パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

依存症対策に早急に入場規制を


パチンコ依存症経験者からの投稿である。職を何度も失い、パチンコを止めるために警察の世話になったこともあるが、それでも止めることはできなかった。心は歪み切り、自己責任の中で苦しんでいる。

打開策は入場規制しかない、と懇願する。

その辺の自己申告プログラムは進行中なので、後はホールが実効性のある運用をすることである。

以下本文

てかパチンコ屋ってどこのサイトやスレ見ても遠隔だ詐欺だ違法だとか批判的な意見ばかり書かれてるよね。
正直いって異常な状態だと思う。

パチンコの台の評価サイトも五段階評価中1.5が9割以上。
裏サイトでは誹謗中傷の嵐。

飲食業界、電機メーカー、あらゆる産業を見ても不祥事を起こさない限りバッシングされ続けることは起こりえない。

逆に言えばそんな逆風の中でも成り立っていたのは一重に依存性の高い’ギャンブル’であったということ。

多くの人が苦しむ前に業界がもっと自粛して、適度に遊べるようにしなかったのがそもそもの間違い。

私は完全に依存してしまい何度も職を失い、パチンコをやめるために警察に逮捕してもらったこともあります。
それでもやめられませんでした。

今は仕事ができるような状態ではなくなってしまい、業界がはやく規制を強化していくのを待ち続けているのが現状です。
入場規制をしてくれれば強制的に出入りができなくなるのを何度願ったことか。

多くの依存症になられた方が借金や鬱、犯罪などで人生を破滅に追いやられ最悪自殺まで追いやられたなかで自己責任と片付けられてきました。

私はパチンコ業界がすべての悪だとは思いません。
依存症の私たちも悪いのです。

私たちはその自己責任のなかで苦しみ続けているのです。

私は歪みきっています。
もしパチンコ業界の方が不幸にも死んでしまったり殺されてしまったりしたら。
私はその死を喜ぶことでしょう。
それくらいギャンブル依存症で歪んでしまったのです。

もしこの業界がまだ客を大事に思っているのであれば、
入場規制を早急に成立させてください。

どうかもう依存症からこれ以上奪わないでください。
私たちは数え切れないくらい苦しみ、そして死んでいます。

あなた方が取り扱っている商品はそれほど危険なものなのです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。