パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

幼児の車内置き去り熱中症事故はスルーすることなく注意喚起し続けるべき


先月5月11日、山口県防府市のパチンコ店駐車場で生後2カ月の赤ちゃんが熱中症で亡くなった。
母親は当初は自宅の駐車場で事故があった、と供述していたが、パチンコをやっていた5時間半も間、車内に置き去りにしていたことを認め、逮捕された。

この事件を受け、ハンドルネーム「羽根物大好き」さんが、物申す。

以下本文

先日、山口県のホールで乳児の車内放置死亡事故があったことを知りました。

ご遺族の方々はもちろん事故が起きてしまったお店の方々の失意は計り知れない ことと思います。
お子さんを持たれる店員さんもおられるでしょうし、ネットに書かれる言葉も辛 辣な言葉が並びます。

ここ数年車内の気温が高くなる4、5月あたりから駐車場を巡回される店員さ んや警備員さんの姿を見てそんな季節になったか、という意識はありました。

それ以降、車 から降りる際に無意識に隣の車の後部座席などに軽く目を向けるようにはしてましたが、普通の お客さんが他人の車を覗き込む行為自体不自然なことですので、私たちに出来る注意などは、そのくらいが限界と思ってました。

確かに多くのお店が駐車場内の巡回をされていることと思います。
ですが実際には駐車場内では一般企業の営業マンが食事休憩をしていたり、遊技中の友人を待っているのか、車内で待機されているお客様も多く、その方々の視線に耐えながら車1台1台を覗き込む作業を一定時間ごとにしなければならない、巡回される方の気苦労を考えると、この事故の持つ深刻さを感じずにはいられません。

親の責任やお店の巡回など語られる事柄は数多いと思いましたが、私が今回違和感を強く感じたのは『まとめサイトなどの発信力のあるHPにこの事故の内容が書かれる のがあまりにも少なすぎるように感じた』ことでした。

6月1日にYahooニュースに記事が上げられてまもなく全日遊連から各都府県 方面遊協に注意喚起の文書が出されたそうですが、P-WORLD・プレイグラフ・娯楽産業協会・遊技日本・グリーンべると(敬称略)など大手業界情報サイトがニュースとして取り上げられる一 方、個人もしくは事業運営されていると思われるHPにはニュースとして取り上げられることが (私がブックマークしている多くのHPでは)少ないことでした。

驚くべきは事故が発生したのが5月11日であったこともあります。記事には未然に防がれた事故の件数もあり、業界全体が継続的に事故防止に努めていたことが窺えます。ですが事故から全国に情報が流れたのが6月になってだとするならば遅いと感じるのは私だけでしょうか。
(山口県遊技業協同組合のHPには特に変化は見られません)

悲報・激震などと冠し業界で起こる情報は競い合うようにアップされる中、こういった痛ましい事故の記事が題目に上らないことに違和感を感じた次第です(家族の方の想い を重視された可能性はありますし、まとめサイト様からの情報自体には常日頃から本当に感謝しています)。

想像の範囲なのですが、事故を知ってもあえて記事としてまとめなかった管理者の方の考えに「こういった閉じ込め事故は過去にも何度もあった。乳児を車内においてパチン コをしない、というのは当たり前のことだ」という意識があるのだとしたら。 あるのだとしたらですよ。

その考えは間違っていると私は思います。

今はパチンコを止める人が多く感じられますが、そんな中でも毎年高校や大学を卒業しパチンコを始めて打つ人たちは間違いなくいます。会社の人に連れられて初めて触れる方もいます。
 
スーパーで買い物くらいの意識で子供や動物を車に置きパチンコ店に入ってしまう人はいつ発生しても不思議ではないのです。
時間を忘れてしまい、つい1万円を入れてしまい数時間たってしまう。パチンコ店は特殊なお店なのです。

注意喚起は可能な限り継続するべきです(同じように台を叩いたりくわえ煙草なども根強く止めてもらうように声を掛けつづけねばなりません)。

私たちが知っていて大多数の人達が正しいと思うことでも、それを知らない若者は現れるのです。

それなのに私たちは自分たちの知識を基準に「当たり前」「常識」と油断しがちなのではないでしょうか。

無論それを書く書かないはサイト主ブログ主様たちの自由ですので、この意見は私の「当たり前」「常識」が多分に含まれています。

私が今回パチンコ日報さんにこの文章を寄せたのは、このサイトが多くの方々に 一度は目を通してもらえる可能性が高いと考えたからです。
自分の言葉が正しい自信も正直ありません(情報を発信し続ける大変さはごくまれにコメントする程度の私たちにはわからないからです)。

ですがどんな形であれ、みなさんの頭の片隅に意識していただければと思います。

同じことを根気よく注意をするのは本当に大変なことです。それこそ「何度(毎年)同じことを言うんだ」と言われかねません。
ですがどうか発信力のある方は是非ご一考いただけたらと思います。

私が今回こう考えた背景にはマルハンさんが自身のHPのニュースの中で 2008年に発生したグループ店での(今回と同様の)事故の記事を残していることに驚いた記憶があったからです。
 
二度と自分たちのお店ではそんな事故は起こさない。そんな戒めにも思えました。

長文失礼しました。

すでに注意喚起されているブログ・サイト主様がご覧になり不愉快になられましたらお詫びいたします。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






元パチプロが語る現役時代のあれこれ


プロが辞めた理由を反面教師のエントリーはハンドルネーム「元パチプロ」さんのコメントに寄って構成されたものだが、アンサーコメントが届いた。

以下本文

【プロは出禁になるのでは?】というコメントが有りますが、
平打ちで勝っている人間は店にとって【雇っていないサクラ】と同じ。

釘が開いていれば玉を持ったまま延々と位置続けるので宣伝になりますから。
店が釘を開ければプロはそれを嗅ぎつけて延々と粘る。そして翌日はその台の釘を閉め別な台の釘を開ける。
店にとっても打ち手にとっても都合がよくWIN-WINの関係。

そこまで釘の開け閉めをすると言う事は他の台も当然調整しているので他のお客さんにもチャンスがある。

【プロが居ない店はダメな店】って言うのは万年釘で勝たせる気が無い証拠と言う事になります。

逆にオーバー入賞を狙ったり強引な出玉を引き出そうとすると店にとっては【害】となり嫌われます。
オーバー入賞を狙われる場合は釘を閉めるしかなくそれをやると一般のお客さんが打たなくなるので台の寿命を縮めます。

その店には二度と行かないと言うのならいいのですが、勝てるパチンコ屋なんてものはそうそうありませんから。
一度、店に目をつけられれば打つ台は片っ端から釘を閉められるようになります。

店も薄利多売なら打ち手も薄利多売でその店に長く通える方がトータル的に見れば安定するし移動の時間もかかりませんから。

【意識が甘い】と言うご指摘。確かにそうだとは思いますが、
私が最も恐れているのは行動範囲を広げた時に他のプロとかち合う事ですか。

個人で打ってる人とかち合う分にはさほど問題有りませんが、打ち子とかち合うとバックの怖い方々が出てくる可能性も有り・・・。
まだまだそういう人たちはいますからねぇ。これだけは絶対に避けたかったので。
ジグマのままこの世界から逃げ出しました。

自分の中で【パチンコは勝てる物】を実証する事から始まって打ち続けて勝ち逃げ確定させたので満足してしまった部分も有ります。
ちなみに・・・プロのゴト師に誘われた事も有ります。

【ボーダーに関して】本文でも書いていますが「負ける為の理屈」としては覆されたのは見た事はありません。
そもそも台のスペックを決めるには出玉率を算出する必要がありますが

それを打ち手が利用しているだけなので計算の仕方として疑いようが有りません。
波の荒さなんて関係ありません。ボーダーは無期限で延々と打つ事を前提としているのでそれに従うまでです。
台が撤去されても抽選方式が変わらないので同じ台を打ってるのと変わりません。
スペックが違っても割合で考えれば同じです。

1/400の台を400回回す、1/100を100回回す。どちらも大当たりする確率は63%。
物凄く大雑把に考えれば1/100台の規模を4倍したものが1/400の台。そういった考え方です。

デジタル抽選だからこそボーダー理論が通じるんです。全て計算で割り出せますから。

そういう意味では羽根物は苦戦しましたね。アナログな部分が多すぎて。
鳴かない、寄らない、拾わない、役物の癖、どれかを立てればそれかが倒れる・・・。

【無駄な時間かどうか】は勝てるようになると負けてる時は無駄な時を過ごしたとなりますが、
勝てるようになる切っ掛けは負けた事。むずかしいですね。

私生活では・・・全ての時間が自分の物。パチを休んで遊びに行ってもいいし。
やりたい事をやりたい時に出来たり、たぶん他の人が思っている以上に充実した生活だったと思います。

そして、【全てが自己責任】って言うのは貴重な体験だと思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




プロが辞めた理由を反面教師に


ハンドルネーム「元パチプロ」さんが、パチプロの道を歩むようになった実体験である。足を洗った理由は期待値を期待できない等価営業にあった。やはりプロも引退する現状の営業は、業界人も打たないことにも共通する。改めて、等価、高価営業が業界を破壊の道に突き進ませたことが分かる。プロが辞めた理由を業界は反面教師としなければならない。

以下本文

自分もサラ金で総額200万の借金1年で作りました。実際にパチンコで負けた金額はもっと少ないとは思います。
借金してパチンコを打って、勝ったら「次に勝ったら時に返せばいいや」と別な物に使ってしまい手元には僅かなお金が残るだけ。そしてまた借金。

今では考えられないような無駄打ちを繰り返してみたり、妙なオカルトに取りつかれてみたり。

ある時、ふと思ったのが、「パチンコの制御はどうなっているんだろう?」と。元々趣味でゲームを作ったりしていたので資料が有れば理解できるはず。といろいろなパチンコ雑誌を読み漁りました。当時はまだROMの解析とかも有った時代だったので、その仕組みが事細かに書いてあって。

更に目についたのがボーダーライン理論。パチンコの仕組みをプログラムから割り出した上で計算したものなら疑いようがない。もし疑うのなら、自分のプログラムの知識と技術そのものが自己否定するようなもの。それだけは認めるわけにはいかない。

さらにこのボーダー理論は負ける金が有るのなら試せるお手軽なもの。とここまでは良かったけど、「ボーダーを超える台」がまず存在しない事。逆に考えれば「だから負ける」。負ける為の理由として成り立つ。

回す為には何が必要か。回る台を探せる事。釘読み。本屋、古本屋を巡って釘の解説した本を見つけて必死に勉強。台を買って自分で叩いてみたり。ある日突然、「あれ?釘の傾きが分かるようになった?」って感じた。

実際、パチンコ屋で見て回ると釘が違う台が何台かあったり。
でも釘を覗きこんでると「釘なんて見たって無駄だよ」なんて何度言われた事か。負けてる人の話を聞いても負けるだけだから気にしない。もしかして甘い?って思った台を打ってみたらボーダー超える!

雑誌を漁っている時に攻略本の出版社が出してる当時のパチプロが出演しているビデオを発見してためしに見てみた。全員が揃って「収支計算表は付けろ」と言っていた。感覚ではなく目に見える形できっちり数字で残せって。「パチンコ軍資金」と「生活」の財布は分けろとも言っていた。真似できる部分は全て真似する。真似するのはタダだから。

そうやって打ってみたら最初の一ヶ月でまさかの+11万。あれ?勝てる?次の月は-7万。やっぱり駄目?更に翌月+15万。

初年度で+110万。台の期待収支なんかも計算できるようになっていて予定では90万ぐらいだった。誤差は有る物のほぼ数字通り?てことは「遠隔」なんてやってる店は少ないんじゃ?少なくとも自分が引っ掛かってるなら勝てるわけがない。って事も思い始めて。

出来る限り低予算で打てる台(当時現金機って言われてた1/250程度で確変が無く時短のみの物)に絞って打っていたけど、ここまでくれば縛る必要もないと判断して1/300位のCR機にも手を広げて結局200万の借金は1年半で返し終えた。

その後は専業プロだったり、兼業プロだったり。

2011年辺りから急に等価の店ばかりになってしまって、期待収支の時点でもう生活できるような金額にはなりそうもないと判断してパチンコからは完全に引退。

勝てることが分かってるから当っても外れてもどうでもよかったり、演出も無駄な割に途中でハズレが分かったりで打つ気力もなくなり、それ以降は全く打ってない。

でも、もしかしたら、また稼げるような時代が来るかも?と期待しつつパチンコ関連のニュースには目を通してる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


200万円の借金完済からパチンコ依存症を克服


ハンドルネーム「元業界人」さんは、自らがパチンコ依存症だった。学生時代にパチンコに嵌り、大学中退後に、パチンコ関連会社に入社。現実逃避のためにパチンコに逃げ、借金は200万円に膨れ上がる…。そこから、依存症を克服した体験記である。

以下本文

過去にパチンコ依存症だった一人です。

パチンコを始めたのは友人と一緒に行ったのがきっかけ。三共のパワフルで2連。友人も勝ったのが始まりでした。それ以前にも羽根物とかはやってましたけど、はまるほどではなかったです。

そこから綱取、春夏秋冬のモーニング狙い、スロットのモーニング狙いで並んだり。最初は当りを得たいという気持ちから始まり、そのうちパチンコ屋が現実を忘れる手段になっていきました。

当時そこそこ名のある大学に進学していましたが、そこでの勉強に魅力が感じられず、また、学校生活もつまらなくなってきていたところでした。

授業をサボる時間が徐々に増え、その時間をパチンコで埋める毎日。さらにパチンコに行くことで現実を忘れ、さらに授業を欠席する負のスパイラル。サークルを止めたのがとどめ。ほとんど学校へ行かなくなり、パチンコの毎日。仕送りをパチンコで使い果たし、金を親にせびって、また使いきる。

さらには学生ローンにまで手を出す始末。

この頃にはもう学校には全く行ってなかったです。最終的には出席日数が足りず、単位不足で留年。再出発を誓うも、またパチンコにはまるの繰り返し。

結局2年留年し中退。

それだけには留まらず、中退後、就職した某パチンコ関連会社に在籍中、消費者金融で借金。給料はかなり良かったのに、それを毎月ほとんどパチンコ、パチスロで使いきってました。

それでも足りず借金ですから、かなり負けてましたね。これも時間とお金の使い方がわからないからかもしれません。

彼女もいましたし、仕事もそれなりにやってましたけど、一旦覚えた現実逃避の手段を心身ともに忘れることができなかったんでしょうね。

結局借金は200万を超えてました。

が、その後、どういうわけか借金を少しずつ返済し、完済してからはほとんどパチンコをやらなくなりました。

パチンコの時間が減り始めたきっかけは仕事。忙しくて、時間がなくなってきたんです。物理的に無理な環境に置かれて、かつ、借金が減り始めたことで、徐々にパチンコへの関心も減り始めたんです。

一度借金を完済すると、もう深みにはまることはなくりました。

さらに、パチンコ関連会社から全く別の業界へ転職。それによりパチンコからも足を洗えました。完全に依存症を克服できました。

もう8年近くパチンコをやっていません。やりたいと全く思わないです。あれだけはまっていたのに不思議です。学生時代にパチンコにはまった呪縛から、パチンコ業界を離れることで克服できました。パチンコを止めて、今は本当に幸せです。

私個人のパチンコ依存症とは、借金、嘘をつく、家族を含め他人に迷惑をかける、大事な用事をすっぽかす、ことですかね。

借金は親に尻拭いさせましたし、さんざん嘘をつきました。大学へも行かず中退。付き合っていた彼女にもかなり迷惑をかけました。

パチンコで人生が狂ったわけではないです。パチンコに依存してしまった自分が悪いだけです。

ただ、私のように借金してまで、自分の大切な時間を犠牲にしてまでパチンコに依存して、現実逃避するような人が増えないことを願います。

パチンコ絡みで親殺しなんて事件もありました。パチンコ屋の駐車場で、熱中症で亡くなるこどももいたりします。パチンコに行きたくてこどもを虐待する親なんてのもいます。

パチンコ依存症の方が少しでも減ることを願っています。

心の問題とパチンコ依存症は親和性があるのかなと思います。ギャンブル依存症とは違うような気がします。個人的なお話しでした。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


出玉が優先ではないという真意


ハンドルネーム「ST」さんのエントリー「客を増やすには出玉よりイメージ戦略」は、出玉を否定しているかのように受け取ったことからか、コメントが盛り上がった。言い足らなかったこともあったので、再びSTさんからのコメントが寄せられた。

以下本文

コメントの内容からして、書いている方はユーザーの方が多いのかもしれませんね。

多くの方が勘違いしているのは「出玉が出ていない店の店長はボッタクろうとしてる」と思っている事です。

私が今まで話してきた数々の店長達の話を客観的に分析すると、出そうとしてないのではなく、出せないのです。冷徹に抜きにかかる店長もいますがそれは割合としては少なく、大半は出したくても出せない派の人達です。パチンコ店の店長はどうしたら稼働が伸びるのかもっと真剣に悩んでいます。

出玉を出して増やそうと挑戦した経験なんて、どの店長も何十回もあるはずです。それでも上手く行かなかったのだと思います。パチンコ店の店長なんて風俗店の店長だからバカばっかりと思っているかもしれませんが、終身雇用なんてほぼ考えられないこの業界で、大半が辞めて行くこのP業界で、店長まで登りつめた人はそれなりに我慢強かったり、頭が良かったりする人です。それでもやっぱり出玉を出して稼働が上げられなかったんですよ。

だから出玉を出してお客を増やそうとしても、それは無理だと言っているのです。

極論的に書いていますから誤解を招く部分もあるのでしょうが、面倒臭がらずにしっかりと書けば、「出玉だけに頼ってはいけない。鶏が先か卵が先かと聞かれれば、それは出玉ではないと言える。笑顔の挨拶、清掃、様々なサービス、社内体制の改革等、殆どお金を掛けないでやれる事は無限にあり、それをまとめてイメージアップと呼んでいる。そしてそれにより、少しでもお客様を増やす事ができれば、今までより出玉を出す事が出来る」

こんな感じでしょうか。

おいちょっと待て!結局出玉じゃないか!

と言いたいのでしょうが、それって当たり前ですよね。ディズニーランドが感動すると言っても、パスポートが1万円を超えたらやっぱり入場者数は確実に減りますから、価格設定=出玉の出し方は重要な要素です。

しかし、私がコメントしたのは「客が望む最優先順位は勝てる環境」に対してです。

最優先順位が出玉だと思っている人だけではないという事です。1パチや5スロのお客様を見て、金が無い人ばかりだろうと思ったら大間違いです。そうではない人も多数おられます。

私は色々なお客様と話しているから知っています。退職金が丸々手元にあるから、年金の範囲内で退職金に手を付けずに打ちたいと1円パチンコしか打たないお客様。

若い独身の方で、「長く打てば負けるんだから、5スロしか打ちません」と私に話してくれ、よく聞いてみるとそれなりの給料がある大きな会社に勤めていて、パチンコをするお金はもっとあるけど結婚資金も貯めたいために、ほどほどの負け額で済む様に5スロにしてるというお客様。

実はこういうお客様もたくさんいるのです。

「設定なんか最初から期待していない。どうせほとんどが設定1だと思って打っているけど、この店のやり方が好きだから通っている」という人までいます。

パチンコ業界は出玉を煽ったから衰退している訳で、店の煽りに煽られてしまう人を相手に商売していたのでは益々衰退していきます。
ボーダー越えや高設定絶対主義のギャンブル依存症予備軍の人を本格的に依存症にしてどうするのでしょうか?

借金してまでパチンコを打つ人は自然淘汰されてパチンコを引退していきました。現在生き残っている人たちは楽しく遊んでいるのです。パチンコなんて負ける物、パチンコは遊びなんだと悟って遊んでいる人たちです。

しかし攻略法や小ネタを駆使して何とか生き残ってきた人たちは今苦しんでいます。もうこの辺が限界なんでしょうね。パチンコ店が限界まで来ていますから。もう設定を入れられない状態なのです。

設定を入れろだの釘を開けろだの考えずに、「パチンコ・パチスロが好きだから、長く遊べるように低貸しを打とう」又は「4パチの甘デジ、20スロの波の穏やかな新基準機を打とう」と考え方を改めるべきです。

台パンする様なお客様は徹底的に排除し、「今日は負けちゃったよ(笑)」と笑顔で帰って行く優良なお客様に囲まれて営業する事の喜びをパチンコ店店員は知り始めています。

お客様のイメージアップに繋がる様々な企画やサービスを次々と展開し、やっとの思いで増えた数人のお客様の利益を今まで来てくれていたお客様に還元する。そうすればこの時代でもパチンコ店は行き残って行けます。

出玉を出す事なんて簡単です。設定キーを入れてカチャカチャやれば高設定の出来上がりです。そんなの努力とは言いません。

私が言っているイメージアップと言うのは広告宣伝でのイメージアップを言ってるのではなく、広告なんて一切使わずにイメージアップをするのです。これは並大抵の努力ではありません。釘や設定は後からです。

まとめると、「出玉が先ではない。先に無料で出来る事をしっかりとやっていれば、いつかお客様の中に理解してくれる人が現れる。そして数人増えたら、その分今までより少し出せるお店になっている」と言いたかったのです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。