パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ランチ、カフェ、ディナーの“三毛作”の集客が見込める


イタリアンキッチンVANSANを紹介するYouTubeである。

これは北陸のホール企業オークラが新規事業として2018年7月から営業を開始したものだ。現在、大阪府高槻市と大阪府茨木市、大阪市鶴見区で3店舗を運営している。フランチャイジーからスタートしたが現在は関西エリア本部のフランチャイザーとして、5年で20店舗の出店を目指している。



VANSANを運営するダイニングイノベーションの代表取締役会長の西山知義氏は「牛角」の創業者であり、レイズインターナショナルの社長時代は「土間土間」、「しゃぶしゃぶ温野菜」などの外食ブランドを7年間で1000店舗に導いたカリスマ経営者である。

2012年にダイニングイノベーションを第2創業し、「やきとりすみれ家」、1人焼肉の「焼肉ライク」「イタリアンキッチンVANSAN」などをフランチャイズ展開している。

オークラが飲食店での新規事業を展開するに際し、最初はジンギスカンのチェーン店やいきなりステーキ、串カツ田中のフランチャイズも検討していた。いきなりステーキは金沢で場所を確保して契約寸前のところまで進んでいた。この時期、本部の経営危機が表面化していた。本部から物件を視察に来ることもなく、話は頓挫した。

そんな時に巡り合ったのがVANSANだった。

ダイニングイノベーションの業態に興味を持ち、フランチャイズの説明を聞いた。まだやるとも決めていないときに、先方から「金沢の『小松弥助』の予約は取れませんか」という連絡が入る。金沢を本拠地としている食通の大倉敬相専務なら予約が取れるのではないか、という読みだった。

「小松弥助」は伝説の寿司職人森田一夫さん(88)が板場に立ち、名人の技を振るう超人気店。3カ月先まで予約が取れず、紹介制となっている。

予約が取れたことを伝えると「ではご一緒にいかがですか?」と誘いが入り、店で西山会長と初めて名刺交換する。この時、東京から西山会長と一緒に来ていたのがダイヤモンドダイニングの松村厚久社長だった。

飲食業界のカリスマ経営者2人に出会ったことで人生の歯車が大きく動き出す。

「西山会長とお会いした時、土地勘のある北陸でやりたいと言ったところ、人生を賭けてやるなら関西でやりなさい。関西にはまだ1店舗も出店していないのでFC本部として任せることもできる、と言われたことから1号店は大阪の高槻に出店しました」(大倉専務)

飲食店の会社としてPARK DININGを設立。大倉専務自らが社長となる。1号店となった高槻店は37坪で64席。ワインボトルを使ったシャンデリア照明がお洒落で、入口で赤いタイル張りの石窯がお客さんを迎え入れる。外には開放感のあるテラス席もある。



料理はモチモチ感のある熟成生パスタや1枚1枚丁寧に焼き上げる石窯ピザをリーズナブルな価格で提供する。看板商品のシラス乗せ放題パスタ、生ハム盛り放題パスタ、チーズかけ放題パスタはインスタ映えするのでSNSで拡散されるだけでなく、テレビや雑誌でも取り上げられるほど。口コミによって店のPRがコストを掛けずに行える。

話題になるメニュー開発も2カ月に1回の頻度で行われる。最近始めたのは10分100円飲み放題。例えば、ビールを10分間に3杯飲んでも4杯飲んでも100円だ。

客のターゲット層は20~30代の子育てママ。

「子供連れではお洒落なお店で食事を楽しめない」という要望に応えたのがVANSANだった。子育て世代ママのウォンツを見事に掴み、ママ会や家族連れの利用客は全体の50%以上を占めている。じっとしていられなくなった子供たちのためにキッズスペースも設けられている。

VANSANがFC展開しやすいのは、本格イタリアンながらプロの料理人を必要としないこと。開店前の2週間研修、開店後の2週間の立ち合いがあるが、スマホにマニュアルが動画で配信される。作り方がちゃんと理解できるので、プロの味をアルバイトでも作ることができる。クオリティーの高いものを低価格で提供できる秘訣がここにあった。

ダイニングイノベーションの西山会長は、牛角を創業した時から、お客からのクレームを300円で買い取っていた。クレームを拾い上げてスピーディーにサービスを改善することで急成長した。その手法はスマホアンケートで踏襲されている。アンケートに答えるとプレミアムアイス券が貰えるのだが、項目は味やスピードなど。その日の夜には本部で集計され、ネガティブコメントは、いい店に改善するための貴重な意見と捉えている。即座に対応することでリピーターも増える。

40坪前後のスペースに66席で5000~6000万円の投資になる。これを2.5年で回収するのがVANSANのビジネスモデルだ。

目標とする月商は1000万円。原価率30%、人件費30%、ロイヤリティー5%、その他を引いて15%の150万円が残る。

VANSANは住宅街立地で、ランチ、カフェ、ディナーの“三毛作”の集客が見込めることが成長の秘訣でもある。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



あったら便利な喫煙ブース利用者表示器


屋内の喫煙所は狭い密封空間になりやすいことから、コロナ感染対策から行政は喫煙所を利用するにあたり、次のような注意喚起を促していた。

喫煙室を利用する場合の注意

・混雑時の利用を避ける。
・利用する場合は人との距離をとり,間近で会話をしない。
・お互いの距離が十分に取れない状況で一定の時間いる状態にしない。

これを受けて駅などの公共施設では喫煙所そのものを閉鎖するケースが少なくなかった。君子危うきに近寄らず。リスクがあるなら責任問題にもなるので閉鎖してしまえ!



いつかは喫煙所から感染が発生すると思われていたが、現実問題となった。

8月7日、東京都は新型コロナウイルスの感染状況の中で、初めて職場の喫煙室で同僚からコロナの感染があったことを発表した。都の担当者は「喫煙所のような狭い場所で密になって会話していたら感染リスクはある」と警告する。

喫煙所からの感染事例があったことを受け、ホール関係者の中には自店の喫煙所を閉鎖するかどうか悩ましい判断を迫られている。

駅のような公共施設はスパッと閉鎖できるが、パチンコホールはサービス産業で、なおかつ遊技者の喫煙率が60%以上と極めて高い業種にあって、おいそれと閉鎖はできない。

行政は混雑時の利用を避けると簡単に言うが、遊技中に吸いたくなったら吸うのが喫煙者のリズムで、遊技台から離れた場所にある喫煙ブースが混んでいるのかどうかは知る由もない。

ホール用の喫煙ブースは広いもので4~5人用だ。

行って満室だったらイライラしながら外で待つことになる。負けていたらイライラモードはさらにピークに達する。何度もそんなことが起きればストレスとなる。

そうならないために、新幹線のトイレ表示の様なものがホール内にあったら喫煙客の利便性は格段に上がる、というものだ。



この対策を終えているのがテクノシードだ。

人数カウント機能を持ったカメラ(既製品)を採用。店舗内wi-fiで制御し、PC側にデータを送信・処理し、当該デバイスに人数を表示する。

喫煙ブース内に設置のカメラは無線式を採用。取り付け時に余計な配線工事などの必要がない。

また、表示する情報はすべて施設内のネットワーク内で簡潔するため、新規でwebサーバなどの月額費用がかかる設備の契約の必要はない。

導入機器はカメラ(人数カウント機能付き)、wi-fiルータ、表示処理用PCの3種のみ。ディスプレイはプレイ中でも見れる島端の高い場所に設置するほか、ホールで使っているデジタルサイネージやデータ表示器とも連動できる。



遊技客は利用待ちの状況をブース前までわざわざ行かなくても状況を確認を確認できるのでストレスの緩和、顧客満足度の向上が見込まれる。

追記

3人入れる喫煙ブースが満員で、タバコを吸うのを待ちきれなかった客の一人が、ブースの外で吸っているところを写メに撮られて、所轄に通報されたケースもある。

当然、そのホールには所轄からの口頭注意が入ったことは言うまでもない。ブースの外での喫煙を黙認していたら客の通報で所轄から指導が入ることを忘れずに。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

バーチャルスタッフが景品交換接客をこなす


一般的な景品交換所といえば写真のように手元に景品とのやり取りをする小窓があり、中の様子は伺い知れない。



その一方で東京の景品交換所は写真のようにTUCは全面ガラス張りで中が見えるようになっている。路地裏の日陰者的存在だった景品交換所の健全性をアピールする狙いもある。



地方でもガラス張りの交換所もあるが、中の人は地元の人が勤務しているケースも少なくなく、ガラス張りに対しては「顔を指差しされる」とわざわざブラインドを下ろしているところもある。

そこで登場したのがレッド・エンタテインメントが開発した代理接客装置。ガラス張りであろうが、小窓であろうが、既存の交換所に設置ができる。これからの景品交換所の新しいスタイルである。

縦型の40インチモニターにバーチャルスタッフが映し出され、交換業務の接客をこなす。

百聞は一見に如かず。まずはYouTubeで実際の景品交換の様子をみてもらうのが手っ取り早い。



中の人は、手元のテンキーを押すだけ。来店時には「来店」ボタンを押すと「いらっしゃいませ」。次に「買取」ボタンを押すと「少々お待ちください」。支払いの時は「支払」ボタンを押すと「お待たせしました」。退店の時は「退店」ボタンを押すと「ありがとうございました」と音声が流れる仕組みになっている。

さらに景品交換所が一番緊迫する強盗に対しては「SOS」ボタンを押すと緊急映像と共に、けたたましく警報音が鳴る。

これが交換業務の流れだが、このシステムのさらなる特徴は、ワンランク上のセキュリティー対策が施されていること。外には防犯カメラがついているのだが、このカメラで撮影したお客の顔が、40インチモニターの右下に映し出されること。つまり、カメラで撮られていることを認識するので犯罪の抑止につながることだ。なお、左下には中のスタッフの手元が映し出される。



交換所の犯罪は強盗だけではない。お客の中には負けた腹いせか、景品を投げつけたり、ドアを蹴ったりする不届き者もいる。そうした軽犯罪の抑止効果もある。

東京・中野ではモニターに映し出されるアバター店員と話せる立ち飲みバーが話題になっているように、この景品交換所の代理接客も明るい話題になりそうだ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

遊技機の音がしないホールが現実になる!


日報ではホールの騒音問題については耳にタコができるぐらい取り上げてきた。直近では6月7日付エントリーの「打つ気を削ぐ音量の改善を望む」がそれ。

打ち手が次のように切実に訴える。

「音量1(最低音量)で爆音のメーカーさんがあるんですよ。音量くらいどんな人の要望でも応えられる機能を搭載して頂きたい。最低音量なんて無音でもいいくらいですよ。無音で打ちたいと思う人だっているはずです。音量1がほぼ聞こえず2から爆音というメーカーさんもあります。ホントお願いしますよ」

これはメーカーの「自社機を他社よりも目立たせたい」という深層心理が働いているため。メーカーにとっての顧客はホールなので、ユーザーの意見よりも購買するホールにインパクトを与えるものに走りがちになる。ユーザーの意見を聞き入れる気はサラサラないことが分かる。

長年の懸案であるホールの騒音問題に一石を投じるシステムが考案された。KMSの「サイレント・ボックス」がそれ。平成30年4月27日に特許取得。令和元年7月17日には実用新案登録が下りている。

開発の経緯を発明者の峰晴正行氏は次のように話す。

「クールジャパンで日本のアニメコンテンツは海外でも高い人気があります。そのコンテンツを使ったスロットやパチンコがあるにも関わらず、インバウンド客をホールに集客することができないのが現状です。リサーチした結果、興味があるのにホールに来てもらえない理由は遊技機から出るホール内の騒音です。次にタバコの煙でしたが、こちらは解消されました。それなら、ホールから出る遊技機の音響を消せば、問題が解消されるという発想です」

騒音はインバウンド客の取りこぼしだけでなく、日本人の初心者だって嫌がっていることは日報でも何度も指摘している。5分と耐えられない人も少なくない。

しかし、業界はパチンコが好きになれば、騒音もそのうち気にならないぐらいにしか受け止めていない。つまり、騒音は慣れの問題、という意識がある。

現在、風営法上、遊技機から直接イヤホン端子を付けることはできない。そこでKMSが開発したのは遊技機の音声出力を「サイレント・ボックス」に接続することで解決させる。この状態では遊技機の音響は無音状態になる。遊技客は「サイレント・ボックス」にイヤホンを接続して遊技機音を楽しむ。イヤホンはホールが用意するもよし、ユーザーの私物のヘッドホンやBluetoothイヤホンにも対応できる。その方が臨場感も増すし、音量も周りの音を拾わないので、自分の好みの調整がより効果的にできる。




「緊急災害時にはその情報を割り込ませることもできるので、ホール全体を清音化させるだけでなく、安全性の確保にも寄与できます」(峰晴氏)

インバウンド客用に遊技機説明を英語や中国で解説することも技術的には可能だ。コロナ終息後には騒音問題に本腰を入れて取り組む一石にもなりそうだ。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。