パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

座して死を待つか、業界が一丸となって遊技人口を増やすかの二者択一


2人の大物がそれぞれの業界から未練を残しながら去ろうとしている。

1人はユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長で、もう1人は衆議院議員の亀井静香だ。

岡田会長は一代で築き上げたユニバーサル帝国のドンとして君臨していたが、20億円の私的流用問題で取締役会からクーデターを起こされ、会社を追放されてしまった。これを不服とした岡田会長は、代表復帰を目指して手続きを踏んだとしているが、ユニバーサル側は全面否定している。

一方の亀井代議士は警察官僚出身の政治家として、パチンコ業界とも何かと関りを持っていた。そのうちの1社がユニバーサルだった。2009年、同社の創業40周年の記念式典に招かれて、壇上でかつては犬猿の仲だったサミーの里見社長と岡田会長を握手させた光景が印象深い。

2005年の郵政解散選挙では自民党を離党して、国民新党を立ち上げた。2009年、民進党が政権を取った時は連立を組み、鳩山内閣で金融担当大臣になるも、野田内閣と対立して離脱。下野すると政治的影響力も薄められて行った。

政界引退の弁をこう述べていた。

「皆さんのご苦労を活かすことができなくなった。一緒にやっていく相棒がいない」と悔しさを滲ませた。

何かと縁の深い2人が同じ時期に忸怩たる思いで去ることは、因縁めいたものすら感じさせる。

これも一つの時代が終わる何かのサインなのだろうか?

ホール企業4社が顧問税理士に、今後5年~10年後の各社の経営シミュレーションを行ってもらった。ホール規模は単独店から数店舗の中小ホールだ。

改正風営法が施行されるのは来年2月1日から。現行の遊技機は旧基準機になるが、検定が3年間あることを考えると、完全に新基準機に移行するのは3年後の2021年。経過措置の3年後に機械を買える体力が残っているかを判定した。新台、中古を含めて機械の平均購入価格を1台30万円で計算した。

うち2社には「閉店」の判定が突き付けられた。しかし、ある程度の覚悟はできていたので、その結果に驚くこともなかった。

4円コーナーは新基準機を導入することになるが、初号機は稼働が取れるかどうかは皆目見当がつかない。当面は新台入れ替えのペースは落ち込むことは想像に難くない。

メーカーの新基準機の開発はあまり進んでいないようで、下請けの開発会社は「開発案件が止まっている」と悲鳴を上げる。

買い控えが続けば、当然、新基準機の中古のタマ数そのものが少なくなることが予想される。中古機オンリーで運営している弱小店には、新基準機の中古そのものが回ってこない可能性もある。

そうなると、べニア板営業も余儀なくされる。そんな見すぼらしいホールへ行く客もいない。

完全5号機に移行した2007年はホール、スロ専を含めると約1500軒が閉店に追い込まれている。

今回の規則改正は5号機ショック以上に業績に影響を与えることになる。出玉性能がパチンコ、パチスロ共に3分の2に抑えられ、ホールは売り上げ、粗利とも減少することを心配する。

座して死を待つか、業界が一丸となって遊技人口を増やすか。

やらなければならない答えは出ている。にも拘わらず突破力のある旗振り役が登場しない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。