パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

考える力を養うピタゴラ装置


パチンコはアナログな仕掛けだから遊技として認められてきたわけだが、デジタル時代になってからは、ハンドルを捻って玉を打ち出す以外はアナログな部分はない。

そこでせめて大当たりの抽選部分だけでもアナログで可視化させることを訴え続けていたら、やっとパチンコメーカーにその動きが出てきた。まだスタートラインに立ち始めた状況で、大きな波にはなっていない。

しかし、この中からヒット機が生まれれば、一気にその方向に動き出すのが、パチンコ業界だけではなく、世の習わしだ。

アナログ装置を作るには柔軟な発想が必要になってくる。そこでメーカーの開発陣に送ったパスが、2014年10月29日のエントリーで紹介した「新たなパチンコの発想のヒントが盛りだくさんのEテレのピタゴラスイッチ」だった。

これは2002年からスタートした幼児向けの「考え方」を育てる番組で、土曜日の朝7時45分から放送されている。

番組の趣旨はこうだ。

私たちがふだん何気なく暮らしている中には、さまざまな不思議な構造や面白い考え方、法則が隠れています。

例えば、何度も食べたことのあるタイヤキ。なぜ、タイヤキはいつも同じ形にできあがるのか、不思議に思ったことはありませんか?

タイヤキがいつも同じ形にできあがる裏には、「型がある」という法則が隠れています。この「型」という法則=考え方でできているものは、私たちの身近にいくつも見つけることができます。

はんこや版画、たくさんの印刷物、さまざまな工業製品・・・これらはみんな「型」という法則で成り立っており、「型」という考え方を知れば、これらを理解することができます。

番組では、こうした”子どもにとっての「なるほど!」”を取り上げ、番組を見ることで頭のスイッチが入り、考え方についての考えが育つことをねらっています。

以上

つまり、考え方を育てるには、遊技機開発者だけでなく、あらゆる職種の人に当て嵌まる事である。

番組のオープニングやエンディングで登場する「ピタゴラ装置」は番組の象徴的なコーナーで目玉コーナーでもある。最初のきっかけだけを人力で与え、後のすべての動きは連鎖的に起こっていくからくり装置こそが、考える力の賜物でもある。



この動画は三重県に本社を置く永和商事が創業30周年を記念して作成したピタゴラ装置である。30周年記念事業の一環として作ってみるという柔軟な発想がある。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


カジノ用パチンコは8Kの全面液晶か?


遊技機メーカーはやはりカジノ仕様のパチンコ開発には着手しているようだが、筆者が想像していた封入式とはかなり訳が違う。

「8Kの全面液晶です。カジノ仕様は技術介入ができないだけでなく、大当たりで打ち手によって出玉に差があっていけない。模擬ハンドルを捻ればゲーム開始ですが、玉の動きもすべて液晶です」(業界事情通)

元々パチンコ・パチスロはゲームソフトでも遊んだ時代があったので、全面液晶でパチンコを表現する技術はすでに確立されている。

カジノ用全面液晶パチンコは、8K映像対応の超高精細液晶を使うところがウリだ。

8K映像とは、横×縦の解像度が7,680×4,320画素を持つ映像のこと。現在主流のフルハイビジョンは1,920×1,080で2Kと表す。縦×横の画素数で比較すれば、8Kは4Kの4倍、2Kの16倍にあたる。つまり、フルハイビジョンの16倍緻密な映像表現ができる、ということだ。

8Kの魅力は色の鮮やかさと臨場感の表現力が優れていることだ。映像というよりも実物を見ている、といった方が近い。

「玉の流れも何万通りも作るので、同じ動きはありません。実写以上に実写に見えることが特徴で目の前を本物の玉が流れているように見えます」(同)

さらにサイズも現行のパチンコサイズに囚われる必要は全くない。もっと縦長にしたり、横長にしたり、と発想も自由だ。

スロットメーカーだって負けていない。現在スロットで絶大な人気コンテンツとなっているものをそのままカジノ用にリメイクすることも考えている。

特にスロットは、スロットのハイローラーをカジノに取り込みたい。イベント狙いのユーザーは1~2時間の移動は厭わない。IR第1号は大阪・舞洲で当確と言われているが、舞洲まで1~2時間の商圏は影響を受けることになりそうだ。

これまでカジノができても客層の違いやレートの違いで、パチンコ業界にはさほど影響はないと思われていたが、カジノ推進派は確実にパチンコ客を狙っている。

遊技機メーカーはパチンコの上得意客が思わず打ってみたくなる機械を着々と開発中ということのようだ。

ただ、今のところマイナンバーカードの提示が足かせになってくれる可能性はあるが、パチンコよりも勝率がいいとなれば、マイナンバーも厭わない。

パチンコとカジノの違いは、カジノには新装開店はない。従ってカジノに特出しデーなんかない。パチンコは今も昔も新装開店によって集客を図ることができる。この違いがパチンコの生き残る道だ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




遊技人口2000万人復活の前にすべきこと


業界誌グリーンべるとによると、日遊協の庄司孝輝会長は5月17日の理事会後の記者会見で、東京・上野のメーカーショールームのファンイベントを「ユーザーにパチンコをもっと好きになってもらう催しだった」と評価すると共に、遊技人口について次のように言及している。

「いまの1,000万人の遊技人口を、2,000万人にしていかなければホールもメーカーも成り立たない。今年、来年は遊技人口を増やすことに集約してやっていく必要がある」

遊技人口を2000万人にするという具体的数値目標を示すと共に、それをこの1~2年かけて集約的に行わなければならない、と危機感を募らせている。

目標数値と期間を設定すれば、後は具体的な方策となる。遊技人口を増やすためにどんなことを日遊協が仕掛けるのか、大いに関心がある。これこそが業界の横断的組織の日遊協の役割ともいえる。

その前に日遊協に取り組んで欲しいのは、現状の遊技人口を減らしている原因を究明すると共に、その原因を取り除いていく努力だ。いくら「パチンコは楽しい」と笛吹けども大衆は踊ってくれない。

ハンドルネーム「糞の所業」さんが、遊技人口を減らしている原因を指摘している。この意見に業界はどう耳を傾けるか?

以下本文

・特定日やゾロ目など様々なイベントに頼る集客
・抽選に頼る集客
・新台入れ替えを頻繁に実施する集客
・客の質向上を考えない店舗
・あからさまな粗利重視の営業スタンス
・地域性を考慮しない大型店舗
・ロボット思考か宗教的な行動しかできない従業員がいる
・客の要望も何も通らない(出玉以外での話)
・個性の無いラインナップしかない店(人気台しか設置しない)

率直に言えば一過性集客だけの営業スタイルが現状。客が減る原因をまったく見ていない。

例えば高年齢層対策や新規層対策などまったくしていない。

年配の方が朝から来ても並んでまで打ちたいとは思わないし、なぜ抽選なのかも理解に苦しむ。

しかも長打の列ともなれば体の負担もある。仮に抽選など受けなくても開店から10分以上も待たされる可能性の方が高い。こんな事が繰り返し行われるようであれば、ゆっくり打てもせずさらに粗利重視となれば遊べず退店していくだけ。

ロボット接客になれば愛想笑いと適当に聞き流すだけで印象も薄い。

取材・収録などと称したイベントやLINEなどを利用したイベント告知などを年配の方や新規層に分かるのかというのもある。そもそもイベント自体が禁止であるが。

パチンコ屋はあくまでも遊技施設であって賭場ではない。

1000台以上ある店が遊技場と言えるのか?
ボーリング場で1000レーンも必要か? 
バッティングセンターで1000種類も必要なのか?
ゲームセンターに設置してあるUFOキャッチャーの筐体が毎月新規の筐体に変わるのか?

著しく射幸心を煽り莫大な利益確保だけの為に様々な言い訳してくだらない事をやっているのはこの業界だけである。

こんな事で地域密着でしっかりやっている中小ホールが潰れていくのは見るに堪えない。

もっと国はカジノを盾に業界縮小を望むなら現場と業界の現状を現場で働く人や客から直接聞いて改正をして頂きたい。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




カーシェアリング会社が狙うホールの駐車場


カーシェアリングの話だ。

パチンコ業界と何の関係があるのか?と思われるだろうが、読み進んでいただきたい。





日本でカーシェアリングが事業としてスタートしたのは2002年頃。これは特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることのできるサービスだ。
 
15分程度の単位から車を借りられること、短時間の利用であればレンタカーより割安であることが特長で、家族・友人などの送迎や買い物、といったちょっとした用事や気分転換のドライブ、ペーパードライバーの練習用などにも使われている。

レンタカーとカーシェアリングの違いは、レンタカー会社の営業所まで行かなくても、都心部であれば、徒歩圏内に何カ所か、車を借りられる場所があるという点にある。 利用時間はレンタカーよりも短時間の利用料金が想定されていている。

カーシェアリングの特徴は次の3つ。

1 短時間(最短は10分単位)でも借りられる
2 会員登録しておけば、レンタカーのように、借りるたびに契約書類を記入する手間が要らない
3 ガソリン代は走行距離に応じて距離料金として請求されるので簡単

保険も料金でカバーされているし、料金も結構合理的である。例えば、ヴィッツやフィットクラスの小型車を24時間借りると7800円。レンタカーと大きな違いはない。
 
簡単に言えば、携帯電話のインフラが充実したことで、レンタカーがこれまでよりも身近に使えるサービスだ。

カーシェアリングは分譲マンションの世界でも進んでいる。都心の分譲マンションでは駐車場不足を解消する切り札ともなっている。

カーシェアリングなら駐車場代も不要で車の維持費もかからない。カーシェアリングを完備することで入居率もアップする。

その一方で、カーシェアリングをさらに普及させる上で課題となっているのが、駐車場不足だ。

利用者の住まいから近い場所にあればあるほど利便性が高まる。そこでカーシェアリング業界が注目しているのがホールの駐車場だ。ホールは至る所にあり、駐車場を備えている。

国道16号線沿いにあるホールにカーシェアリング会社から声がかかった。1台に付き月額6000円で5台分の確保を申し出た。

かつてのように賑わいを失ったホールの駐車場が満車になることもない。いつも空き状態があるのなら、有効利用してはどうか、という提案である。

オーナーは月額3万円の使用料に食指は動かなかったが、オーナーに契約書にサインさせた殺し文句がこれだ。

「普段パチンコをしないような方がホールを訪れることになります。当社のホームページやパンフレットにも掲載しますからランドマークにもなります」

月額の駐車場収入以外に新規客の開拓につながるかもしれないと思うと、契約しない理由がなかった。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



事前期待以上のサービスを提供するハイパフォーマ―人材がリピーターを作る


パレートの法則とは、原因の2割が結果の8割になっていることを表す経験則だ。たとえば、「上位2割の顧客が、売上の8割を作り出す」とか、「ホームページのうち、2割のページで8割のアクセスを集めている」といったように、原因のごく小さな割合が、結果の大きな割合になっていることを意味する。

パレートの法則は原因と結果に偏りがあることを教えてくれる。それによってどこに経営資源を投入すべきかが見えてくる。

パレートの法則を営業で使う場合、売り上げ上位2割の顧客が誰か、ということは顧客管理システムで分かる。大事なことは上位2割の顧客を特に大事にすることだ。

そのためには、まず、上位2割の顧客が離反するような、事象は作らないことだ。出玉の要素以外で離反させないためには、ハイパフォーマ人材の育成が求められる。

顧客満足とは「いかに顧客に喜んでもらうか」という漠然としたものではなく、「お客さんがサービスを利用する前に抱いている事前期待を、利用後の実績評価が上回れば満足していただける」と定義している。

事前期待以上のサービスを提供することで顧客満足度はグンと上がり、固定化、リピーター化が図れる。

ハイパフォーマ―人材とは事前期待以上のサービスが提供できる人材ということになる。

では、具体例を挙げて紹介しよう。

エピソード1

ある店舗での出来事。スロット「ハナビ」で朝一投資1000円。BIG中にハズレが出現してしまった。早い時間で合計3回ハズレを確認する。結果、獲得枚数4500枚、と満足のいく着地点となった。

当日は高稼働にもかかわらず、クリンネスは行き届いていた。接客も好意的で好感触な店だった。

極めつけはジェットカウンター対応だった。

「お客さま、ハズレが出てしまいましたね。逆角の〇〇番台も出ていたみたいです。お楽しみいただけましたか?」と若い女性スタッフの一言。見れば名札には初心者マーク。新人スタッフからの一言が勝ちの記憶をさらに増幅させた。

エピソード2

昨年末、県内初出店した店舗での出来事。

時期・エリアの問題で認定機は設置できなかった。近隣には大型店が存在。そんな理由から苦戦が予想された。しかし、オープンから1カ月以上が経ってもオープン当時の余韻を残しながら稼働をキープしている。

新店準備においてクリンネス、接客についてはエリア上位店舗のレベルにしっかり合わせている。

その中で、一見、不可解な場面があった。

スロットコーナーでミドル層の男性客が遊技していた。フロアはきれいに保たれているので落ち玉や、落ちメダルはない。

ある瞬間、若い女性スタッフがその男性客に対して「メダルが落ちていましたよ」と下皿にコインを戻してくれた。

男性客は「ありがとう」と礼は言ったものの、落としている可能性は低い。それをきっかけにしばしのコミュニケーションがあり「お楽しみください」と言って巡回に戻った。

いずれのシーンもお客さんの記憶には大きく残った。

パチンコ店を選ぶとき純粋想起するのは3店舗と言われている。その時、このような記憶が作用する。再来店動機の一つにつながる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。