パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ業界が世間から嫌われないようにするためにすべきこと


私は元F社の営業マンでした。

新人研修は立ち上げたばかりのG&Eで学びました。講師となった吉田校長からは様々な事を教わりました。

校長は大卒出の新人の私のことは覚えてはいないでしょうが、今でも脳裏に焼き付いているのは「森を見て木を見る」。

有名なことわざ「木を見て森を見ず」は、小さい事に心を奪われて全体を見通さないたとえですが、これは、視野を広めた方が物事は有利に働くという意味が含まれています。

この教えを業界の「田舎と都会」、「ホールとメーカー」、「お客様と経営サイド」にも当てはめて、常に森を見て木を見るべきだと思います。

田舎の店長として働くある日、広告業者が「地域の協賛店を募り独自の冊子を作らないか」と営業に来ました。

すでに、個人経営やチェーン店の企業様に「独自のPOPや求人を置かせてもらえないか」と交渉の結果、協力を頂いていたので、新たな付加価値として興味を示しました。

しかし、何かと規制が厳しい中、どんなホール様が実施しているのか、その費用と効果が気になり話を聞くと「ある地域に一つ」と言う。しかも、「競合店と重ならないように」という点に違和感を持ちました。

つまり、一つのお店で地域の協賛店を募る冊子を発行すれば、他のお店には営業をかけない。アピールするのは、そのお店独自のモノで、その広告業者を選ぶ競争になるモノだと理解しました。

が、それは本来、組合やもっと大きな視野で実施するものではないかと思います。ましてや今はパチンコ屋全てが否定される時代です。

飯を食い、
衣服を纏い、
家族を守り、

その後の少しの余裕から娯楽を楽しむが本来の姿であるのなら、一つのお店が我欲のために協賛店を募り、地域と密着するのではなく、組合に所属する全てのお店が地域のためを想い、地域の個人営業店の活性化を願って地域の紹介をするべきだと思います。

我々パチンコ屋は町にいくつある?くらいの広告で十分かと思います。

市場規模の縮小が迫る中、全国にあるパチンコ屋の数は、ある意味まだ異常です。

最近の組合会議は、もはや会議ではなく、ただただ、今の店と自分たちをどう守るか、ということばかり。過去に満場一致で協力して実行できたことが一つでもあるのか、と言いたい。

それなら、いっそスタート6.0以下の店は脱退で、1日設定6を台数に応じて何台入れるとか、新台は何台までとか組合で決めれば、換金率やその最低ラインのボーダーは保たれると思う。そのために等価廃止なら目的も定かになる。

一つの業界として統合できない理由が、今の消費者を苦しめている理由の一つかと思います。

複雑な話になりましたが、「田舎や都会」、「メーカーやホール」と言っている場合ではない。一つのお店と組合、メーカーや設備業者を含めた業界全体の話です。

他を陥れ、自分だけの生き残りではなく、全てが協力して消費者やその町の余暇や産業全体を考えていかないと、この業界は嫌われ続けていくだけかと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




消え去った遊技機に復活のチャンス到来か?


設定付きパチンコを巡ってユーザーからは悲観的な声が少なくない。

「パチンコは、技量でも左右される遊技。何が悲しくて、設定差のあるパチンコを遊技しなきゃいけないんだ。個人的には、設定付きだらけになった時が終わりへの始まりになるんだと思います」(りょうがさん)

「5号機でパチスロが嫌になってパチンコに鞍替えしてみましたが、当時はパチンコはアホでも勝てるな・・と思いましたね。パチスロで言う設定1みたいな調整は打たなくてもわかるようになったし、中間設定のような微妙なのでも1万円あればそこそこ判断。高設定域ボーダー+5以上みたいなのは見た目+数千円の試しでほぼほぼわかる。設定のほうが店が煽りうそをつきやすい環境になったのだからネガティブな事言ってないでニコニコうそばっか言ってりゃいいと思います」(横並さん)

「ボーダーが通用しなくなるのでセミプロ以上は打たなくなるでしょうね。ネットや口コミで若い人も一律セミプロ化してるので厳しいと思います。スロの3分の1程度しか回らないですから、回転数は設定の判断要素にはなりません」(カニミソさん)

パチンコに設定が復活したのは言うまでもく、釘調整をさせないためのもの。実際に釘調整でベースを殺していないかを監視するために役比モニターも搭載されることになった。

設定付きによって、パチンコがスロット化することによって、注目されているのが短命に終わってしまったパロットだったりする。そう、玉で遊技するスロットだ。

「パチンコは玉単価で評価するんですが、パロットが登場したのはMAX機が全盛期の頃。当時はベースを殺して出玉を削っていたので、当然玉単価は上がりました。パロットが流行らなかったのは中身はスロットなのでリプレイやベル、スイカなどの小当たりがしょっちゅう出てくるので、当然玉単価は上がりません。ところが、設定付きパチンコをノーマルの状態で使うと、パロットの方が逆転します」(スロット関係者)

風営法でパチンコは1分間に400円を超えて玉を発射することはできない。ところが回胴式はおおむね400円を超えてはならないことになっている。このおおむねの差とは何か?

「スロットは通常は3枚掛け(60円)で遊びますが、1枚掛け(20円)で遊ぶことも可能です。スロットは4.1秒ルールの下に1分間に14.6ゲームできます。実際はリプレイなどがあるので12.6ゲームを3枚掛けで計算すると1分間に756円入ることになります」(同)

ちなみに、1枚掛けなら252円、2枚掛けなら504円で、1枚掛け以外は、おおむね400円の範疇を超えている。

これをパロットに置き換えると756円÷4円で1分間に189玉が入る計算になる。パチンコは1分間に100玉しか入らないことを考えると、パロットはパチンコの約1.9倍で、パロットのアドバンテージが見えてくる。

同じ稼働ならパロットの方が売り上げは確実に上がる。パロットの復活はありやなしや、と。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




情報公開のススメ④


今回で第4回となります。過去の振り返りについては、第1回第2回第3回をお読みください。

本題の前に私見を鮮明にします。

①出玉率100%未満の低価交換はお客様への負担が大きいです。負担大の営業を行う可能性を排除できない限り低価交換営業には反対です。

②30〜33玉を提唱する管理人様の勘案事項は一物一価遵守によるスロットの交換枚数の扱いかと思われます。

30〜30玉交換は「手数料ナシ再プレイの扱い」などとセットにして論じないと現実味を帯びません。

一物一価30玉6枚の可能性については次回述べさせて頂きます。

③遊技機価格を下げる必要は感じません。高いと思うなら買わなければ良いだけです。

確かに遊技機を安価に購入することに越したことはありません。競争に勝つためイヤイヤ高い買い物をしていると言う方もおられますが、新台依存のパワー営業を志向する限り同じ悩みは続きます。また、本来的には、価格は需給バランスで決まるものであり需要がなければ価格は見直されます。

④「新台を安く!値下げ分を出玉還元へ!」との声も聞こえますが、米国カジノのように管理委員会の下で還元率の情報を公開しない限り、それは信用されません。

加えて、「安価購入で出玉還元」と言う方に還元情報公開の覚悟があるのかどうか甚だ疑問です。出玉還元でお客様の心を掴みたい方には適正価格帯の中古機購入と言う手法がありますし、そういった手法で集客を実現しているホールも存在します。しかし、実際は売上が伸びる新台を志向する方が多いようです。

ただ販売方法についてですが、購入を望む全てのホールに行き届くように受注生産し解禁日は統一する事を願うばかりです。

4円衰退の元凶は等価交換であると断定できません。様々な要因が絡み合って今日に至っています。

では本題です。

▼情報公開の内容

ここまで複数回に亘り、管理人様の主張への反論と言う形で業界の実情や、計数などについて述べてきました。

それではタイトルである情報公開の中身について話します。

私が唱える情報公開とは、新台入替情報でも取材企画情報でもありません。原価率、還元率、出玉率に関する情報公開を勧めるものです。これはお客様が一番知りたい本質的な情報です。

「●●ってよく玉出してるよね」

こういった会話はパチンコファンなら星の数ほどしてきたでしょう。しかし、その出玉情報は憶測や印象といった主観的な見解であり、客観的なものではありません。

この事は5年前に私が寄稿した記事でI R(インベスターリレーションズ)と絡めて触れております。昨今は業界を取り巻く環境が広告規制遵守をはじめ厳しい方向に変わってきており、今望まれるのは規制の隙間を狙う取組みでも小手先の取組みでもない、本質的な取組みです。そのひとつが還元率を含む情報公開だと考えます。

▼原価率、還元率、出玉率の公開と警察

まず原価率について述べます。過去に触れた通り原価率は交換率を意味します。そして、原価率は特定の人気賞品の原価率だけではなく、その他の賞品。タバコや雑貨なども按分計算して公開します。

〈ある店のある月の出庫内訳〉

・原価率89%のアトマイザー出庫率96%
・原価率95%のタバコの出庫率2%
・原価率83%の雑貨、お菓子などの出庫率2%

(89×96+95×2+83×2)÷100=88.9
この店の前月の月間平均原価率は88.9%です。

ここは人気賞品(アトマイザーなど)の原価率だけではなく全賞品の平均を公開します。理由は後述します。個別賞品の玉数は賞品ごとのプレートで玉数を表示しているかと思います。

〈ある店のある月の還元率〉

次に還元率です。出庫(仕入れ)総数。お客様が交換した賞品額です。

月商2億
月間出庫(還元額)1.8億
1.8÷2=0.9=90%

つまり、この店のある月の還元率は90%。
還元額は他の商売でいう売上原価となります。
これはステークホルダーに対する月次決算報告と同類であり、射幸心をそそるものではありません。

そして、出玉率です。
データ表示器でスランプグラフとして公開している 店は多くあります。特定の機種のスランプグラフを殊更に強調するのは、警察から問題視される可能性が否めないため出玉率公開も全体となります。

同じ100%未満であっても、95%や98%など数値化し公表する事でお客様の店選びに役立つかと思います。新台を多く構えるパワー営業店よりも、借金を持たない駅前小型店の方が還元率、出玉率が高い場合があります。

10年前の2008年、私が勤務する地域は一物一価を全国に先駆けて徹底していました。そんな中、県警の担当官と話す機会があり「他府県では二物二価が容認されている」などと決して口に出来ない緊張感の下、「一般論としての二物二価」について見解を求めました。

「たばこ、お菓子など一般景品はパチンコ用、スロット用と分けないのに…。特定の賞品だけ分けるのか! また、パチンコのお客様がその賞品との交換を希望した場合どう対応するのか! 買取ありきの手法は容認出来ない」と一喝されました。

10年経った今、そのスタンスは徹底され、全国スタンダードとなっています。

特定機種の強調、特定日の強調、特定賞品の強調、事実以外の告知、換金を匂わせる告知、必ず出る様な事を匂わせる告知などを取締の対象とする行政のスタンスはこれからも変わりません。

文中で原価率、人気賞品など聞き慣れない言葉を使用したのは、行政も納得するパチンコファンの立場を尊重した情報公開を勧めたいからなのです。

~つづく~



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


声で参加する遊技機とは


ビルなどの工事現場に設置している、騒音計と振動計を見たことがあるだろうか?

夜、この騒音計を利用して、若者たちが、見たことが無い遊びをしていた。

通常時の騒音は、周りの騒音の音の関係で常に数デシベルの振れ幅がある。

騒音数がゼロは自然界ではあり得ず、この特性を利用して、若者たちは、おっさんが想像もつかない遊びをしていた。

その名は「ゾロ目でドン!」

声をあげると動画のように、一瞬騒音計の数値が上がる。

この一瞬上がった数値をゾロ目にするという遊びだ。



これが中々難しい。

周りの環境と自分の声の調子がうまく融合しないとゾロ目にはならない。

やってみると、ゾロ目になるまでやらないと気が済まないというくらいに熱中する。

単純だが難しいから熱中する。
複雑で難しいと面倒でやらない。

テーブルゲーム等は、複雑で難しいと熱中するケースがある。

両者とも人それぞれの性格によって熱中するかしないかが分かれるところだ。

これをパチンコに置き換えてみた。

パチンコは単純で難しい方が、遊技の観点から親和性高いと思う。

この話を業界関係者にすると、規則で無理だと決めつけることなかった。

「おもしろい!」と喜んでくれた。

イメージはこうだ。

①筐体にマイク(集音器)と騒音計の数値が表示される液晶が付いている。

②あるゲームが成立すると「ゾロ目でドン!」の権利が発生する。

③ユーザーはマイクに向かい声を出す。

④マイクで拾った声を測定して、騒音計の数値がゾロ目になる。

⑤遊技機のアタッカーが数秒間開く。

例えば、大当たりとは別に小当たりとしての機能で、「ゾロ目でドン!」チャンスを遊技機につけたら、ユーザー参加型のパチンコ機の完成だ。

現行の遊技機には、ボタンやレバーが付いているが、内部では結果が決まってしまっているが、それでもユーザーにボタンを押させている訳だから、これは真のユーザー参加型のパチンコ機ではない。

私のアイデアは、そのままでは無理だが、参加型のアイデアは「ユーザーが夢中になるハズだと確信した」と言う。

1980年頃に人気を博した西陣のジャンケンマンが正にそれであった。台枠の左にボタンが3つ付いていて、それぞれに、グー、チョキ、パー、の図柄があった。

ジャンケンマンは、機械とユーザーがジャンケンして、勝ったらチューリップが全部開いく電役機だった。

ジャンケンマンはオール15だったので、増えるときは一気に玉が増えた。

声で参加するアイデアは、何年後かには規則に則った形で「ゾロ目でドン!」として出るかも知れない。

本当の意味でのユーザー参加型パチンコ機は、これからの時代に必要である。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


地方と都会のホールの人事交流で人材の底上げを図れ


岩手県にある300台クラスの単独店が閉店を視野に入れている。1円で利益を取り始めて客飛びも激しくなった。

従業員は12名。店長の年収は400万円。給料も遅配気味になっている。機械は現金との引き換えを強いられている。ノンバンクの関係者が毎日10万円回収に来る状況が続いている。閉店するのも時間の問題のようだ。

土地、建物は自社物件。売ろうにも買い手はつかない。

店長は60代。12名の再就職先もなかなか見つからない。

12名の中で一番の若手が20代後半の男性社員だ。まだ若いので再就職することは可能だ。それで、東京に出ようと思ったが、いきなり東京へ行くのは怖いので、手前の福島市のホールへ就職することになった。

ホール経験は4~5年あるというのに、1日目でスキルが全くないことに驚いた。

本人も「自分には合っていません」とギブアップした。

福島のホールは繁盛店で、「うるさすぎて頭が痛くなった」というのがギブアップの理由だった。前職の店がどれだけ暇だったかも想像がつく。暇だから耳をつんざく騒音もなかったのだろう。

パチンコも1パチですらやったことはなかった。

1日分の日当を払った。

店長は履歴書を見てびっくりしていた。何と静岡大学を卒業していたからだ。1日で辞めて行く彼のことが気掛かりで相談に乗った。

最初は大学を卒業して、静岡の会社に就職したが、人が多いのが苦手で、故郷の岩手に帰り、ホールに就職したことを知った。

地方ののんびりとしたホールだったために、これまでは勤まっていたが、人が多くて忙しい繁盛店では適応できない。いわゆる大人の発達障害ではないかと感じた。福島で挫折してはとても東京へ出て行くのは無理かとも思った。

発達障害のことは横に置いといて、店長はある考えを思いついた。

例えば、日本は発展途上国から農業研修生などを受け入れて技術指導をして母国へ送り出す。日本の技術を身に着けた人材を育成することで発展途上国が豊かになって行く。

パチンコもこれに置き換え、地方ののんびりとした環境で働いている社員を、都会の超多忙の繁盛店が受け入れ、スキルを磨いて戻すという人事交流ができれば、業界全体の社員の質の底上げができるのではないか、と考えた。

社員の質が上がることは業界発展にもつながる。

万々歳だ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。