パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

固定費が下がる事≒機械代が大幅に低下する事


「リストラされた人でも一息遊べる環境を」に対するハンドルネーム「tameiki」さんのアンサーコメントだ

以下本文

>市場からリストラされずに済むホールは7000店舗くらいあるはずです。

大手チェーン店の店舗数を差し引くと、実際に「ホール」として生き残れる店の数は更に漸減する筈です。

地域密着型の「街のパチンコ店」が完全消滅した時、果たしてパチンコは「業界」と呼べる形態を保っていられるでしょうか?

個人レベルの店が壊滅しつつある「書店」を見ていると、ごく直近のパチンコ業界を見ている感じがします。

本来は、「釘調整」の技術を駆使することで、他の業態よりも店ごとの個性を出し易い形態だったはずです。

・ボクシングタイプ
・羽根モノ
・電役モノ(平和の「チャンピオン」はボクシングものですが、こちらの遊戯性でしたね)

チューリップ台、現金セブン機とこれらの台が混在していた頃は極論すれば、4円でも「5千円以内で十分遊べた」時代でしたけど、逆に言えば「(その程度の売り上げで)諸経費・固定費がまかなえた時代」であったはずです。

とすれば、前提として絶対に必要なのは

『固定費が下がる事≒機械代が大幅に低下する事』

でしょう。

それも1~2万円下げました、というようなケチなものではなくて、

「半額以下にする。40万円なら20万円にする」

「ホールコンピュータのような情報システムであれば、思い切って仕様を公開する、またはあえて大手電機メーカーの傘下に入って参入を呼び込む」

位はやらないと根本的な改革にはなりますまい。

ここでいくら改革を唱えても、機械・設備・ホール経営サイドのそれぞれが、「ウチの利益はそのままにしてね」では、結局お客様からその分を回収するしかなくなり、ガチガチの回収で客を飛ばすしかなくなります。

自ら自身の利益を削って業界全体の為に機械と設備を作り、その上で
「釘調整は、この通り未来の業界と顧客の為に必要なのです」とお上に物申せる傑人がおられるでしょうか?

その動きが無ければ、元店長さんの提言は画に描いた餅ですよ。

それよりは「パチンコは(駄目になるまでは)儲かる商売だから、今のままで行こう」と考えるのが自然ではないですかね。

30~40代の管理職以上のレベルでしたら、相応の給料をもらう一方で、パチンコが駄目になる頃には業界を離れなければならないでしょうし。

小ホールが潰れた後に居抜きで結構大手ホールが開店しているのを見ると、そういう印象を受けます。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ジャージ、サンダル履きの入店お断ぐらいの改革を


「どうしたら、今すぐに稼働を上げることができますかね?」とホール関係者が切迫した様子で質問してきた。

個店の稼働を上げる特効薬を求めているが、当たり前のことを当たり前のようにやらなくなった。血道をあげたのは即効性のあるイベント合戦。そんな風潮が業界全体に蔓延した結果が今であろう。

例えば、スロットの設定。ほとんどのホールがベタピンで設定を触ろうともしない。

「基板には波がある。高いものは低く、低いものは高くなる。低いところから上がろうとしている波をリセットすることで、次はどこから出てくるか分からない。だから、プロは設定をほったらかしの店を狙う。ほったらかしのベタピンでも事故待ちで爆裂することもある。ここ10年ARTが全盛になってから、ほったらかすようになった。本来、前々日の傾向を見ながら、同じ設定でも毎日1台ずつ打ち直す。そんなまめなことをやらなくなったから、ノウハウも身につかなくなった」(スロット関係者)

当たり前のことをしなくなったために、ノウハウも蓄積できない。しかし、個々の努力もさることながら、業界全体のイメージを変えなければ、遊技人口は増えない。

ハンドルネーム「お花畑か」さんは、業界の悪いイメージの改善から取り組むことを主張する。

以下本文

イメージ環境変えるならタバコだけじゃなく、特定日廃止とか大げさだと服装チェック、台を殴ってたり、見た目があからさまにいかつい人まで見張らないとダメだね。

今のパチンコ屋のイメージは、ボッタクリ・怖い・ギャンブル・たばこ臭い・健康を害しそう・遊べない・違法脱法してそう・無職がたむろする場所・オタクが多い。そういうイメージしかない。

イメージを刷り込ませたのは他でもないインターネット。そしてネット普及により露呈した業界の闇部分。これが一番の原因。

例えば、特定日がド平日なのに1000人2000人並んでる光景を見て、何も知らない普通の人はどう思う? 『こっちは必死に働いてるのに、楽しやがって』とか『何の行列これ? え? パチンコ!? この平日から??』などが普通の反応。

ある程度ネットで知ってる人がいれば『イベント禁止じゃねーのか? 警察何してやがる』ともなるわけ。

見た目だって同じ。ド平日の朝っぱらから作業服来たおっちゃんやスーツ着た若者がタバコ吸いながらパチンコを打ってる光景見て何とも思わない方がおかしい。

最近じゃゲームセンターですら、ジャージやサンダルでのご来店はお断りなんていう店もある。
それはやっぱりイメージが悪いからという理由からなんだろうと私は思う。

こういった悪しき根付いた部分をいかに取り払うかによる。タバコが消えれば全て解決するわけではない。

メーカー規制はあってもホール側やコンサル・企画会社の規制は言ってしまえばかなり甘い。一発でレッドカードになる位の規制は最低限複数あって良い。

この業界は裏スロと同じで逮捕されるまでは何をしても構わない。と思ってしまっている事。
先日の記事にあった認定切れで、「すぐに動くとは思ってもみなかった」という発言が全てを物語っている。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



パチンコ換金を合法化してカジノとの相乗効果を狙え!


パチンコ業界を応援する立場でにコメントをいれてくれているハンドルネーム「オヤジ」さん。今回はプラス思考で動かない日本に無念さが滲む。各省庁間の壁を取っ払うぐらいの改革がなければ、日本そのものが衰退していく。

以下本文

ここ2年くらいこのコメント欄を見てきたが、やはり日本は今後衰退の一途をたどるだろう。手遅れだ。

ここ10年でいわゆるGAFAと言われるアメリカのIT企業が世界を席巻した。先日ラジオで言っていたがここに1社でも日本企業が食い込んでいたら、今の日本は全く違ったものになっただろう。SONYは可能性があったが楽天では小粒すぎる。
 
日本にアメリカのように良いアイデアを国として資金融資や規制の緩和でバックアップするベンチャー思想があれば・・・とつくづく思う。

カジノありきでパチンコを規制するのではなく、カジノも国を挙げて大々的にやろう!ついでにパチンコ換金も合法化してカジノと相乗効果を狙おう! なんなら競馬も宝くじももっと進化させてカジノと連携して大々的に面白くしちゃおう!

・・・というような全てプラス思考で足していく考えが日本人には無い。すぐに、そんなことできるわけない~、規制が~、賭博は違法~、利権が~と出来ない理由をつける。

お互いの足を引っ張り合う。だから外国にやられる。

規制が邪魔なら撤廃すればよい、治安が心配ならセコムも巻き込め、給料もガンガン上げて経済回して国を挙げてエンターテイメント王国にしてやろうという豪快な理想はもはや望めないのだろうか。
 
こんなコメントを書けばンなバカなことできるわけないだろ!と言われるだろう。でも10年前にiphoneを見たときに今の世界が予想できただろうか。そういうことだ。
そうやってできない理由ばかりを並べ立てて批判し合い、足を引っ張り合ってもう日本は崖っぷちまで来てしまったんだ。勤勉で技術もあり、経験もあったはずの日本人でもダメだった。

パチンコ規制と同じ理屈で、自動運転も次世代通信網も海外企業にやられるだろう。トヨタをもってしてもおそらくダメだろう。各省庁間の壁が高く、各管轄を飛び越えた根本からの改革ができないのが日本の癌だ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

依存症対策はパチンコ業界の救世主と捉えよう!


依存症を経験したハンドルネーム「元業界人」さんの建設的な意見に耳を傾けてみよう。

以下本文

私が借金してパチンコ打ち始めたのが大学生の頃でした。学生ローンから数万借りてたのが、あっという間に数十万へ。親の仕送り、バイト代、ほとんどパチンコに使ってました。

大学は中退。

よくある話ですけど。借金は親に肩代わりしてもらいましたが、そこから親には勘当状態。当時始めたマスコミの仕事は手取り12万ほど。その頃、消費者金融から借金をしてパチンコしてました。

結局、紆余曲折あってP業界に就職。当時は年収400から500万ほど。その当時でも借金は少しずつ増えている状況でした。

最大で3社から借りてましたかね。その後、わけあって実家へ戻ることになりました。その頃の年収は600万後半から800万弱。この時期に一気に借金を返すことができました。

そこからさらに数年。再度一人暮らしを始め、ようやく完済となりました。

消費者金融での借金は10年くらいありましたかね。完済した時期ももちろんパチンコしてました。貯金なんてなかったです。パチンコで勝つことが目的ではなく、パチンコをしていることでの安心感みたいなものが欲しかったんですかね。

病的な依存症というのは適度な距離感で対象に接することができないから病気なんです。

例えばアルコール依存症は、治療し退院しても、一滴でも飲んだらまた依存症に戻ってしまう可能性があります。だからこそ飲んではいけないんです。薬物依存にしても然り。

今日一日アルコールを飲まなかった、パチンコしなかった、薬物に手を出さなかった。その積み重ねも治療であり、一生完治することはないんです。

適度な距離を保てるならそれは依存症ではなく、単なる依存です。甘えという指摘もあります。たしかそうかもしれません。たとえば仕事や家庭の問題から何かしらの依存症になってしまう人たちは、自分自身で物事を解決せず、別のものへと逃げてしまっていますから。

だからといって甘えという言葉を当事者たちに投げつけるだけでは何も解決しないでしょう。病的な依存症の方々、それはかなり少数だとは思いますが、それが社会的問題になることもあります。

殺人事件だってありますから。最近では北海道での母親殺人とか。育児放棄といえば、3歳のやけどのこどもをラップでまいて放置してパチンコしてる親とか。

パチンコ業界は、依存症対策が業界を潰す「悪」と考えるのではなく、パチンコ業界を救う救世主と捉えるべきでしょう。パチンコが絡んだ事件も減り、依存症患者も減って、単なる依存のパチンカーが増える。

適度に遊べるパチンコって健全な娯楽そのものじゃないですかね。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




ギャンブル依存症は自然回復できる病気


依存症と病的依存症は全く別物!のエントリーに匿名のコメントが寄せられた。文面から元業界人で一時はギャンブル依存症に陥っていたようだ。現在は病院勤務で依存症は自然治癒で回復している。

以下本文

パチンコ業界から転職してほぼ10年になりました。

退職後に大学へ通い直して、今は病院で働いています。3年ほど約800床の一般急性期病院の消化器内科で働きまして、現在は精神科の超急性期病院で働いています。

ギャンブル依存症の方の入院は極々稀にあります。といっても、主となるのは、記事でも書いた通り、うつや統合失調症、軽度知的障害です。

ギャンブル依存症の方への治療法が確立されておらず、精神科で治療というより、専門の施設で生活するということが多いのではないでしょうか。

土地柄もあり、生活保護者の入院もありますが、生活保護者でパチンコしてる人もやはりいます。
ギャンブル依存症の研究は以前より進んでおり、MRIによって、脳の器質的変化があることが発見されたりしています。

今後、治療法が確立されることに期待しています。現在の病院では、アルコール依存、薬物依存症の方の入院はそこそこあります。退院しても繰り返し入院となる方も多いですね。

また、家族の疲弊も大きいです。共依存となっているような家族もいます。依存症の場合、家族に対するケアというところもフォローしていく必要がありますが、あくまでも本人の治療が優先ですので、そこまではなかなかできていないのが現実です。

この記事になったコメントでも書いているように、この方は病的ではないです。ただ、解雇されたりして、借金をしてまでもパチンコを続けたとしたら、それは病的な依存症と判断されるでしょう。

どなたかが書いているように依存症予備軍かもしれません。アルコールや他の依存症も同様で、自制が効かなくなり社会生活が破綻すれば、やはり治療が必要となります。

依存症に陥った場合、治癒することはありません。アルコールや薬物同様、ギャンブルにしても完全に治癒することはなく、常に手を出さないという状態を続けていく、またはいけるというのが、回復した状態といえるでしょう。

ギャンブル依存症は、自然治癒、治癒としていますが、自然回復できる病気です。現に、消費者金融で最大400万ほど借金した私がこうして回復し、もう10年もパチンコしていません。

最後にパチスロしたとき、千円をサンド入れて打ちはじめたら吐気がしたのを今でも覚えています。退職後直後だったので、これからへの不安が大きく、この千円、この時間にとてつもない恐怖を感じたように思います。

パチンコ業界がなくなればよいとは思っていません。知り合いも多いですし。ただ、少しでも依存症で苦しんでいる本人、家族が適切に治療され、社会復帰できるようになればよいと思います。

依存症も業界の膿のようなものですので、出しきればよいだけです。そのために業界がどうすればよいかをまだまだ考えていく必要があるのではないでしょうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。