パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

手補給軽減のためにクレジット1000枚にして欲しい!


重たい玉運びから従業員を解放するためにパチンコの各台計数機は今やホールの必須設備になっているが、スロットの方は自動補給、各台計数機共に必須までには至っていない。スロットコーナー担当の主な仕事はメダルの手補給である。

あるホール関係者がスロットコーナーの人件費削減のためにクレジットを1000枚ぐらいに上げることを望んでいる。

「1000枚ぐらいなら途中でメダルを補給する手間が省けます。技術的には簡単なことなのにどうしてクレジットの上限を上げてくれないのか」(ホール関係者)

人件費削減なら自動補給があるが、そこまで設備投資する考えはないようだ。

スロットにクレジットが認められたのは30年前、1988年の2号機の時代にまで遡る。クレジットが認められた経緯は、パチンコは上皿に玉を入れれば自動で発射できる。それに倣ってスロットも自動で打てるようにクレジットを付けることを日電協が警察庁に陳情した。クレジットが50枚に落ち着いたのは、パチンコの上皿が1000円分の玉が入るということで、1000円分の50枚になったようだ。

その後日電協は50枚分では足りないのでクレジットを250枚(5000円分)まで引き上げる陳情を試みたこともあるようだが、NGに終わっている。

スロットのクレジットにはそんな歴史がある中で、1000枚(2万円分)とはかなり無理な要求のように思える。

「メダルの補給の手間を省くという理由は弱すぎる。手間を省きたいのなら自動補給を使えということにも成りかねない。それよりもクレジットを1000枚に上げることでゴトの方が心配だ」(スロット関係者)

一時期クレマンゴトが業界を震撼させたことがあった。クレマンのゴト器具は簡単に作れて、体感機や電波ゴトよりも簡単にメダルを搾取することができたので、一気に広まった。

クレジットが1000枚となればゴト師もクレマン以外でクレジットを一瞬にして上げる道具を開発してきそうだ。1回やられて
2万円は大変な額だ。

パチンコのアナログ役物機も油玉などを使い、振動センサーをかいくぐりながらゴトを仕掛けてきているのが現状だ。

省力化とゴト被害を天秤にかけた場合、業界人ならゴト被害の方を心配する声の方が大きい気がする。メダル自動補給も草創期はゴト対策が万全でなかったために、抜かれっぱなしになった苦い経験がある。

ゴト師を警戒するために、あえて手補給にしているホールも少なくない。

はてさて、クレジット1000枚を望む声や如何に。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


いつまで等価を続ける


脱等価を組合で申し合わせたにも関わらず千葉県遊協のように足並みが揃わないために延期したケースがあったり、都内では他店との差別化をアピールするために再び等価へ戻すホールが出てきている。

これは等価でなければ客離れが起きることを恐れるあまりに選択した手段なのだろうが、今年10月から実施される消費税10%時代を迎え、それでも等価営業をやり続けるつもりなのだろうか?

消費税が8%になった時、業界は内税の現行方式を選択した。外税にするには台間サンドを消費税対応型に切り替える新たな投資が必要になったり、外税で貸し玉が削られることは客が損した気分になり、客離れが心配されたためだ。

しかし、4円の稼働が落ちて収益性が低い現状で10%時代も現行方式を取るとますますホールの収益は悪化する。

税理士法人みなと財務に現在のパチンコ業界の消費税問題が分かりやすく解説されている。
※注:税率は消費税5%。

以下引用

現在のパチンコ業界では貸玉料金の中に消費税額が含まれる料金システムを採用している。つまり、貸玉料金が1玉4円ならば、客が支払う純粋な貸玉料金は3・81円、消費税額は0・19円という計算になる。

ところが、貸玉を景品に交換する場合には1玉当たり4円として計算する。つまり、本来の玉の価値は税抜きの3・81円であるにもかかわらず、景品交換時には4円の価値があるものと見なされるわけだ。しかし、パチンコ店にとってみれば、貸玉料金に含まれる消費税は単なる「預かり消費税」にすぎない。この部分の金額は申告納税する必要があるため、消費税分だけ客が得をし、店側は利益を削って消費税を納める形になっているのである。

この料金システムのまま消費税が増税されてしまうと、パチンコ店の利益はさらに目減りしてしまう。そこで、増税に対応できる料金システムの1つとして、現状の貸玉料金4円に増税分を転嫁する方法が考えられている。

これは、例えば税率が10%に引き上げられた場合、貸玉料金を「4・2円」とする方式。現状の4円という貸玉料金に増税分の0・2円(10%増税なら正確には約0・19円)を上乗せすることで、増税分の消費税を店舗が負担することは一切ない。だが、この方式では貸玉料金に「割高感」が出てしまう上に、従来の消費税5%に対応する部分を、店舗側が利益を削って負担することになる。誰も幸せにならない消費税増税を視野に、業界の懸命な模索が続く。

引用終わり

等価営業とMAX機の組み合わせで、異常なまでに玉単価が上がり、消費税もヘッチャラだったが、それも過去の話し。等価用のベースの低い機械も今はないので、売り上げアップも期待できない。この現状で等価営業を続けることが、どれだけ無謀なことか想像はつくというものだ。

消費税額がアップするということは、売り上げが減少し、利益やキャッシュが減少することを意味する。

それでも現行方式を取るなら方法はただ一つ。これを契機に40玉交換に戻せば換金差益で消費税10%も十分に吸収できる。

等価を続ける、あるいは等価に戻すホールは長く商売を続ける気はないのか? それともよほど高稼働ホールのどっちかだろう。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


フランスのアニメ好き16人がパチンコを打った結果…


正月明け、フランスから男性ばかり16人の団体が日本観光にやってきた。年齢は35~60歳で年齢も職業もバラバラ。ただ共通しているのは日本のアニメ好き、ということ。

東京~大阪~東京~札幌と回る中で大阪は、性風俗体験だった。東京でのガイド役を業界人が務めた。

両国の江戸東京博物館を見学した後、東京では彼らのリクエストはパチンコ体験だった。自分が好きなアニメがパチンコになっていることに興味を持っていたため、秋葉原のホールへ案内した。

全員を1パチコーナーへ案内して、パチンコの遊び方を教えることから始まった。初めてだったこともあって、ハンドル操作がなかなかうまく行かない。微妙な調整ができない。

ま、初体験なので無理もなかったが、一様に「すごく楽しい!」という反応だった。リーチ演出やギミックが動く展開を気に入ったようだ。

しかし、ものの15分ぐらいで半数がホールから退散してしまった。

理由は騒音だった。日本人でも初めてホールに足を踏み入れるとあの騒音に居たたまれない人は出て行く。

そして、30分も経つと残りの半数もホールから出てきた。

彼らはタバコの煙と臭いに辛抱できなくなった。

その中の一人は「毒のある水の中に浸けられている気分だったよ。日本ではきれいな空気を吸っていたのに、なぜ、こんな汚い空気を吸わされるの!」と憤慨する。

来年4月から完全禁煙になるわけだが、新規客を開拓したいのなら来年まで待つことなく今からでも禁煙ホールにした方がいい。

騒音とタバコ問題は長年放置してきた。新規客に慣れろという問題でもない。嫌ならするな、という問題でもない。騒音は頭が痛くなる。新規客が受け付けない環境とも言える。

鉄火場で感覚を麻痺させるための騒音というのなら、そんな時代でもない。

お口直しに彼らのリクエストに応えて、一行はメイドカフェに向かう。ところが16人が入れるキャパの店がないために、二手に分かれて入店した。

メイドスタイルと接客スタイルに彼らはメロメロになった。ケチャップでハートマークを描くオムライスに大興奮した。

パチンコとメイドカフェはどっちが楽しいか、聞いてみた。

ほぼ全員がメイドカフェだと答えた。その理由はやはりホールの環境だった。パチンコはそれなり面白かったが、タバコと騒音で早々と退散せざるを得なかった。

静音環境で禁煙、そこにメイドスタイルの女性スタッフが接客すれば、アニメ好きの外国人客は集客できる、ということか?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



構想から3年がかり。オリジナルの味でラーメン事業に進出


ホール企業が新規事業として飲食業界に参入するケースが増えている。飲食のノウハウがない場合はフランチャイズに加盟するのが手っ取り早い。実際、コメダ珈琲をフランチャイズで運営しているホール企業もある。

フランチャイズのメリットは「本部」が、開業に必要な要素(仕入れ、集客、商品開発など)をパッケージにして希望者に貸与し、ある程度の成功事例をベースに成功率の高いビジネスを可能にすることだ。加盟店は、本部へロイヤリティーを支払うことになるが、何よりも既にあるブランド力で商売できるメリットがある。

一方のデメリットは、本部に支払うロイヤリティーだ。これは、権利へ支払われる対価で、ロゴの使用や商品に対する販売権利、ノウハウの提供への支払いを指す。金額は企業によって違うが、一般的には歩合制、粗利益配分制、定額制の3パターンがある。

カプセルホテルをフランチャイズで運営しているホール企業のトップは「フランチャイズは本当に儲けが薄い。全く門外漢だったので仕方なかったが、フランチャイズはやるものではない。自社でやるのが一番」と自省する。

岡山を中心に13店舗のホールを運営するサンエイグループは、12月3日、岡山市南区妹尾に中華そば「よしだや」をオープンした。初の飲食事業だが、構想から3年がかりでオリジナルの味に仕上げた。醤油味ベースのあっさりとした中華そばに、連日客足が絶えない。



中華そばは同社の吉田清志社長が懇意にしているラーメン屋に、三顧の礼で弟子入りを志願したことから始まる。

吉田社長の熱意に負けた店主は「レシピや秘伝は教えられないが、アドバイスはしよう」ということになり、テナントを借りてラーメン研究所を作った。

飲食事業に進出するに当たり、社内公募したところ、3名が手を挙げた。ど素人の3人はラーメン評論家の石神秀幸氏が運営する「食の道場」に入学してラーメン作りの基礎を学ぶ。

本格的に自社のラーメン作りが始まったのは2年前から。麺は自家製麺に拘った。機械が麺を作るといっても、板状にしたものを一回休めて、2枚を重ねて、また休ませる。それを何日間寝かせたら最適の麺になるかを試行錯誤した。

一番苦労したのはスープだ。岡山は醤油味ベースの中華そばの激戦区でもあるが、敢えて醤油味を選択した。味噌やトンコツ味と違って、ごまかしが効かないのが醤油味だった。醤油味は繊細で、一番難しいものに素人が挑戦した。スープが完成していよいよ店が出せるまでに1年半の歳月を要した。

写真はチャーシューそば680円。

中華そば530円。比較的安い値段だ。これは吉田社長が1コインに拘った結果だ。

一般的には原価計算から値付けをする。飲食の原価率は3割と言われるが、素人が3割に拘ったのでは美味しいものを作れない。原価よりも美味しいものを作ることを優先させたようだが、現場の苦労は伺い知れない。

「おいしかった。また来るね、の一杯を作り続ける」

これはお店のコンセプトだが、パチンコホールと相通じるものを感じる。さしずめ、パチンコならこんな感じだろう。

「楽しかった。また来るね、の台を提供し続ける」

この共通コンセプトが繁盛店への道だ。

よしだや岡山本店と命名されているところに、今後のチェーン展開を感じさせる。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




他人の振り見て我が振り直せ的ケーススタディ


ホールスタッフ受難ネタを2題。他人の振り見て我が振り直せ的なケースでもある。

■ケース1 スマホ盗撮?

京浜東北線で通勤しているAさんは、これまで無断欠勤などするタイプではなかったが、年末、初めて会社に連絡することなく遅刻してしまった。

電車内では立ってスマホをチェックしていた。何かの拍子でスマホを床に落としてしまった。満員電車内で踏まれては大変とばかりに急いでスマホを拾い上げようとした時だった。

「キャー、痴漢!」とAさんの前に座っていた女性がAさんを指差し悲鳴を上げた。

Aさんは体を触ったわけでもなく、全く身に覚えがない。周りの乗客がAさんを取り押さえて次の駅で無理やり降ろされる羽目になった。

事務所に連れていかれ、取り調べが始まった。

駅員は女性にどこを触られたのか、と聞いたところ、意外な答えが返って来た。

「体は触られていません。この人盗撮していました」

女性はスマホを落とした振りをして、盗撮したものと思い込んでいる。ミニスカートを履いているわけでもなく、女性はズボンを履いている。

こうなれば、動画を確認してもらえば一目瞭然だ。

もちろんAさんのスマホにそのような動画は映ってはいなかった。

無罪放免されたが、1時間以上遅刻する羽目となる。

スマホが大画面になり、操作しづらくつい落としてしまうこともあるが、スマホは落下防止、置き忘れ防止のためにもネックストラップを付けることをオススメする。

ケース2 掏られた? 落とした?

ホールスタッフのBさんは、いつも財布はGパンの後ろポケットに入れる癖がある。Bさんの財布は長財布ではなく、二つ折りだった。

電車に乗った時は確かに財布があったのに、降りた時に財布がなくなっていることに気づいた。

Bさんは財布を掏られた、と思った。後ろポケットに入れること自体が間違っている。財布を掏って下さい、とスリに合図を送っているようなものである。

すぐに最寄りの交番に届けを出しに行った。

警察官から財布の特徴と中身を聞かれた。

正月だったので、いつもより多めの6万円が入っていた。キャッシュカードやクレジットカードも入っていたが、普段車は運転しないので、免許証は入れていなかった。

Bさんは中身を言うのを少しためらった。財布の中には恥ずかしいものが入っていたからだ。しかし、財布の中身の特徴的なものなので、意を決して話した。

「スキンが入っています」

警察は職業柄か、スキンの銘柄まで質問してきた。

届け出を終えて歩いている時にBさんはあることに気づく。Bさんが履いているBパンは起毛タイプで、後ろポケットに入れていたレシートが上の方まで上がってきていた。

起毛は滑りやすくなるので、座った時に座席に落としたのか、と考えたりしてみた。・

それから10日ほど経ってBさんのケータイに1本の電話が入った。

それはBさんの財布を道端で拾ってくれた人からだった。

どうして電話が掛かってきたかというと、ペットの診察券が入っていて、そこにBさんの名前と連絡先が書かれていたためだ。

拾ってくれたのはおばあちゃんだった。

現金だけを抜いて財布は捨てられたようだ。

この件をオーナーに話したところ、お見舞いとしてオーナーがBさんにプレゼントしたのは、超極薄の高級スキン一箱だった。シャレの効いたオーナーである。

Bさんの教訓はいうまでもなく財布はズボンの後ろポケットには入れないこと。カバンに入れた、カバンを酔っ払って落とさないようにたすき掛けでカバンは掛けること。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。