パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

会員カードの有料化は可能か?


元号が平成から令和に変わろうという時期に、駆け込みで平成最後の便乗商売に替えた商魂逞しい会社が登場した。平成と同じ表記で注目された岐阜県関市にある平成(へなり)地区では、改元を前に、平成最後の空気の缶詰が販売された。



これはテレビや新聞でも報道されたので、ご存知の方もおられると思うが、アイデア勝負でメディアにも取り上げられた。

平成地区で採取した空気を缶に詰めた。ご縁があるようにと中には5円玉が入っているが、これが1080円で発売され、1000個売れた、というのだから驚く。中身は空っぽの空気の缶詰が100万円に化けたのだから凄い。

地下アイドルだって負けていない。自分が入った風呂の残り湯をメルカリで、10万円で販売しようとしたが、こちらはツイッターで大炎上。規約違反で削除された。

ちなみに、オウムの信者が飲んでいた麻原彰晃の残り湯は200mlが2万円で販売されていた。

水や空気でも付加価値を付ければ、元手を掛けなくても商売になるわけだが、この考え方をパチンコ業界に応用できないものだろうか?

「パチンコ、スロットのマニアは相当いる。好きな台のコレクションはどうか?」

「大きすぎて置く場所に困る。ボツ!」

「パチンコ玉をお守りとして景品で販売する」

「普通の玉ではダメだ!」

「じゃ、版権物でAKBのメンバーが実際に触った玉ならどうだ!」

「総付け景品としては面白いかも知れない」

ここから話は佳境に入る。持っていても邪魔にならないものがいい、という方向性が示された。

「ホールの会員証を特別バージョンにする。会員カードはICが入っているので1枚500円ぐらいする。特別バージョンは有料にする。その代わり、好きなアイドルや、好きなアニメの図柄選べるようにするなどの付加価値を付ける」

ホールにとって無料発行する会員カードのコスト負担はバカにならない。それを逆転の発想で有料にする。空気缶が売れたように、それなりの付加価値を付ければ、有料カードでも選んでもらえる一定の層がいるかも知れない。

「有料カード会員には1日、1杯紙コップ式の飲料水が飲めるとか、ホールが提携している近隣店舗で無料の会員カード以上の特典を受けられるようにする。無料カード会員はラーメン屋で味玉が1個なのに、有料カード会員には2個サービスにする」

ここは会員システムを販売している会社の範疇になってくるが、有料カードのアイデアはありや、なしや。さあ、どっち。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。