パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

元店長の2017年業界雑感その①


ご無沙汰しております、元店長です。
今年もあとわずかですね。
業界には強い北風が吹く日々です。
先日営業1号さんも記事に書いていましたが、ホールの売却話が活発化しています。

水面下で進んでいた話の中には驚く話もあります。
ホールのある場所は濁して書きますが、25年以上前には、テレビでも紹介された超大型ホールが、来年閉店されることが決まったのは今年夏前のことです。

開店当初は1000台オーバーの大型店にもかかわらず、連日90%以上の稼働。
当時はパチンコの黄金期。交換率は40玉8枚交換営業でした。4号機時代は、朝から300人は並んでいた。

来年閉店することが決まったことは、未だにお客さんも換金所のおばちゃんも知りません。

建物は自社物件で築43年。
建て替えするにも、解体費用だけで数十億の見積もりだったと聞く。

4円、20円の稼働が落ち込み、主流の低貸の利益では、解体費プラス建築費をとてもペイできない。

そんな状況下で区画整理の話が舞い込み、一気に閉店の話が進んだ。

土地、建物は既に大手ゼネコン名義となり、今は閉店のXデーまで営業している。

跡地は高層マンションとなり、下層階にはテナントや不足している保育園が入る。そこにはパチンコホールのスペースはない。

今年グランドオープンした、とある大型商業施設は、駅前の立地なのだが、当初からパチンコホールは排除していた。
かつては集客に利用したパチンコのは、もう時代に合わないのだ。

話を戻そう。

前述のホールは売却後は完全に姿を消す。

理由は何度も言うが、1円5円主流では解体建築費も出ない。
低貸し時代では、老朽化店舗が建て替え時期が迫っていても、建て替えることもできない、ということだ。

大手ホールでさえも、築30年以上の自社物件を建て替えない方針だ、という。大手ホールでさえこの状況だから推して知るべし。よほど体力のあるホール企業しか、建て替えもできない時代だ。

こうした流れからも、ホールは減少の一途を辿る。

複数のオーナーは「今ある箱を大切に使い続けて、限界になったら閉店」と口を揃える。

さらに、大地震に見舞われたら、それがキッカケになり店舗数は減る。ただ解体費用は行政の負担になるかも知れない…なんて冗談も出るしまつ。

かつては営業利益が1500億円も出ていた大手小売りチェーンは、今は赤字。当時は週休3日を真剣に検討していた。小売り業もホール業も、あとには戻りたくても戻れない時代なんですね。

前出の来年閉店するホールは、閉店期日を公表するまで粛々と営業するだけ。店内には、未だに新規会員募集のポスターが貼られ、出玉を多少増やしている。

1000台クラスで、コンビニの様な景品交換場がテレビで紹介された超大型優良店の落日…
次回は、その原因について分析してみる。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



マルキン応援歌 下巻


マルキン武蔵小金井店は、この場所でオープンした3店目のホールです。

1店目のホールAは、簡潔に書くと、自滅したホールでした。グランドオープンした時、壁一つ隣のダイヤモンド本店は、万全の体制で迎え撃ちました。

グランドオープンすぐにして店内はガラガラ。
その理由の代表は、驚く営業方針だったので自滅したのです。

お客様がフラーッと店内に入ります。千円札をサンドに挿入しようとしても、千円札はサンドに入らないのです。

お客様は、呼び出しランプでスタッフを呼ばなければならない。スタッフはサンドにハウスカードを挿入。それで初めてお客様が千円札をサンドに入れられるんです。

こんな面倒くさい期間が続きました。
101番台で千円使って、となりの102番台に移ったら、また呼び出しランプでスタッフを呼ぶ。
これでは新規客なんか獲得できるわけありませんよね。

2店目のホールBは、同じ多摩地区から進出してきました。ホールBは、ホールAより頑張りましたが、営業方針は迷走。

迷走と言うより、ダイヤモンド本店にどうやって対抗してよいか基本的戦略が定まらず、4円を捨て低貸しに重きを置きました。

マルキンさんの皆さんは、

⑴前の2店舗が、どんな感じで営業していたのか調査されましたでしょうか?

⑵いままで、ダイヤモンド本店は、どうやって壁一つ隣のグランドオープンに対抗したのか調べましたか?

⑶ダイヤモンド本店は普段どんな営業をしているのか調べましたか?

当然調べていると思います。
だけど5月9日現在で、私が予測していた状況にマルキン武蔵小金井店はなっております。

グランドオープン前に、私が営業1号さんに話した通りなんですよ。営業1号さんに私は、私が経営者ならばダイヤモンド本店の隣に、ホールは出さない、と言いました。

理由は、前の2店舗の惨状を見てたからです。

ダイヤモンドは、南口にあるダイヤモンドタワー館のグランドオープンの時、苦い経験をしております。

グランドオープン後に、一度タワー館を閉めて仕切り直しのグランドリニューアルをしてるんですよ。 成功もしているが、失敗からダイヤモンドは大きく経験値を上げているんです。

隣のグランドオープン2店舗を追い払った横綱ダイヤモンド本店。

その隣に店を出すと言うことは、普通の感覚でグランドオープンしてもダメなんですね。
マルキン武蔵小金井店は、そんな意気込みで対策を練らないと、前の2店舗と同じ道を歩むと思います。

私は、ダイヤモンド本店とダイヤモンドタワー館の会員ですが、 一度もDMなんか来ません。

年賀状も来ません。
新台入れ替えのDMも来ない。
そんなの必要ないんですね。

DMなんか要らないくらい、お客様とホールの信頼関係があるんですよ。

ホールAとホールBのグランドオープンの時にした、ダイヤモンド本店の対策で共通したことがただ一つあります。

それは、グランドオープン並、またはグランドオープン以上にスタートを回したんですよね。
ホールBがグランドオープンした時なんか、ダイヤモンド本店の方が出玉が大きかった。
ホールBよりダイヤモンド本店の通路に玉箱が多いんですよ。その期間が長い。

多分、ダイヤモンドのオーナーは、いいから出せ!と指示を出していた筈です。

ダイヤモンドのお客様は、そのことがわかっているんですね。実際、パチンコは全台A調整でした。中にはグランドオープン店舗よりも回る台が多くありました。

お客様の数ですが、前回はトリプルスコアと書きましたが、日によってはそれ以上の開きがあるんですね。

これは、マルキン武蔵小金井店のスタッフが悪いわけではないのです。相手が強すぎなんですよ。恐らくマルキンさんの上層部は、こんな筈ではなかったと思っているでしょう。

マルキン武蔵小金井店の4円パチンコは、甘デジ4円は地下1階(ちなみに1パチも同じ地下1階)、その他の4円は1階なんですね。

1階は見るも無残。となりのダイヤモンドと比べると入店してはならない状況に見えます。

先日グランドオープン後、初の新台沖海が導入され、1階の4円コーナーに設置されたのですが、設置場所が最悪。

入口は二箇所あるのですが、正面入口からみたら、一番奥の陰、裏側入口からはみたら、島の反対側。つまり一番稼働が期待できる新台は、正面からも裏側からも全く見えないのですね。

事情はあるでしょうが、正面や裏側の入口からみたらお客様がいない状況にしか見えない訳ですから、なんとか配置換えをしないと。
稼働が高い1パチや甘デジ4円を1階に持ってくるとか対策が必要です。

このままでは、お客様がいないイメージが付いて、お客様が店舗内を覗くこともしなくなりますよ。

さぁ、これから先、どうするかが問題ですね。
参考に多少はなるかも知れませんから、こんなお話をしましょう。

JR立川駅とモノレール駅の前にグランドオープンした店があります。某県から東京に進出してきた有力チェーン店です。

グランドオープンが大失敗したんですね。多層階だったことも不利になりました。立て直しには、力技で手間とコストをかけたと、東京のパチンコ関連業者に聞きました。

噂ですが、立川のホールを成功させる為、東京進出2店舗目の開店スケジュールを遅らせた、なんて話も業界関係者から聞きました。

話を戻しますが、
ダイヤモンド本店は、お客様が求めていることを熟知してるんですよ。

スタッフはみんな良い人間ですが、ホテルマンのような接客や笑顔はありません。過剰接客は必要ないくらい、お客様もホールも相思相愛なんですよ。

ダイヤモンドに通う年配の方がこんなことを言ってました。

「小金井にダイヤモンドがあって幸せだよな」

住む近くに優良ホールがあるからこそ、小金井のパチンコファンは長くパチンコに通えるということなんですね。

ダイヤモンド本店の裏に、スロ専がありますが、かつてはパチンコメインのホールでした。でも今はスロ専。

つまりダイヤモンド本店のパチンコは横綱なんですよ。

マルキン武蔵小金井店は、これからその横綱を相手に闘うわけです。 普通の戦略が通用しない相手なんですよね。多分そのことをマルキンさんは肌で感じている筈です。

武蔵小金井のケースは、業界関係者にとって参考になると思います。

マルキンさんのご健闘を祈ります。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








マルキン応援歌上巻


こんにちは。元店長です。
パチンコ日報の寄稿は約450本くらいになりますかね。
もう時代的に古くなった記事もあり、役に立たない記事もあるでしょうが、
それでも全てご高覧頂いている業界人もいます。

私が一貫して書いているのは、
①ホール運営は【合わせ技で成績を上げる】
②ホール運営は【ホールの数だけ対策がある】
と言うことです。

特に①は、ホール運営の基本です。
寄稿では曖昧な内容も多々ありますが、あとは貴方のホールに合った合わせ技を作って下さいと言うことなんですね。

よく聞かれるのは、
元店長さんはどんなホールでも稼働は上げられますか?
答えは基本的には、上げる自信はありますよ、と。

私は業界人向けに寄稿するのが基本スタイルですが、
パチンコ日報の読者にはお客様もいますから、簡単に次のようにお知らせしますね。

⑴パチンコホールは、
稼働が高いホールより、
稼働低いホールの方が利益が高いケースが多々あると言うことです。

⑵パチンコホールは、
目に見えない商品を売ってるのです。

つまり、小売業の場合は、
客数が高いと売り上げも粗利も増えますが、パチンコホールの場合は、客数が低い場合でも利益が高いケースがあるのです。

以上は業界人の常識でもあります。

このパチンコホールは、お客様が大勢いるなぁ〜きっと儲かってるんだろう、と思うのが一般の方の感想です。

しかし、パチンコホールでは目に見えない商品を売ってますから、一般の方が思うことの逆が起きているケースもあります。

お客様が大勢いると、それだけランニングコストもかかる。
お客様の目に見えないコストもあるんですね。
稼働が半分のホールの方が利益が高いなんてことも。

だからパチンコホールでは、利益を重視するのです。

基本的にホール運営は、
❶粗利益重視
❷稼働重視
この2点に分かれます。
優良ホールの場合は、❶❷共に重視しております。

いま、お客様の皆様が通われているホールの運営方針は、
❶ですか?
❷ですが?
❶❷両方ですか?

❶❷❸を考えるだけでもお客様の勝率は変わりますよ。

さて、これからが本題になります。

東京の多摩地区に、優良ホールがあります。中央線武蔵小金井駅の北口からすぐに、ダイヤモンド本店があります。

実はマイホールで、38年通っております。
間違いなく超優良ホールです。
低貸し営業は、少数のスロットが5スロ営業してますが、基本的には4パチと20スロです。
特筆すべき点は、パチンコは4円しかないのに、地域一番店を守り続けています。

私の幼なじみや同級生と今でもダイヤモンド本店でバッタリ会います。この意味、わかりますよね。
そうなんですよ、ダイヤモンド本店には、超がつく固定客が非常に多いのです。
となりにグランドオープンするパチンコホールが出来ても浮気しないお客様を大勢抱えているホールなんです。

先月25日に、ダイヤモンド本店のとなりに3社目になるホールがグランドオープンしました。
つまり、ダイヤモンド本店は、過去2回、隣のグランドオープンを追い払ってるんです。

そして、今回はグランドオープン2週間で勝敗が決まってしまいました。

お客様の数では、トリプルスコアでダイヤモンド本店に軍配が上がっております。

ダイヤモンド本店の隣にオープンしたのは、千葉に地盤があるマルキンです。
これは想像ですが、マルキンは、こんな筈ではなかった、と感じているでしょう。
今後の対策を練っているはずです。

次回はマルキン応援歌とも言うべき寄稿をしたいと思います。

つづく

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


厳重注意! 暴力団がらみの不正は骨の髄までしゃぶられる


週刊誌の編集者やライターと裏社会を取材した時に、様々な収入源や仕事を見聞きした。裏カジノや裏スロット店、中には裏パチンコ店もある。その筋は、暴対法で多くの収入源を断たれた代わりに、裏カジノや、海外へ進出して莫大な収入を得る稼業に進出している。これらは薬物ではない。

裏社会の売り上げには、税金が掛からない。

だから、カジノ法案が通りカジノが開業されたら、今までザルから漏れていたカジノ資金に税金をかけることが可能になる。東京にカジノが出来れば、裏カジノは壊滅的になるから、その筋は儲けられる内に儲けておこう!となる。

都内には裏カジノが100から150軒あると言われている。新宿や池袋、錦糸町、有楽町や三多摩地区まで、ありとあらゆる場所にある。神奈川や千葉や埼玉にもある。

裏カジノとパチンコは、重複する領域は少ないが、パチンコ関係者が不正に手を染めた場合、裏カジノに関わる輩が必ず現れるだろう。

裏カジノの裏には必ず暴力団がいる。その暴力団が裏カジノがダメになった時、パチンコ関係者を仲間に入れようと、ありとあらゆる手を使って、蠢いている。もちろん彼らは、最初から暴力団と分からないように忍び寄る。ハニートラップを仕掛けてくることもある。

設定漏洩に手を染めたりするパチンコ関係者のしっぽを掴んだ暴力団関係者が忍び寄り、やがてその不正から抜けられなくする方法は、考えるだけでも恐ろしい。

実際に千葉県内で不正をしていた店長が体験した話を紹介する。文章を読むだけでもおぞましいので、肝っ玉に自信がない人は読まないで欲しい。不正から抜けたくても抜けられなくなった話だ。

スロット設定漏洩を複数店舗で行っていたホール関係者は、これ以上はヤバイし、金も貯めたから、不正から足を洗う決心をした。

打ち子関係に、その旨を伝えた後に、ある輩が「いやいや、もうチョット続けて欲しい」と言ってきた。

断ると、ある写真を見せられた。

写真の内容は、グチャグチャになった右手指先が写り、再生不可能な状況であった。この写真を写した時の動画は見せられたが目を開けられなかったと言う。

輩が「これパチンコ屋の店長の写真なんですよね。この人、二度とハンマーを握れなくなっちゃったんですよ」と言ってきたのです。

つまり、いまあなたが抜けたら、あなたもハンマーが握れなくなりますよ、と言うことなんです。だからね、パチンコ関係者は、絶対に不正に関わってはなりませんよ。中々抜けられなくなり苦労した経験者は大勢いますから。

指先の写真を見せるなんて序の口で、多様な脅しを持つのが裏稼業の方々で、いつどこで裏稼業の方々につながるか分かりませんからね。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






情報漏洩事件に寄せて…最終回


先日はカジノの話をしました。また、ホールにおける不正の話をしました。
何故でしょうか。理由はあります。

本当ならば、不正の話をもっともっとしたいのです。不正話を紹介することにより、より一層防犯意識が理解出来るからです。

今回のシリーズは今日が最終回となります。
企業研修で話す内容を簡潔に書きますのでご高覧ください。

カジノのテーブルゲームで不正が行われない為に、どうやって監視して、どのような方法をとっているのでしょうか。

防犯カメラが設置してあるのは誰でもわかりますよね。

カジノのゲームテーブルには、1人以上の従業員が立っています。

ルーレットやカード。

そのテーブルを支配して、お客様を遊ばせる人をカジノディーラーと言います。

カジノディーラーを監視するのは、スーパーバイザーで、スーパーバイザーは4から10くらいのテーブルを見ています。

スーパーバイザーの上は、ピットボスと言います。ピットボスは、20から30台くらいのテーブルを管理します。

ピットボスの上には、シフトマネージャーがいて、その上には、ゲームマネージャーがいるのです。

それぞれの役職が、下を監視する役割で、不正や売上や利益の管理をしてるのです。

大手ホールから弱小ホールまでを見てみると、カジノの様な管理システムが出来ていないのが大半なんですよ。

ここまで読んで、ホールオーナーや本部長は、自分の会社のシステムを思い出して下さい。あの大手だって、まだまだな管理状況でした。

スロットの設定内容を知る店長クラスが、不正に手を出しかねない状況が大半のなんですね。つまり大半のホールは、店長は不正しない!との性善説になりたっているわけです。

もっと話を展開して、ホールオーナーや本部長に次の質問をします。

Q1
店長にホール運営の権限が集中してませんか?

Q2
店長の上司のエリアマネージャーは、どうやって店長を管理していますか?

Q3
リスク分散を考えてますか?

Q4
店長の人材教育に偏りや不備がありませんか?

Q5
監視カメラを日々活用してますか?

Q6
店長やエリアマネージャーの評価を、売上や粗利や稼働に重点を置いてませんか?

まだまだ質問はありますが、とりあえず上記の質問を考えてみて下さい。

カジノの話に戻します。

私がテーブルで勝ち出すとスーパーバイザーやピットボスが指示を出して、ディーラーをチェンジします。早いと5ゲームくらいでディーラーを代えたりします。

そうやって客との不正を防いだりしています。また、客がディーラーの癖を読み取れないようにしているのです。

ホールはどうでしょうか?

パチンコ業界は旧態依然とした面が結構残っていて、店長に権限が集中しすぎています。

小売スーパーと違い、同じ店長職でもパチンコ店長は大きな金を店長の意思一つで動かせてしまうので、ホール店長への権限集中は見直すべきです。

あるチェーン店で役員まで登った人の管理術は素晴らしいケースがあります。その人、実は店長時代に散々不正をしてきたから、その経験を活かしてるのです。どうしたら、部下が不正をしないか、よくわかってるんです。

その人の持論は次の通りです。

①店長には権限を集中させない。

②相互監視をすることで、みんなが幸せになる。

私が指導したホールには、店長に権限を集中させないようにしています。方法はホールそれぞれ事情に合わせます。

差枚数が大きなスロット台を、常に録画をして、遊技客の顔を管理したり、閉店後に抜き打ちで、スロット台の設定内容と設定帳を照らし合わせたりする。

あるホールでは、表面上はわからないようになってますが、実質二人店長制にしています。

とにかく、1人の店長に権限を集中させると、人事管理や店舗管理に不都合が生じるのが、ホール運営なんですよ。

4号機時代に、打ち子の親玉と結託して月500万円以上を手にした店長がいました。

店長職は疑われて当たり前の職です。

ホール運営とはそういうもので、昔と違う状況ですから、ホールの管理体制を見直す時が今です。

今回のLINEの流出から表に出たケースをきっかけに、自分のホール企業のチェック体制を見直してください。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。