パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ版道の駅、道の劇とは


「食べ物を通じて、安くて美味しい1日を提供する」をコンセプトに、10年前、熊本で産声を上げた「やたい劇場」が東北、関東、北陸、中部、関西、中・四国、九州と全国ネットになってきた。

通常なら500円以上で販売されているたこ焼き、焼きそば、たい焼き、チヂミ、から揚げ、フランクフルト、カレーなど26品目の屋台メニューが、50円~200円で提供されている。

商品ラインナップはAメニュー(8品目)とBメニュー(18品目)の中から、ホール側で1品ずつをチョイスして2品を販売するシステムとなっている。この商品の組み合わせは144通りの組み合わせになるので、お客さんを飽きさせることもない。

安いだけではなく、美味しいのでお客さんからの「よかった。またやって」という声が後押しとなって定番化するホールが少なくない。

10年目となる節目で、次なるステージとして目指すのが、パチンコ店の道の駅ならぬ「道の劇」。駅と劇場を掛け合わせた造語だが、新たなメニューとして「やさい劇場」が加わった。これは新鮮な野菜や果物を50円から250円で販売するもの。

7月9日は大阪・旭区の高殿ヒルズで「やさい劇場」が関西では初開催となった。



この日はメロン、桃、スイカ、なすび、きゅうり、たまねぎ、とうもろこし、キャベツなど15品目が50円から250円で販売された。中にはお宝価格のものも含まれており、30分ほどで完売。40~50人ほどのお客さんが買って行った。

「去年から野菜をテスト販売して、売れ筋商品のデータ取りして今年の2月から『やさい劇場』の販売を開始しました。季節によって野菜が高騰すると野菜の方が売れたり、野菜の値段が落ち着くと今度は果物の方が売れたりで、常に市場価格をチェックしながら野菜と果物の比率を考えています」と話すのは運営会社ビート・アップの井芹洋之社長。



やたい劇場はホールの営業時間に合わせて常駐するのに対して、やさい劇場はすぐに売り切れてしまうのが特徴でもある。この違いについて井芹社長はこう話す。

「いつでも買えると思うとお客様は並びません。特別感や価値観があるのがやさい劇場の特徴で、すぐに売り切れてお客様から文句が出る方がむしろ成功といえます。3~4時間も売っていたら特別感もありませんからね。この時間しか買えないと区切り、買えなかったことが刺激になる。買えれば口コミで広がり、パチンコ店へ足を運んでもらえることにつながります」

やたい劇場とやさい劇場を効果的に組み合わせることで、顧客には出玉以外のサービス提供につながる。

今後も各地域の特性を活かした品揃えで第3弾、第4弾となるメニューを増やしパチンコ版「道の劇」を強化する構えだ。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。