パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

地域一番店に欠かせない新台選定力とは


7月から9月にかけて発売予定のパチンコ新機種の主なラインナップは次の通りだ。

ダイナマイトキングin沖縄(大一)
綱取物語~横綱7戦全力~(アムテックス)
ウルトラセブン2(京楽)
大海物語4BLCK(三洋)
吉宗4天昇飛躍の極(大都)
金の花満開(西陣)
七つの大罪(サミー)
ジューシーハニー2(サンセイ)
真・花の慶次2漆黒の衝撃(ニューギン)
聖闘士星矢4(三洋物産)
リング呪縛RUSH(藤商事)
フィーバーアクエリオンW(SANKYO)
戦国乙女5H1BZ1(アムテックス)
真北斗無双2(サミー)
牙狼 TUSK OF GOD(サンセイ)

1種+2種混合ミドルタイプ、2400発&小当たりRUSHミドルタイプ、 V確STライトミドル(199)タイプ、一撃7000発餃子の王将タイプ、V確転落タイプRUSH時オール2400発とスペックも様々だ。

ホールの機種選定力が問われそうなラインナップだが、地域一番店を実現する上で不可欠となるのがまず、新台選定力を磨くことである。機械代のかけ方の善し悪しが収益に直結するため、以前に比べればかなりシビアにはなっている。

それでも、攻めの戦い方でシェアを取って行くためには新台予算もかけなければならない。一方の守りの戦い方は一つ下の店に追い抜かれないためのギリギリの予算で賄わなければならない。

新機種導入で寿命が長い攻めの機種はライバル店の2倍、3倍導入し、機械寿命が短い守りの機種はライバル店の半分も導入しないなどメリハリをつけることで台の総数を抑えることができる。

話題機はパチンコで言えば年間5機種ぐらいしか出ない。話題機は当然ライバル店も導入するが、何台設置しているかが差別化につながる。

新台選定力が上がれば、ライバル店の新台購入の60%で勝つこともできる。新台選定力を上げるには過去の機械を数値化、点数化することから始める。

10週稼働で33%を超えたら寿命が長い機械ということになる。過去の機械と照らし合わせて数値から寿命予測を立てる。その予測が当たったかどうかを評価する。これをPDCAのサイクルで回していく。1年間続けるだけでも新台選定力が磨かれ、勝ちやすくなる。

地域一番店を32店舗作り上げてきたネクステリアの森本耕司氏と営業目標1000%を達成し続けてきた伝説のコンサルタント越石一彦氏がタッグを組んだ「地域一番店になるために必須の戦略セミナー」は好評につき、今後、名古屋、金沢、札幌、福岡、東京、大阪会場での開催が予定されているが、上記のような明日から実践できる新台選定力のノウハウも深く掘り下げていく。

ネクステリアは全国3000店の頭取りデータから、地域一番店と二番店の違いを分析しながら発見した売上を上げるために必要な8つの法則から地域一番店になるためのカギを紐解く。

セミナーの内容は以下の通り



セミナーの申し込みはこちらから

■会場(時刻はいずれも13:00~16:45)

・名古屋
6月28日(木)
TKP名古屋栄会議室
愛知県名古屋市中区栄3丁目4-21 TOSHIN SAKAEビル 7F

・金沢
7月26日(木)
ITビジネスプラザ武蔵
金沢市武蔵町14番31号 5階

・札幌
9月7日(水)
札幌駅前ビジネススペースカンファレンスルーム
札幌市中央区北5条西6丁目1-23  第二北海道通信ビル2階

・福岡
10月3日(水)
リファレンス大博多貸会議室
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1大博多ビル11F

・東京
11月7日(水)
BMT貸会議室 上野・御徒町貸会議室
東京都台東区上野3-7-3 SDビル5階

・大阪
11月28日(水)
新大阪丸ビル別館
大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




経営幹部に贈る「人が辞めない組織づくり」とは


6月21日に東京・TKP上野ビジネスセンターで、ホール経営者や幹部クラスを対象とした「人が辞めない、人が育つアドラー式1 on 1ミーティング」(パックエックスグループ ピーワークPRO主催)が開催される。講師は小倉広事務所代表取締役の小倉広氏で、元フェイス総研の社長も務めていた。

「人が辞めない」「人が育つ」というテーマだが、まず、アドラーとは? 1 on 1ミーティングとはというところから紐解こう。

1870年(明治3年)オーストリア生まれのアルフレッド・アドラーは精神科医であり、心理学者である。アドラー心理学(個人心理学)の創始者で、自己啓発の父ともいわれている。

アドラー心理学は2013年に刊行された「嫌われる勇気」でアドラーの思想が広く知れ渡るようになる。アドラー心理学の特徴は「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。

小倉氏もアドラー心理学の研究者で「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」「アドラーに学ぶ部下育成の心理学」「アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学」などビジネスシーンでも役立つ著書がある。

次は本題の1 on 1ミーティングだ。これはIT企業の集積地であるアメリカのシリコンバレーで広がった人材育成手法である。実際にグーグルやインテルなどで採用されている。日本国内で先駆けとなったのはヤフージャパンで、その後グリー、クックパッド、日清食品などでも導入が始まっている。

採用企業からは「意思決定から実行までのスピードが格段に上がった」「メンタルヘルスの相談が激減した」「上司と部下の信頼関係や愛社精神が深まり辞めなくなった」との評価を得ている。

パチンコ業界で新卒を1人採用するコストは約200万円といわれている。さらに戦力として育てるまでには数100万円から1000万円近くかかる。苦労して採用しても、育ったころに辞めて行くパチンコ業界にあっては、今最も必要とされているのが、1 on 1ミーティングの手法ともいえる。

通常の面談は問題解決ありきだが、1 on 1ミーティングでは「学び方を学ぶ場」「組織力の強化」と小倉氏は位置づけ次のように述べる。

「経験を積んでも、いつまで経たってもできないことってあります。 それは、やりっ放しが原因です。成功や失敗のポイントを内省化しないと、意味がありません。内省化することで、解決のノウハウが身につく。これが、学びです。このサイクルを回すサポートをするのが、『1 on 1ミーティング』。回すための質問を積み重ねていくことが、カギになります。面談で上司は部下の悩みに対してすぐに答えを出しません。まずは、部下に考えてもらう。上司はその支援のために相槌や質問を繰り返し、部下が自分で問題解決ができるようになってもらう。上司の役目は部下を勇気づけることです。これを毎週繰り返します。大変根気のいることですが、それを組織として取り組む。これが結果的には離職防止につながっていくわけです」

会社を辞める大きな理由として、人間関係やコミュニケーション不足が挙げられる。マネジメント研修やリーダーシップ研修で、どれほど優秀な人材に育っても、辞めてしまっては、元も子もない。

有効求人倍率が上昇するたびにパチンコ業界はますます人の採用が難しくなっている。採用の一方で、人が辞めない、人が育つ組織づくりに着手することは、結果的に強固な組織づくりにもつながる。

新基準機へ完全に切り替わる3年以内に強い組織づくりが求められるところだが、ホール企業での導入も決定しており、パチンコ業界に即した実践的な内容で講演は進められる。

なお、定員は当初50名の予定だったが、大変盛況で100名に増員したようだ。

■人が辞めない、人が育つアドラー式1on 1ミーティング
・開催日 6月21日(木)
・時間 14:00~17:00
・場所 東京都台東区「TKP上野ビジネスセンター」
・定員 100名
・受講料 無料

アドラー式 1on1 ミーティングの申し込みはこちらから


※アドラー心理学とは
アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。
たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている、と考える。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



新任役職者必見、 「パチンコ店営業に活かすための マーケティング講座(基礎編)」と 「チェーン店としての競争力をもたらすための 経営企画力・営業企画力養成講座」を開催


4月は新社会人を迎えるシーズンだ。企業が新卒採用するのは、新卒者はまだ独自のカラーに染まっていないため、自社が求める理念や方針に沿った人材へ育てる目的がある。

直近の有効求人倍率は1.50倍。完全に売り手市場になってきたことを受け、パチンコ業界の新卒採用は他業種以上にパワーが必要になってきた。やっと採用できても入社後の戦力化には時間がかかる。

今の時期は新入社員の集合研修やOJT研修が行われている頃だ。新人研修の大きな目的は学生から社会人へのマインドチェンジにある。そのほか、コミュニケーション能力や社会人としてのビジネスマナーや積極性を研修の中から学ぶ。

その後は現場の叩き上げが実務を教えて行くが、最低限の営業ノウハウを体系立てて教えことは意外とやっていない。やらないのは、ノウハウがないからなのかも知れないが、新卒を採用して育てる責任感が薄い、と言える。

パチンコ営業に活かせるマーケティング講座などがあれば学びたい。そんな向上心のある社員は少なくない。

世の中にはマーケティングに関する書籍はたくさんあるが、パチンコ店向けにアレンジされた書籍はほとんどない。そのため、マーケティングの知識をパチンコ店営業にどのように活用すればいいか悩む。

こうした業界の要望に応える形で、アミューズ・ファクトリーが「パチンコ店営業に活かすためのマーケティング講座(基礎編)」を4月20日、アットビジネスセンター東京駅で開催する。

■パチンコ店営業に活かすためのマーケティング講座(基礎編)

1.こんなに営業に役に立つとイメージしていただくためのマーケティングの定義と視点

2.パチンコ店営業に効果的な3C分析の基礎知識と活用法

・商圏特性を知れば知るほど、営業に必要なヒントが得られる
・住まないと市場が理解できないレベルから、住まなくとも市場を理解できる世界へ
・自店と競合店の強み・弱みを炙り出すための具体的な手法
など

3.競合店や販促エリアを考えるための商圏範囲についての基礎知識

・商圏範囲を理解できなければ、本当の競合店を見誤る
・商圏範囲を理解できなければ、折り込みチラシをはじめとして外部販促の範囲を間違えてしまう
・営業に活かすための正しい商圏範囲を考えるための基礎知識
など

4.パチンコ店営業に活かすためのターゲットマーケティングの基礎知識と活用法
・お客様を漠然と捉えていては、営業の結果が出ない
・営業に活かすためのお客様の分類とターゲット設定の基礎知識
・お客様の分類ごとの特性を理解できれば、効果的な販促手段も選べるし、集客しやすくなる
・疎かにしてはいけない!こだわればこんなに差が付く客数調査のあり方
・客数データを読み込むことができれば、営業のヒントが得られる
など

■開催日時 4月20日(金)14:30~17:30
■場所 アットビジネスセンター東京駅

詳細についてはこちらから

チェーン店としての競争力をもたらすための経営企画力・営業企画力養成講座

アミューズ・ファクトリーはマーケティング講座に先立ち、4月18日にTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで「チェーン店としての競争力をもたらすための経営企画力・営業企画力養成講座」を開催する。

大型店舗優位、市場縮小、M&Aの活発化、遊技機規則改正などの環境が激変する中で、今後のチェーン店の優劣は経営企画力、営業企画力によって差が如実に表れてくる、と言われている。

そこでこの講座では勝ち組になるための経営企画力、営業企画力を強化するためのノウハウを明らかにしていく。

■チェーン店としての競争力をもたらすための経営企画力・営業企画力養成講座


1.経営企画、営業企画に求められる役割・機能

2.チェーン店としての競争力をもたらすための経営企画力・営業企画力とは

3.チェーン店としての競争力をもたらすための取り組みテーマの概要

4.必要となるノウハウの解説


■開催日時 4月18日(金)14:30~17:30
■場所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター

詳細についてはこちらから




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






地域一番店になるためには何が必須か!


「地域一番店になるために必須の戦略セミナー」の講師で、営業目標1000%を達成し続けてきた伝説のコンサルタント越石一彦氏が、社内研修用に新たな講座を開始した。

テーマはズバリ「年配客をライバル店から引き離し、自店の常連客・ファン客に変える方法」だ。

平日昼間のパチンコの稼働を支えているのは、年配客と言っても過言ではない。そんな彼らの間では自然とホールの中でコミュニティーが生まれる。コミュニティーは「あの人がいるから行く」というように一種の集客効果の役目を果たしている。

地域一番店作りでは他店がやっていない取り組みが必要になってくる。クライアントサイドコンサルティングの代表取締役でもある越石氏は、年配客の囲い込みが地域一番店には欠かせない要素だとして次のように解説する。

「これからの時代は台に依存するのではなく、人と人のつながりを大切にすることで、来店していただくきっかけを作ることが重要です。年配客にとって魅力のある場所は『馴染みの店』、『親身なスタッフ』、『一緒に集う仲間がいる』と言った環境の店です。そんな居心地のいいコミュニティーをライバル店よりも先に作ることが大切です」

そうしたコミュニティーが出来上がると、ライバル店にいた年配客が居心地の良さを求めて引き寄せられるように流れて来る。

では、なぜ年配客をターゲットにするかといえば、イベントであちこちの店を立ちまわる客層とは違って、年配客は自店の生涯客に成り得るからだ。

良好なコミュニティーが出来上がるとこんな発見がある。

・「出ないから行かない」ということがなくなる

・他店の方に良い台があっても浮気されにくくなる

・口コミや紹介が増える

・お客さんの気持ちや考え方が分かるようになる

・お客さんの心理が分かることで次の一手が明確になる

・生涯客が一定数いることで経営の安定化が図れる

講座では年配客のニーズ(興味があること)を知り、年配客がどういうことを考えているかという心理を理解し、年配客の関心、興味に合わせたチラシやDMの具体例などを学ぶ。

地域一番店を32店舗作り上げてきたネクステリアの森本耕司氏とこの越石氏がタッグを組んだ「地域一番店になるために必須の戦略セミナー」が好評につき、5月10日には新潟、6月14日には札幌の地方開催が予定されているが、急きょ4月4日の東京開催が追加された。

2部構成で第1部を越石氏、第2部を森本氏が担当する。





第1部のテーマは「良い店舗、良い組織を創り出すビジネスコミュニケーション」。明日から使える組織が活性化するビジネスコミュニケーションを伝授する。

第2部のテーマは「地域一番店を実現する戦い方」だ。

4円、20円で客数地域一番店に拘る意味とは、シェアが上がれば上がるほど利益率が上がるためである。いきなり3番手、4番手のホールが一番店になることはできないが、3番手、4番手がまず取り組むべきことは何か、という辺りから入って行く。

セミナーでは地域一番店になるための具体的な方法が明らかになる。エリア長、部長には特に必見の内容となっている。

■東京会場
4月4日(水)
TKP上野ビジネスセンター カンファレンスルーム2B
東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル2F

■新潟会場
5月10日(木)
NOCプラザ102号室
新潟市東区御新町2丁目853-3

■札幌会場
6月14日(木)
札幌コンファレンスホール 6階コンファレンスB
札幌市中央区南2条西2丁目10 富樫ビル6F


■地域一番店になるために必須の戦略セミナーの詳細はこちらをクリック




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。