パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

求人難のホール業界がすべきことは時給アップより会社の魅力を打ち出せ


採用支援のアベブがホールの求人難を打開するためのアドバイスを贈る。

以下本文

全国平均の有効求人倍率が1.5倍を超えており、緩やかな上昇が続いておりますが、
今回は、以下の2点につきまして、2017年9月時点データのご案内をさせて頂きたいと思います。
 
① 最低賃金の改定
 
(福岡県)   765円 (深夜957円) ⇒ 789円 (深夜987円)
(佐賀県)   715円 (深夜894円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(長崎県)   715円 (深夜894円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(熊本県)   715円 (深夜894円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(大分県)   715円 (深夜894円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(宮崎県)   714円 (深夜893円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(鹿児島県)  715円 (深夜894円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(沖縄県)   714円 (深夜893円) ⇒ 737円 (深夜922円)
(山口県)   753円 (深夜942円) ⇒ 777円 (深夜972円)
 
※ 深夜は、22時以降の割増賃金1.25倍となっております。
 
② 全国の「ホールスタッフ」の有効求人倍率
 
〇全国の全職種の平均有効求人倍率=1.52倍
〇全国の求人募集の「ホールスタッフ」の職種のみで算出した有効求人倍率
 
東京=16.61倍
愛知=10.20倍
広島=8.21倍
福岡=5.20倍
全国=6.93倍
 
※ ホール職種での募集企業は、飲食店・ゲームセンター・パチンコ店など、主に接客業の平均倍率となっております。
※ 例えば福岡の5.2倍で見ますと、求職者1名に対して、5社以上の募集が出ているという状況になります。
(5社で1名を奪い合う構図になっております。)
 
上記のデータから、全職種平均の1.52倍と比較しても、特に接客業においては、遥かに平均値を上回っており、
採用がいかに難しいか?ということが分かります。
 
また、1名あたりの全国平均採用単価も10万円を突破しており、職種によっては1名60万円以上かかっている企業様もございます。
 
今後も、緩やかに倍率が上昇すると予測されておりますが、直近では人材採用ができずに営業時間の短縮や、最悪の場合、
閉店に追い込まれるケースも急増しておりますので、時給以外の会社の魅力を求職者にアピールする必要があります。

求人媒体の見直しよりも、募集内容の見直しが急務です。
 

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。