パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールの副流煙で脳梗塞を再発?


ホール業界の内輪の忘年会と新年会で30分程度の話をして欲しいと、どう言うわけか2回ほど頼まれた。

その中で、反響のあった話は、現在進行中のシリーズである「元店長の新規市場を作るための提言」と寄稿を予定している臓器移植のこと。そして、タバコの話だ。

「喫煙シーンがある映画は成人指定を」と世界保健機関(WHOが勧告を出したことがある。

テレビドラマや映画にワンシーンの喫煙場面が、若者へ喫煙を誘導しているとして、各国に対し喫煙場面がある動画を成人指定するよう勧告した。

WHOのホームページを見ると、アメリカの若者がタバコを吸い始めたきっかけの約37%がテレビや映画の喫煙シーンと言う調査結果が出ている。

東京キー局で制作にいる友人は、タバコの喫煙シーンは特に気をつかい、極力そんなシーンは避けると言う。

また、若い役者の喫煙シーンを事務所が嫌う場合もある。

時代は変わったものだ。
昔、タバコは格好が良いと思う若者が多かったが、今は違うのだ。

私の悪友に、大手プロダクションのマネージャーがいたり、父が広告代理店にいた関係から、アイドルの素の姿を時々見かけた。

昔は、テレビ局の出入りは甘いもので、出版社の友人とは時々TBSの旧社屋の食堂でよく待ち合わせした。

その食堂やスタジオで、アイドルのプカプカをよく見た。

今でもトップクラスのアイドルでレギュラーを何本も持っている人の奥さん=奥さんもトップアイドルだったのだが、今はほとんど見ないが鼻から煙が蒸気機関車のようにバンバン出していたのを見たときはたまげたものだ。

私の年代は、アイドルはウンチもオシッコもオナラもしないと思い込みながら育った時代。

芸能人の多くは、今では、隠れて吸うか、完全に吸わないか、が主流になってきた。

それくらい喫煙は世界中から疎まれている。

「タバコは大人の嗜み」なんて時代は終わった。

おっ!と、話は大分脱線したが、話を戻すと、こんな話がホール企業本部長から出た。

パチンコを止めたきっかけが「禁煙した」と言う常連さんがいたとの話。

地元建設会社の2代目の常連の話。

55歳を過ぎて、会社の方針として、従業員に禁煙を推奨することになった。
従業員が100名を超える会社で地元では大手。
従業員の禁煙は従業員の健康を思い始めた。そのほかには、本社屋内の禁煙化も相まって禁煙運動を始めた。

禁煙化率を高めるために、禁煙者には禁煙手当を毎月3000円支給。1年後には喫煙率が半減したと言う。

と、同時にパチンコが趣味だった2代目はパチンコも卒業することに。理由は、パチンコ店に行くとタバコが吸いたくなってしまうからだ。

これと同じケースが、その会社内からぞろぞろ出て、パチンコを卒業してしまった従業員が続出した。

ホール責任者がバッタリ2代目と会った時に、その事実を2代目から聞いた時は、ホール内の喫煙について考えさせられた、と言う話だ。

この話に関係して出た話は、下記のようなこと。

パチンコ依存症気味だったお客さんは、スロットが原因で自己破産をした。それでも5スロを続けていた。

ある日、スロットをやめる日が来た。脳梗塞になり、3カ月入院した。医者から言われたのは、禁酒禁煙だ。

1年以上が経過した時、ホールのパートさんが、そのお客さんに会った。
それまでの話をパートさんに話したら、パートさんから「また来てください」と言われたらしい。

ホール従業員のパートだから悪気なく話した言葉がきっかけで、チョットだけホールに行って見たくなった。

それが悪かったのだろう。
またホール通いが始まってしまう。

それから間も無くして、そのお客さんはホールで倒れる。
2回目の脳梗塞だった。

ホールではタバコは吸っていなかったから、2回目の脳梗塞は副流煙が原因かも知れない。

パチンコの依存症も、せっかく始めた禁煙も、簡単な理由で崩れる典型的な例だ。

これから置かれるホールの立ち位置を考えなくてはならない話である。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



4パチを支えるユーザーの声


会社経営者のAさん(66)のパチンコ歴は50年近くになる。今でも月20回ほどはホールに足を運ぶほどの大のパチンコファンである。MAX機全盛のころは4円のMAXしか打たないタイプだった。パチンコ以外には競馬、麻雀、株などもやっている。会社が儲かっていた時代は7000万円を株の運用に充てていたが、大損をして、今は500万円を運用するのがせいぜいだ。

MAX機が撤去になってから1/320のミドルにスライドした。大当たりしても1回の出玉が500~600発の単発で終わることが多く、爆発力の恩恵にあずかることもなく、こっぴどくやられてしまった。

それで、打ち始めたのが甘デジだった。

「MAXがある時でもカネのないときは甘デジで遊んだことはあった。甘デジは1回の出玉は少ないけど、いい台に当たればそれでも10連チャン、20連チャンぐらいすることもある。1万発(3~4万円)ぐらいは出ることもある。それでも十分面白い。甘デジを打つようになって勝率が上がったので行く回数が増えている」(Aさん)

ミドルの勝率が2勝8敗とすれば、甘デジになってからは6勝4敗ぐらいになった。

Aさんのおカネの使い方は、MAX機の時は1回の予算が3~4万円だったが、甘デジを打つようになってからは1万円と決めている。1日の運勢を4円のミドルと甘デジに1万円賭ける。

ミドルを2000~3000円打っていいリーチが来るようであれば、1万円までは突っ込む。来なければ、残りのおカネを甘デジに投資する。

「甘デジは出た時点で止めるようにしている。深追いをしない打ち方をしていると、チャラで終わることも多く、1万円も負けることが少なくなった。負けが浅くなったからまた行ける。3万円も負けるとしばらく行けなくなる。自分で自分をコントロールできない人がパチンコを打ってはアカン。あくまでもバクチなんだから」

Aさんの店選びは会社帰りには禁煙店。土日の休みの日は自宅から最寄りの店、と決めている。

「地元の店の4円はガラガラ。一時は回らなくなって行かなくなったが、また回るようになったので行くようになった。勝てそうもないけど、それでも行くのはガラガラなので隣の人のタバコの臭いに悩まされることもない。台も選びたい放題だから」

Aさんは会社経営者なのでサラリーマンよりも小遣いは多目にあるので、4円を打てるがサラリーマンでは4円は打てない時代になっている。

「やっとパチンコホールも一般の企業と同じになった。何の努力もしないで儲けられる時代は終わった。これからは知恵を出して努力したホールしか生き残れない。知恵が出せないのなら止めたらいい。4円復活には5000円で100回以上回して、穏やかな波の中にも強弱をつける。その台に5人座ったら2人は勝つぐらい遊べる台を作らないとダメ。そのためには高い台は買わないこと。高い新台の償却ができないことは素人でも分かる。50万、60万もする台を買うのはホールに問題がある」

Aさんのように月20回も足を運んでくれるユーザーは業界の宝だ。Aさんの声をどれだけ業界が聞く耳を持つか。一ユーザーのたわごとと片付けては業界に未来はない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



保通協試験にもパチンコとスロットでは大きな違いあり


保通協の遊技機試験において、パチンコとスロットには当然のことながら試打試験がある。ところが、パチンコにはないのに、スロットにあるのがコンピュータによるシミュレーション試験が加わる。

つまり、パチンコは試打試験だけだが、スロットは2つの試験をクリアしなければならない。スロットは1枚でも投入すれば確実にゲームがスタートするためだ。一方のパチンコは打ち手によってスタートへ入る個数も変わってくるアナログな遊技のために、シミュレーション試験はない。

「スロットはこのシミュレーション試験で落とされることが多い。理由は信号の取り方で大当たりとして計算してしまうために、落ちやすい。当然、試験に通そうと思えば、低い数値の設計になる。信号の取り方を和らげて欲しい、というのがスロットメーカーの本音です」(スロット開発関係者)

試験方法にもパチンコとスロットでは差がある。

パチンコは1時間、4時間、10時間試験の3つに対して、スロットは400ゲーム、1600ゲーム、6000ゲーム、17500ゲームと4つの試験がある。

それぞれの試験に上限と下限試験があるために、スロットはパチンコよりも試験の厳しさが伺える。

「6号機のシミュレーションをやっていますが、本当に差玉が出ない機械になります。1日打っても5万円も出ません」(同)

スロットが試験に落ちやすい背景にはこんな些細なことも関係している。

保通協に持ち込むのは5台だ。4号機以前は5台の平均値をとっていた。仮に最高出率が120%としたら、中には130%になった台があったり、98%で止まったりする台もあったりで、5台の平均が118%だったら合格になっていた。

4号機以降は1台でも120%を超えた台があれば、一発アウトになる。メーカーは必然的に設計値の低いものを作らざるを得なくなる。

「シミュレーション試験は信号の取り方がボーナスを優先に取る。先に小役を出す設計にしていても、信号をボーナスとして挙げてしまう。信号の取り方を実際のものに変えて欲しいと要望を出しているが、それがなかなか認めてもらえない。シミュレーション試験にスロットメーカーはイジメられている」(同)

「サブ基盤問題では穏便に済ませてやったのに」という声がどこからともなく聞こえてくる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






元店長の新規市場を作るための提言 ①


①パチンコ.スロットの遊技人口減少の歯止め

20年先を予測できる人はいますか?

20年後は消費税が17.5%から20%と予測。65歳以上人口の割合は36%へと上昇。労働人口は、2010年より1200万人減。

つまり絶対にパチンコ業界は衰退する。だって働き手が今より1000万人以上少なくなるんですよ!

今、パチンコ業界を支えているリタイヤ組の高齢者の方々は20年後、ホールへ通ってなんかいません。

ま、20年先はパチンコに限らず、様々な分野の産業は衰退するのです。

鉄道会社も人口減に苦しむのですが、運賃値上げが可能です。

学校法人はどうか? 少子高齢化で、閉鎖される学校法人が増える。
自動車教習所はどうか? これまた人口減や少子化の影響で閉鎖される教習所が増えるでしょう。

また自動運転でどこまでも行ける社会になっていたら、自動車教習所で運転操作なんか、今みたいな内容ではないでしょうね。オートマ限定免許があるように、自動運転仕様限定免許が新設されていますね。

今、話題の大相撲は? 若貴時代ブームの時代は番付に載ったお相撲さんは約900名。今は約600名。つまり、将来のお相撲に黄色信号が灯っております。だから外国人力士を増やすしかない。

色々考えると、20年先のパチンコ業界は、残っていても、市場規模は絶対に拡大なんかしておりません。

②パチンコ業界売上の減少の歯止め

20年先、売上は確実に減少しているでしょう。労働人口が減り、社会保障をカバーする為に、増税は必至。パチンコやスロットをやる余裕がある人たちは今より減ってます。

③ホール数の減少歯止め

これも無理。20年後は、5000店舗残っていれば万々歳! 今でも4円、20円が衰退して、箱を建て直せないホールが山ほどあります。今、築30年以上のホールは20年後は築50年。その先はないでしょう。

④パチンコ.スロット規制の強化の歯止め

これは可能。強化の歯止めは可能だが、規制緩和は、ホール数が5000店舗になるまで見込めないでしょう。

⑤ホール業の新規市場開拓はどうやる?


①から④の事を勘案してみると、ホール業界が今やれることは二つ。

❶今いるホールユーザーを延命させること。
❷延命している間に新規市場を開拓すること。


❶については、現在必死でホール業界が行なっているので、この先は❷について話を進めます。

今、パチンコ業界で必要なのは、メーカー業界とホール業界が、真剣に20年先を見据えて、新規市場を開拓するしかありません。

新規市場とは、パチンコを知らない人々に、パチンコ遊びの楽しさを知ってもらう戦略です。
パチンコ業界が取るべき新規市場開拓。分かりやすい例を上げてみます。

小生は世界的な合繊メーカーで、特殊分野の新規市場開拓も経験しております。赤外線に反応しない繊維や、ワイヤーより強い糸のようなアラミド系の繊維。その他、新素材を世に送り出す為の営業もやりました。

開発部が優れた素材を開発しても、市場がなければ宝の持ち腐れです。今は、航空機などに用いられている炭素繊維も、最初は市場がありませんでした。

市場を作り、開拓する。これこそパチンコ業界に必要なのです。

東レや帝人、クラレ等は、新素材を開発したあと、合繊メーカーと商社と川下の企業が力を合わせて市場を開拓しました。

パチンコ業界も、遊技機メーカーとホール業界が、緻密な戦略を練ることが第一歩ですが、今のパチンコ業界はそれが全く出来ていません。

新規市場開拓は先ず、川上の遊技機メーカーが一方的に動くのではなく、川下と一体になりながら市場を作るのです。

パチンコ遊びを知らない人たちにパチンコ遊びの魅力を伝える努力は、今まで色々やってきました。

遊パチ、1円パチンコ、ちょいパチなどがそれです。遊パチと1円パチンコは成功した部類です。

でもこれからは、これ以上に新分野の開拓が必要になります。

あるパチンコ初心者は、ホール内の客層に大きな違和感を感じ、直ぐ止めてしまいました。

⑴周りに気遣いなしでタバコを吸う人
⑵遊技機のボタンを強く連打する人
⑶殺伐としている中で没頭している人々


こんな人たちの中に自分がいると思うだけで、自分を許せなくなって止めてしまったのです。

その他、大音響に我慢が出来なくなり、ホールから去った人、タバコの匂いが服に付くからホールに入らない人たちも大勢います。

グーやパーでボタンパンチが出来ない遊技機をなぜ作らないのか?
全面禁煙へなぜ一斉に舵を切れないのか?
イヤホンジャック付の遊技機を何故出せないのか?
なぜ、数万円も使う遊技になったのか?
なぜ、等価交換から脱却したくないのか?

これらの問題を解決して、新規ユーザーをお迎えする環境を作らないといけない。

つづく



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



施策に頼らない空白日対策の顧客が固定化にもつながる


真剣に今後のパチンコ店ビジネスを考えているホール企業をサポートするアミューズ・ファクトリーが、「第21回 パチンコチェーン店として儲かり続けるためのビジネスモデル研究会」を1月24日(東京会場)、1月26日(大阪会場)で開催する。これまで東京のみで開催されていたが、今回は初の大阪開催の運びとなった。

2018年は業界が正念場を迎えるとば口になる年でもある。遊技機規則が改正され射幸性の落ちた機械での営業を余儀なくされていく。ホールもメーカーもこの1年を旧基準機で乗り切ろうとしているが、それは対処療法であって根本的解決には至らない。そんなことは百も承知だろうが…。

「射幸性が落ちた新基準機で集客するのは難しくなることが想定されています。広告規制でライターも呼べない。ますます集客の間口が狭まって行くのが、今年からです。従来は施策で集めて、施策でリピーターにする手法が主流でしたが、その方法から転換したホール企業が生き残れると確信しています」と話すのはアミューズ・ファクトリーの宮川雄一社長だ。

一般的な商売では特売デーやイベントで集客してお客の満足を引き出すことができる。ところがパチンコ業界は施策で集客できても、全員が勝つことはできない。大半が負けるから満足を引き出すことができない。にもかかわらず、そんなことを繰り返してきたのがホール業界の特徴ともいえる。その手法もいよいよ通用しなくなって行く、ということだ。

「1カ月のカレンダーを見たら分かるように、有効な施策を打てないのが現状、施策だけでカレンダーを埋め尽くすことなどできるはずもありません。施策のない空白日こそがホールの実力です。この空白日に施策に頼らないでシェアを引き上げるにはどうすればいいのか? 問題意識を持っているホール企業様へ貢献することがこの研究会の目的でもあります」(宮川社長)

研究会に参加した人のアンケートでもこの空白日対策を推す声が多い。ホールの前をたまたま歩いていたパチンコ客が、思わず「入ってみたくなる」、「打つ気にさせる」などの店頭プロモーションも空白日対策の一つだ。チラシやweb広告以外で、ふらりと入ってくるお客を増やすことが空白日の稼働を上げて行く。何もやっていない空白日に来店したお客の方が固定化比率も高い。

■第21回研究会の主な内容
①今後のパチンコ店のあり方を考える
②パチンコ店としてのビジネスモデルについてのヒント
③施策の空白日対策について(第2弾)
④その他異業種も含めた経営・営業上のヒント
⑤差別化やリピート化・固定化の重要性とポイント

東京会場:1月24日(水)
大阪会場:1月26日(金)

申込先はこちら


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。