パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

その⑩ 繁盛店は接客が悪くとも出す


ホールの運営は、当たり前ことだが、ホールの経費や収益を全体的にみて経営する。

しかし、稼働が十分取れている時代と、稼働が不十分な時代とで、全く同じ感覚で機械調整をしているホール責任者が少なくない。

人気機種も不人気機種も同じ割数で営業していたりする。

30年以上も繁盛しているチェーンは、繁盛しているから余力は十分にある。

昔から苦労してノウハウを積み上げた証が30年以上も繁盛チェーンとして続いていることにつながっている。

30年経っても変わらない方針を紹介しよう(余力のないホールには無理かも知れない)。

稼働が落ち込んだら開ける(上げる)。

単純なことだが、出来ていないホールが多い。

新台時代も設置後時間が経った時代も同じだ。

時代時代に、設置後1週間で稼働が落ちてきたら開ける。開ける度合いが店長の力量でもある。

設置後3週間で急激に落ち込んだらまた開ける。

この開け方の加減が店長の力量で、本部長の力量と度胸だ。

余力のある時から、こんな単純な作業を30年も繰り返し実施してきたら、そりゃ繁盛チェーンになる。当然のことながらノウハウも相当蓄積します。

これは、ほんの一例だ。

等価ならば10割営業が損益分岐点である。

実際には人件費とかのランニングコストがかかるので、全体では10割なんか出せない。

それでも繁盛店は稼働が取れている。

一度稼働が取れるホールにすれば、あとはお客様を逃さない営業方針を固めるだけだ。

つまり、弱小ホールと繁盛ホールの運営方針は、皆同じでは無い。ホール一つ一つに合ったオーダーメードが必要になる。

話を戻す。

旧台でも新台でも稼働が落ちれば開ける。単純なことだが、どれだけ開けるかがノウハウになる。

閑古鳥ホールが同じことをやっても経営的に苦しくなるだけだ。
ならばどうするか?

その⑨で述べたように青写真を描いて、優秀な社員(遊技機)を選び、先行させて行くしかない。

私は口癖のように、ホール運営は合わせ技だと言って来た。パチンコ日報でも何回も合わせ技と説いている。

この合わせ技が出来るホール企業、本部長、店長、コンサルこそが優秀だ。

かつて、イベントが得意なホールコンサルを雇ったホールさんがいたら思い出して欲しい。今どうなったか?

イベントは副食に過ぎないのに、イベントをメインディッシュにしていたホールがたくさん存在した。

イベントがメインディッシュのホールは、今でも繁盛しているだろうか?
イベントを副食として捉えていたホールは健在だ。

JR中央線駅前にあるマイホは50年以上も地域1番店として君臨している。未だに全台4円だ。

すぐ隣に、新規店が出店してもビクともしない。

今の運営会社は3社目だが、グランドオープンしても閑古鳥が鳴き続けている。多分その運営会社もいつか撤退する時がくるだろう。

そのマイホの繁盛ホールは、年賀状もイベントのDMも一度も出したことがない。
イベントなんかやったことがないのに繁盛している。

ホール運営の基本が出来ている。

ちなみに、このマイホのスタッフさんは、大手チェーンの接客を10点とするならば、5点以下だ(笑)。

つづく



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。