パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

元店長の2017年業界雑感その③


エントリーに対してのコメントありがとうございます。厚く熱く御礼申し上げます。

20日、関東郊外に出張があり、国道16号線と国道◯号線が交わる辺りのホールにふらっと入りました。

場所はホールが特定されるのでハッキリは書きませんが、関東人は分かると思いますが、二つの国道は関東の大動脈道路です。

国道16号線沿いにあるホールは、勢いあるホールチェーンに買収されて、再オープンして1年未満。

20日20時の時点でお客様は15人です。一人もお客様がいない島だらけ。
この店の前を月に一回は通りますが、お客様の稼働が2割以上を見たことがありません。
目の前をガンガン車が行き交うのに。

ここ数年、交通量が多い幹線沿いのホールが閉店するなんて良く見ます。東京の動脈でもある新青梅街道沿いにあるホールと、すぐに近くのホールが立て続けに閉店したこともありました。

先日は、こんなロケーションのホールもダメなのか、と思うケースも。
茨城県の守谷近くのホールで、近くには超大型ホームセンターがあるし、交通量は結構あるし、目の前は開店して50年は経とうかというボーリング場があるのですが、ホールは閉店していました。

ボーリング場がやっていけている地区でパチンコはダメなんですね。
ボーリング場は、一度初期投資をしたら、長くその設備を使えて、少しずつ回収出来るから、ボーリング場の固定客を掴めば、やって行けるのですね。

加えて魅力的な料金プランもあります。



これを見ると、ジュニア会員があります。子供の頃から、そこのボーリング場の顧客になる訳ですよ。

道路を隔てたレジャー産業対決は、細く長く営業してきたボーリング場の勝ちでした。

こんな私がパチンコ好きになったのは、親の影響です。小学生なった頃から、月に1回、両親とパチンコ店に行っていました。パチンコ版ジュニア会員?

その頃は手打ちのチューリップ台。一発一発、丁寧に打つように言われ、母からは「入れ入れ、と心の中でお願いしながら打つんだよ」とアドバイスされ、それを信じていたものです。だって、まだサンタクロースがいる!と信じていた時代ですから。当時は、保護者同伴なら子供の遊技は黙認状態でした。

それとあの頃は、子供向けパチンコ台がおもちゃ屋にあった時代で、買ってもらいました。
また、自分でベニヤ板に釘を打って自作のパチンコ台を作っていました。

当時は捨てられていたパチンコ台を拾って来て、機械の仕組みを学んだことを今でも覚えています。

昔は、そんな子供が多かった。そんな小学生が高校生になるとパチンコを始める。パチンコへの入門の扉は全開!

今は、入門の扉は錆つき、硬くて中々開かない。つまり、遊技人口は減る運命なんですよね。パチンコの扉は錆びついているわけですから。

加えて、娯楽の多様化でパチンコ以外に目が向く。

若い人は知らないと思いますが、パチンコは娯楽の王様と言われていた。もう一度言います、娯楽の王様ですよ。

ところが、フィーバー機が出現して手軽なギャンブルと言われ始めた。これが娯楽から手軽なギャンブルへのターニングポイントです。

遊技人口が3000万人になってから今日まで、長い、長い手軽なギャンブルのバブル期でした。

色々な規制や指導が厳しくなって、遊技人口が減ってきたのですが、時代に合わない産業になったことに早くから気が付いていたのに、特効薬が見つからない。

それどころか、手軽なギャンブルから敷居の高いギャンブルになってしまった。

敷居が高くなってしまったギャンブルを3年くらいかけて、行政が強制的に娯楽の王様に引き戻すわけです。

しかし、求められることは業界自らの手で、次のようにパチンコ遊技をどうするかということです。

①娯楽の王様に変えることについて、どう考えているのか?
②敷居の低い遊びとして初心者に対するアピールをどう展開するのか?
③業界として、今後5年間で遊技人口を何%増やす計画なのか?

特に③の計画は、業界としてではなくて、あなたが管理する店舗として、あなたが所属するホール企業として、どのくらいの計画を立てるかが重要です。

大手チェーンでも新基準機の動向が読めないから、そんな計画は立てられない、と言います。

全国の店長さんは、自社の本部長やオーナーに、5年後10年後に何%客数を増やす計画があるのかを質問してみて下さい。

おっと、その前に、業界全体の遊技人口が1000万人と言われていますが、あなたの会社の遊技人口は何人ですか?

つづく



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。