パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

総合スーパーとパチンコ


総合スーパーダイエーの凋落が始まったのは1990年代だった。家電量販店が躍進し始めたころだ。

当時、消費者から言われたのは「ダイエーには何でもあるが、欲しいものがない」。家電量販店に比べれば、当然、品揃えでは劣る。

総合スーパーは21世紀の業態ではないと言われ始めていた。そんな矢先に阪神淡路大震災が起きる。ダイエー三宮店は建物が倒壊するほどの被害を受ける。

この時、中内会長が指示したのは「とにかく店を開けろ。ダイエーがライフラインや。商品供給がダイエーの使命や!」と社内に発破をかけた。

芦屋店は棚が倒れて、商品が散乱していたが、出社できる人間だけで、震災当日から営業した。

被災した市民のライフラインの役目を果たした一方で、皮肉にもこの年にダイエーは赤字に転落する。

中内会長の側近の一人は「大型スーパーの時代は終わりました。これからはローソンの時代です。ダイエーはもう止めましょう」と進言した。

中内会長にすれば、ダイエーは我が分身である。改善策もないのに止めることは身を切られる思いだった。

1999年中内会長が引退。図体が大きくなりすぎて判断が遅れたが、2000年代に入ると堰を切ったように怒涛の勢いで事業売却、清算が始まる。稼ぎ頭のローソン、オリエンタルホテル、ダイエーホークス、新歌舞伎座、リクルート、横浜ドリームランドなどの大型案件から、フォルクス、オレンジページなどのこまごましたものも、ありとあらゆる関連事業を次々に売却して行った。

ダイエー本体も2015年にはイオンの完全子会社として傘下に入り、食品中心のスーパーで再建を目指している。

肝心のイオンも中核をなす総合スーパーの業績が低迷して、3年連続で赤字が続いている。

総合スーパーは安さ一辺倒で勝負してきたが、消費者のニーズはユニクロに代表されるように安さ+品質を求めるようになり、それに対応できなくなったことが衰退の原因とされている。

存在価値を失った総合スーパーは終わった、と言われて久しいが、では、パチンコも同じことがいえるのだろうか?

スロット4号機、パチンコMAX機の高射幸性の稼ぎ頭が撤去され、ホールの稼働、粗利の低迷が続いている。ホールにとって多額のおカネを使ってくれていた「太い客」は、どこへ行ったかというと、あるホールの調査によると、一発逆転を狙って競馬へ転向した客も少なくないという。

総合スーパーから食品専門スーパーに路線変更して生き残りを模索しているが、パチンコは低射幸性での生き残りを余儀なくされている。

低射幸性に低価交換という業態では、従来のようなコストを掛けられないことは明白だ。建築コストにおカネをかける時代でもなければ、機械代におカネをかける時代でもない。

高齢化社会によって時間つぶし、暇つぶしを求める一定のニーズはあるわけだから、それに応えることがホールの役目でもあろう。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。