パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

メーカーがイノベーションを起こすために必要なこと


斜陽産業になりつつあるパチンコ業界の救世主としては、三共のフィーバー機以来のイノベーションを起こす遊技機の開発が渇望されている。射幸性や換金に頼ることなく、本来の遊技としてパチンコアンチまでが思わず飛びつくような遊技機が登場すれば、業界もV字回復するというものだ。

ところが日本の企業ではイノベーションが起こりにくい、と言われている。

平成最後の大型上場となったソフトバンクは、上場初日は公募価格の1500円を下回る1282円の終値で引け、当初の期待を大きく割り込んだ。初値の時価総額7兆35億円が終値では6兆1371億円へ。1日で9000億円近くが目減りする前途多難な船出となった。

悲観材料は飽和したケータイ市場、政府からの電話代の値下げ要請、5G通信時代のファーウェイ基地局見直しなど喫緊の課題が山積している。そもそもソフトバンクはケータイ電話会社であってイノベーションを起こせる期待感もない。

今、アメリカ発の「GAFA」という言葉が話題になっている。

GAFAとは、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社の頭文字を取った名称。いずれもアメリカを代表するIT企業であり、4社は世界時価総額ランキングの上位を占めている。また、世界中の多くのユーザーが4社のサービスをプラットフォームにしている。
さらに4社に共通しているのはイノベーションによって時価総額を上げていることだ。

イノベーションが生まれる背景には色々な考えを受け入れ、多様性の中からスマホのような世界を変える製品が誕生する。

その点日本は島国のため昔から予定調和が重んじられてきた。常識からはみだすような意見は摘み取られてきた。全く新しい発想がなければ、イノベーションを起こすような製品やサービスは生まれない。つまり、人と同じことをする協調性が評価される日本はイノベーションが起こりにくい土壌ともいえる。

ノーベル賞学者でありiPS細胞研究の第一人者である山中伸弥教授は「違う分野の人と話すとインスピレーションとなって刺激を受ける。新しい考えに結び付く。同じ仕事、同じ生活をしている人は、同じ考えでやっているので、革新的な考えは起こらない」と明言している。

ここにイノベーションを起こす遊技機開発のヒントが隠されている。イノベーションを起こす会社は自由な発想を重んじる社風がある。

グーグルはフラットな組織で下からのアイデアを意思決定する。中間管理職にもみ消されないためである。

例えば、商品化すれば売り上げが今の100倍になる可能性があるが、成功する確率は10%しかない場合、日本の企業は大半がためらう。特にサラリーマン社長はリスクを冒さない。

GAFAはリスクを恐れることなくアイデアを実現する方を選択する。日本でイノベーションが起こりにくいのはこんなところにもある。

以前のエントリーでインド工科大学卒の人材を採用することを提案したことがあるように、とんでもない発想からイノベーションは生まれる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。