パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

一物一価の徹底が遊技客減少をもたらした?


「一物二価を認めてもらわないと業界はますます縮小する。パチンコは等価ではもはや稼働が取れない。稼働低下に歯止めをかけるには一物二価が一番やりやすい。一物一価が納得できない経営者は一杯いる」と話すのは関東のホール経営者。

いよいよ新基準機が保通協に持ち込まれはじめた2月に入って、そんな声が聞こえてきた。最初は「またか」と思った。

2月に入るや全国各地で警察の検定みなし機の立ち入り指導がはいっている。兵庫県では認定を取っていなかったバジリスク絆をはじめとする9機種に指導が入り、即日台を止めさせられたホールもある。

「まさか、ここまで本気で認定を受けている機械かどうかを指導に入るとは思ってもいませんでした。2月1日を境に指導に入ったのでしょうが、うちは見せしめだった、と思います。これで警察の本気度が分かったはずですから」(当該ホール関係者)

こうして指導が厳しくなればなるほど一物二価が恋しくなる。

パチンコ業界を研究していた経済学部の准教授は「一物一価の徹底が業界を衰退させた」と結論付ける。

「一物一価の徹底で1パチも等価になってしまった。1パチが登場した当初の交換率は50~70銭だった。4円に比べて4倍貸し玉はある。加えてこの交換率だったので玉が減らないような本当の娯楽に戻ろうとしていた。現に1パチが登場してスリープユーザーが戻って来たりして、遊技人口が増えた。娯楽に戻したいのなら警察行政は一物二価を認めるべきだった。私には警察がどうして一物一価にこだわるのか理解できない」(准教授)

警察が一物一価に拘る理由をハンドルネーム「打算ですが」さんが次のように解説する。

「風適法施行規則第35条の2で「賞品の提供方法に関する基準」として「遊技球等の数量に対応する金額と等価の物品」を提供せよ、と定められています。

これが一物一価の原則の根拠です。

そして、一物一価の原則を守れと言う指導は、一物二価をホールが使用することにより、遊技の射幸性を『恣意的に上げることを防止』する趣旨です。

とすれば、国家公安委員会の指導により、市場価格の基準を一律で定めた上で二物二価を進める(低貸しの射幸性を一律で下げる)事により、通常貸しのメリットを相対的に高める事は、法改正無しに可能であってその議論がまだされていないだけだと思います」

かつて、地方にある地域一番店は一物一価を遵守することなく、一物四価を実践していた。

「スロットに合わせてパチンコを25交換なんかで営業することがそもそも間違っている。パチンコのベスト交換率は33個。30個も試してみたけど、最終的にパチンコは33個に落ち着いた。換金率に合わせて設定や釘調整を変えていけばお客さんは付く。そこがノウハウなので詳しいことは教えられないけど、一物四価だからお客さんが付いている。警察庁の指導通りに一物一価にしたら、今の稼働はない」と断言していた。

警察庁から一物一価の指導が入ったのは2011年だった。警察庁生活安全局の玉川課長補佐(当時)は「等価交換規制の遵守の徹底」の講話の中で一物一価が徹底されないことを受けて、最後にこう結んでいる。

「不適切な提供行為が一部において常態化し、そのような実態を半ば慣習的に受け止める業界文化が根強く存在し続けるようであれば、大衆娯楽としてのあるべき姿から大きくかい離することとなると考えておりますし、遵法営業者の間だけでなく遊技者の間にも不公平を生む結果となり、社会的信頼の喪失だけでなく、遊技客全体の減少にもつながるのではないでしょうか」

一物一価を徹底したことが遊技客全体の減少をもたらしたともいえないか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





裏カジノのちょいパチが2台から8台へ増台


ちょいパチを使った裏カジノがあることを伝えたのは1月20日だった。導入されているのは冬ソナとAKBの2台のみなのだが、これに順番待ちができることから、AKBをさらに2台増台して、計4台で営業していた。それでも順番待ちができることから、さらに4台島を作って計8台で営業することになった、という。




4台増台することで「同じ機種ばかりでは面白くない。おススメの台を教えて欲しい」と取材していた風俗ライターに相談が来た模様だ。

遊び方は1玉100円。玉は1万円買いで100発。ちょいパチは29分の1~39分の1の確率である。100発以内で大当たりすることも十分あり得る。

AKBの場合4ラウンドで208発、6ラウンドで312発の出玉だが、1回大当たりを引けば2~3万円にはなる。ちょいパチでも連チャンすれば1000発ぐらい出る機種もあるので、10万円ぐらい稼ぐこともできる。

1分間で1万円勝負。1玉100円というレート感と、確率の甘さがギャンブラーには堪らないようだ。

このちょいパチが裏カジノで使われている、という以前に、2014年11月25日のエントリーでは都内の裏カジノには旧式のスマートボールが8台設置されている、という内容を紹介したことがあった。

やはり1玉100円というところが共通点。違いは自分で1玉を200円、300円、400円、500円までを選択できるシステムになっていたこと。

スマートボールは穴に入ると15個玉が出る。ということは1個穴に入ると1500円になるのだ。スマートボールにも役物があって、チューリップのようなものがある。1個入るともう1回すぐに入るので、3000円になる。

スマートボールは年代物でもあり、スマートボールそのものが希少価値なので、裏カジノでの発展性はなかったが、ちょいパチはいくらでも手に入ることができる。裏カジノの主役がスロット4号機からちょいパチに取って代わられる可能性もある。

パチンコメーカー関係者も裏カジノのちょいパチには関心を示している。ホールでは無理としてもカジノ用なら射幸性の研究のヒントにはなる。

Japanese style Casino machine——将来的に1玉100円のちょいパチがカジノにデビューする日も来るかも知れない。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




チャレンジャー幸手店に零細ホールが生き残る術を見た!


ハンドルネーム「たけぼー」さんから、こんなコメントが寄せられたのが2月12日のことだった。

「日報さん、先月末で休業した埼玉のホール、『チャレンジャー幸手』さんの最終日の様子を是非、記事にしてください。『遊技客から心底愛されたホールオーナー』だったようです」

さらに、2月14日にはハンドルネーム「お花畑か」さんからも「今で言えば埼玉県のチャレンジャー幸手店さんは今後どのホールも目指すべき店だったかもしれない。新台入れ替えもほとんど行わず勝つ、負けるより遊んでもらうという店であったのは間違いない」との意見が寄せられた。

正直にいうと「チャレンジャー幸手店」の存在は、YouTubeでチラ見した程度でしかなかったが、どんなホールだったのか俄然、興味が湧いてきた。

こういう時、ネットというのは便利なもので、同ホールの記録がYouTubeに残されている。動画のタイトルは「ひげ紳士がパチンコ店買い取ってみた」。これは元ホールの役員だったひげ紳士が、居ぬき店舗を共同経営から始めて、自らがオーナーになった記録でもある。

埼玉県幸手市にある同ホールはパチンコ156台、パチスロ79台、合計235台の小型店舗で、内外装とも昭和の香りが色濃く残っている。みなし機問題で大半の機械を撤去する羽目になり、1月31日をもって営業を休止。外した機械を埋める準備のために2月1日から休業期間に入っているが、数カ月以内に営業を再開する予定だ。

チャレンジャー幸手店。ファンの間では「幸チャレ」と呼ばれ広範囲からの固定ファンを掴んでいる。中小、零細ホールがおカネをかけず、高い新台も買わずに生き残るためのヒントがてんこ盛り状態だ。

ひげ紳士が同ホールのオーナーとなって5年が経過する。まず、その歴史を振り返ってみよう。

■2012年

オーナーとして営業を開始したのが2012年7月だった。
まず、取り組んだことは以下の4つ。

①パチンコ教室(年配者に打ち方の講習)
②バックヤードツアー
③無料パチンコ
④コスト削減(電球のLED化など)

予算をかけずに順調な滑り出しをみせた。

■2013年

ところが、1年後の2013年7月は経営が悪化していく。近隣の大型店がリニューアル攻勢をかけてきたため、地元客がどんどん離れ、敗北感が漂った。

その結果どうなったか?

①オーナーのやる気低下
②雰囲気が暗くなり、清掃も疎かになる
③経営不振から給料未払いを恐れたスタッフが辞めて行った
④金策に走れども誰からも相手にされず、孤独感に襲われる

悪いことは重なるもので、この時、ネオン看板のパチンコの文字のチが消える。やる気をなくしたオーナーに修理する気力もおカネもなかった。



■2014年

2014年7月に転機が訪れる。新たに加わった社員「幸チャレP」が様々な改革を始める。

①汚かった部分のクリンネス化
②ブログ開始(古い台=珍古台があることをブログで発信。それを見て来店した客も)
③入れ替えの中古台を安い値段からコンセプトを持った選定に
④常連客の囲い込みのためにポイント交換会(オーナーの私物と交換したり)=会員は増えず
⑤人の採用=教育(求人費用がない)

求人費用もないところに、10月にオーナーの知り合いの「えっちゃん」がアルバイトとして入ってくる。

えっちゃんの活躍が始まる。えっちゃん効果として、
①接客やそうじが強化される
②店内がおっさん2人から脱却して、雰囲気も明るくなる
③オーナーのやる気が回復

微増ながら売り上げが上がる。

■2015年

この年の1月、商圏にはパチンコユーザーがいないにも関わらず、大型店がグランドオープンする。その結果がこれ。

①資金が底を尽き、出玉も出せず、ボッタクリ店のレッテルが張られる
②店を運営する資金もなくなり、もはや風前の灯
③中古台すら買えなくなり、入れ替えもできない
④電気、水道が止められそうになる寸前に
⑤オーナーは完全に腐り、ヤサぐれる

この年の9月、月間最低売り上げ1200万円のワースト記録を塗り替え、1000万円を切る。

この時、起死回生策としてスタートしたのがweb戦略の強化。YouTubeで「ひげ紳士がパチンコ店買い取ってみた」をスタートさせる。

■2016年

動画を始めて8カ月後の5月、ついに念願だった月間売り上げ2000万円を達成する。さらに、8月には夢だった3000万円を達成する。






ところが、動画でアシスタントを務めてきたえっちゃんが10月に卒業。これでYouTube作戦も終わったかに思われたが、ひげ紳士の孤軍奮闘は続く。

■2017年

この年の5月、ついに月間売り上げ4000万円を達成する。幸チャレの日常の出来事をYouTubeで包み隠さずさらけ出してきたことが、共感を呼び新規ユーザーの開拓につながった。

どこまでさらけ出すかといえば、月ごとの売り上げ、粗利から、来店客数まで惜しげもなくさらけ出す。さらに決算発表までやってしまおうか、とひげ紳士は意気込む。








ちなみに、YouTubeを始めて2年半あまりが経つがこの年末年始営業は動画効果が実を結び、動画を始める前の1カ月間の売り上げを年末年始営業で叩き出した、という。

1月31日の最終日の営業の模様はYouTubeを見てもらえば、一目瞭然だが、営業を終えてひげ紳士に握手を求めるお客さんの列ができた。新台もない珍古台ばかりの店がひげ紳士の人柄で大勢のファンに愛されただけでなく、協力者が大勢いたことも伝わってくる。





これが、パチンコホールの本来の姿であることを思い出させてくれた。中小、弱小、零細でもおカネをかけずにホールを運営できることを実証してくれた。

営業を再開した暁には、大阪から534キロ、ツーリングがてらに突撃訪問してみたい。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


銀行の与信管理強化で高まる新たな資金調達先需要


「業界の先行きが不透明なため最近は融資枠が下げられてホールさんの資金調達が圧迫されています。こういう時だからこそ資金調達先は1社でも2社でも多く持っていた方が安心、まさに保険と一緒ですね」と話すのはレアルキャピタルの西澤部長。

同社はホール専門の割賦スキーム(Amusement Business Supports=ABS)を使って、全国のホールの資金調達をサポートするする会社として、2004年に大阪で創業した。

同社のABSの特徴は、遊技機の所有権を物件受領日にホールへ移転することだ。遊技機残債の有無を問わずに所有権を移転するところがメーカー・リース会社をはじめ他の売り主と大きく違うところである。

所有権をホールに移転しているので店舗間移動はもちろん、売却もいつでも自由にできる。メーカー・リース会社だと店舗間移動には承認が必要であるだけでなく、残債があれば売却もできない。

稼働の落ちた遊技機は、値崩れしないうちに早期売却が可能である。売却損の圧縮にもつながる。





「機械代をメーカーに支払う場合、手形だとせいぜい5~6回です。今後、ホールの収益が下がれば支払いサイトを厳しくするメーカーも出てきます。ABSであれば12回分割になるので資金繰りが楽になり手元資金が増えます。この手元資金で販促活動につなげることも可能です」(同)

また、このABSは遊技機以外の物品でも大抵のものが対応できることも特徴の一つ。遊技関連設備機器はもちろんのこと、リース会社も扱わない制服、CM放映料、チラシ代にも対応実績がある。

「ABSの取扱商品は限定していません。ホールさんが仕入れるものであれば検討させていただきます。また社長様の連帯保証も不要です。迅速で、小回りが利き、痒いところに手が届くところが大手リース会社にはない当社の持ち味です」(同)

当然のことながら全ホールが対象とはならない。決算書3期分を審査してからのスタートとなる。これまで最高額で5億円の極度額設定実績がある。

また極度額を設定しただけでは手数料は発生せず、使った時にはじめて発生するので安心して審査を依頼できる。

「『現金で支払っているから要りません。決まった先があるから必要ありません』」と言われるホールさんもたくさんありますが、厳しい環境だからこそより多くの調達先を持つ事は安心につながります」(同)

ABSの詳細はこちら。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



ホールにウチコ軍団、専業、ニートは必要なのか?


スロプロまでも勝てなくなってしまって引退してしまうのが今の業界の姿である。その原因は高い機械代の回収を優先したこと以外に、オイシイところをウチコ軍団、専業、ニートに持って行かれてしまい、本来は常連客に還元すべき原資がないことも一因と考えられる。今は対策を取っているホールもあるが、それまでは骨の髄まで抜かれていた。

ボーダー理論より回る台を親玉が探し出し、それをウチコに打たせる。そういう台を確保できれば、長時間粘ればウチコは日当1万5000円~2万円前後が稼げる。

セブン機=ボーダー理論ばかりの機械がホールを席巻しているわけだから軍団の標的になる。かといって、ウチコ軍団を排除するためにボーダー以下の調整になれば、常連客もマイホールを見捨てることになる。

まず、業界をダメにしてきた元凶でもあるボーダー理論がまかり通るセブン機の見直しを図らなければならない。メーカーは遊技機規則上セブン機しか作れないと諦めているが、ボーダー理論なんか小学生でも分かる。それならボーダー理論が全く通用しないセブン機を作るしかない。

技術介入度が少ない機械づくりも要因の一つ。パチンコをやったことのない未経験者でも保留3個止め、当たり中のセット止めなどの簡単な研修を受けただけで、すぐに現場に出られるとの指摘もある。

次にイベントは禁止になって告知もできない。それでも従来から続いている3の日や7の日やゾロ目の日などの特定日は認知されているが、それが平日の場合のことも多々ある。平日の早朝から長蛇の列が並ぶということは、言い換えれば一般客よりもプロ連中が大半であろう。プロ連中にカネをバラまいたところでメリットはない。何かしらやるのなら一般客が来られる土日に行うべきだ。

営業方法も見直しが求められる。等価交換では換金ギャップがないので出玉共有を認めていたが、まず、交換率は30~33個、5.5~6枚交換に引き上げ、出玉共有、再プレイを禁止にするだけでも、ウチコ軍団の排除につながる。

さらに、無定量営業から1回交換、もしくはラッキーナンバー制にすれば完璧だ。こうして勝ちが5000円ぐらいに抑えられれば、商売はあがったり。パチンコで生計を立てることもなく、趣味の延長線上で遊ぶお客さんになる。

スロットの設定に関してはメリハリ設定から中間設定も対策には有効だ。メリハリ型では彼らは数で攻めてくるので、一般客が悪い設定をつかまされる可能性が高くなる。中間型なら一般客が悪い台を掴まされる可能性は下がり、勝ち目的のプロは排除されることにもなる。

新基準機が自ずとプロを排除するような結果になるかは、市場に投入されてみないと分からないが、ウチコ軍団対策を怠らないことだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。