パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

カジノはパチンコの太客をこうやって奪う


日本にカジノが建設されることが、正式に決まった。

かつてはパチンコ業界で給与をもらっていた者として、ちょっと書かせていただく。

パチンコ日報で以前も書いたが、昔から賭け事が好きで、ラスベガスのカジノホテルでVIP扱いを受けたことがある。

好きになったのは、高校生の時だ。学校では品行方正。補導非行歴はないが、ホールへ通っていた。一般機から始めて、羽根モノ~セブン機と進んだ。

ある日、マイホールに西陣のターボXとターボLが導入された。当時のセブン機にはストップボタンが付いていた。

好奇心旺盛の高校生。ストップボタンの押し方を研究した。すると、ターボXとターボL、三共のフィーバーの攻略法を発見した。

授業が終わり、武蔵小金井駅に着くのは16時。隣の長崎屋で着替えて16時半にはホールへ。

毎月40万~50万円は稼いだ。

ある日、セブン機のストップボタンを押しても止まらない。攻略を恐れてホールが配線を切っていた。各地のホールで同様の処置が取られたが、その間はサラリーマンの年収以上に稼がせてもらった。

それまでは、羽根モノの3000個終了で満足していた。40玉交換だから7500円。これで十分だった。それがセブンの登場で打ち止めは1万5000円から2万5000円になった。もう羽根モノなんかやっていられない。

これで私の人生が変わった。

これと同じことが、日本のカジノ解禁で起きるのは間違いない。

日本人の大半は、バカラやポーカー、ブラックジャック、ルーレットで遊んだ経験がない。テーブル式のポーカーはゲームセンターにあるから、入りやすいが、やったことがないゲームは、最初は少額レートで遊ぶ。

それが段々慣れてくると、掛け金が上がってくる。

カジノ初心者なら最初は、1万円で一晩中遊べたりする。でも、慣れてきたら、物足りなくなる。

まさに私がそうだった。カジノ初心者の私がラスベガスのフラミンゴヒルトンでVIPになるまで時間はかからなかった。

最初、ルーレットは1投10ドルで遊んでいたが、それが100ドルになり300ドルになる。10ドルなんてバカバカしくなり物足らなくなる。

このように段々レートが上がり、破滅の道へ進んだり、ギャンブル依存症になる。

幸い私はカジノの戦績は、大幅なプラス。特にルーレットは得意。ディーラーの癖や玉の投げる加減、盤面の回転スピードから、球が落ちる場所が大体分かるようになった。

そんな掛け方をしていると、ある日カジノのピットボスから声が掛かった。

VIPカードを貰った。登録しそのカードがあれば、カジノホテル内の宿泊、ルームサービス、レストランの飲食、観劇は全部タダになる。現地でナンパした日本人観光客の食事代もタダ。

こうなると天狗になる。連れの分までタダである。

やがて航空チケットがサービスになり、プロボクシングのチケットまで手配してくれる。世界的に有名なオスカー・デ・ラ・ホーヤのチケットは超プラチナチケット。これを目的にわざわざラスベガスまで行った。

ラスベガスのマッカラン国際空港には、カジノホテルからリムジンが迎えに来てくれる。もう、一丁前の成金気分だ。

フラミンゴヒルトンからベネチアンへ引き抜かれたカジノホストのアンディと仲良くなり、カジノの裏話も聞いた。彼は、顧客管理の極意を持っていた。

そんなレベルのカジノが日本で営業を開始したら、ホールの太客は、カジノに相当数流れると思う。

日本のカジノについて有識者やコメンテーターは、パチンコ客はそんなに流れないとか、6000円の入場料を払わないとか言うが、甘い、甘い!確かに低貸しのお客様は6000円も払わないと思う。でも、1パチ客なのに金持ちが相当いる。

貧相な爺さんが富裕層だったりする。パチンコ屋で金持ちは見たことないぞ!と思うあなた、甘い、甘い!

いつもジャグラー打っている年配客は25年来の顔見知りだが、駐車場経営で月に150万円の不労収入がある。

海好きの50代の男性は、大型小売店とファミレスに土地を貸していて、月々の地代は350万円も入る。

ホールには、こんなお客様が結構いる。働かなくても毎月賃料が入るから、暇を持て余している。だからホールに通う。

大都市にカジノがオープンしたら、こんなお客様達が、カジノに沢山のおカネを落とすと思われる。

カジノで使う金額は、最初は少額でもやがてデカくなる。

私がカジノに通ってた時は、日本のスロットなんか出来なかった。
一回のスタートが3ドルのスロットは、よく1000ドル以上当たることがある。トータルの出玉率はパチンコよりカジノのスロットの方が上かも知れない。

外資系カジノは、あらゆる手段でホールの太客を奪いに来る。パチンコやパチスロでは物足りなくなるように仕向けてくる。そして掛け金を徐々に上げてくる

日本に最初に出来る3カ所のカジノは間違いなく成功すると思う。

第一の理由は、近くに競合がない。

第二の理由は、日本人の入場回数の規制が甘いから。入場回数が月に10回もあったら十分。10回も通ったら、それこそ間違いなくカジノ依存症だ。

第三の理由は、入場料6000円なんかカジノをやる客やカジノに慣れた客からすれば必要経費のレベルだ。

カジノから半径50kmのホールは影響を受けると思う。なぜなら、前述したようにカジノのVIPへのサービスはホールにはできないサービスだらけ。

私がフラミンゴヒルトンのVIPになってから、他のカジノホテルからも連絡がくるようになった。

フラミンゴヒルトンの近くにPARISが新規でオープンした時は、招待状が届いた。最初は不思議に思ったが、フラミンゴヒルトンとPARISは同系列だった。

こうやって、お客の心を揺さぶり、こっちを良い気分にさせて酔わせる。

だから、ホールは将来のビジョンを明確にし、戦略を構築して行かなければならない。

カジノが出来る前に、ちゃんとした戦略を立てないと、太客は確実に奪われて行く。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 以前にも同じようなツッコミをした記憶があるのですが、
    ルーレットで出目を予測できる人間などいません。
    ディーラーが狙った目を出せるというのも都市伝説で、
    実際には不可能です。
    パチンコで「この出目が出たらハマる、この出目は好調サイン」
    といった類のオカルトと同じで、少しでもカジノに詳しい人には、ありえない話として常識です。

    カジノ側からVIP扱いされていたのなら、
    相当な額を負けられていたのでは?
    本当に大幅プラスなら、VIP扱いどころか出禁になるだけですよ

    カジノの太客取り込みについては、
    近郊の店にとっては確かに驚異でしょうね
    でも、例えば首都圏に住んでいる金持ちには
    大阪でもマカオでも、移動が面倒なことには変わらないのではないでしょうか。
    徒歩や車で10分で到着するパチンコ屋のアドバンテージは大きいと思います。
    パチンコにかつての活気を取り戻して欲しい一ファン    »このコメントに返信
  2. 確かに可能性は十分。
    パチ店にはできなくても、カジノで出来ることは色々あるだろうし。
    ちょいパチなら打ってみたい    »このコメントに返信
  3. 入場料で収益を上げるようにすれば、払い戻し率が100%超えでも営業できるかもしれませんね。それこそ、グランドオープンや改装、機械替えなんかの際に余裕で放出できる。もうパチンコなんかやってられませんよ、今からワクワクしてしまいます。6000円払って回収モードだったら超がっかりしてしまいますがね・・ドレスコードはぜひ設定して欲しい。変な軍団には来てほしくないです。
       »このコメントに返信
  4. 自分の性格上、羽根物固定で3000玉でいいかな・・・
    1日数店舗回ればやってけそうだね(笑)
    ハイローラー    »このコメントに返信
  5. パールさんに同意
    業界40年    »このコメントに返信
  6. 良いんじゃないの?カジノは国庫に30%も入るし、会計もクリーン、釘調節みたいな違法行為は無い。設定漏洩も無い。監督している警察の指導も無視しない。こりゃパチンコ屋よりもクリーンですわ。

    是非とも墓場に持っていけない年寄りの不労所得マネーをバンバン国に還付して貰いましょうや。

    元店長さんみたいな、ボンボンなんだか自分の才覚なんだか分からないが、とにかく金のある若い連中が海外カジノで散財するよりかは国内で使って貰った方がマシ。
    三番    »このコメントに返信
  7. ここで批判コメ残す人には
    わからない世界だと思いますよ

    私もわからないもの。

    昔一緒に行った地下カジノで
    一晩で400万負けたけど
    自分では一度も行かなかった

    収入のレベルが一般の人とは違うのだから。

    負けたら引いちゃダメって
    財あってこそ

    ただ
    同じようによく言いますが
    毎日パチンコ屋にいると
    たまにディスられたりする
    おじいさんおばあさん
    毎日朝から海打ってたり
    悪く言えば ”こ汚い”格好ともいえる
    年配の方がたが
    月400万とか使ってるわけで
    これがさらにMAX機ばかり毎日打ってた頃は
    さらに多かった

    毎日いて
    あしざまに言われたりする
    おじいさんおばあさんいたりしたでしょ
    数百万あたりまえですよ
    だって日に5万10万あたりまえの機械だもの

    そのとおりで
    金は持ってるんですよ

    悪いことにそうは見えないから
    全盛期のころは
    主婦とかそれに一緒になってハマるから
    当時サラ金業がね
    サラ金の規制の時この業界ダメージ食らったでしょう
    騒いでたものね

    ただ残念ながら
    こういう太客さんは今でももうかなりの
    高齢な方がたで。

    カジノが出来る頃には・・・
    カジノが出来ようが出来なかろうが
    見方変えれば
    自然減してしまう

    そうとも思える

    だいたいFXだなんだで億りびとになった人が
    趣味はパチンコなんて聞いたことない
    お客様と話しててもね

    だからそこを狙うだけでは
    ないとは思うんですけどね
       »このコメントに返信
  8. その予想が当たろうがはずれようがこの業界には何もできないだろうからこの警鐘自体無意味ではなかろうか。
    カジノが脅威で何かしらの有効な対策ができるならすでに危機的な今この状態をなんとかできるはず。
    結果的になんとかできなくとも一丸となって何かしらの行動には出れるでしょ。
    でもしてないでしょ。
    団結できないでしょ。

    まぁ警鐘を鳴らすだけで終わるでしょう。
    この業界は他を出し抜くことに全生命を賭けているので外的脅威に対し「組織的」な対策は不可能です。
    寧ろカジノが出来る地域のホールには潰れてほしいとまで思っているはずですよ。
    竜髭菜    »このコメントに返信
    • カジノは、まだ候補地が上がってるだけで「出来る地域」はまだないですよ。
      ついでに言えば、有力候補地の大阪では、反対集会もあったりします。
      最後の一行以外は、概ねうなずける内容ですがね。
      一般ゆーざー    »このコメントに返信
      • カジノが「いずれ」出来るであろう地域。
        候補地という意味で書いたんですが伝わりませんか?
        あと潰れてほしいと思っているのはカジノ側じゃなく近くにカジノが無い地域のパチンコホールの思惑です。
        文才乏しく失礼しました。
        竜髭菜    »このコメントに返信
  9. 何故低貸しを打っている金持ちの客がカジノに流れるのですか…?
    金があるのに4円は打ってない時点でギャンブル性は求めていない人なので、カジノに流れる方は少数でしょう。ただ4円を打ってももらえないのでそこは難しそうですが。

    金持ちの4円客も目的が暇潰しならゲーム性の低いカジノに流れますかね?
    カニミソ    »このコメントに返信
  10. ぱちんこの客が欲しいのなら、それこそカジノにパチやスロを置いてレートを上げて40円パチンコや200スロをやるとか、規制された旧基準機をそのままの性能に筐体だけリメイクして設置するとかやれば手っ取り早いような気もします。
    誰でも思いつきそうなことなので、できないのかやらないのか理由があるのでしょうけども。
    はい    »このコメントに返信
  11. 最初のカジノが何処に出来るのか
    客層は何処を見込んでるか
    パチンコに影響あるかないかはそれ次第でしょうね

    カジノの立地縛り設備縛りはパチンコ店より当然キツいだろうこと
    地べたにおじさん連中が新聞紙を敷き詰める公営ギャンブル場の雰囲気などから考えると
    カジノ(笑)なものが出来そうな気がしますが
    サラリーマン    »このコメントに返信
  12. 影響するかしないか分からないとかいう意見があるのにビックリしますが、わざわざ日本に参入して来るカジノが
    とりあえず自分からは動かず口だけ開けて、入ってくる餌にだけ期待している、とでも言うのでしょうか。
    客を奪うなど当然の発想で、それを成すまで相応の手段は打ってくるでしょうし、国策として無理を通した政府も当然、カジノを失策としないためそれを止めはしないでしょう。
    合法が前提のカジノと脱法から抜け出せないパチ産業。この先どちらが有利に立ちれるかなど明らかであり、カジノが失速してパチが生き残るなどまず有り得ない話ですよ。仮にカジノが失敗するにしても、その前にカジノの為、パチが締め付けを強化されるだけです。
    やれやれ    »このコメントに返信
  13. 公営ギャンブルが引き合いに出てないのは片手落ちじゃないのか?
    herc    »このコメントに返信
  14. カジノについて正しく理解すべき

    ルーレットにしろバカラにしろあらゆる種目の還元率がパチンコパチスロなんか話にならないレベルで高い。
    95%は余裕で超えて算数できたらバカラなんか99%ある。

    つまり数字の上では100万遊んでも1万の負け。
    だからカジノはどちらかといえば多売薄利の業界。

    ボッタ店でジャグの1を打つなら5000Gでそれぐらい。
    カジノ風に言えば30万遊んで1万負けって感じ?
    設定という下限がないクソ釘のパチンコなんかだともっとひどい。
    回らない削りすぎで昼過ぎに1万負けるような調整の釘もある。

    上限がーとか言い出したら競馬は?株は?FXは?ってなるから置いとくというか、フィリピンみたく仕事帰りのオッサンが地元の庶民向けカジノ(テーブル)で普通に小遣いで遊んでるわけだし杞憂。

    だからパチンコ業界は似たような業種が想像を絶する薄利で攻めてくるってことに対してもっと危機感を持つべき。
    げーじ    »このコメントに返信
  15. カジノで勝っても結局運だからつまんないんだよね。パチンコは勝つべくして勝てるから勝って当たり前。その勝って当たり前がやりがいとなる。
    運否天賦で大金得たとしてもそういう金は運否天賦でなくすもの。
    悪銭身につかず、ちゅうやつだね。
    うわはは    »このコメントに返信
  16. あのさ、もっと広い視野で物事を見なよ。
    なぜパチンコVSカジノだけなのよ。
    日本で3箇所の予定に対して、日本全国に通うパチンコユーザーの中からカジノ太客なのよ。飛行機、新幹線使ってまで依存症になるパチンコユーザーの話より、今目の前にある広告規制から目をそらさずに立ち向かってこれからのパチンコのことを考えなきゃじゃないの?
    メーカー、ホール、メディア(ライター)が協力もせず狭い世界で明日生き抜くこととカジノだけに目を向けていて、未来思考にならないとヤバいんじゃないのかな。
    カジノに取られる太客を大切にするのもそうだけど、ユーザー底辺の拡大でしょ。逃がさないことより、増やすことを考えな。
    さやか    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す