パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

2月1日から出玉が少なくなる、と誤解を与えた報道機関


以下の本文は2月1日にNHKで放送されたニュースサイトの原稿だ。この伝え方に大いに問題があると業界人なら感じたはずだ。まずは、本文を読んでもらいたい。



パチンコ出玉3分の2程度に きょうから施行

2月1日 7時02分

警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正し、1日から規制を強化します。

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法の成立を受けて政府がギャンブル依存症の対策などに取り組む中、警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正しました。

具体的には、パチンコの業界団体の調査で客が1度に遊ぶ標準とされる4時間で獲得できる玉の数を金額にして5万円分を下回るようにするほか、1回の「大当たり」で獲得できる玉の数を現在の2400個から1500個に引き下げるなどとなっています。

パチンコの依存者から電話相談を受け付けている団体の調査によりますと、相談してくる人のおよそ70%は1か月当たりのいわゆる「負け」が5万円以上になるということで、警察庁は、出玉の総数を5万円分以下にすることで、負けを取り戻そうという思いを抑制したいとしています。

改正された規則は1日施行され、警察庁は「今回の規制強化は借金を抱えながらパチンコを続けているような人たちに対し、一定の効果があると考えている。業界によるギャンブル依存症対策とあわせて実効性のあるものになるよう指導していきたい」としています。

引用終わり

この書き方だと2月1日から現在ホールに設置している旧基準機もすべて、一斉に3分の2に出玉が規制されるものと勘違いする。このニュースを見聞したスリープユーザーなどはやっぱりパチンコを止めておこうと思う。

実際、このニュースを読んで、お客さんから、「今日から出玉が少なくなるのか」と従業員に質問が飛んだホールが全国各地にあった模様だ。NHKともあろうものが、ニュースを全く正確に伝えていない。

依存症対策のために出玉が3分の2に規制され、4時間打っても従来のように10万円出ることもなく、5万円以下の出玉仕様になることは間違いないが、一番肝心の2月1日から保通協に持ち込まれる新基準機が規制対象になる、という部分が完全に抜け落ちている。

旧基準機はまだ3年間使えるので、完全に出玉が3分の2に切り替わるのは3年後、というところも抜け落ちている。

ま、この件に関してはNHKだけではなく、大半の報道機関が同じ伝え方をしている。

諸悪の根源は国民の7割近くが反対するIRカジノにある。

IRカジノ誘致に一番熱心な大阪府は、ギャンブル依存症対策の一環として、平成30年度から高校生を対象に依存症予防の取り組みを始める方針を固め、という。

社会人になる前に、ギャンブル依存症の恐ろしさを学んでもらおうと、依存症について説明したリーフレットを作って府内の高校に通う3年生全員に配布したり、専門家による講演会を高校で行ったりする予定としている。

これもカジノに反対する人たちへのアリバイ作りである。IRカジノ解禁のために世の中がかき回されている。

前述の件で、全日遊連はNHKに抗議してみる?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。