パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

アフターコロナで店舗管理者が抑えておくべき2つのポイント


新型コロナウイルスの影響が大きければ大きいほど、また長引けば長引くほど、コロナが収束したとしても、「アフターコロナ」と言われている様に、元の世界に戻るのは難しいかも知れない。

加えて、長引けば長引くほど、その間における店作りのあり方も一時的な対応ではなく、根本的に向き合わなくてはならなくなるはずだ。

「店を開けてもこれまで通りお客様は戻ってくるのか? やはり甘く使わないとダメなのか?」と不安視する声が聞こえてくる。従って、これまで行われてきたパチンコ店営業の業績向上のための手法や取り組みなどが通用しなくなる可能性が高まってくる。

もちろん、これまでのパチンコ店営業の世界で強者であった企業や店舗にとっては「ピンチ」ということかも知れないが、これまでの営業が通用しない世界になるとしたら、ある意味横一線でのスタート、ということとなる。やはり、いち早く答えを見出した企業や店舗が優位に立つことは言うまでもない。

横一線でのスタートで、いち早く答えを見出すためにはどうすればいいのだろうか? 

「それは答えを見出すべく、誰よりも考えることです。もちろん、企業にとっての考えるための仕組みとしては、役員会議や営業会議、経営企画や営業企画機能などが考えられますが、これまで議論が活発に行われているようでしたら、答えを見出すべく考えることが自社としてできるかもしれません。ところが、自社で考える仕組みがうまく機能していないようでしたら放置しておくことは、大きなリスクとなってしまいますので、そうした企業様向けに弊社として新しい試みを二つほど始めました」と話すのはアミューズ・ファクトリーの宮川雄一社長だ。

一つ目は、新型コロナウイルスの影響が続く期間中、毎週定期的に、グループコンサルティングの機能を兼ねたセミナーを低額で提供し、参加の店舗や企業が新型コロナウイルスの影響による被害を食い止め、業績回復と今後の店作りのヒントや視点を得ることができる場を設ける。

二つ目は、答えを見出すためには、パチンコ店ビジネスとして、さらには店舗ビジネスとしての経営面や営業面の知識・ノウハウの一層の修得に努め、結果を出しやすい土壌を作ることが重要となる。

そこで同社は、YouTubeチャンネル「アミューズ・ファクトリーのパチンコ店経営・営業道場」を開設した。

「外資系コンサルティング会社勤務×パチンコチェーン店の営業責任者・経営者の経験を活かして、体系的に蓄積しました知識・ノウハウを中心に、パチンコの経営と営業に必要な基礎的な知識から応用的な知識・ノウハウまで、気軽に学べる場をご提供することを狙いとしております。無料の枠内ではありますが、答えを見出すためのヒントや視点を得ていただけるかと思います。是非ご活用ください」(宮川社長)

あらゆる産業が大打撃を受け、日本経済の先行きは不透明だ。想像できることは可処分所得が下がり、余暇産業への支出は抑えられるだろう。しかし、アフターコロナ時代の集客ノウハウをいち早く確立したホール企業が、パチンコ店経営を盤石なものにするだろう。

■新型コロナウイルス対策を主としたグループコンサルティング+セミナーの詳細はこちらから。

■アミューズ・ファクトリーのパチンコ店経営・営業道場YouTubeチャンネルこちらから。

■5月22日開催(Zoom形式) 新型コロナの影響下で求められる分析手法をお伝えするセミナーの詳細はこちらから。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

ノーリスクでホールのコスト削減を実現する方法とは?


一般的なオークション、例えば絵画では出品されたものに対して買いたい人がどんどん値を釣り上げて、最終的に一番高い値段を提示した人に競り落とされる。売り手が買い手を選ぶ。

その一方でリバースオークションという聞き慣れないオークションがある。買い手が売り手を選択する逆オークションで、競争入札がそれに相当する。一番安い入札額を出した業者が仕事を落札する。

リバースオークションは民主党政権時代の行政刷新会議が高いと批判のあった行政コストを民間並みに下げるために導入した。

例えばコピー機を20台購入するときにA,B,Cの3社が入札に加わったとしよう。この時、A社は2000万円、B社は2050万円、C社は2100万円だったとすれば、従来は2000万円のA社が落札していた。リバースオークションではさらに2000万円から一定時間にそこから、各社が競り下げて、一番安かった会社が最終的に落札する。

事業仕分けで一躍時の人となった蓮舫大臣は、リバースオークションを使って83事業で211億円を削減した、といわれている。

リバースオークションがどういうものか理解していただいたところで、話を前に進める。

ホールで今さらコスト削減もないと思われがち。特に固定費のコスト削減は各ホールとも取り組んでいるが、それでもまだコスト削減できる部分は残っている。人件費を除いて大きなコストと言えば電気代だ。パチンコ業界では特にこの部門に関してはデマンドコントローラーやエアコンの動力を制御したりと機器を使って電気代を下げてきた。

アクトプロが行うコスト削減は、新たに設備機器を導入して落とすといった手法ではなく、リバースオークションによってコストを削減するので、ホール側に新たな費用負担は一切必要ない。さらに、削減実績も豊富なため現在の使用状況に応じた底値を実現することが可能だ。調査費用、交通費もかからない。つまりノーリスクでコスト削減が図られるのが特徴でもある。完全成功報酬型で月間削減金額の10カ月分がアクトプロに対するフィーとなる。

「まず、コスト削減の対象物が適正価格かどうかというところから検証に入ります。適正の場合は残念ながらコスト削減の対象にはなりません。これまで3500社の実績から市場価格かどうかという情報を当社は持っています。適正価格でない場合は、サプライヤーに対して適正価格を実現するのがわれわれの仕事です。しかも、現状の取引条件を変えずに減額させます。エリア、使用量が同様のケースでも企業様によって単価は様々なのが現状です」と話すのはアクトプロの池側法人営業本部部長。

同社では電気代のほか家賃、複合機、損保、通信、保守業務、印刷物、廃棄物などもコスト削減の対象品目としている。実績としては10~30%の削減を実現している。

コロナショックで高稼働ホールでも4月に入って稼働が半減しているケースも少なくない。こんな時だからこそ、さらなるホールのコスト削減が求められている。

ノーリスクコスト削減の詳細はこちら。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

ネクステリアが業界応援のために地域一番店づくりの研修動画を無料公開中


旧基準機の撤去、4月1日から始まる全面禁煙化で問題山積のパチンコ業界に、追い打ちをかけるかのようにコロナ騒動が続いている。実際、コロナウイルス感染者がホールに立ち寄ったことで、2週間休業したケースも出てきている。

感染者が立ち寄ることは誰にも予測はできない。いつ保健所から連絡が入るか、現場を預かる責任者はロシアンルーレット状態の緊張の毎日が続いている。

難題山積で疲弊するホール企業に対して、地域一番店を53店舗作り上げてきたネクステリア(森本耕司社長)は、同社が開催している研修動画(YouTube)を無料で公開する業界応援キャンペーンを3月30日から4月末まで実施している。

「パチンコ業界は三重苦でありますが、とは言え止まっているわけには行きません。こんな時期だからこそ”出来る事”に目を向ける必要があります。私は、こんな時期だから”業績アップの戦略”について考えるのも良いと思い、弊社に出来ることを考えました」(森本社長)

4パチ、20スロで地域一番店づくりを支援すると共に、一番に拘る理由、地域一番店づくりのノウハウなどがこの研修で明かされている。

大勢が密室空間に集まることが制約される中で、ネット講座はホール関係者にはありがたい。






人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

教育負荷を抑えスマホで実現する新しい教育のカタチ


NHKのクローズアップ現代が「人手不足ショック。変わる企業の戦略」と題して人手不足に斬り込んだのが、2014年6月のことだった。この中で人手不足によるサービス低下で売り上げが低迷している居酒屋の店長にスポットを当てた。

限られた人材をいかにすれば長く働いてもらえるか? 店長はリーダーシップやパート従業員の接し方を学ぶセミナーを受講する。従業員の仕事意欲を高めるコツを学ぶ。



部下を褒める指導を受け、それを現場でも実践した。新人スタッフにいきなり金曜日の忙しい時間帯に接客させ、ドリンクの追加オーダーを取ったことを「素晴らしい」と褒めた後で、灰皿交換にも気を付けるようにやんわりと指導した。ダメなところを頭ごなしに叱るのではなく、まず褒める。

褒める指導方法によって店長とアルバイトのコミュニケーションも円滑になり、アルバイトからも「一からとても親切に教えてくれるので辞める気はない」と指導法にも好感を持たれた。

店長はセミナーを受講する前は、人を育成する発想がなく、辞めていく人を止めることもできなかった。使い捨てのような職場環境が変わり、1年間で辞めたバイトは大学卒業の2人、と激減した。アルバイトが定着することでサービスが向上。追加ドリンクのオーダーの取り方もうまくなり、2年前に比べると売り上げは月商600万円から1200万円に倍増した。

「働いてくれる人材をいかに教育し、仕事の楽しさを教えてあげて、いかに長く働いてもらうか。そこの意識がかなり変わった」(居酒屋店長)と自らの変化も実感した。

3年以上勤務しているスタッフは「職場のコミュニケーションが取れるようになった」ことを挙げる。チームビルドに教育は欠かせない。

この時の研修内容をスマホで、好きな時間に好きな場所で学ぶことができるのが「グローイング・モバイル」だ。サービス業に必要な知識(3000問)をアルバイトから社員、役職者まで階層ごとに学ぶことができる。

現場教育の負担を最小化し、効果性の高い教育を実現するスマホツールで、サービス業を中心に300社に導入されている。

研修内容にはユニクロやマクドナルドの教育を作ったノウハウが入っている。社員、アルバイトを特定の場所に集めての研修は難しく、教育格差が生まれる原因にもなっていたが、学びの場がスマホになったので、教育格差の解消にもつながる。



スマホでできるスキル学習コンテンツの内容は次の通り。

1.仕事の基礎力
サービス業で働く必要な心構え、ビジネススキル、マナー

2.接客基礎力
ホスピタリティー精神と「当たり前」レベルの引き上げ方

3.リーダー基礎
よき先輩、よき上司としての考え方、行動とは

4.クレーム対応・危機管理
クレーム対応、有事の際の基礎知識とその対応方法

5.人財マスター
「採用」、「教育」における基本的な心構え、育成に関する注意点

6.数値管理
店舗責任者向け損益計算書の読み解き方、数値改善の考え方

これらの問題を画像や動画を使って解説。理解度を深めたところでクイズが出題される。管理者は管理画面で進捗状況や理解度を把握することができる。問題ごとの正答率を分析することで、従業員の特性を把握することもできる。

「教育に手が回らないことで人が流出することは長い目で見るともったいない。食い止めるには幹部層の育成が必要で、正しい褒め方、叱り方などは重要です。ちゃんと教育できるとモチベーションが上がり、辞める人もすくなくなります。定着しているベテランが多い店ほど業績は上がります」(パックエックスイノベーション・吉松真事業責任者)

大手ホール企業はこうしたアプリを自社開発しているところもある。これにAmazonポイントなどを付け教育と福利厚生を融合して定着率アップを目指している。

このアプリは100名以上なら月額1人300円から利用できる。既存コンテンツで一般常識、ビジネスマナーを学び、自社用にカスタマイズして動画でQ&Aの作成もできる。末端のアルバイトまで理念の浸透にも役立つ。クイズ形式で点数のランキングも出せるので競争意識が向上する。

少子化で採用は難しくなる一方だ。「ウチの会社には合わないから」と辞めさせるのではなく、どんな人材でも育てていくことが求められている今、その手助けになるのがグローイング・モバイルともいえそうだ。

グローイング・モバイルの問い合わせ先はパックエックスイノベーションまで




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

4月1日以降、遊技中の喫煙客に気持ちよく喫煙所に案内する方法


今年グランドオープンしたホールの中には、4月1日からの改正健康増進法の施行に伴い、喫煙室を設けると共に、禁煙ホールでスタートしたケースもある。一足早く禁煙ホールであることをアピールする狙いもあったが、2週間で喫煙できるように灰皿を貸し出すサービスを始めた。稼働に影響した措置と思われる。

日本人の喫煙率が18.2%(2018年JT調べ)と20%を切っているのに、日遊協の来店客調査によると遊技客の喫煙率は58.2%と驚異的な割合だ。
 
高い喫煙率を踏まえて、日遊協のアンケートで「禁煙になったら?」という設問では次のような回答になっている。

「遊技回数は増える」11.7%
「遊技回数は変わらない」49.4%
「遊技回数は減る」28.6%
「行かなくなる」8.7%
「不明」1.6%

この中にはタバコを吸わない人の回答も含まれているので、非喫煙者からすれば禁煙ホールは喜ばしいこと。11.7%が行く回数が増えると答えたのに対して、喫煙者の37.3%は回数が減ったり、行かなくなる、と答えている。

で、ホール関係者が一番気がかりなことは、4月1日から法律が施行されて、遊技中にタバコを吸うお客さんの対処方法だろう。いかにお客さんを怒らさないでタバコを吸うのを止めてもらうかは、その店からの離反にも関わる問題だ。

ホール向けの教育・研修を行うデライト・コミュニケーションズは、愛煙家も嫌煙家も気持ちよく過ごしてもらう【受動喫煙対策 好印象応対研修】を実施している。

「4月以降、喫煙しながら入店されたお客様や、遊技中に何気なく吸いだしたお客様に対し『増進法をご存じですか』とやんわり注意しても『俺が法律を知らないと思っているのか!』とトラブルになることも考えられます。お客様に注意するのではなくご理解をいただく伝え方を行うことで与える印象が大きく変わります。不快感なくその場で火を消してもらい、喫煙所まで案内することが重要です。声掛けのタイミングや言葉のチョイス、表情や声のトーンなどでお客様を悪者にしない案内方法をロールプレイングにて練習してもらいます。」(同社・安藤博文社長)

この研修では、不快感を与えることなく声掛けができる応対の練習と印象悪化を防ぐために必要な伝え方を習得する。

主な内容は次の通り。

■お客様の「声」から読み取る心象
寄せられたお客様の声から顧客心理について確認。クレームを生まないポイントを解説する。

■伝え方による印象の違い
・第一印象によって変わる(初頭効果)
「何を言うかよりどんな人が言うか」が優先されることについて改めて確認する。
・伝え方の考え方の理解を深める(注意とご案内の違い)。

■ホールを想定した実践トレーニング
・シチュエーション別でのロールプレイングを行ない、実際に声を掛ける練習をする。
その中で課題や店舗で決めるべきことなどを明確にしていく。

【受動喫煙対策 好印象応対研修】の詳細はこちらから。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。