パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

買ってはいけない5.9号機と言われているが…


今、パチンコ業界で買ってはいけないものの最右翼に挙げられているのがパチスロ5.9号機だ。昨年12月ごろから本格的に市場導入を開始したが、ホールの購買意欲は決して芳しいものではない。

いうまでもなく、5.5号機よりもスペックダウンする機種を敢えて選択することもない。加えて、当初は5.9号機よりもさらにスペックダウンする6号機に絶望感が漂ったが、日電協の陳情の成果で純増2.0枚規制をはじめ、いくつかの内規が撤廃されたことを受け、メーカーも6号機の開発に本腰を入れ始めたからだ。

6号機が登場するまで待つ。とはいっても4月から保通協に持ち込んで、どんなに早くても市場に登場するのは夏頃。4号機から5号機に移行した時、初号機は試行錯誤の連続でヒット機種が出るまでに1年以上かかったことは記憶に新しい。

昨年10月からスタートした5.9号機は「有利区間」という新たな概念が加わった。有利区間というのは、プレイヤーが有利になるように指示を出してもいい区間の事を指す。有利区間中に1500G経過したら強制的に有利区間は終了する。一番の特徴はARTのゲーム数が最大でも1500Gまでとなったことだ。

ARTの純増は2.0枚が上限となっているので、実質3000枚が1回の有利区間で出せる出玉の上限となった。リミッター搭載で一撃性を好むユーザーからは敬遠されがちだ。

その一方で5.5号機以前の高射幸機は旧基準機となり、新基準機に該当しない旧基準機は2017年12月までに設置比率が30%以下、と業界で取り決めている。旧基準のメイン機種であるバジリスク絆やミリオンゴッド凱旋にしても行政指導でいつ撤去する羽目になるか予断を許さない。

では、純増3.0枚復活で、光明が見えてきた6号機と5.9号機との違いは何かといえば、試験方法だろう。





こうして見れば一目瞭然でスペック的には5.9号機の方が、下限が短、中時間試験では設けられておらず上限も幅が有るため、まだ、差枚数を出せる機械が作ることができる。

6号機は純増3.0枚に緩和された代わりに、1500Gもしくは2400枚で強制終了する。3枚純増なら800Gであっけなく終わってしまう。

その点、5.9号機では1600G試験が設けられていないので、3時間で4箱以上は出すことができる。6号機では3時間で3箱を超えることはない。つまり、5.9号機の機械割では短時間遊技でも6号機以上の差枚数を出すことができる。

5.5号機の劣化版が5.9号機と揶揄されているが、下限試験が設けられてベースが上がる6号機では、大きな出玉もない分、大きなへこみもない。5号機のAタイプでもワンチャンスで4~5万円出る波は、6号機で作ることは難しい。

6号機が市場に投入されて初めて、5.9号機の性能を実感することになるのだろう。その時、時代の“転換機”といわれていた5.9号機が本領を発揮することになるかも知れない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 5.9号機は5.5号機の劣化版と揶揄されるが、5号機ということは間違いない。
    6号機は記事の出玉表のように差玉が半分になります。
    スロッターの夢である“万枚”は6号機では絶対ない。
    ただし、パチンコも含めた旧基準機は遊技客を激減させてきたことも事実。
    玉(コイン)単価が高すぎて客がついてこれなくなっている。
    新規則もスタートしました。
    甘く遊べる仕様の新型6号機に積極的に切り替えぐらいして、ギャブル性に依存するでなく、ホールは遊びやすい環境づくりに努力すること。

    本当に射幸性の抑制や依存症対策というなら、
    警察当局も5.9号機を含む旧基準機を市場からの撤去を促すよう指導して頂きたい。

    認定機や見なし機として旧基準機がいつまでもあるから6号機が普及しない。

    ビーン    »このコメントに返信
  2. 3年後には全部6号機。。。

    沖ドキ中毒    »このコメントに返信
  3. どっちにしても夢の無い話ですね
    ジャグラーでいいです、と言っても6号ジャグもどうなることやら?
    試験をパスさせるためには、小役確率上げてダラダラゲームに
    するしかないですね、果たして液晶なし機がそれでやっていけるのやら

       »このコメントに返信
  4. 今回は厳しいといいながら抜け道のような機種をまた出してくるような気がします

    ねぎ    »このコメントに返信
    • ねぎ様に同意です。
      1号機~1.5号機~2号機~3号機~4号機~5号機と歴史は繰り返される。
      ユニバ、サミー、山佐このあたりが抜け道機を出してくるのを期待します。
      ・吸込み方式
      ・モーニング機
      ・フルーツ及びシングル集中役
      ・裏ROM、裏CPU
      ・RAM注射
      ・CS90
      ・小役カットBB上乗せ
      ・ハーネスぶら下がり数珠連
      ・裏電源、裏ストップ基板、裏乱数チップ
      ・AT
      ・ストック
      ・ART
      ・裏サブ基板
      とさまざまな手法で連チャン大量獲得機が世に出てきた。

      連チャンパチスロは楽しい!

      ある意味これが本当の”技術開発力”かも(笑)

      ボナンザ    »このコメントに返信
  5. 比較対象が「5.9と6」であるから成立する話で、「5.9と5.0&5.5」であれば全く成立しないでしょう。
    もはやプレーヤーもホールも5.9号機のART機には一切期待しておらず、メーカーも開発を諦めてしまっている現状。
    5.0号機の認定機及び5.5号機がホールに存在できる期間がまだまだある以上、5.9号機に存在価値など見出だせないでしょう。
    5.9号機の実力は、ほとんどの方が実感できないまま終了です。

    6号機はノーマルタイプで実現不可になったMAX360枚480枚、あるいは500枚以上の払い出し性能を持った「擬似ボーナスタイプ」が主流の一つになる気がします。
    高ベース仕様で当たり確率が重いため、「擬似ボーナス中に新たな擬似ボーナス成立」ということも頻繁にはなく、かと言って全くないわけでもないので、消化中もノーマル機より楽しめると思います。

    ててて    »このコメントに返信
  6. 5.9号機のART タイプは黒歴史になりそうですね。
    5.9号機はノーマルタイプが重宝されるんじゃないですかね。ART タイプは番長3が最後まで残りそうですし。

    123    »このコメントに返信
  7. >>ワンチャンスで4~5万出る波

    私は当時7枚交換のドン2とかシコシコ打ってるのが好きでした。しかし等価の裏モノでそのワンチャンス4~5万を味わってから価値観が一変しましたね。
    それが無ければ物足りないみたいな書き方だがそれはかなり大きな金額だと思いますよ。

    横並    »このコメントに返信
  8. どんな台も使い方次第じゃないですかね。
    それに、人気がないということは、最新機種でも安く買える
    可能性が高いということ。
    機械代回収の手間がかからないなら、それなりの設定入れて遊ばせることもできるだろう。
    ベタピンの5.5とそこそこ設定の5.9、さて実際打ったら、どちらが面白いかな。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  9. 連荘機ねぇ・・・

    従来の組み方では不可。バカな開発がスタックで申請出したが、勿論、却下。そもそも、データを参照する時点で検定アウト・・・という事で不可です。

    可能性としてはヤマサの茶番劇によるネオストック復活か、あるいは「特性の性能外の性能」ではければ不可能です。

    今までに無いゲーム性なら幾つかあるけど、やっぱり「内部確定している連荘性能」が欲しいよね・・・・。

    ・・・となると、今まで通り、流通上で「変更」。もし見付かった時は「ゴトの被害にあった災難」とする方法しかない。

    114.145.59.127    »このコメントに返信
  10. ピンバック: 業界人「6号機は規制緩和されても5.9号機以下の性能」 実射試験が厳しすぎるので何をやっても無駄という絶望の声も…

  11. 規制でこれだけ締めつけられると・・・・・・
    ホールの倒産も多くなってます。
    ここまで来ると綺麗ごと言ってる場合ではない。
    どうせ店を廃業するんだったら仕込んでお客さんに派手に遊んでもらって、幾らか金つくってから潰れた方がいいかも。

    ヤン    »このコメントに返信
  12. 6号機が出れば5、9号機の価値を実感出来る

    つまり凱旋や絆がある内は無理という事ですね…爆裂機の撤去指導のタイミングは早い方が良いのか遅い方が良いのか

    カニミソ    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す