パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

悲観的報道の毎日新聞に異議アリ





受動喫煙被害を防ぐ健康増進法改正案が15日、衆院厚生労働委員会で自民、公明、国民民主党の賛成多数で可決され、今国会で成立する見込みになった。

飲食店以外のサービス業は原則禁煙となるため、毎日新聞はユーザーの喫煙率が高いパチンコ店は客離れに戦々恐々しているとして、「喫煙なら行かない」の声も、と見出しを打ってパチンコ業界の危機感を煽った。

その中で、業界の現状を次のように伝えている。

全国のパチンコ店や機器メーカーでつくる日本遊技関連事業協会の調査によると、パチンコ店の来店客のうち、49%が紙巻きたばこ、9%が加熱式たばこを「吸う」と回答。店内禁煙になった場合、29%は「行く回数が減る」、9%は「行かなくなる」と答えており、法改正が死活問題になりかねない。

玉の音が鳴り響く千葉市稲毛区のパチンコ店「マルハン千葉北店」。たばこをくわえた男性客(62)は「禁煙になったらいちいち喫煙所に行くのは面倒で、イライラすると思う」と肩を落とす。逆に「たばこは嫌いだが、マスクをつけて我慢している。早く全館禁煙になってほしい」と法改正を歓迎する男性客(68)もいる。

マルハンはたばこが嫌いな客を取り込もうと3店舗を全館禁煙にし、加熱式たばこのみ喫煙可能な店も開いた。広報担当の社員は「喫煙客が多いので法改正で客離れが起きる可能性があるが、対応するしかない」と話す。

以上引用終わり

この記事では喫煙者にスポットを当てて悲観的な論調になっているが、非喫煙者が完全禁煙になったら行く回数が増えるという事実には、はなから蓋をしている。

グローバルアミューズメントの調査では非喫煙者は45.5%が「増えると思う、やや増えると思う」と回答した。

さらに、若者がパチンコ店を敬遠する理由の第1位がタバコの臭いである。つまり、新規開拓の阻害理由がタバコであるにも関わらず、一部完全禁煙店舗はあるが、業界は完全禁煙に躊躇してきた。

このパチンコユーザーの喫煙率が高いため、という理由は、高射幸性を求めるヘビーマニア向けの機械ばかりを追い求め、ライトユーザーを排除して遊技人口を減らしたことと相通じるところがある。目先の利益しか考えてこなかった当然の結果である。

パチンコ業界にとって健康増進法は、ピンチではなく法的にも横並びになるので、増客のまたともないチャンスと捉えるべきであろう。

JTの調査では喫煙率は男女合計で19.3%(男29.7%、女9.7%)である。この割合は今後とも減っていくことは確実である。タバコを吸う2割を相手にするより、タバコを吸わない8割を相手にする方が賢者の選択であろう。

そう考えれば、毎日新聞の見出しは戦々恐々ではなく、チャンス到来と捉える内容に書き換えるべきであろう。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


騒音対策の本命とは


地元では超有力ホールで、昔から初任給が破格の待遇としても広く知れ渡っていた。高給で優遇したのは優秀な人材を確保する狙いがあった。そんな超有力ホールですら最近は業績を落としている。かつてのやり方といえば、客が飛びそうになる前に、釘を開けて再び客を戻してきたのだが、その方法が最近は通用しなくなっている、という。

売り上げが低迷すれば、重くのしかかってくるのが、高給で優遇した人件費となってくる。

「3分の2規制になれば、粗利が取れなくなる。今までの給料体系ではやっていけなくなる。人件費を抑えなければ立ち行かなくなる」(同ホール関係者)と危惧する。

実際の世の中はそれとは、逆の出来事が起こっている。パチンコ業界だけに限ったことではないがサービス業はアルバイトの募集で苦慮している。手っ取り早い打開策は時給を上げることだ。アルバイトの時給が上がれば、正社員も上げなければならない。アルバイトの人材難が原因で会社全体の人件費の高騰を招いている。

売り上げ、粗利が下がれば、人件費を削りたいところだが、しわ寄せは他の部門に回されるがどの部門も切り詰めている。

出玉規制によってホールが恐れるのは、稼働が下がることによる売り上げ、粗利が減少することだ。これは見方を変えることでそう悲観することばかりではない。

新基準機は下限が設けられたことで客は持ち玉で遊べるようになることから、玉単価が下がる。玉単価が下がるということは客側にはプラスの要素なので、パチンコは稼働が上がる可能性がある。

この過去の法則が当てはまることを願いたいものだが、現実はどうか?

アベノミクス効果により、株価は民主党政権時代の2倍になった、と言われているが、一般の労働者の給料は上がっていないのが実情だ。パチンコ業界はブルーカラーの賃金が上がらないことには、業績も上がらない。

「ウチのパチンコ客が知らないうちに消えていたことに、今、やっと気づいた。スリープユーザーの掘り起こしのために送っていたDMも効果がないので、経費削減で止めていたが、もう1回復活させてみた。1年間出し続けてみたが、やはり稼働は上がらなかった」(同)

新規ユーザーよりもスリープユーザーを掘り起こすことの方が、簡単と捉えていたが、それも難しい。一度止めたユーザーに似たり寄ったりの新機種案内を送ったところで、振り向くはずもない。

新規ユーザーの開拓は業界全体で取り組まなければならないわけだが、タバコと同様に嫌われている爆音問題に関して、このホール関係者は一つの提案がある。

「騒音対策に耳栓を配ったことがあるが、パチンコの音が良く聞こえない、と不評でした。それなら、遊技機にイヤホン端子をつければ解決する。イヤホンで聞く分には騒音ではなく、効果音となる」

イヤホン端子をつけることに今の規則では、そういう発想自体がないので何も触れられていない。ただ、遊技機の効果音をスピーカーで出力していることは認められ、ボリュウーム調整も認められている。その進化版である。

イヤホン端子は遊技機の性能に影響を及ぼすことではないので、メーカーが警察庁へ質問書を出し、騒音対策につながることも訴えれば道は開ける。規則に書かれていないことの解釈上の判断は行政の仕事。規則改正がなくても認められる可能性は高い。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


中古機価格も安定しているアナログ役物系の使い方


11日 32,160
12日 29,960
13日 29,620
14日 27,900
15日 30,170
16日 35,950
17日 34,840

これは6月4日から導入された第1種と第2種の混合機である「CR犬夜叉ジャッジメントインフィニティ」の4円コーナーの第2週目の稼働推移である。1店舗当たりの平均導入台数は2.7台ということもあって稼働は良好と言える。

「天下一閃」が火付け役ともなったハラハラドキドキのアナログ抽選の流れを汲む「犬夜叉」は「究極役物×高継続」が最大のウリだ。そのため、確率が辛い「AG-JT」の方が好調で、やはりアナログ役物系機種は、大量出玉の方が好まれるようである。

6月4日導入機種の「カイジ4」「シュタインズゲート」を抜いて「犬夜叉」の約3万5000稼働はトップとなっている。

今やアナログ役物系機種は、一つのカテゴリーとしてユーザー人気が上昇して来ている。古くは豊丸の「餃子の王将」に始まり、2016年は大一の「天下一閃」へとつながる。今年は大一の「うしおととら」、マルホンの「天龍∞」、A-gonの「RAIZINMAN」と続き、ディ・ライトの「犬夜叉」まで来た。

今週18日からは豊丸の「今日もカツ丼」の導入が始まり、7月にはアムテックスの「綱取物語」、大一の「ダイナマイトキング」などが盆前商戦を賑やかせてくれる。

このように、アナログ役物系のバリエーションが増えてくると、以前リリースされた同タイプ機種でのコーナー展開も可能になってくる。アナログ役物系コーナーで集客に成功しているホールもある。

アナログ役物系の特徴として、お客さんの短時間勝負というニーズがあるので、仕事帰りの「夜の稼働」が見込まれる。

「ちょっと帰り道に5000円で運試し」と言うチャレンジを促すこともできる。今後も「メチャメチャ高稼働を維持」とは行かないかも知れないが、「低稼働でも高粗利確保」は可能なカテゴリーでもある。

また、「役物系・大量出玉」機種は、大当り確率が低いことから、1台、2台ではその爆発的な出玉感の体験ができない。

よって、ソコソコの台数(=4台以上)設置の方が、良い結果が生まれる可能性が高い。
現在、高稼働を維持している内に、「アナログ役物系」の保有台数を増やす事も、一考の価値はある。

アナログ役物系は中古価格も安定しており、「犬夜叉」は6月19日現在、約55万円の値段がついている。資産価値も含め、導入チャレンジもありだろう。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



スロットを止め宝くじで人生が変わったリストラサラリーマン


国内外で1万人のリストラ計画を進めている会社の話だ。ペーパーレス化で主力製品が時代に合わず市場は年々縮小している。

同社の関連会社に勤務する40代のAさんは、スロット好きで650万円の借金を抱えていた。大学生と高校生の2人の子供はおカネが一番かかる時期でもある。

その650万円の借金を奥さんの実家の力を借りて一括返済することで、Aさんはスロットから足を洗った。

奥さんは1人娘だった。おカネの出どころは実家から借りた、というだけで詳細は1年間内緒にしていた。

おカネの出どころは、奥さんの母親が宝くじで1億円当てたものだった。

Aさんはおカネの出どころが分かり、安堵したが、奥さんからは「絶対誰にもしゃべるな」と釘を刺されていた。

しかし、Aさんにすれば、650万円の借金が宝くじでチャラになったことを話したくてうずうずしていたようで、会社の仲間との飲み会で酔っ払ってついついしゃべってしまった。

そういう話は社内に瞬く間に広まるものである。それが上司の耳にも入り、リストラ対象だったAさんに対してパワハラが始まる。

家で奥さんにこのことを話すと「あんた、どこまでバカなの!」と罵倒されたのは言うまでもない。

リストラ対象でもありパワハラにも耐えられないAさんは、あっさりと辞表を出したのは、リストラが公表された矢先だった。

スロットを辞めたAさんが次に嵌っていたのはロト6だった。

ロト6は、1口200円で購入。1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選ぶ「数字選択式宝くじ」だ。

当せん金(理論値)は、1等2億円、2等約1,000万円、3等30万円、4等6,800円、5等1,000円(原則固定)だ。
ただし当せん金額は、その回号の発売額と、当せん口数によって変動する。

当せん者がいない等級の当せん金総額、および一口あたりの当せん金があらかじめ定められた最高額を超えた場合の超過額を次回号の1等当せん金額にキャリーオーバーできる。キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高6億円となる。

ロト6は、原則1年中、毎日午前8時から午後8時まで、数字選択式宝くじ売り場で購入できる。

で、件のAさんはロト6で9000万円当てていた。これであっさり、会社を辞めることができた。

宝くじで当たった1億円で650万円の借金をチャラにしてもらい、今度は自らが買ったロト6で9000万円を引き当て、辞表を提出。まさに一発逆転人生ではあるが、この先の人生がどうなるかは誰にも分からない。

宝くじで人生が変わったAさんの部署では宝くじがブームになっている、という。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



外国人リピーターが多い場所はダントツで秋葉原のクレーンゲーム専門店


5月12日放送されたテレ朝の「世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団」で、日本に2回以上来ている外国人に、日本のどこへリピーターで行っているかを徹底的に調査した。その結果、何度も通いたくなる魅力的な名所が日本には存在した。

調査方法は成田国際空港で旅を終えた外国人にヒアリング。来日2回以上の外国人は882名中536名で、彼らがリピートしている20選をランキング形式で発表した。

第1位 リピート回数100回 秋葉原の「ゲームセンター」
第2位 リピート回数50回 成田空港近くの「ラーメン店」
第3位 リピート回数40回 原宿の「ロリータショップ」
第4位 リピート回数16回 福島のドリフト専用の「エビスサーキット場」
第5位 リピート回数10回 東京・かっぱ橋の「包丁専門店」
第6位 リピート回数7回 東京・原宿の「明治神宮」
第6位 リピート回数7回 東京・大塚の「地下アイドルのライブハウス」
第7位 リピート回数6回 山梨・河口湖の「レイクヴィラ河口湖」
第8位 リピート回数4回 東京・渋谷のスクランブル交差点が眼下から撮影できる「スタバ」
第8位 リピート回数4回 京都の「古民家カフェ」
第9位 リピート回数3回 鎌倉の「長谷寺」
第9位 リピート回数3回 東京・渋谷の「109」
第9位 リピート回数3回 香川の「直島」
第10位 リピート回数2回 群馬の「宝川温泉」
第10位 リピート回数2回 東京・秋葉原の「串焼き店」
第10位 リピート回数2回 東京・新宿の「ゴールデン街」
第10位 リピート回数2回 沖縄・石垣島の「川平湾」
第10位 リピート回数2回 栃木・日光の「江戸村」
第10位 リピート回数2回 山梨の「富士急ハイランド」
第10位 リピート回数2回 宮崎のサーフィンのメッカ「お倉ヶ浜」

こうして、ランキングを見て改めて振り返ると、秋葉原のゲーセンのリピート回数が群を抜いて多いことが分かる。ダントツ、ぶっちぎりで堂々の1位である。

で、外国人が熱中しているのはクレーンゲームで、日本でも珍しくもないのだが、アドアーズ秋葉原店の関係者によると、2年前から急増し始めたそうだ。

クレーンゲームは日本独自のものでもなく、海外にもあるのに日本に来たらナゼ行くのか?

例えば、アメリカでは紙一枚も持ち上げられない握力が酷評されている。

つまり、日本の場合は「練習を積めばおカネはかかるが、やるたびにうまくなるから楽しい」という。

景品もクレーンゲーム専用に作られているので、他では手に入れることができない。

「景品を獲得する喜びがあるので、凄く挑戦したくなる。取れた時の快感がたまらない。人生で最高の時間を過ごしている」と脳汁が出まくっている。

日本のクレーンゲームが受けるのなら、その次はパチンコと考えるのが業界人の自然な流れだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。