パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコデートなう


「デートなう」

この「なう」。2009年、Twitterが日本に上陸して人気に火が点き始めたころはこの「なう」が大流行した。流行り物はすぐに廃れる。今はなうを使うことに気恥ずかしさを感じさせるが、再びこの「なう」が脚光を浴びようとしている。

声優の山ちゃんこと山寺宏一が「彼氏とのデートなう。に使っていいよ」と自身の写真を投稿したことが大反響に。流行りに乗り遅れまいとノンスタイルの井上裕介も追従。若手の無名芸能人までが続々とやり始めた。

そして、現在、「デートなう。に使っていいよ」で話題をかっさらっているのが女優の橋本環奈だ。



6月6日、自身のTwitterに「彼女とデートなう。に使っていいよ」と写真を公開して、カワイ過ぎると大反響になっている。

6月に公開しておきながら「マフラー姿ではなう。にはならない」とのツッコミはあるものの、カワイサが全てを帳消しにしている。

これは一つの新しい売り出し方としても使えるので、真似をする芸能人が続出しているものと思われる。

ホール企業はタレントをイメージキャラクターとして使っているケースが少なくない。ここはせっかくだから、「デートなう」に便乗しない手はない。

タレントをイメージキャラクターに使っている主だったホールを挙げみよう。

マルハン/原アンナ
ベガスベガス/石田純一
キコーナ/橋本梨菜
ミクちゃんガイア/重盛さと美
123/郷ひろみ
Dステーション/南明奈
キング観光/お笑いコンビ流れ星
ベラジオ/橋本マナミ
グランド商事アドバンス/お笑いコンビナイツ

「彼氏(彼女)とパチンコデートなう。に使っていいよ」とホールで撮影した写真をTwitterに投稿してもらう。

これはタレントと契約しているホールがお願いすれば実行に移せる可能性が高い。業界を盛り上げるためにも是非実行して欲しいものだ。

昔はカップル席もあったぐらい、パチンコデートも実際にあった。

好むと好まざるに関わらず、パチンコ業界は低射幸性時代へと舵を大きく切ることになる。これからは少しの小遣いでもパチンコが楽しめる「ちょいパチ」もある。

ニコニコ超会議2017に日遊協は「ちょいパチ」などをブース出展した。ノンユーザーやスリープユーザーにちょいパチを打ってもらってアンケートを取ったところ、9割が面白かった、と答えている。

ちょいパチでパチンコデート復活のためにも、この企画は実行して欲しい。そして、タレントからの「パチンコデートなう。に使っていいよ」写真を日報にも送っていただければ幸いだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。