パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

釘調整違法で逆に外部メーカーがパチンコ参入を狙う


以前、釘のないパチンコ機が保通協に持ち込まれた、という未確認情報を書いたことがあったが、パチンコメーカーの関係者からその社名が明かされた。

日工組加盟メーカーだが、「なるほど!」と思った。確かに、このメーカーならチャレンジしそうだ。

数年前から警察庁は長年黙認してきた釘調整を急に違法と指摘し始めた。代替え案もないまま違法と言われても、ホールは従来通り釘調整するしかないと思っていたら、次の規則改正では6段階の設定が認められることになる。

イメージとしては、1990年代にユニバーサルが発売したパチコン「ギガ」のような仕組みになるということだろうか?

非常に画期的な規則改正ともいえるが、では、ハネモノや一般電役機はどうなるの?と突っ込みを入れずにはいられない。ハネモノなどは爆裂しないから釘調整は認める、なんてことはないはずだ。

ま、今のパチンコはほぼセブン機なので釘調整問題は、設定で解決させようとしているのだろう。

冒頭の釘のないパチンコ機の話しに戻ろう。

遊技機規則には使う釘の素材や硬さなどは定められているが、必ず釘を使わなければいけないわけではない。

「釘調整がはっきりダメだといわれて、逆にパチンコ業界へ参入のチャンスができた、と虎視眈々とゲームやおもちゃメーカーが現れています。釘があるから特許でがんじがらめになって参入障壁になっていたんですが、釘を使わなければ特許に抵触する部分も少ない」(週刊誌記者)

特許以外に、日工組へ入るには既存メーカー2社の推薦がなければ入れない。日工組が本当に脅威と感じる外部のメーカーにはOKは出さない。この推薦が最大の参入障壁でもある。

日工組メーカーが持っている特許を使わなければ、パチンコ参入も比較的簡単になる。その第一弾が釘のないパチンコということにもなる。

しかし、斜陽産業と言われているパチンコ業界に興味を示してくれるのは、ありがたいことである。

ドン・キホーテが50インチの4Kテレビを5万9000円で販売する時代である。

既存のパチンコメーカーにはない柔軟な発想で、既存のパチンコの概念を打ち破る遊技機が20万円以下で登場したら、業界は確実に変わる。

脱射幸性。

五感に訴える機能を機械に組み込み、これまでパチンコに興味を示さなかった人までが思わず打ちたくなる…。遊技機のイノベーションを起こせるのは外部メーカーかもしれない。

電気自動車はエンジンという参入障壁がなくなったことでベンチャー企業でも参入できるように、パチンコも釘がなくなることで外部からも参入しやすくなる。

本来の遊技に舵を切った規則改正は、外部参入の呼び水になる事を期待したい。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。