パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

スペックよりストレスのない演出を望む!


ニトリの似鳥会長がテレビで成功の秘訣を語っていた。

その中で印象的だった言葉が、「人間が普段不満、不便に思っていることを解消することがヒット商品を生むことにつながる」と明言していた。

パチンコ業界は成功とは真逆のこと、客が不満に感じることをやり続け、遊技人口を減らし続けている。

ハンドルネーム「凡人」さんがパチンコの演出過多に物申す。

以下本文

演出が昔より面白いとは感じない。

今の演出群って昔とほとんど変わってないでしょ。もちろんドットとかじゃなく液晶のパチンコとの比較で。

映像技術や音声技術が格段に違うから真新しく感じるだけで面白さとは違うなぁ。むしろくどくなってややこしくしているだけなのでは。

パチンコ好きの先駆者が作った土台の演出を単純に掘り下げたり細かくしたりしているだけじゃないかな。

数字で例えるなら昔は1から2へ何も挟まずにスムーズに移行した。今は1から2へ移行するフローのあいだには1.2、1.4、1.6、1.8らがあって、それらの当否演出分岐点を成功させてやっと2へ到達する感じ。

打ち手の皆さんならわかると思うが、ほとんどがそれらどこかの分岐点で失敗する。なんせ演出発生頻度が高いから。

まぁ逆に言えば昔の通常時はかなり静かで、たまにくるからこそ高期待度演出にハラハラドキドキできた。半面、修行台と言われていたけど。

要するに「無駄」「不必要」な演出を搭載し、なんとか打ち手を騙して暇にさせないようにしている。

でもそれって既に行き過ぎていて、逆効果になっていると思うんだよね。

ハズレ確定する演出とかいる?

パチンコってゴールを決めるなら「大当たり」だと思っている。

そこに「演出」を搭載するなら期待度があってあたりまえ。ただ、最近の台は総演出数の9割以上は当たりにほぼ絡まない期待度皆無な演出になってないか? 間をつなぐためにくだらないハズレの確定する演出を当たるまで見せられるのが個人的にはもう飽き飽きしている。

もちろん個人差があることもわかる。今のパチンコ台の演出が至高、面白いと感じている人だっているはず。

そこでメーカーの個性が生きてくる、はずなのにいまの全メーカーに言えるのが「金太郎飴」なパチンコ台。

どのメーカーが作っても同じような台になる状態をなんとかしないと。一部の人間だけを相手にする内容だとジリ貧だと思うよ。

極論言えばさ、映像、音声、音響、ギミック等のスペシャリストが集まったって面白い機械なんて作れないんだよ。いくら最高の技術屋がいようがそこに「パチンコ」を知っている人、好きな人がいないとなんの意味も無い。そこが基本。

だから、「パチンコらしくないパチンコを」とかテーマにしているらしいけどそうじゃないだろって、まずパチンコらしい基本のパチンコ作れるレベルになってからやってくれよ、って思う。

「本当に面白いART機完成」とか「本当に」どころか単純に「面白い」の意味も分かってないのでは?

長文になって申し訳ない、文法も変なところがあるくらい下書きせず書き殴った。けどまぁほとんどの人が2.3行読んで次に行くだろうからいいか。前にも似たような内容書いたかもしれないし。

最後に、私はスペックよりストレスのない演出派です。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ATによる差玉を認めてもらいたいなら試験の緩和ではなく規則に盛り込む陳情


ハンドルネーム「ザン」さんが、ATの試験方法の緩和陳情に対して私見を述べる。

以下本文

そもそもAT(アシスト)は遊技機規則で定義されている種類の遊技ではない。
パチスロ(回胴式遊技機)の性能で定義される遊技とは以下の7種だ。

1再遊技(リプレイ)
2入賞(ベル、スイカ、チェリーなど)
3普通役物(シングルボーナス)
4第一種特別役物(8回ボーナスなど)
5第一種特別役物に係る役物連続作動装置(300枚未満)
6第二種特別役物(1個以上の目押しべタ押しゲーム)
7第二種特別役物に係る役物連続作動装置(153枚未満)

これらの当たりを抽選するのは7種類しかなく、この抽選確率は設定段階によってあらかじめ定めることで、出玉率に違いが発生する。
これが設定というものだ。

ただし、リプレイについてはすべての設定で1/7.3ゲーム以上の確率を保持しなければならない。

ARTは1の再遊技や2の入賞を容易にするために客に押し順を指示するだけの装置だ。
パチスロ遊技機の性能として規定されてないARTが出玉に影響するような設定に関係してはならないはずだ。

遊技の性能として規定されてないものが遊技機の出玉結果に影響を及ぼすことは「遊技の公正を害する調整を行うことができる性能」となる。

もし、どうしてもアシスト遊技で設定による出玉偏差を設けたいなら、遊技機規則に回胴式遊技機の新たな8番目の遊技として国家公安委員会に認めて頂くことしかない。

ARTはどうみても規則の定義にない遊技だ。
型式試験方法や自主規制といったレベルの話しではないといえよう。

遊技者が一定の技術介入ができることが大原則だ。

その技術介入とは
パチンコは発射玉を調整するストローク。
パチスロは回転体(リール)の目押し。
この技術で当たりを引くか否かというのが風営法第四条で規定する遊技機である。

縁日の射的で欲しい賞品に向けてコルク弾を発射し当たればそれを貰える。
パチンコ、パチスロの原型はまさにこれ。

これを営業方法や設置する遊技機について法整備をしたのが今日のパチンコである。
だから遊技ということに意識的に拘らなければパチンコは存在できない

一方、カジノはまさしくギャンブルそのものだ。
これはサイコロの丁半博打を西洋風にしたもの、賭博は賭博だ。

いずれにしても遊技機規則にないARTなるものの設定差や出玉性能緩和を求めてもダメであろう。

このARTこそが、そもそも万枚出したり十万円以上負けさせたりした、その射幸性の高さ
がパチスロ客を痛めつけ、業界を低迷させた張本人だ。

パチンコの確変もそうだが、ここまで規制されてお客さんにしてみれば詐欺的スペックになってもこだわり続ける意味がわからない。

すでにその確変やARTでお客を飛ばしているのに、執着する意図を知りたいものだ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



業界に希望が見えてくるパチンコ維新八策


ハンドルネーム「ひげ竜馬」さんがパチンコ維新八策なるものを提唱する。これを実行することで業界復活の希望も見えてくる。

以下本文

「業界が衰退して行っている理由は業界が等価交換営業に走り、高射幸性を求めて行った結果である」とありますが、私が思うには遊技人口が減っている最大の理由は経済的な理由を除けば単純に「面白い台が無くなった」と言う事。

嘗て遊技人口が多い時はハネモノや権利モノ、一発台に、現金セブン機、CRセブン機、アレパチ、アレンジボール等々、様々な台が有り、自分の財布の都合によってその日の遊技を楽しむことができました。

しかしながら現在のパチンコの設置状況はほとんどがセブン機となっていてパチンコ本来の玉の動きを楽しむことができません。結果、セブン機が好きなユーザーは残ったが、そうじゃないユーザーはパチンコを打つのをやめてしまいました。

今回の規制で「本来の娯楽に戻り状況が良くなるかも」などの声が有りますが、今のセブン機一辺倒の状況では射幸性が落ちて更にユーザーが離反していくと思います。今回の陳情はそれを危惧しての事だったのではと。

禁煙については「全日遊連に望むことは全国一斉に禁煙にして欲しい。一斉に始めるから意味がある」とありましたが正にその通りで、ここでのキーワードは「全国一斉」です。

全国一斉にやらないと県の境界線付近の多くの店舗は禁煙に反対するでしょう。車で少し移動すればタバコが吸える店に客が流出すると考えるのが普通です。

これは等価交換でも同じです。「全国一斉」なら反対する店舗は少なくなると思われます。

「新しい遊技客を増やさないことは全日遊連も危機感は募らせているが、誰も動かないし、どうしていいか分からない。業界にはリーダーがいない。自分たちで改革する意識がない」とありますが「どうしていいか分からない→誰も動けない、改革できない」が本質です。どうすればいいのかが分かれば改革はできます。その「どうすればいいのか」の答えのヒントがコメントの 「お花畑か」さんの「この業界に必要なのは超強制力。これしかない」 の言葉、この「強制力」が次のキーワードです。

組合で決めた脱等価交換や輪番休業、イベント禁止などを守らない店舗が有ります。なぜ守らないか?それは「強制力=ペナルティ」がないからです。即ち「やったもん勝ち」なんですよ。

でも昨年、「強制力」を見つけましたよね。そう「新台販売と中古書類発行の停止」で違反するホールに対する兵糧攻めです。

もうお分かりですね「全国一斉」と「新台販売と中古書類発行の停止」で組合は大きな改革を進めることができるはずです。

次に「どうしていいか分からない」の私なりの答えがこれです。


— パチンコ維新八策 —

1.遊技機の設置比率及び運用の制限


○ぱちんこ遊技機

セブン機はぱちんこ遊技機の60%以下とする
・遊パチはセブン機の50%以上
・大当たり確率1/300以下の機種はセブン機の25%以下

ぱちんこ遊技機の40%以上は
打止定量制(上限4000発)または一回交換とする

・普通機(ハネモノ・チューリップ等)は、ぱちんこ遊技機の15%以上
・権利物等は、ぱちんこ遊技機の5%~15%
・一発タイプ機は、ぱちんこ遊技機の5~15%


○回胴式遊技機(パチスロ)

AT・ART機は回胴式遊技機の60%以下とする

回胴式遊技機の20%以上は
打止定量制または一回交換とする
※定量制の上限はAT・ART機は3000枚
 ノーマルAタイプ・RT機は1500枚

○共通

同一機種の最大設置台数は全設置台数の5%以下とする


2.交換率の制限


所謂、業界等価交換は不可とし
パチンコは3円交換、パチスロは6.6枚交換を上限とする


3.出玉の共有及び貯玉再プレイの禁止


遊技の公平性(プロ軍団対策)とのめり込み防止として
出玉の共有及び貯玉再プレイを禁止する


4.店休日を毎月2回とする(のめり込み防止)


各店舗は期日までに店休希望日を組合に提出
組合は同一地域で店休日が重ならないよう調整する


5.風適法を遵守した営業


・定められた店内外の広告規制を遵守する
・出玉や設定等で著しく射幸心を煽る営業を禁止する
・有名人やライターの来店、取材イベントを禁止する


6.景品に関する規制を緩和してもらう

・一般景品の多様化と特殊景品との交換を抑えるため上限額を5万円に。
・P-POINTシステム
獲得した玉、メダルをポイントに変換(25玉→100P/1枚→20P)して
アマゾンや楽天等のサイトで物品を購入可能に。
・大手デパートや高級ブランド等と提携し福袋をホールで販売。
・大手デパートのお中元、お歳暮がホールで申し込める。


7.風俗営業者以外の者に対する罰則を風適法に加える


.著しく射幸心を煽る営業に加担した業者に対して
風適法違反の罰則を制定し処罰してもらう
※対象はコンサルタント、アドバイザー、広告代理店
ライター、パチンコ雑誌、スポーツ新聞、ネットサイト等


8.メーカの不正販売に対するペナルティー

公正取引委員会に告発されたメーカーは3年以上
組合から警告等を2回受けた場合は1年以上
保通協の審査受付を不可としてもらう


1~5に関しては健全化センターが調査を行い
違反している店舗に警告及び指導を行う。
一週間後に改善されていない場合は
各組合のサイトに違反店舗として掲載。
掲載された店舗は違反状態が改善されるまで
新台及び中古台での入替ができないように
台の販売及び書類の発行を停止してもらう。
又は警察当局に通報し指示処分を下してもらう。

これに今日のエントリーの「全店舗完全禁煙」を加えるます。

禁煙にした場合のメリットは

タバコの煙が嫌だった新規客の来店が望める。
求人募集に対する応募が増加する可能性がある。
店内の空調、空気清浄機、壁紙等のメンテナンスが軽減する。
スタッフによる吸い殻回収等の清掃作業が無くなる。
ファブリーズ等の消臭剤の必要性が無くなる(経費削減)
などが考えられます。

禁煙を決定した場合は

全国範囲でCMを数か月流す。
ホール、メーカーのCMでもアピールしてもらう
各店舗のチラシ広告、募集広告でアピールしてもらう
そして阿部理事長が都庁に赴き都知事に禁煙に協力しますと伝えれば、小池百合子都知事とのツーショットがニュースになるかもしれませんね。ぜひそうなって欲しいですね。

このままでは業界は沈む一方との思いから長々と書いてしまいました。まだまだ書きたいことはありますが、今日はこの辺で失礼いたします。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


面白い機械を開発するには自らがパチンコ・パチスロを好きなことが原点


ハンドルネーム「竜髭菜」さんがメーカーの開発姿勢に物申す。

以下本文

昔のエヴァを例にしますが、かなり打ち込み要素は多かった記憶があります。例えば注意してないと見逃す演出だったり、プレミア予告の多さだったり。シリーズで言えば5までですね。まぁこれも賛否あるとは思いますがね。

個人的には法則がしっかりしていた印象ですね。
例えば背景チェンジ(ステージチェンジ)も今のように意味なく頻繁に変わるのではなく「法則」があった。あと細かく言えばミッションモード終わりから20回転以内に再びミッションに突入すれば当確とか、タイトル予告、使途予告、次回予告から関連の無いリーチへ発展で法則崩れとなり当確など。もっともっとありますがキリが無いので。

こういう要素を増やすことは規則上無理ですか?

あとは予告演出の数を単純に少なくするべきですね。

最近の台で最低なのは、
・予告が多すぎて開発の人間にも制御しきれていないのかメイン演出やサブ液晶などの演出が相殺し合うバカげたやつ。(一方では強めの演出が出てるのに、サブではハズレ99%の演出が発生する系)

・演出の途中で他の演出にかき消される系。

・保留数が多いときは図柄回転時間も短くなりますがその制御が出鱈目でセリフ予告が発生してるのにそのセリフが回転終了と共にブツ切りになる。

・保留数が少ないときの時間稼ぎ系演出。

こういうの恥ずかしくないですか?既存の題材を使ってる意味を考えましょうよ。

長々書きましたがこういう「面白い打ち込み要素」を考えるのって今の開発陣には難しいと思います。それはやはり個人的に自分の金でホールで「一喜一憂」しないからですよ。エンドユーザーの思考や感情がわからないでしょ?

モノ作りメーカーでこういう状態でも「売れる」というのがそもそも異常ですよね。

そこを改善せずに夢中になる機械なんて120%無理だと思いますよ。因みに既存の有名コンテンツでさえ客離れしてる状況を考えるとここ数年の新台でビジネス上で言うところの「ヒット」機種は0と言っても過言ではないでしょう。

本当にまだ面白い機種を作りたいとお思いなら、発想やスパイス等の機種内容や演出内容を考えるところからスタートしてはダメです。そんなラインに立ててないことを理解しましょう。

まずは自らが「パチンコ・パチスロ」を好きになるところからでしょうね。

長文失礼しました。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





1パチは値下げではなく、今ホールに設置されている台は値上げ状態


1パチは業界の安売りという記事に対して、ハンドルネーム「凡人」さんが物申す。

以下本文

ホールの行動で「値下げ」の意味を持つものは釘調整による性能変化がそれにあたる。

同じ金額でどれだけの対価があるのか、というところであってレート変更は値下げには該当せず、ただ単に切り売りをしてるだけじゃないだろうか。ホール目線で言えば値下げに感じるだろうがそれは台値段が高いが故の錯覚。

1000円投資での期待値というのはいくつ回るのかによって変わってくるので「ベース殺し」をすると客への還元率が下がる(スーパーでいうところの値上げ、値に対しモノが減るということ)わけで「値上げ」になり、逆にベースを上げると「値下げ」になると思う。

よって、昨今のホールの台状態は常に値上げされている状態ということになる。

値上げして倒産した会社は無いというのも一般レベルでなら納得できるがこの業界には通用しない。いつも何かに例えるような記事が多いがこのことからも他業種とは一般的に比べることが難しいことがわかる。

実際に上記の通り「値上げ」してるのにメーカーは数社、ホールは多数倒産してるわけ。

これでも通用するのが生きていくうえで必要なモノだけ。生活に最低限必要なモノなら多少値上げされても買うしかない。が、パチンコはどうだろうか。生活に必要か?

答えは当たり前だが否。

必要じゃないのなら負担になれば辞めるだけ。その仕組みをわかっていれば値上げなんてしないはず。

ただこの業界は今までの馬鹿な行動のせいにより今後どんなに良い行動をとっても間違いなく一定レベルまで縮小するのが確実なので、値下げして延命するより値上げして、早く淘汰された方が双方にとってwinwinなのではなかろうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。