パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

機械代と低貸しのアンバランスの是正を


とある県遊協の総会で、席上、あいさつに立った理事長が次のように述べている。
「昨年は、依存問題対策に取り組んだ1年だった。今年は、メーカーに対して遊技機を低価格で提供するよう、求めていきたい」と機械代問題に言及した。

また、別の県遊協の理事長も「ホールが新しい台を購入しやすくなるような施策を検討していく必要があると考えている」と述べている。

4パチの低迷で売上、粗利とも低下する中で、機械代だけは上がることはあっても下がることはない。ホールは利益が下がれば、従来通りのような台数を買うことはできない。ホールは利益確保のために、機械代の経費削減を図ることが、減収増益の源だったりする。

一方のメーカーは新台の販売台数が年々減少する中で、従来通りの利益を出すためには、機械代の値下げなどあり得ない。ここにホールとメーカーの乖離がある。

メーカーの関係者は「メーカーが機械代を下げることはない」と断言して次のように打ち明ける。

「トップメーカーが安い機械を出すと業界そのものが潰れる。下位メーカーでも高値で販売できるのは、トップメーカーが値下げしないから。新台価格よりもはるかに高い中古機を平気で買うホールもある。そんな状況でメーカーは値下げは考えていない。ホール業界が一丸となって安い機械を作ってくれといわない限り、安くしない」と至って強気な姿勢を崩さない。

さらにこんな見方もしている。

「ホールにとって、ホールが淘汰されていくのは、逆に1店舗当たりのお客さんが増えることでいいことではないか。新台を買えるホールの数もやっと下げ止まってきた」

日報でも何度か指摘されてきたことだが、機械メーカーは人間の体に巣食うガン細胞のようなもの。メーカーは自分たちが生き残る事しか考えていない。高い機械代も回収できないホールの体力は失われていくばかりだ。

低貸し廃止論者のユーザーであるイケロンさんの意見はもっと過激だ。

「ハッキリ言って低貸しコーナーしか遊技をしない客はパチンコホール業界に巣食うガン細胞だと思います。このままの状態で放っておけば放っておく程、ガン細胞はどんどん大きくなってパチンコホール業界全体を蝕んでいきます。ここは手遅れにならないように出来るだけ早い段階で、パチンコホール業界が一丸となって痛みに耐えてガン細胞を切り捨てて、パチンコホール業界のお荷物になっている腫瘍と膿を出し切るべきだと思います。その決断を行わない限りは、パチンコホール業界に明るい未来は無い」

機械代と低貸しのアンバランスを是正しない限り、ガン細胞に蝕まれたホールの健康状態は回復しない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



メーカーが一番恐れるのは不買運動だが…


産業としてのパチンコはすそ野が広い。業界が縮小するということは周辺産業にも当然ながら影響をもたらす。

東証1部上場で遊技機向けLSI製品などを手掛ける「アクセル」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表。四半期営業損益が12億5800万円の赤字に陥ったことを明らかにした。



規制強化の影響などによる遊技機市場の縮小に伴い、遊技機向け製品の売上高は前年同期比で51.8%の減収となったことに加え、次世代主力製品の試作開発費を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となった。

2017年度のパチンコ新台発売数は133万台で、前年比で42万台の減だった。年間で300万台が売れていた時代からすると半減以上である。

「かつては、パチンコメーカーさんは上得意客でしたが、今はコストに一番うるさいお客さんになってしまいました」(部材メーカー関係者)

新台が売れなくなれば、メーカーが利益を確保するためには、下請けメーカーや開発会社に無理を言って泣いてもらう。

「上位メーカーは自分たちの腹が痛まない仕組みを作り上げています。ほとんどが下請けで、ダメになれば下請けを切るだけです。そういう意味では遊技機の企画メーカーになっているんじゃないですか」(同)

パチンコ市場の縮小と共に、遊技機の販売台数も下がり続ける。そうなれば、なるほどメーカーは遊技機価格を下げない。それに対して、ホールの台所事情は苦しくなるばかりで、機械予算は下げて行かなければならない。そもそも40~50万円もする新台価格をもっともっと下げて欲しい。

ここにホールとメーカーの対立構造が生まれる。

「メーカーが一番恐れているのは不買運動です。たとえば、30万円以上の機械は買わない、とホール組合から突き付けられることを恐れています」(同)

業界は長い、長いパチンコバブルを終え、遊技人口減に歯止めをかけることもできない。今こそ、大手も中小も手を携えて機械代を下げなければならないところまで来ている。

機械代が高騰するたびに不買運動は話題に上ったことはあるが、実現したことはない。資金力に余裕がある大手は、ここぞとばかりに新台を買って集客を図り、新台を買えないホールは脱落していく。

しかし、自分のところさえ生き残れたらいい、という考え方は、業界の縮小に拍車をかけることで、決して業界全体のためにはならない。改装案件もほとんどなく、周辺業者は倒産必至である。

今ではあまり使われない「女房と畳は新しいほどよい」という、ことわざにあるように、ホールはずっと同じ中古機だけで運営することはできない。新台という刺激は絶対に必要なものである。

新台がなければホールはやっていけない、というホールの弱味にメーカーは付け込み、機械にごちゃごちゃ付けて値段を上げるのではなく、ホールが買いやすい機械を作ることのほうが先決だ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




パチンコ業界にもLGBT問題はある


知り合いの人がLGBT研修やLGBT採用コンサルなどを行う会社へ転職したのが1年ほど前。時を同じくして、それからLGBTという言葉を頻繁に聞くようになった。

L レズビアン(女性で同性を好きになる方。女性同性愛者)
G ゲイ(男性で同性を好きになる方。男性同性愛者)
B バイセクシュアル(女性を好きになることもあれば、男性を好きになることもある方。両性愛者)
T トランスジェンダー(自認する性別と出生時の性別が一致していない人のこと。男性から女性へのトランス=性別移行を望む方をMtFトランスジェンダー、女性から男性へのトランスを望む方をFtMトランスジェンダーと言う)

LGBTとは上記の頭文字をとった頭字語で、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)の総称の一つ。

LGBTはいわゆる「趣味嗜好」ではなく、基本的に生まれつきのものだ。病気や異常ではないため、治療はできない。ただし、国内でホルモン療法や外科手術などを受ける場合、戸籍上の性別を変更する場合などは「性同一性障害」という診断を必要とする。

最近でのLGBTでの出来事では杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」発言が大炎上。それを擁護する特集を組んだ新潮45が火に油を注ぎ、休刊に追い込まれた。LGBTの認識なしにゲイをオカマというと「差別だ」といわれるようになった。

名古屋のホールに32歳の男性がバイトで入社した。ある日その男性の男友達が客として来店してきた。2人の会話を聞いていた主任は「????」となった。

何と、二人ともオネエ言葉で喋っていたのだ。

主任はアルバイトスタッフがオカマかと疑うようになった。しかし、オカマかと聞くこともできない。こういう場合、何と言って聞くべきかと迷った。適当な言葉が見つからない。「そういう世界の人?」と聞いた。

しかし返事は「違います」と認めなかった。

主任はそれ以上追求することはしなかった。

それからしばらくたって歓送迎会があった。

宴席で酒が入るごとに男性スタッフの地金が出てきた。最初は普通に喋っていたが、どんどんオネエ言葉が出るようになり、最後は体までよじらせてきて、周囲を唖然とさせた。

普段の男性スタッフの働きぶりはお客さんからは好評だった。普通の女性以上に気遣いができる接客をしていたからだ。体は男でも頭の中は女性だった。接客業には向いていた。

主任はオカマキャラで働いた方がむしろ、自然で良いのではないかと考えた。しかし本人の答えは「NO」だった。

理由はオカマキャラからの脱却を目指すためにホールで働いていたが、それを全面に出すことは本望ではなかった。

結局は退社することになる。

そんなケースのためにLGBTの採用をコンサルする会社も生まれたわけだ。こういうケースの場合どんなアドバイスをするのだろうか?

Yさん、これを読んでいたらコメント欄に対処方法をお願いします。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




業界の将来性のカギを握る2円パチンコの成功事例


チンパンジーを使って、どれに一番興味を示すかの実験を行った。内容はゲームをしたら餌がもらえる、というもので、3つのタイプに分けて実験した。

1番はゲームをするごとに必ず餌がもらえる。

2番はゲームをしても餌がもらえたり、もらえなかったり半々の確率。

3番はゲームをしてもまったく餌がもらえない。


で、この3つの中からチンパンジーが最も興味を示したものは何番か?

賢明な読書ならもうお判りのことだと思うが、正解は1番ではなく、

2番だった。

これは、賭け事に関する心理を、チンパンジーを使って実験したもので、ヒトにもそのまま当てはめることができる。

客はナゼパチンコするかといえば、チンパンジーの行動心理学からも分かるように負けるからパチンコするとも言える。人間は負けるとそれを取り戻そうとして、またおカネを突っ込む。

1万円負けていて、9000円取り戻したら、1000円負けているにも関わらず勝った気分になる。負けていてもまた行こうと思う。

流行っている店ほど出すときはバカ出しし、取る時はしっかり取る、というメリハリに効いた営業をしている。負けっぱなしではなく、必ず勝たせてくれる日もあるとの期待値が繁盛店にはある。

では、ナゼ遊技人口が減り続けているかといえば、今のパチンコ業界は3番の状態が慢性化しているからだ。1回も勝たせてくれないような店から客足が遠ざかるように、パチンコ業界全体が勝たせる雰囲気がないために、パチンコから足を洗う客が増えている。

3番状態を解消しないことにはパチンコ離れに歯止めがかからないが、1円主体の低貸し営業では思うようにバカ出しなんかできるはずもない。

新台入れ替えのコストを軽減して、その分、スタートや出玉で還元することを謳うホールがあるが、高交換率の現状では、ユーザーの期待値とはかけ離れている。そもそも40玉交換ぐらいにしないとその差は感じない。4円より1円の方がより回らないのが現状でもある。

今になって1円にシフトしたことを後悔するオーナーは少なくない。都内でも超優良ホールの低貸し専門店が閉店したことは象徴的な出来事だ。

では、どうすれば2番状態に持って行くかといえば、今の1円客を上のレートにステップアップさせることだ。いきなり、4円は無理。そもそも大手ですら4円の稼働を上げることはできない。

全国的にも成功例がない2円へステップアップさせるしかない。1円から2円へステップアップするだけで、ホールの売り上げは倍になる。

2円が成功しなかった理由は、4円と1円に挟まれて中途半端だった。1円は4円に比べて4倍貸し玉が出るお得感があったが、2円はそれも中途半端だった。

1円から2円にステップアップさせるには、客側からすると貸し玉が半分に減る、というデメリットがある。これを克服するには利益率を削ってでも玉を出すことだ。1円よりも2円の方が勝率がいいという体験をしてもらうことだ。

このまま低貸しでますますじり貧になるのを座して待つのか、2円に挑戦して現状を打開していくのか、業界は今二者択一を迫られている。

業界が知恵を出し合って、2円の成功事例を作ることが必要だ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


BUYMAで倍増とは


業界歴25年、ホール店長だった高橋雅さんは、昨年3月からネットでサイドビジネスを始めた。最初に手掛けたのはAmazonのせどり。月収20~30万円を稼ぐようになったが、リサーチや仕入れ、発送業務など作業量が多く片手間でできるようなものではなかった。



もっと効率よく稼げるネット通販として辿り着いたのがBUYMA(バイマ)だった。去年10月から始めて今年1月には売り上げ100万円を達成。3月には400万円を記録。その後も200~300万円で推移している。

「ホールの店長時代に培ってきたホールでの接客やメール配信がネット通販で生きて来るとは思ってもいませんでした。パチンコ業界では広告規制でメールの内容は射幸心を煽るような文言はNGになることがありますが、そういう規制も一切ないので逆にやりやすいです。業界スキルが通用する世界です」(高橋さん)

では、BUYMAとは何ぞや、というところから説明しよう。

通販サイトはAmazonやヤフオク、メルカリなどある中で、BUYMAは日本にいながら世界中の商品を購入できるソーシャル通販サイトだ。



一般的には在庫を抱えながら販売するのが鉄則だが、BUYMAの最大の特徴は唯一在庫を持たなくても販売できることが認められているプラットホームであることだ。注文があってから買い付けに行けばいいので、物販の世界では夢のようなシステムでもある。

一般的な通販サイトでは購入者から「ちょっと負けてくれない?」と値下げ交渉をされることもあるが、BUYMAでは購入者と値上げ交渉ができることも特徴の一つと言える。

高橋さんが扱っている商品はエルメス、ルイ・ビトン、シャネル、ディオールなどの一流ブランドの洋服、バッグ、靴、アクセサリー。購入者はハイエンド層が多い。

出品している商品に発注が入ると、世界各国にいる高橋さんのビジネスパートナーが商品を買い付けて、海外からの発送となる。

完売した商品であっても、パートナーが各国の直営店やセレクトショップから探し出して買い付ける。

あるブランドの財布を40万円で出品していたが完売となり、見つかったが60万円でしか売ることができない。そんな場合、値上げ交渉で60万円で売れることもある。ハイエンド層は欲しいと思ったものは値切らず、商品がないとなれば高くても買ってくれる。元々上代の高いブランド品を扱っているので利幅も大きい。

「BUYMAでの問い合わせのやり取りは公開されているので、出店者がどういう人物かということも見られています。対応が早く、親切なところから買われることが多いので、接客で差別化を図っていたホール関係者には向いていると思います。BUYMAなら月収100万円は難しい数字ではありません」(高橋さん)

業界関係者限定1名で高橋さんがマンツーマンでBUYMAで成功する方法を伝授する。

また、BUYMA業務をパソコンでサポートするアシスタントも募集している。

問い合わせはこちらのLINE@から。




高橋さんのアメブロ

高橋さんのインスタグラム




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。