パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

カジノ関係者も注目するちょいパチ


毎度おなじみの裏ちょいパチネタだ。都内の某所にあるこの秘密基地へちょいパチの噂を聞きつけて視察に来たのがラスベガスのカジノ関係者(日本人)だった。

常連客に連れられてやってきた。本人は一切打つことなく、ちょいパチコーナーを凝視していた。そして、身分を明かし店長に色々聞いて帰ったが、ちょいパチに手応えを感じ取ったようだ。

カジノ関係者が着目したのがルーレットとちょいパチの比較だった。

ルーレットは1から36までの数字の他、ヨーロピアンスタイルなら0が加わり37区分、アメリカンスタイルなら0と00が加わり38区分となる。

一方のちょいパチの大当たり確率は約1/40で、ルーレットの大当たり確率と大差ない。

ルーレットは1目賭けで特定の数字1つに賭けると、配当は36倍となる。

裏ちょいパチは1玉100円のレートで大当たりすれば、10~15万円になる。

「これはカジノ客を惹きつけることができる」(カジノ関係者)と直感が働いた。

ラスベガスのカジノの売り上げの約75%がスロットマシンなのだが、スロットマシンの若者離れにより、売り上げが減少していることが深刻化している。

スロットマシンの主な客層は50歳以上である。一方、近年ラスベガスのカジノを訪れる人の大半が50歳以下でありながら、カジノのフロアは今でもスロットマシンに埋め尽くされている。

カジノ客の年代と設置しているゲーミングマシンが乖離して来ている。ヤングアダルト層はビデオゲームに慣れ親しんでいるため、単純なスロットマシンはソッポを向かれている傾向にある、という。

ラスベガスでもスロットマシン客の高齢化が進み、売り上げが減少している。若い世代を囲い込むために、新しいギャンブルマシンを探し求めているのが現状である。

そこで裏ちょいパチの視察と相成ったわけだ。

では、裏ちょいパチの釘調整はいかほどのものなのか?

「回らないけど、1/40で当たる可能性があるので、ドキドキ感は堪らない」(客)

1万円で100発。スタート入賞は100発で5回ほどだった。さすが裏。極悪釘である。2000円分で1回の抽選という感じだったが、1万3000円目で大当たり。運よくラッシュが続き、1100発獲得。戦果は11万円也。

はてさて、ちょいパチがカジノに設置されたとして、若者に受けるかだが、むしろ、スロットマシン好きの高齢者に受けそうな気がしないでもない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。