パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

短時間勝負で夢のある機械の開発を


ハンドルネーム「砂」さんは、1000円で手軽に短時間勝負のできる機械の登場を望む。安く、ダラダラ長時間遊ぶことは依存症予備軍を作ることにつながる。短時間勝負で夢のある機械が登場すればスリープユーザーも多少は戻ってくるかも。

以下本文

今のパチンコ台には夢がない。

公営ギャンブルにもカジノにも宝くじにも一攫千金という夢がある。CR機が登場した当時は確変二回セットがあって、一度確変に入れば計3回の大当りが最低限保証された。

確変二回セットが無くなっても、確変に入れば次の当りは保証されていたので、打っている人は上機嫌である。気分がいいから割高なコーヒーレディからのコーヒーも注文する。にこやかな光景は周りの人達にも少なからず影響を与えただろう。

先ずはSTを廃止してはどうだろう。ラウンド振り分けをやめて固定にしてはどうだろう。現行機種のスペック違いとして発売すれば間違いなく客の支持を集めるはず。ただ、ホールは絶対に買わないだろうから、メーカーも作る事はない、ちゃんちゃん。

メーカーがホールに台を売り込む時には恐らく「この台は沢山客を呼べますよ」ではなく「この台を設置すれば儲かりますよ」なんだと思う。

客は付くけど売上が落ちる台をホールは望んでいない。客が付いてお金をどんどん突っ込んでくれる台を望んでいる。

その流れでホールに応える台を作って破滅しかけているのがパチスロのジャグラー。ここ最近のシリーズは高設定でも嵌る。簡単に言えば嵌っても取り戻せるのか高設定、取り戻せないのが低設定。だからみんなじゃんじゃん金を使う。

おかげで波が緩やかで比較的設定に忠実なアイムジャグラーを全撤去する店まで現れた。

それでもジャグラーの良いところは1000円勝負が出来る事。1000円〜3000円を1万円、1万5千円にするのはそれほど難しくない、しかも短時間。

そんな台がパチンコであればいいなと思うと、結局は羽根モノ+定量制になっちゃうんですよね。

ただ、業界は遊技人口の拡大を諦めてますよね。客を増やして薄利多売にして業界を盛り上げるにはハードルが多過ぎる。

嵌るけど連チャンする(可能性がある)からパチンコでもパチスロでも客はサンドにお金を入れるんです。夢を求めてお金をを入れるんだから、当然夢のない台にも、夢を見られそうもない店には行きたくない。

まだまだ、メーカーにもホールにも客に夢を抱かせる工夫が足りない、と言うしかない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


出玉規制より、早急な吸い込み規制を


7月7日(金)は業界的には黙っていても、ファンは察している日だ。イベント告知ができない中で、各ホールはこの日は勝負を掛けてくるだろう、と嫌が上でも期待感は増す。

大阪のナンバ界隈を定点観測している板の13.5さんによると、7月7日は楽園なんば店、マルハンなんば本館、マルハンなんば新館、123難波店が8割以上、四海楼air、CLUB-Dが7割以上の稼働を誇り、エリア平均では6割近い稼働で週末と同等だった、という。

では、実際に7日に行った人はどうだったのか

ハンドルネーム「たけぼー」さんが当日と翌日の結果をレポートする。

以下本文

昨日から今日にかけて起きた事をありのままに書きます。

私が住んでいる地域は名古屋。マイホールは等価。ホール名は言わずと知れた業界最大の超有名ホール。

昨日、七夕イベントに前日から徹夜で並び、スロ打ち。3台はしごして、差玉は一日トータルして、+6100枚。で、等価。算数ですので昨日、私がいくら勝ったかお分かりかと思います。

で、今日は負けるために行きました。

何がしたかったかと言いますますと、今どきの20スロ、軍資金尽きるまでを試したかったのです。とはいえ、昨日の勝ち額は、おそらくは最近の勝ち額としては10年に一度レベルの額でしたので、勝ち額の半分を1台に次ぎこんでみました。

機種は昨日と同じ機種で番長3。

昨日と違うのは、昨日は3台ハシゴして+に持ち込んだが、今日は1台のみで勝負。

案の定、グラフはとことん右肩下がりで、
軍資金が尽きたのでヤメてきました。

グラフ上の差玉ですが、はい。マイナス4000枚を超えてました。私は昼前11時から打ち、夜6時に終了。私が打つ前には差玉はマイナス1000枚いくかいかないかでした。

これが現在の等価営業ホールの実態。

番長3、20台入ってますが、グラフは20台全てマイナス域。つまり下がりっぱなし。

出玉規制ではなく、早急なる吸い込み規制と確率分母の1/100までの上限規制をしないと破産者があとを断ちません。現在は完全に鉄火場状態。

何を根拠に『遊技機』と言っているのか?全く以て理解、納得できません。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


依存症対策でホールの個人管理は絶対反対!データが流出の懸念


ハンドルネーム「ボナンザ」さんが依存症対策で物申す。

以下本文

依存症は難しい問題ですね。
アルコール依存症問題もこれに類似します。

飲酒による暴力事件、飲酒運転等の犯罪の誘発や肝臓病、心筋梗塞、ガン、記憶障害、言語障害等の心身を蝕む病気の原因となります。

アル中の人を居酒屋で入店規制したり、酒店で不買規制するのは難しいです。未成年者ならアルコールの提供を拒否できますが。

他方、我が国の国是でもある行動の自由という基本的人権は、十分に保証されなければなりません。

パチンコの場合、18歳以上であれば身障者の方や外国人の方でも誰でも入場は可能です。
※体臭のひどいホームレスや泥酔した人は他のお客さんに迷惑をかけるおそれがあるので入場を拒否することはありますが。

また、最近の風潮として個人情報を管理して入場制限をするような動きも見られますが、これは個人のプライバシーを著しく犯す危険性が高い。

いつ、誰が、何処で、何をしたか、住所、氏名、年齢、職業、学歴、家族構成、年収、預貯金残額、病歴、犯罪歴等々を管理情報と称して、自分以外の第三者が知っているとするならば、それは気持ち悪くおどろしいことだ。

管理情報は必ず流出します。
銀行、ローン会社、クレジット会社、携帯電話会社、病院、警察、学校、カラオケやショップの会員カード、市町村役場 、都道府県等々どんな組織でも情報が流出してます。

その流出された個人情報からターゲットを絞り「振込詐欺」を行う詐欺グループが横行しているのも事実だ。

まして、風俗営業者たるパチンコ屋に個人情報を管理させるなど言語道断!
敵性国家の出先に個人情報を渡すことと同じことになる。

ギャンブル依存症対策が急務と政府は言うが、個人の経済状態や病理的依存症等の疾患、まして家族の届け出なども、情報として管理するのは完全に行き過ぎた人権侵害である。

個人情報保護法、通信傍受法、テロ等準備罪までは愛国者の私としては賛成ですが。

庶民の大衆娯楽パチンコまで依存症対策と称して個人情報を管理し、その情報に基づく入場規制とはさすがにいくらなんでも違うのではないでしょうか。

行き過ぎた射幸性の抑制は、今回、警察庁が行うとする遊技機の出玉規制で十分であろう。

射幸性が大幅にダウンすれば頭に血が上がるお客さんを少なくなります。

勝って10万円
負けて10万円

最大でも
勝って3万円
負けて3万円
の世界となるようてすから。

前出のアルコール依存症しかり、タバコの喫煙しかり、対象年齢をクリアすれば、その先は個人の自由の選択権が優先されなければなりません。

江戸時代から「酒、博打、女」は適度に接触する分には大いに人生を潤せますが、度が過ぎると身を滅ぼす典型にもなります。

だから、解決するのが難しい。

パチンコ業界は個人情報管理は進めるべきでない!

行き過ぎた射幸性を抑え、健全で適正なホール環境にし、18才以上なら誰でも自由に参加できる開かれたホールにしなければならない。

お客さんの個人情報の管理など以ての外で、おこがましいことだ。
お客の個人情報流出は絶対有ると考えなければならない。
それで派生する様々なトラブル。
そんな責任をホールが負う必要は全くないからだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



依存症対策に早急に入場規制を


パチンコ依存症経験者からの投稿である。職を何度も失い、パチンコを止めるために警察の世話になったこともあるが、それでも止めることはできなかった。心は歪み切り、自己責任の中で苦しんでいる。

打開策は入場規制しかない、と懇願する。

その辺の自己申告プログラムは進行中なので、後はホールが実効性のある運用をすることである。

以下本文

てかパチンコ屋ってどこのサイトやスレ見ても遠隔だ詐欺だ違法だとか批判的な意見ばかり書かれてるよね。
正直いって異常な状態だと思う。

パチンコの台の評価サイトも五段階評価中1.5が9割以上。
裏サイトでは誹謗中傷の嵐。

飲食業界、電機メーカー、あらゆる産業を見ても不祥事を起こさない限りバッシングされ続けることは起こりえない。

逆に言えばそんな逆風の中でも成り立っていたのは一重に依存性の高い’ギャンブル’であったということ。

多くの人が苦しむ前に業界がもっと自粛して、適度に遊べるようにしなかったのがそもそもの間違い。

私は完全に依存してしまい何度も職を失い、パチンコをやめるために警察に逮捕してもらったこともあります。
それでもやめられませんでした。

今は仕事ができるような状態ではなくなってしまい、業界がはやく規制を強化していくのを待ち続けているのが現状です。
入場規制をしてくれれば強制的に出入りができなくなるのを何度願ったことか。

多くの依存症になられた方が借金や鬱、犯罪などで人生を破滅に追いやられ最悪自殺まで追いやられたなかで自己責任と片付けられてきました。

私はパチンコ業界がすべての悪だとは思いません。
依存症の私たちも悪いのです。

私たちはその自己責任のなかで苦しみ続けているのです。

私は歪みきっています。
もしパチンコ業界の方が不幸にも死んでしまったり殺されてしまったりしたら。
私はその死を喜ぶことでしょう。
それくらいギャンブル依存症で歪んでしまったのです。

もしこの業界がまだ客を大事に思っているのであれば、
入場規制を早急に成立させてください。

どうかもう依存症からこれ以上奪わないでください。
私たちは数え切れないくらい苦しみ、そして死んでいます。

あなた方が取り扱っている商品はそれほど危険なものなのです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






高射幸性遊技機を排除する方法


「高射幸性問題はパチスロのARTとパチンコの確変にメスを入れないと、規則改正で出玉率を抑えても、それはお茶を濁しているだけで問題解決にはならない」と指摘するのは開発関係者だ。

10年前の4号機はボーナスのストック機能やATで暴れまくっていた。合法的賭博機と言える所以は、純増枚数が12枚に達していたことによるものだ。

5号機は4号機の反省からスタート時は純増1.2枚程度でスタートした。大幅なスペックダウンだが、1.2枚でもまだ増えるだけ、「マシ」と自らを慰めた。

5号機時代に入り、2年ほどは大人しくしていたが暫くすると純増1.5枚が登場した。ちょっと増やしたが全盛期の純増12枚から比べればまだまだ「カワイイもの」と自らを慰めた。

純増2枚が登場すると、2.2枚、2.5枚、はては3枚を超えるものまでが登場するようになる。

パチスロは1日最大8000ゲーム回すことができる。朝からかかりっぱなしだと仮定すれば、設計上は2万4000枚出すことができる。

そこで、1日2万枚以上出る可能性のある高射幸性パチスロは撤去しましょう、と決めたのが2年前だった。

それ以降は純増2枚までにした。

それでも8000ゲーム×2=1万6000枚で30万円以上は出る。

5号機は10年近くかけて、上乗せ、上乗せで万枚が出せる機械にした。

「パチスロメーカーは新しいアイデアを駆使して爆裂機を作って来た。それがパチスロ業界の歴史だ。パチスロのARTの1ゲームあたりの純増枚数が1枚や2枚と嘆いているが、そもそも役物じゃないんだから継続して増加することがおかしい。この役物でもないおかしいゲームを主体にして、何万枚出る爆裂台を黙認してきた警察庁にも問題がある。パチンコの確変も然り、だいたいARTも確変も遊技機規則に定義しているのか? 規則改正するなら、これら高射幸性の元凶にメスを入れなければ“お茶を濁す“だけのものとなる」(同)と憤る。

何事も元凶を断たねば健全化なんて程遠いということだ。

では、健全化のためにはどうするか?

■ART対策
「客の任意な回胴の停止順位を妨げるおそれのある表示及び音声等による装置は設けないもの」

■確変対策
「役物連続作動装置の作動する確率はあらかじめ定められた一とし、この確率は変動するものでないもの」

この一文を規則に盛り込めば爆裂機は排除できる。本当に適正化を進めるなら最低でもARTと確変は排除しなければならない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。