煙化が進まなければ一般からは近寄りがたい娯楽産業になる


グローバルアミューズメントが2017年度版のパチンコ・パチスロ参加人口調査を3月30日に発表した。

調査は全国3万人のパチンコ・パチスロ遊技者を対象にインターネットで調査。20代~60代まで男女別に調査したもので、ユーザーの動向がレジャー白書などよりもより現実に近いものが見えてくる。

パチンコ・パチスロを過去3カ月に1回以上行った人を参加人口と定義した結果、パチンコ遊技者は993万人(前年比11.9万人増)、パチスロ遊技者は757.7万人(前年比48.1万人増)といずれも前年を上回る結果となった。



今回の調査でパチンコ業界として注目したいのは、健康増進法に伴うパチンコホールの完全禁煙化問題だ。調査したユーザーが完全禁煙をどのように捉えているのか、業界も知りたいところである。

同社では喫煙できるホール環境が非喫煙者の新規ユーザー獲得の障壁になっていないか、ということと、完全禁煙でタバコが吸えなくなったらどうするか、ということに着目していた。

まず、調査した遊技者の喫煙率は47.5%だった。JTの調査では喫煙率は男女合計で19.3%(男29.7%、女9.7%)と比較しても、遊技者の喫煙率はかなり高いことが分かる。

パチンコホールが完全禁煙になった場合、喫煙者は56.9%がパチンコホールに通うことを「減らすと思う、やや減らすと思う」と回答。一方の、非喫煙者は45.5%が「増えると思う、やや増えると思う」と回答した。ここは喫煙者と非喫煙者では意見が分かれるところだ。

分煙環境の設問では、分煙に配慮しなくてもいいと答えたのは約1割。喫煙者も何らかの対策は行うべきと考えている。

分煙環境の意識では喫煙者は「分煙ボードや空気清浄機設置」「フロア分煙」が8割。対して非喫煙者は「フロア分煙」「完全禁煙」と分煙環境をより強力に求める回答が多かった。

喫煙者と非喫煙者では喫煙者の方が投資額が全レートで非喫煙者より2000円以上高かった他、遊技時間、頻度とも高いことが分かった。喫煙者の方がヘビーユーザーでもある。



同社は法規制もない現状で完全禁煙を実施することについては、次のように分析している。

「喫煙者は他店へ流出する懸念がある。ホールの経営環境が厳しくなる中、常連客が減る施策は単一法人レベルでは実行しにくい。喫煙者を流出させず、非喫煙者の市場参入障壁を取り除くためには、受動喫煙が強化されるタイミング(2020年頃?)で、ホール業界も完全禁煙化した方が良いと考える。業界全体での完全禁煙化が無理ならば、市場影響度の高いメガ大手が完全禁煙化を進めつつ、タバコ環境が良くない弱小店を淘汰した方が人口増加においてはプラスに向かうと考える。完全禁煙化が進まなければ、パチンコ・パチスロ業界は一般の人からは近寄りがたい娯楽産業になってしまう」


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






お知らせ…現場力を向上させるための女性リーダー育成の強化合宿


去る3月3日、東京・中野サンプラザで、パチンコホール企業で働く女性を220名集めた「SMILE FOR ALL!P-WOMEN’S SEMINAR」(以下P-WOMEN’S SEMINAR)を主催したSPARKSNETWORKが次なる女性活躍推進の企画を発信した。

題して「P-WOMEN’S CAMP」(以後、PWC)は、1泊2日の女性リーダー育成を目的とした合宿で、6月27日~28日の2日間に亘って都内で開く。

合宿のカリキュラムは、女性リーダーの役割、目標設定、仕事力を高めるためのコミュニケーションスキル、女性リーダーとしての部下育成スキル等多岐にわたる。

SPARKSNETWORKの中村恵美社長は、パチンコホールで女性リーダー育成にかかわる中で、女性社員に対して以下のように「惜しい!勿体ない!」と感じる場面が少なくなかった、という。

・研修では真剣に学び、素晴らしい発信や感想文提出をしているにも拘らず、研修後に上司に報告していない(報・連・相)。

・会社全体、店舗、上司からの期待を一切確認していないため、誰よりも真面目で真剣に仕事に取り組んでいるがなかなか評価されない(自身の役割や貢献について再考する)。

・周りからどう見られているかの意識が低く、店全体への影響力を考えず言動している(仕事を頼まれやすい人になる)。

・もっと良くなるためのアイデアを持ちながら、改善するタイミングを待っている(小さな事でも日々改善)。

・社内にロールモデルがいないため、今後のライフステージ(結婚や出産・育児)とキャリア形成のイメージが描けず悩んでいる(キャリアプラン形成)。

PWCは、これらの多くの女性社員が苦手としているスキルを1泊2日の合宿で習得することが狙いだ。これらの課題を解決するための講師陣も豪華な顔ぶれだ。

講師は、SPARKSNETWORKの中村恵美社長の他、アイキャンディの福森加苗社長、kaikaの三浦真理社長とパチンコ業界を代表する女性講師で構成される。講師それぞれに強みが異なるため、それぞれが得意なパートを受け持ち、3名の講師で関わることで、理解度・納得度を高め、一人一人に対して手厚くフォローする。

多数の参加者を対象としたP-WOMEN’S SEMINARでは、1wayのインプットに留まったが、参加者本人のアウトプットや参加者同士のディスカッションの時間も多く準備されている。

P-WOMEN’S SEMINAR懇親会で開催されたディスカッションは、大変好評だった、という。

参加者から「ディスカッションの時間が足りなかった」「他社の成功・失敗事例の共有は、参考になったので、即実践したい」「全国のパチンコホールで働く女性が頑張っている様子を知ることができて励みになった」という意見が寄せられている。

ネガティブな情報が飛び交う中、パチンコホール企業で働く女性の成長は、パチンコ業界の希望の光となるか? 本セミナーを受講した女性の成長に期待したい。

■P-WOMEN’S CAMP(PWC)概要

日時:2017年6月27日13:00~28日17:00(2日間)
場所:都内某所(参加者へ個別に連絡)
費用:49,800円(宿泊費別)
対象:リーダーを期待される女性社員

カリキュラム
①キラキラ輝く女性の働き方(中村恵美)
②伝達力向上術(三浦真理恵)
③女性リーダーに必要なスキル(福森加苗)
④参加者ディスカッション(テーマ当日発表)
⑤信頼されるコミュニケーション術(福森加苗)
⑥女性リーダーの役割(中村恵美)

応募締め切り:2017年4月30日

申込みは、こちらから