パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

京大で開発中の依存症治療薬に期待


依存症問題ではお馴染みのハンドルネーム「元業界人」さんは、学生時代にパチンコに嵌り、大学中退後に、パチンコ関連会社に入社。自らが悲惨なパチンコ依存症を体験した後、現在は精神科の医療機関に勤務している。

シリーズで放送されているEテレのハートネットTV依存症の放送を見たコメントを再録する。

以下本文

ハートネットTV依存症の放送見ました。

パチンコ依存症、野球賭博によるギャンブル依存症の方についての内容。パチンコ依存症の方は、長崎の専門病院へ入院し、野球賭博の方は、専門施設へ入所。これらにより実際に回復するのかはわかりませんが、アルコール依存症や麻薬依存同様、なかなか回復が難しいのでないかと感じています。

番組を見ていて、野球賭博の方が田中氏に施設入所を勧められて拒むシーンがありましたが、精神科病院においても、明らかに疾患のある患者が入院拒否する状況に似ていると感じました。

病識のない患者が医療保護入院についての説明を受けたときに拒絶するのと似ているんです。番組内でもギャンブル依存症は否認の病と言われていましたが、まさしくその通りで、やはり病識の欠如があるように思います。

また、田中氏が解説していたように、ギャンブル依存症患者は、ギャンブルをやめたいと思っている一方で、やめたくないという相反する感情があります。

放送内のパチンコ依存症の患者の兄が話していた内容で、依存症当人に、パチンコは楽しいかと尋ねたときに、苦しいと答えたというエピソード。

苦しいのに、その苦しさから逃れるためにパチンコをしてしまう。そうやって現実逃避するための手段がパチンコであり、パチンコをしているときだけ、パチンコによる苦しさを幾分か和らげているように思います。

また、パチンコ依存症だけではないですが、依存症全般において、家族も共依存になる傾向もあります。

精神科において、ギャンブル依存症はまだまだ治療法が確立されておらず、入院適応とはなりにくい病気です。

現に、私が勤めている精神科には、ギャンブル依存症の患者はいません。ですが、先日も書いたように脳の機能変化があることを考えると、やはりギャンブルが脳に影響を及ぼしていることは明らかであり、疾患と捉え治療しなければならないと思います。

施設や自助グループだけでなく、薬物療法もあるようですが、アメリカにおいてもまだまだ難しいところのようです。

アメリカでは、オピオイド系が有効だったという話もあったようですが、数年前の検証では否定されています。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)なども臨床で使用されているようですが、結果ははっきりしていません。京都大学の鶴身氏の研究がより進み、有効な治療薬が開発されることに期待したいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


パチンコの依存症対策は所得制限に


ハンドルネーム「一般ゆーざー」さんの依存症対策論だ。

以下本文

なぜ依存性がここまで問題視されるようになったのか?
IR絡みなこともあるだろう。しかし、それだけではない。

依存症自体が問題なのではなく、依存症になることで家庭が崩壊するレベルまで金を突っ込んでしまうことが問題視されている。

逆を言えば、家庭が崩壊しないレベルなら、いわゆる趣味の範囲内での支出ならここまで言われることはない。

要は、「以前のレベル」での遊興費でやっていたら、家庭が崩壊するレベルにまで一般家庭の生活水準が落ちてしまっているからだ。

パチは「庶民」の娯楽と言われていたが、確かに昨今の投資レベルはいささか高くなっていて、庶民レベルというにはやや無理がある。

しかし、例え庶民レベルに落としたところで、昔は「庶民」だったユーザーが、「貧民」レベルにまで生活水準が落ちている現在では、「庶民」レベルの遊びが出来るはずがないのだ。

ハードル(投資)の高さを低くしても、飛び越えることができる体力(生活の余裕)がなければ足を引っ掛けて倒れてしまう。

本来なら、体力(生活の余裕)がないのなら遊ぶのをやめれば良いのだが、にも関わらず遊ばせろというのは、自身が「庶民」から「貧民」に落ちたことを認めたくないという心理が働いているということもある。

プライドというものがあるからね。

しかし、見栄を張ったところで生活の余裕がないことが解消されるわけではない。パチ屋は現在の「庶民」のレベルが低くなってしまっているのは薄々気づいているが、ハードルは落としたくないから見てみないふりをする。

「庶民」は、自身の生活水準が落ちていることは薄々気づいてはいるが、認めたくないから見てみないふりをする。

双方お互いに見てみないふりをしているのだから、溝は深まるばかりである。

では、どうするか?

上のコメントで、25歳以上入場禁止とか言っているが、年齢で禁止するのではなく、所得で入場制限をするのがよろしい。

遊べば家庭が崩壊するレベルの所得の方が遊ぶのは、もうやめたさせたほうがいい。

そんなことをしたら売上が落ちる? そんなことはない。

元々金が落とせないのだ。それに、これ以上依存症対策で金を使わせられるより、依存性で家庭が崩壊する方々にはご退場頂いた方が、むしろ金はかからないし、本人の為でもある。
全ての人間に門扉を開いて迎える必要はない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



パチンコとは期待値を売る商売である


新入社員に自分たちの給料はどこから出ているかをどう伝えるべきか、というエントリーに対して、ハンドルネーム「P大手勤め人」さんから、見解が寄せられた。ズバリ、それは期待値に対する対価だという。しかも、玉利20銭とすれば1時間に1000円程度にしかならない。

以下本文

考え方の問題だと思います。

「客が負けた金で我々はおまんまを食べている」

これは事実です。

ただ、負けた金といっても我々はその対価を提供しています。
遊技機を通じて味わえる非日常性、スタッフによるサービスなど。

こういう話をすると、
「あるお客様が5時間で5万円も負けたとして、1時間1万円も払うほどのサービスレベルなのか?」
というごく一部の不運な方を例に出して話をされる方がいます。

これは暴論です。

我々が頂いているのはあくまで期待値です。

玉粗利20銭の調整で1時間5,000玉とすれば、1時間平均約1,000円頂いているにすぎません。

実際にはそこに運が絡んで、1万負ける人も居れば勝つ人も居る。
しかしほとんどのお客様は、そんなことは織り込んだ上でサービスを買っているのです。

そうして得た「期待値1人1時間当たり1,000円」は、少なくとも私は正当な対価として考えていますから、別に後ろめたい思いをすることは全くありません。

ここでは「1,000円」としましたが、
中には設定を入れず「2,000円」などで営業しているホールもあるでしょうけど、それはそれです。

そういう価格で商品を売っているというだけのことです。

それで客が「高い」と感じれば客足は自然と遠のきますし、2,000円でも繁盛しているなら需要と供給がマッチしているということですから
堂々と胸を張ってそこからお給料をいただけばよいのです。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



パチンコ依存症から抜け出せたのは、仕事の忙しさと給料の高さ


ハンドルネーム「元業界人」さんのギャンブル依存症のメカニズムに対するコメントだ。自らがギャンブル依存症に罹りながらパチンコメーカーに就職。忙しく働いているうちに鬱が治りギャンブル依存症からも脱出することができた。

以下本文

たまたまこの番組を観ていました。

ギャンブル依存症の問題点として、
①ギャンブルをやらないと落ち着かない
②嘘をつく
③借金を重ねる、という3点が挙げられていました。

私自身は、ギャンブル依存症で、大学を中退しています。厳密に言うとパチンコ依存症です。

井川さんの場合、もう1つの問題点にまでは至らなかったようですね。それは、大事な用事をすっぽかす、という問題点。仕事はやっていたということですから。

仕事をさぼる、行かなくなるということが、ギャンブル依存症ではあるかと思います。

離婚、家庭崩壊してますから、その可能性もあったのかもしれませんね。

私の場合、パチンコ屋へ入り浸り、仕送り、バイト代を使い果たす。

親に仕送りを繰返しせびる。学生ローンで借金。バイトをさぼる。大学へ徐々に行かなくなる、という経過でした。

さらに、大学中退後、一時的に仕事はしたが一年で退職。当時の彼女の部屋に転がりヒモ生活。本物のクズです。

彼女からもらった生活費もスロに使ってました。バイト行くといってスロ。勝ったらバイト代出たと嘘。

その後色々あって、Pメーカーへ就職。ここからお金には苦労しなかったが、依存症から抜け出せず、消費者金融から借金。一時は400万まで膨れました。

が、仕事が徐々に忙しくなり少しずつ借金を返済し、なんとか借金完済。パチンコ業界から転職後は一切ギャンブルしなくなりました。

パチンコやめてから2週間後に一度だけ行きましたが、スロで千円をサンドに入れて打ち始めたら、なんとなく気持ち悪くなり退散。あれからもう9年近くパチンコしていません。

私の場合、おそらくベースにうつがあったと思います。五月病の延長みたいなものですかね。

上京し一人暮らしを始めて、大学での勉強に違和感を感じ、そこから何かの逃げ道を自然と探していたところにパチンコがあったという感じでしょうか。

時は、パチンコだと連チャン機全盛期。スロだと3号機の裏モノ末期。パチンコは回るノーマル機が出て、スロでは4号機時代となり、しっかりやれば確実に勝てるのが明らかな時代に進んだにも関わらず、散財。わかっていても適当に打ってました。

パチンコを辞められた経緯については、仕事の忙しさもありますが、給料が多かったことが何より重要だったと思っています。

パチンコメーカーに就職して良かったと思います。学生時代から続いていたうつが何十年も経って、自然と改善したのかもしれません。おそらくは軽度のうつからパチンコ依存症という流れだったかもしれません。

何度か書いてますが、現在ここ、パチンコ関連を見ているのは、パチンコ依存症について知りたいと思っているため、また、まだまだこの業界の友人がいるからです。

現在、こどももいますし、パチンコは二度とやりません。家族や今が何より大切ですから。

今は、精神科を含む医療関係に勤めていますが、ギャンブル依存症で治療や入院している患者は、今のところいません。

軽度の発達障害、認知症などで、パチンコで借金して家族に迷惑かけた患者はいましたが。ギャンブル依存症はより専門的な医療機関じゃないと診れないと思います。

しかもギャンブル依存症としてではなく、他の疾患として診断されていると思います。

うつや発達障害、認知症などを、ギャンブル依存症から切り離して診れるようになるとよいです。ギャンブル依存症の患者、家族が医療機関や施設などにアクセスしやすいような環境整備がまだまだ必要だと思います。

また、サミーと京都大学の研究がさらに進むことを期待します。ギャンブル業界の御用教授にならないようにしてほしいですけど。

ギャンブル依存症は、病気ではなく、障害ですけど、治療して治せるようになることに期待しています。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




勝てそうで勝てないが何回かに一度は勝つ事ができるパチンコの復活を!


ハンドルネーム「地元店は壊滅状態」さんが物申す。

以下本文

消費税が8%になった時に街の小さなゲームセンターは増税分を回収する手段がなくて閉店せざるを得なかった。後にプリペイドカード導入で1円単位のプレイ料金が設定できる様になったが、増税当時にそのシステムがあったとしても設備投資の費用を捻出出来なかっただろうから「ここらが潮時」だと判断したんでしょう。

パチンコ店が今後消費税10%導入後にどうなって行くのか…多くの店ではパチンコ未経験の新規客どころか休眠状態の客を呼び戻す事さえ諦めている感が。

店舗数が減ればその分、別の店に移るだろう、自分の店にも来るだろうから集客できるだろうくらいしか考えてないでしょう。そして客が増えなければ「潮時だな」と店を畳む。

行けるとこまでこのまま行って駄目ならやめるってスタンスは、客にとってはたまったもんじゃない。

射幸性は必要です。柔らかく言えばドキドキ感、わくわく感。もっと言えば快感、満足感、優越感。そして思い出。

スマホゲームのサービスが終了して今まで課金した分が無になっても文句を言われないどころか感謝されているのは、課金した本人が十分に満足したからでしょう。

パチンコは換金ありきでスタートしている以上、換金=満足感である事を無くす事はできません。優越感はドル箱の山を周りに見せつける事でしょうか。スマホゲームと異なり常に他人と競争したり比較したりというのが無い世界で、換金以外に満足感を得る手段が無いのは痛いところ。

昔の様に「投資数千円、勝っても一万数千円、遊戯時間は数時間程度、勝てそうで勝てないが何回かに一度は勝つ事ができる」パチンコを目指して復活して欲しいところですが…

とにかく今は勝てない。多少運が悪くて勝てないなら、まだ諦めもつくがスタートからして回らないとなると、これはもう台のせいではなく店が悪いと恨まれても仕方がない。

客単価を上げる方向になっているのはどこの業界も一緒です。コンビニは客単価を100円上げる為にくじを用意する。スマホゲームは10連ガチャなんてものを用意する。メーカーは期間限定と称して少量を少し高い価格で売ろうとする。宝くじは購入人口の減少を高額賞金で射幸心を煽ろうと目論む。

同じ事をパチンコ店でできるか。かつてはイベント日がそうだったはず。

確かにお宝台はあるが回収台も多数、場の雰囲気に飲まれて過剰投資、満員御礼で皆がブン回せばあちこちで当たりが出て盛り上がる、負けた客も運が悪かったと錯覚する。

店側がイベント日=回収日というのは客は承知していたはず。僅かな当たり台をツモれるチャンスだったから甘んじて受け入れていた。

そこで店も、店の言うなりに台を開発するメーカーも増長しなければね。

やはり時間はかかっても遊技人口を減らさない様にする努力をもっと真剣に行なうべきだった。もう手遅れかもしれないが、まだ間に合うかもしれない。

ただ、この業界って「10年前はまだ良かった」と10年後にもまた同じ事を言ってそうな気がします。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。