パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

コロナ対策で足踏み式パチンコ登場か?


コロナ禍で感染防止のためにいち早く手を使わないで足で踏むタイプが登場したのが、写真のアルコール消毒スタンドだ。



外出自粛要請が発令されたのは4月7日。この写真を撮ったのは4月10日。あるホール企業の玄関に設置されていたもので、早い時期から足踏み式があることに驚いた。

コロナウイルスは手から感染するので、それなら手で触れなくすればいいわけで、そんな理由から足踏み式消毒スタンドが誕生したわけだが、その流れが自販機にまで波及している。



飲料メーカーのダイドードリンコは、コロナ禍対策を目的に足による商品選択ボタンの操作や商品取り出し口フラッパーの開閉が可能な「足操作自動販売機」の実証実験を開始した。

購入方法は、商品サンプル下に表示されている商品番号に合わせて、足もとの商品選択ボタンを足で踏む。商品の取り出しは、自販機右下のペダルを踏んで取り出し口のフラッパーを開ける方式となっている。

支払いも電子マネーに対応していて、手を自販機にまったく触れることなく買うことができる。コロナ禍でのニューノーマル時代の非接触型自販機とも言える。

接触機会の低減を図り開発したもので、足で操作する自販機は業界初としている。なおダイドードリンコは、国内飲料事業における売上のうち、8割以上が自販機による売上となっている。

一方のパチンコ業界。

遊技機客が一番触れるのはパチンコならハンドルである。遊技中は常時握っていなければならない。ホール側もハンドル周りの消毒は常に行っている。

そこでメーカーが考えるのが足踏み式だ。



実際、豊丸がトレパチで自転車のペダルのように漕いで玉を発射するものは販売されているが、これはお年寄りのリハビリ用でもあるが、新たにメーカーが検討しているのはコロナ禍対応で車のアクセルのような方式だ。

さらに左側にはボタンを連打する時の機能を持たせたペダルを配置する。

今まで手で行っていた遊技をすべて足で行うという発想である。これこそがウイズコロナ時代のニューノーマルな遊技機の姿になっていくのだろうか?

発射装置に関しては、ハンドルを捻って握り続けるよりも、アクセルペダルの方が人間工学的にもはるかに楽な姿勢で打ち続けることができる。

何年後かには実用化してる?



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

求人掲載のちょっとしたテクニック


採用支援㊙ブログより

どの企業も採用が円滑に進むように、他社との差別化を考えると思いますが、今回はすぐにできるちょっとしたテクニックを2つ紹介したいと思います。

★ 募集店舗名を横文字記載にする

飲食店における応募分析をしていくと、英語やローマ字記載の店舗に応募が上がりやすい傾向が見られます。え?と思うかもしれませんが、例えば、「博多うどん」 ⇒ 「HAKATA UDON」 と記載を変えるだけで、ちょっと応募が上がります。求人掲載において求職者が仕事を探す段階で、横文字の方が目にとまりやすく、かっこよく見えるという心理で、クリックしてもらいやすくなります。

★ 時給1,100円の募集を時給1,000円に下げて浮いた分で別の魅せ方をする

例えば、1日8時間勤務の場合、日給換算で8,800円になりますが、これを以下のように変更します。

「時給1,000円+往復通勤時間 (計1時間) も給与支給 ⇒ 日給換算9,000円」

差額200円/1日で、他社との福利厚生の差別化ができます。(時給を上げるよりも遥かに低コスト)

このケースは、募集店舗の周辺が渋滞しやすいエリアにある場合など、通勤を敬遠されやすい場合に、このような対策を打つと、単に時給を上げるよりも応募が上がるケースがあります。

採用活動において、多くの企業では、応募が上がらなければ、時給が低いからだと考えがちですが、時給を上げてしまうと、既存スタッフも上げざるを得ず、その後下げることは難しくなり、必然的に人件費が上がってしまいます。(人件費が上がって採用費が下がる場合もあるため一概にダメというワケではありません)

あくまでも時給UPは最終手段と考え、その前にやれる対策が他にもたくさんありますので、周辺エリアの時給競争には乗らず、知恵で勝負していくことでコスト上昇を防げます。

もし採用にお困りでしたら、採用ノウハウを具体的にレクチャーさせて頂きますので、ご興味がございましたらお知らせ下さいませ。(現在自社で出稿している求人原稿のテコ入れまでは無料で対応させて頂きます。)



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

30年後のホール経営は? その4


ホール業で「多角化経営をやっています」と謳うけれど、コンビニ経営や、フランチャイズによる飲食店を数店舗で規模が経営の骨格になっていないケースが多い。

マルハンの店舗に併設したマルハンダイニングは、売り上げ規模を160億円としているので、成功していると思います。

会社設立から17年。マルハンのホール規模が317店舗(2020年3月期)ですから、併設や隣接させれば、パチンコユーザーを相手に十分商売になりますよね。

しかし将来、ホール業に陰りが出たら、共倒れになる可能性もあります。

多角化って中々大変です。前述した山佐やさくらコマースも何年もの積み重ねで成功しているわけです。

私がサラリーマン時代の上司の実家が、都内を中心にガソリンスタンドを20店舗運営していました。

ガソリンスタンド以外に小さな不動産業も営んでおりましたが、5年前にガソリンスタンドは全て売却して閉鎖しました。

東京を中心に首都圏にありましたから、資産価値は非常に高かった。

ガソリンスタンド数を減らす方針を決めたのは、初代プリウスが発売された1997年。今から23年前です。

上司はこの年を境に、20年後にハイブリッド車が主流になり、30年後に電気自動車が主流になる。「家業のガソリンスタンドの将来は縮小するだろう」と予測をしたそうです。

予測よりは、多少進行が遅れていますが。今はガソリンスタンドはゼロになりました。

ガソリンスタンド跡にビルやマンションを建てたりして、不動産業が主流になりました。このケースは、多角化とは違いますが、衰退していく業種から転業した成功例です。

それ以外では、人気蕎麦店を経営しています。所有するマンションの1階に店舗があり、食べログでは3.8の高評価。オーナー自ら、蕎麦屋に修業に入り、独自の手法で味を創り出しました。オーナーの趣味が蕎麦だったのです。

逆の例があります。

まだ数店舗のホールだった時に、不動産業、飲食店、スーパー、食品加工業、と多角化経営を展開しています。

しかし、ホール業が右肩上がりで急激に業績が上がったため、他の業種は廃業しました。

将来を見据えた時、ホール業を家業にすることを望んだ訳ですが、このホール企業の跡継ぎは、ホールが儲かっている時に多角化を縮小したことを悔やんでしたこといます。

本来ならば、儲かっている時だからこそ多角化を推進するべきだった、と。「目先の売り上げ規模や利益に目がくらんだ」と父親や祖父へ恨み節を炸裂させいます。

これからの時代、大半の業界関係者は、ホール経営は一筋縄では行かないと思っているでしょう。
資金力のあるホールは立地の良い場所を中心に、ホール数を増やす反面、弱小はホールを減らしたり廃業する時代です。

積極的にM&Aをしているホール企業の中には、将来の不動産価値を考慮してホールを買収しています。
将来、テナントビル経営が可能なホールを安く買収しています。

ある銀行支店長の話。

銀行はおカネを貸す先がなく、今はマイホームローンと不動産投資ローンが稼ぎ頭の一つになっています。
他には、担保を取れる案件ならば積極的に融資です。

あるホール企業は、借入金を中心に買収しています。銀行も有望だと思う不動産には積極的に融資を行っています。

逆に、将来性が無い分野におカネは貸しません。

2000台規模のホール開業の際には、簡単に融資をしてくれた銀行が、今は簡単に貸さない例もあります。

超大型店の稼働の落ち込みが原因です。

つづく



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

キーワードは“短時間遊技”&“短時間射幸性”


レジャー白書による参加人口は、『2000年=2020万人』『2010年=1670万人』『2019年=890万人』の流れで、20年の間に1130万人(56%減)という状況です。

2020年はコロナの影響で更に減少することと、離反が増える可能性があります。

そして、2021年は最終的に全ての機種が新規則機へ移行するので、【撤去離反】による参加人口減の可能性があります。

参加人口の減少は、人口動態や社会背景の変化という外的要因もありますが、そもそもファンを増やせていないという事実を謙虚に受け止める必要があります。

業界としての減少原因として、『射幸性の低下』『広告規制』ということも部分的な原因だとは思いますが、根本的な原因をこれらに求めていても解決には向かいません。

20年前の2000年には、上記の2つが存在している以前からでも減少傾向であり、射幸性の低下がキッカケで離反が起こることは事実ですが、2019年の890万人と2020年の2020万人のユーザータイプとして、大きく減少しているのはライトユーザー層になります。

これは、ユーザーの裾野を広げるためにメーカー各社も取組んだものですが、“低射幸性遊技機(ちょいパチ)”という挑戦は良かったし、この機種は一定ユーザーに支持されている(ストック系の機種)ので失敗ではありませんが、あくまでも『設置比率』の課題であって、ライトユーザー全ての人が好むものではありません。

キーワードは“短時間遊技”と“短時間射幸性”というタイトルですが、“短時間遊技”を顧客視点で考えた場合、「簡単に当たる、ちょいパチ」という視点だけではありません。

20スロのAタイプも短時間遊技が可能な機種で、パチンコであれば1種2種は短時間遊技向けの機種とも言えます。

お客様はどんな体験価値を求めているのか?という点において、“短時間遊技”と“短時間射幸性”で考えると、新規則機の中でも『Pモモキュンソード』『Sモンキーターン』など、4円Pと20円Sで短時間遊技と短時間射幸性を満たせる機種も存在しています。

ここに、考えるべき要素として“機種の複雑化”というものがあります。

ライトユーザーが不安に思うというか、知らないものには魅力を感じないという当たり前のことで、「分からない機種が多い」ということは知っているので、分からない機種は不安なので打つことはできません。

分かる機種が現在あったとしても、随時撤去されていくので撤去によって「分からない」状態になり、撤去離反が進むことになります。

気軽に遊べるというのは、『投資が少なくて済む機種性能』も一つの要因ですが、2000円でも3000円でも、投資に対して期待が出来るかが気軽に遊べるという他にも存在する要素です。

ちょっとした短時間でも、リターンが少し期待できる機種をレパートリーとして持っていることで、ライトユーザーの方の楽しみ方が増えます。

短時間の来店を繰り返すことで、時間があるときは長く遊ぶという遊び方に発展します。

その為には、お店は『機種が分かる』という、他業界であれば当然の『商品が分かる』状態を施策として定着させることが重要です。

私自身も参加人口減をしっかりと受け止め、反省して『多くの方が楽しめる』ことを目指した取組みをしていきたいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




メーカーを定年退職して悟ったことはホールはコミュニティーの場であれ


パチンコメーカーを定年退職したAさん(63)は、サラリーマン時代は好きなパチンコも週1ぐらいしか通えなかったが、時間はたっぷりあるのでパチンコ三昧の日々を送っている。

先日行った下呂温泉~飛騨高山旅行でも夜になるとついつい足が向いてしまうのは地元のホール。都内と比べると地方の4パチは壊滅的状況だった。

たんまりもらった退職金とこれまでの蓄えはあるとはいえ、年金生活者なので打つのは1パチ。好きなパチンコに日々触れることで、これまでとは違った風景が見えて来た。それは1パチコーナーの常連客のことだ。

昼間の1パチコーナーは60過ぎた常連客の顔触れはほぼ一緒。通っているうちに常連の女性客(おばちゃん)からも声を掛けてもらうようになった。

「あの人とあの人は付き合っているの。女の方は旦那がいるんだけど、男の方は離婚して独身なの」と常連客同士の関係を明け透けに話してくれる。

まさに老いらくの恋である。

1パチコーナーは高齢者の出会いの場にもなっている。

「破局すると大抵は男の方がホールには来なくなるけど、女はいぶといわよ。何事もなかったかのように来ちゃうもんね」

コロナで休業していたが、営業再開後に結婚することになったカップルも誕生した。

「ここ10年間で私が知っている限り3組目ね。隣同士になるとすぐ仲良くなる」

この話を聞いて元メーカーの血が騒いだ。

Aさんはこんなことを考えた。

「今後のホールコンセプトは寂しい老人の出会いの場になればいい。これまでパチンコは個の遊びだったが、常連客やカップル同士が共有する遊びになること。相手の台の演出が覗けるように新たな画面を付ける。特に激アツ、レア演出は見たいものなので、これが共有できるようにする」
カップルで来た客の中には、LINEで「今こんな演出が出て」とやりとりしているケースもあるように、それを台で完結してしまう発想である。

さらにAさんのコミュニティーホールとしてのアイデアは膨らむ。

「無料のカラオケや在宅ワークができるスペースや気軽にお茶が飲めるスペースを設けるなど、ホールへ来ればすべてが完結できるようにする。会員になればカラオケやワークスペースは1時間は無料とかにすれば、新規のお客さんを呼び込むこともできる。休憩スペースに将棋や囲碁も置いて、ホールでアマチュア大会を開催するのもいい。ホールのチャンピオン同士の全国大会も面白い…」とどんどんアイデアが溢れ出す。

パチンコ以外でも人が集えるのがコミュニティーホールの神髄でもある。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。