パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールの感染対策は小まめな消毒


和歌山県湯浅町の済生会病院から新型コロナウイルスの感染が広がる中で、陽性感染者の一人が有田市内のホールへ立ち寄っていたことが和歌山県健康促進課の調べで判明。当該ホールはホームページ上で経緯を公表すると共に、2月18日から店内の消毒並びに従業員のウイルス検査が終了するまで臨時休業に入ることを発表した。

最初に陽性反応が出た済生会病院の医師は、中国の渡航歴もなく、中国人を診察したことない。もはや誰から感染したのか分からない状況になってきた。

ホールは閉ざされた空間で玉やメダル、ハンドル、レバー、ボタンと触る箇所が多い。感染する可能性が高い要注意場所とされかねない。政府は不要不急の外出をしないように呼び掛けているが、余暇産業はまさに不要不急の対象業種となる。

ホール側としても何らかの対策を取らなければならない。従業員のマスク着用を始め、入口に消毒液設置、台周りの小まめな消毒、ウイルスの感染力を抑える効果があるとされるプラズマクラスターイオンの設置などが求められる。

感染防止対策の中で国立感染症研究所が2009年に発生した新型インフルエンザの時発表した共有スペースでの消毒の要点が以下の通りだ。

■共用スペースの消毒
通常清掃業務に加えて以下の消毒作業を追加する。噴霧消毒は厳禁である。

照明スイッチ:1日1回
手すり:1日1回
エレベーターボタン:1日3回
ドアノブ・ドアレバー:頻度に応じて
以上の消毒はアルコールティッシュでのふき取りにより行う。

トイレには以下のものを常備して使用毎に利用者にふき取り消毒してもらう。

便座クリーナー:便座、使用前後
アルコールティッシュ:水洗ボタン、水洗レバー、ドアノブ(ロック等手で触れる 箇所)、水道栓(手動式ハンドル類)、照明スイッチ
ペーパータオル:手ふき用。温風ジェット乾燥機は使用禁止

擦込式手指消毒薬:手指消毒用 会議室には以下のものを常備して使用毎に利用者にふき取り消毒してもらう。

アルコールティッシュ:利用者が触れた箇所(マイクグリッフ、机・椅子で利用者 が触れた部分、利用した各種ボタン・スイッチ等)

擦込式手指消毒薬:手指消毒用 食堂入口には以下のものを常備して使用毎に利用者にふき取り消毒してもらう。
アルコールティッシュ:ドアノブ・ドアレバー、食券販売機ボタン
擦込式手指消毒薬:手指消毒用

この中で気になるのは、国立感染症研究所が「温風ジェット乾燥機」の使用を禁じていることだ。強力な風で菌が拡散されるので使ってはならない、というのだろう。

今では駅やデパート、ホテル、ショッピングセンターなど幅広くトイレに設置されているジェットタオルは、パチンコ業界から普及した商品の一つと言える。

では、実際のところ、ジェットタオルは菌をまき散らすのか? 2014年に英国のリーズ大学で行われた実験では、強風で水滴を吹き飛ばすジェット式のハンドドライヤーの使用はペーパータオルで手を拭き取るのに比べ、約27倍も周囲に細菌が残った、という結果が出ている。

これだけ日本では普及しているのに、「本当にエアータオルは菌が拡散されるのか?」という疑問が沸く。ジェットタオルを製造販売する三菱電機に問い合わせた。

こうした風評に反論する形で、昨年夏に衛生微生物研究センターに検査を依頼した。その結果、「しっかり掃除した上なら、菌を拡大させることはない」との報告を受けている。この検査結果の詳細は近々ホームページ上でも公表するとのことだ。

一刻も早く公表してもらわないとホールだけでなく、エアータオルを設置している施設は安心して使えない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



業界をダメにしているメーカー、ホール、打ち手に贈る言葉


ハンドルネーム「変な奴ばっかり」さんが、業界をダメにしていることに斬り込む。メーカー、ホール、打ち手それぞれに苦言を呈す。この通りにすれば業界は少しでもよくなるはず。

以下本文

業界をダメにしている理由? それぞれがそれぞれでバカだからじゃねぇの? とりあえず端から見ていて思ったことを。
長々と語るので。先に断っておくよ。

最下層として文句を言わせてもらうと
メーカー。

未だにタイアップ物をリリースしている。
まぁ、そこは仕方がない。が、リーチアクション。これがいただけない。
なぜ、そのタイアップした物と全く関係ないリーチを見させるのだ? バカなのか?
初見で一気に醒めるんだが。この開発した奴をクビにしろ。

これで打ってもらうとか何を考えているんだ?
スーパーリーチ。スーパーって何? どこからがスーパー?
復活&発展する事が大前提のリーチほどくだらない物はない。
大体何回もハズレる時に同じリーチを見る、って事を今の開発者は想定してないんだよ。だからとてもつまらない。

このつまらなさはハマリを貰うとより一層強調される。
だからみんなまともに画面見ないんだよ。
訳わかってないジジババがボタンを壊す位連打するんだよ

保留玉連荘機でエキサイトジャックってのがあったが
アレの保2で7かコインのダブルリーチ
ただでさえかかりにくいリーチ、当たればその後2回以上がほぼ約束される。どれだけ。どれだけ興奮したか

高々4周位しか回らないコマ送りやらロングやら全く無いのにも、だ。
今の台はどうよ? そのリーチで当たった見返りが薄いんだよ。
初代アクエリオンなんてどうよ。大当たり確定、更には確変まで確定する演出がたくさんあったはずだが?

それをパトライト&ランプで一発告知、ってみんな揃えたんだろ。じゃ、その告知は全部そのステップで大当たりでいいじゃん。なぜ引っ張る? はよ玉出せ、って言ってんだよ
復活をさせる意味がわからん。
いつまで経ってもこれを直さんよな。
これを付けないと死ぬ呪いでも掛かっているのか?

展示して販売、とあるが。それを買うホールに対して
保通協でちゃんと認可された状態の調整でホールに提供しているのか?
メーカー独自の調整で展示など
商品の品質の誤表示その物じゃないか。それをホールに買わせるとか
アメリカならすぐさま訴訟起こすが。

で。それを買うホール。

なぜホール側は訴訟しない?
出来ないならなぜメディアに拡散しない?
そのための大遊なんちゃらが存在しているんじゃねぇのかよ
この大遊なんちゃらが全く機能していないのに加盟とかちゃんちゃらおかしい。その金は誰が払うの?

1円でも払うのがバカバカしいわ。
こんな団体はよ潰したらいいだろうに。なぜ言いなりになる?
ホールの癌にしかなってねぇよ。これ。

次、ホールの営業。
交換率。それは粗利をきちんと調節できる奴が決めてないから等価がどう、とかほざく。
低交換率が受け入れられないのは大して出る調整にも出来ないくせに利益だけを取る、と思われている。
なぜ思われているかは今までそうしてきたからだ。

調節できない店ほど低換金率にするべきだと思うのだが。
赤字になっても2週間位で戻せる、ってのが低換金の最大の利点&魅力で、赤が打て、打っても被害が想定内、だからとても扱いやすいはずなのだが。
高換金だとそれが難しい。身の丈を合わせろと言いたい。
後、全玉貯玉はすぐに止めるべきだな。端玉ならいざ知らず、全玉なんてやるから等価と同じ調整にしか出来ねぇんだよ。
だから出せる時に出せずに赤が赤が~とかボヤくことになる。バカの所業だな。

最後、打ち手。
低換金は短時間の勝負が不利だとよ。
不利だ、とほざく奴に聞くわ。投資速度はどうよ?
4円パチで1時間当たらないとどれ位使うよ?
ちなみに行きつけの38個交換の店は1時間当たり無しで 割 と 酷 い 台 でも13000円、
1円でも4000円だが?

これより安いか? 安かったら教えてくれ。通うから。
5回行けば3回は1/319を打てば起こりうる事象だが?
財布、保つか? 保つなら高換金の所でいればいいさ。
言っとくで? この手の店で甘い台掴んだら保留消化が恐ろしく早いから出る時の時間効率は余り変わらんのだがな?

ソレくらい今の台は「回る台」に対しては消化が早い。
当たったことしか考えてないから養分、ってバカにされんだよ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

セミナー受講から業績向上が始める超実践パチンコセミナー7部作とは


全日遊連によると2019年12月末の加盟ホール数は8886店舗で、ついに9000店舗台を割った。昨年1年間で437店舗が廃業した。今年は新基準機に入れ替えるタイムリミットとなる1年でもある。入れ替える体力がないホール、あるいは体力はあっても新基準機で集客できるメドがたたなければ、さらに廃業が加速するものと思われる。

業界はすっかり諦めムードだが、その一方で出店意欲があるホール企業があることも厳然たる事実だ。この違いは何か? それは優秀な人材が育っているかどうかの違いでもある。広告宣伝規制でイベントによる集客手段を失った現場は、場当たり的に稼働を上げる方法を探して右往左往するばかりだ。

こうした現状を打破するためにブログ「パチンコ店長の右脳。」、メルマガ「マーケターRの朝食」でお馴染みのコンサルタント金村龍馬氏が、超実践型のパチンコ企業セミナー7部作を開始した。ホール出張型のセミナーで繁盛店を数多く作り上げてきた金村氏が理論と実践を想定した解説を行う。過去5年間で1万2000人が受講している人気セミナーで、店舗のプロフェッショナル化を推進する。

「年間21社、60店舗のホールコンサルティングを行いながら特に思うことは、この厳しい状況下でも、ホールで働く人たちの営業スキルが上がれば業績はまだまだ向上する余地があるということです。『業績を上げるための具体的な行動を行えるかどうか』が今後のホール企業の命運を分けるのではないかと思います。そんなことを考える中で、ホールで働く人たちが『絶対に知っておかなければならないこと』をベースに全7回のセミナーシリーズを作成しました」(金村氏)

ひと言で「パチンコ店」と言っても、業績向上を果たす上で取るべく戦略はホールによって異なってくる。

「例えば、自店の競争地位はどこに位置し、遊技機運用、機種構成はどう行うべきか。また、集客プロモーションは自店の競合状況に合わせてどう行うべきか、そもそもユーザーはどのような思考のもとで遊技する店舗を選んでいるのかなど、知っているのと知らないのとでは業績に大きな差が出るのは当たり前のことです」(同)

7部作セミナーは以下の通り。(所要時間各180分)

第1部
パチンコ店舗運営の重要ポイント
「頑張っているが結果が出ない」にメスを入れる

第2部
パチンコ店舗営業の効果的プロモーション
集客プロモーションで成果を出している企業の考え方と事例

第3部
パチンコ店舗営業の遊技機戦略立案
対競合店における効果的な遊技機構成分析法

第4部
パチンコ店舗営業コストの捉え方
90%の効果的でないコストと10%の効果的コストについて

第5部
全国のパチンコ店長からの代表的15の質問
多くの店長が持つ15の代表的な悩みを解説する

第6部
パチンコ店舗の営業戦略セオリー
店舗運営成功における4つの絶対的セオリー

第7部
パチンコ店舗のブランド戦略
オンリーワン店舗の造り方をマスターする

以上 
なお、セミナーの開催費は各12万円。セミナーはこの中から一つでも受講することができる。

●問い合わせ先/株式会社ビルズ(愛知県豊田市梅坪7-1-15)
TEL.0565-77-8043

超実践パチンコセミナー7部作




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ロードサービスとパチンコじいちゃん


ホールの駐車場で常連客が車の中にキーの閉じ込みをしてしまった。客はホール従業員に事情を説明すると、ロードサービスに電話してくれた。到着までに1時間はかかるということだった。

ロードサービスがホールに到着した。

キーの閉じこみをした軽トラはあったものの、本人の姿が見当たらない。ロードサービスの担当者はホールへ入り、店内放送をしてもらった。

出てきたのは70代のおじいちゃんだった。

最近は、盗難防止の為にセキュリティー装置付き(イモビライザーキーなど)の鍵を使用する車両が増えている。セキュリティー装置付きの鍵のキー閉じ込みは、ロードサービスの対象外となったり、有料となる場合がある。

おじいちゃんは軽トラだったので、それほど難しい案件ではなかった。

おじいちゃんはロードサービスの会員に入っていなかったために、有料で1万3000円ほどが必要になる。

ところが、パチンコで使ったこともあって、すっからかん。払うカネもない。知り合いの常連客から借りて鍵開けに着手してもらった。

時間にして20分ほどかかった。

時は流れる。季節は冬。

雪が降り動けなくなった車の持ち主からロードサービスに「チェーンを取り付けて欲しい」との依頼が入る。

雪道で道路は車で渋滞している。現地到着まで2時間半はかかると伝えた。

現地に到着したロードサービスの隊員の目に飛び込んできたのは、見覚えのある車だった。特徴的なへこみ具合の軽トラがそこ止まっていた。そう、この軽トラはキーの閉じこみをしたあの軽トラだった。

ところが、車の中に本人の姿はない。

本人に連絡を取ろうにもケータイを持っていなかった。ロードサービスへの電話は通行人にお願いしてかけてもらっていた。

現場から300メートルほど離れた場所にパチンコホールがあった。隊員は機転を利かせ、持ち主は暖を取るためにホールにいるに違いないと読んで、ホールに向かった。

店内放送で呼び出してもらった。読みはズバリ当たった。

2時間余りも待たされたおじいちゃんは、またもやおカネを使い果たしていた。

ロードサービスの会員になれがキーの解錠作業は無料になるのだから、おじいちゃんには会員になることをオススメする。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



ホールチェーンの買収を断った華僑企業


ホール経営はやっていない在日華僑の下へ10店舗以上あるチェーン店の買収話が舞い込んだのは7年前のこと。結論から先に言うと話は流れた。

ビジネス感覚に優れた民族として世界的に名高いのが、西のユダヤ人、東の華僑、と言われている。「ビジネスで成功したければ彼らに学べ」という教えもあるほどだ。

華僑のビジネススタイルは「三縁」(血縁・地縁・業縁)を基礎とする広範で強固なネットワークと、経営者による迅速な意思決定が特徴だ。このネットワークをフル活用すれば資金、情報、技術、ノウハウがすぐに揃い、起業だけでなくその後の事業多角化や海外展開もスムーズになる。

買収話が来るとすぐに業界の調査に入った。その結果、日本にカジノができるとホールの経営環境は厳しくなることが予想されたが、それ以上に憂慮されたのが1パチだった。

「日本人の給料は上がらないが、デフレをパチンコに当て嵌めたことは間違い。1パチではやって行けない業界なのに、4円を伸ばすことをしなかった。1パチを始めたことは負けに突っ走っている。後から間違いに気づいても後には引けない。自分たちのことしか考えない人たちばかりが主導している。4円に対する特効薬がないので投資しないことにした」(関係者)

さらにこう付け加える。

「今までが儲かり過ぎたことに目がくらんで物事が分からなくなった。右へ倣えで1円に走った。イノベーションが全くないので買うのを止めた」

で、件のホールは現在どうなっているかと言うと、10店舗以上あったホールは半分以下になっている。

で、最近になって別のところから再びホールの買収話が届いた。都内の駅前ホールで自社物件に対しては、買う姿勢を見せている。

「もちろんパチンコはやりません。立地がいいので他の商売をします。7年前よりカジノも現実のものになり、カジノができることで依存症対策や出玉規制など色々な規制が強化されています」

パチンコ業界にも華僑系のホールはある。大阪では心斎橋やナンバの一等地に店を構えていたが、ホールをやめてテナントに貸し出すケースが非常に多い。

1円に舵を切る前に、等価を止めて4円を強化する道を業界が選択していたら、今見えている風景も随分違ったものになっていたかも知れない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。