パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

どうなってる!? 風営法議連の提言の効果とは


ハンドルネーム「文明開化」さんの提言第二弾だ。

以下本文      

時代に適した風営法を求める国会議員連盟(風営法議連)は、本年4月25日に国家公安委員長宛に「遊技機基準等に関する提言書」を提出した。

遊技機規則を前提とした上で、要するに「保通協で行う現行の遊技機試験の合格率が上げること」などを要請した訳だ。

以来、5月、6月、7月と期待したのだが、7月の試験結果を見ても以下のように相変わらず低迷している。

■適合率
パチンコ 51.4% 適合37 不適合35
スロット 27.8% 適合20 不適合53

この結果を見る限り、ハッキリ言ってこの提言書なんぞ全く影響してないことが分かる。
特に適合率3割未満というパチスロは酷い。提言書なるものが事務方(警察庁及び保通協)に全く届いていようだ。

また、パチンコ族議員を自称し、先の参院選で自民比例区から立候補した尾立源幸氏も惨敗を帰しており、パチンコ業界にとっては踏んだり蹴ったりとなってしまった。

いったい風営法議連とは何者なのか?

(ウィキペディアより)
時代に適した風営法を求める議員連盟とは、パチンコ業界に関連した自由民主党の国会議員による議員連盟である。2014年2月14日に発足。通称・風営法改正議連。 講師としてパチンコ系の業界団体を招いて勉強会を開いている。

※発足日の会合では、余暇環境整備推進協議会理事の渡邊洋一郎弁護士により、「パチンコ/パチスロにおける換金の法制化」の見返りとしてプレーヤーが行う換金行為に対して1%の徴税を課す「換金税」の導入提案がなされた。

会長:(空席)副会長:望月義夫
幹事:田中和徳 
事務局長:平沢勝栄
事務局次長:葉梨康弘

衆議院  
野田毅、野田聖子、原田義昭、桜田義孝、松島みどり、菅原一秀、秋元司、山本有二、後藤田正純、上野賢一郎

参議院
伊達忠一

この議連は、換金合法化と引き換えに徴税することが目的とある。

そもそも5年前の議連設立時にパチンコ換金税の導入を検討したときに、議連から警察庁に対し“換金”に関し情報提供を求めた。

当局の回答は「パチンコ営業者が換金行為を行うということなど、当局として全く存じ上げません!」というような回答だった。

しかし、一昨年から昨年にかけこの換金問題が国会で頻繁に質疑された結果、当局は「パチンコ店でお客が取得した賞品が外部において売買されていることは承知しているところだが、外部でのことであり、直ちに風適法違反とは言えない、また、パチンコ営業者に換金行為等があれば風適法に基づき厳正に取締りする」という回答になった。

もったいない!

この流れを見ると業界にとって大きなチャンスを逃してしまったのではなのいかと気付かせてもらえる。

換金税1%とは、貸玉料20兆円の内17兆円が換金されたとすると1,700億円が新たな税収となる。

消費税、法人税の他に1,700億円もの「換金税」を国庫に納めるとなれば、今日のような衰退は無かったし、逆に徴税の観点から国はもう少し出玉のあるギャンブル性が高い遊技機も認めて貰えたのは間違いないであろう。

規制される事業である以上、国に“税”という形で他産業より貢献することが、事業しやすい状況を生み出すこととなる。

国とその産業とはWIN WINの関係ということだ。

CRで確変が認められたのも売上げの透明化(国税)、クギ曲げの禁止(警察)等々そこには大義があったからこそだった。

いま、ことあるごとにパチンコバッシングするアンチの人たちがいるが、新たな税金も含めちゃんと納税し、国や社会に一定の貢献度が認識されるようなことが目に見えるような形であれば、社会の見方も変わってくる。

その上で一発逆転できるような“夢”のある台があれば、人心を得ることもできる。

悪いとは言わないが、各県遊協が福祉施設に金品を寄付するだけではまだまだ、小さい、小さい!

今からでも遅くない。新税でも、あるいは犯罪抑止や社会福祉等の新たな基金でもいい、通常の納税とは別に毎年1000億単位を国や社会のために業界自らが貢献するというような大胆な施策を業界で打ち出すことである。 

これこそが“提言”である。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



依存症の問題は風営法をはみ出す企業側にあり


ハンドルネーム「凡人」さんが物申す。

以下本文

パチンコってもともとは恨み恨まれの世界じゃなかったんですよ。庶民の娯楽、なんて言われててね。国民が堂々と楽しむ遊技だった。その時代は少なくともパチンコで身を崩す人なんてほとんどいなかったはず。

それが運営企業側の暴走で法律をはみ出し、パチンコを賭博にしてしまった。

巨大化してしまったホール団体メーカー団体を簡単に解体など出来ないから、その悪しき習慣は今でも続いている。

釘調整だってそう。営業するには必要!なんて勘違いしている方もいるがそうじゃないんだよ。その考えがすでにズレている。最初にも言ったがパチンコは遊技だ。昔のようにその範囲内で細々と営業しているのなら釘調整なんて必要ない。

言ったように企業が儲けるために賭博にした結果、利益調整の手段で釘調整が必要になっただけ。本来の遊技の枠で営業していたのならそんなものは必要ないんです。

先日のパチスロの検定適合率もそう。メーカー企業のわがままでしかない。規則があるのにそこを超えようとする。それが無理だと思ったならその規則を変えようとする。ユーザーの為になんて言っているが100%儲けの為だ。

そういう事をメーカーやホールは正当化する。そして専業は何も知らずに擁護する。もっと勉強しましょうと言いたい。

長くなったが、何を言いたいのかと言うと、そんな業界の実態を知らない人が多すぎるってこと。

極端に言えば、運営企業側が客を違法行為でクスリ漬けにしているようなもの。それが法律の範囲内なら何も言えないが、そうじゃない。

そんな状態で「自己責任だ」「恨むのなら自分」「パチ依存者は障害持ち」「頭の狂ったキチガイ」等の意見がここではまかり通っているのが非常に不愉快だし疑問。

こんな暴力的な言葉が通るなら、この業界は無くなったほうがいいとさえ思ってしまう。

私はパチンコで苦しめられた人間ではないですが、知り合いにはいました。

そういう人間を食い物にし巨大化したこと自体が間違いでありおかしなことなのになぜそういう人間が叩かれるのか。

確かに依存症の人間にも落ち度はある。が、そもそもは健全な営業を続けるためにある規則、風営法をはみ出し続ける企業側にも問題があるということを理解するべき。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

パチンコ族議員に立花孝志参議院議員を


ハンドルネーム「文明開化」さんは、パチンコ族議員は、パチンコを知り尽くしたN国代表の立花孝志参議院議員のような人材が必要だという。

以下本文

今回の参院選挙で業界が全力で押し上げた尾立源幸氏が残念ながら落選した。

この選挙結果を受けて日工組、日電協、全日遊連等々の団体は今一度政治的戦略を真剣に見直す必要がある。

これら団体が警察の天下りの受け皿として一定の役割を果たしているが、これ以上業界が縮小するのを指をくわえて見ている訳にはいかない。

政治の世界は財界、建築業界、農協、医師会等々の利益を代表する自民や労組の代表たる立民、全教の共産がある。

また、警察官僚出身の平沢勝栄議員や政界を引退した亀井静香氏は、実はパチンコ業界代表ではなかった。 

警察官僚出身ということはあくまで警察側の人物であるということを忘れてはならない。この方々の過去の国会質疑などを見てもパチンコに対する魂や情熱が全く感じられない。業界から陳情を受けアリバイとして申し訳程度にパチンコ関連質疑をしているだけに見える。

こんな気の抜けた議員たちにいくら協力を求めても業界の未来などない!

分かりやすく言うとれいわ新撰組の山本太郎氏のような目的のために腹を括った魂を感じる政治家を国会に送り込むことだ。

全日遊連や日遊協の中から候補を擁立するぐらいの“覚悟”がなければならないのだ。

「先生お願いします!」だけでは無理だ。 第一票にならないということは議員にとって全く魅力がないのだ。

やはり、パチンコそのものやパチンコ業界に精通し、かつパチンコを揺るぎなく愛する人物でなければ絶対に未来は開けない。

そこで業界幹部の皆様はパチンコに全く興味ないような小手先の候補者を支援するのでなく、パチンコのために真剣に取り組んで頂ける人物を国会に送り込まなければならない。

議員自身がパチンコをこよなく愛し、パチンコの造詣も深く、パチンコを研究し、さらに7年以上も自身がパチプロとして生きてきた…そんな国会議員がこのほど誕生した。

「NHKをぶっ壊す!」ことを党是とする「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志参議院議員に、パチンコの将来のために国会で暴れまくって頂くぐらいのことを陳情しなければパチンコの未来など開けない。

先の大阪・堺市市長選では敗れたが公開討論会で堺の活性化のためにパチンコ振興をぶち上げた。

「堺はパチンコ屋が滅茶苦茶多い。NHKを辞めて7年間パチプロをやっていた。今はパチンコが衰退しているが、堺市だけパチスロ4号機を解禁すれば一気に全国から世界から人が来る。そういう大胆なことをしないと堺は活性化しない」

氏曰く、30年前打ち子軍団を全国で最初に立ち上げたのも自身であるかも知れないと言ってもおられる。

自身で各台の攻略法を研究し、打ち子に実戦させてそれを攻略法として完成させたと言うことだ。

ハッキリ言って国会でパチンコのことで本気で喧嘩できる政治家はこの先生を除いて他にいない。

政治戦略とはパチンコに無知の太鼓持ちに力を注いでも意味がない。

その道に精通するパイオニアでかつ腹を括って国会で暴れる議員でなければダメだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


出玉と確率をお客が選べる遊技機を


ハンドルネーム「高速で通りすがり」さんから、ワクワクパチンコ遊技の提案だ。

以下本文

今も昔もパチンコの売上は、貸玉500円で125玉を2~3分で遊技させて,次の500円の貸出を誘い、売上を積み重ねていくものです。

現在お客は、初期投資も追加投資も誘われなくなっただけです。この部分に変更を加えれば可能性が生まれるのでは?

封入式が前提になりますが、まず、ワクワクパチンコ遊技の提供をする。

① 台に着席して、初期投資500円125玉を貸出しで、有利区間の大当たりから遊技を開始する。

② スペックや状態は何でも。有利区間終了時に獲得出玉を仮出玉として登録する。

・この初期投資500円で、最低20分前後のパチンコ遊技を提供する。

・そのため初期投資の500円の返却、125玉の交換は出来ない。

・獲得出玉が1000玉以下ならば、最低1000玉を仮出玉として登録する。
・獲得出玉が4万玉以上ならば、最高4万玉を仮出玉として登録が可能。
・獲得出玉と比例して有利区間の消化時間も増える。

・1000玉以上ならば有利区間を抜けずとも有利区間を終了させて登録が可能。
・獲得出玉以下の任意の仮出玉を登録が可能。
・大量の仮出玉を登録したければ、初期投資500円から納得するまで遊技する。

仮出玉を登録したら、ドキドキパチンコ遊技が可能となる。

③ 仮出玉を元にして通常確率が決定される。
1000玉登録なら確率100・1。2000玉登録なら150・1。5000玉なら270・1。4万玉なら8192・1とか。
規則に沿って何とでも。

④ 初期投資500円の125玉をここから消費する。通常確率でシンプルなデジパチの遊技をする。
以後、追加投資の500円は2,3分消化時間の提供になる可能性が高い。

・いつでも仮登録した出玉以下になら変更が可能で、対応して確率変動する。

⑤ 当たりしたらレシートが発行される。登録仮出玉はリセットされる。
・レシートで景品交換可能となる。
・出玉放出の演出があっても良い。
・当たらず投了しても登録仮出玉はリセットされる。

・基本的に遊技台を別人に譲渡は不可能で、ハイエナも不可能。
・登録者が観戦してるならば、別人による遊技が可能でもいい。

・追加投資の500円125玉の余り玉は等価交換で返金可能。
・レシートはお店任意の交換率で換金可能。

初期費用500円で最低20分のパチンコ遊技時間の提供。
出玉を先決め。
獲得出玉の範囲で確率と仮出玉をお客側が設定をする。

遊技と賭博の部分を分離する提案です。

・初心者には、ワクワクパチンコ遊技として最低限の遊技時間を提供ができる。
・カジノは6000円+αの賭博であり、パチンコは1時間1500円以下の遊技となる。

・出玉と確率をお客が決定するので、スペック管理が1台で可能。

・ワクワク遊技の射幸心と依存と、ドキドキ遊技の射幸心と依存を区別して対応ができる。
・ハラハラ遊技やイライラ遊技が少なくなる。

・ワクワクパチンコ遊技で経営がなりたつようにする。

スマホプランの初期登録費用と使用量費用みたいな感じです。
売上や経営、お客のニーズは考慮せず、好き勝手書かせて頂きました。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

固定費が下がる事≒機械代が大幅に低下する事


「リストラされた人でも一息遊べる環境を」に対するハンドルネーム「tameiki」さんのアンサーコメントだ

以下本文

>市場からリストラされずに済むホールは7000店舗くらいあるはずです。

大手チェーン店の店舗数を差し引くと、実際に「ホール」として生き残れる店の数は更に漸減する筈です。

地域密着型の「街のパチンコ店」が完全消滅した時、果たしてパチンコは「業界」と呼べる形態を保っていられるでしょうか?

個人レベルの店が壊滅しつつある「書店」を見ていると、ごく直近のパチンコ業界を見ている感じがします。

本来は、「釘調整」の技術を駆使することで、他の業態よりも店ごとの個性を出し易い形態だったはずです。

・ボクシングタイプ
・羽根モノ
・電役モノ(平和の「チャンピオン」はボクシングものですが、こちらの遊戯性でしたね)

チューリップ台、現金セブン機とこれらの台が混在していた頃は極論すれば、4円でも「5千円以内で十分遊べた」時代でしたけど、逆に言えば「(その程度の売り上げで)諸経費・固定費がまかなえた時代」であったはずです。

とすれば、前提として絶対に必要なのは

『固定費が下がる事≒機械代が大幅に低下する事』

でしょう。

それも1~2万円下げました、というようなケチなものではなくて、

「半額以下にする。40万円なら20万円にする」

「ホールコンピュータのような情報システムであれば、思い切って仕様を公開する、またはあえて大手電機メーカーの傘下に入って参入を呼び込む」

位はやらないと根本的な改革にはなりますまい。

ここでいくら改革を唱えても、機械・設備・ホール経営サイドのそれぞれが、「ウチの利益はそのままにしてね」では、結局お客様からその分を回収するしかなくなり、ガチガチの回収で客を飛ばすしかなくなります。

自ら自身の利益を削って業界全体の為に機械と設備を作り、その上で
「釘調整は、この通り未来の業界と顧客の為に必要なのです」とお上に物申せる傑人がおられるでしょうか?

その動きが無ければ、元店長さんの提言は画に描いた餅ですよ。

それよりは「パチンコは(駄目になるまでは)儲かる商売だから、今のままで行こう」と考えるのが自然ではないですかね。

30~40代の管理職以上のレベルでしたら、相応の給料をもらう一方で、パチンコが駄目になる頃には業界を離れなければならないでしょうし。

小ホールが潰れた後に居抜きで結構大手ホールが開店しているのを見ると、そういう印象を受けます。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。