パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールはWワーク希望者をいかに取り込むかがポイント


採用支援事業のアベブの太田氏が、パチンコホールのアルバイト採用ポイントを次のように解き明かす。

以下本文

毎月、アルバイトの求職者が、どのようなワード検索で職探しをしているか?という検索ワードランキングが、各求人会社から毎月発表されておりますが、「パチンコ」というワードが、TOP20以内に安定的にランクインしております。

毎月上位にランクインしているワードは、「日払い」「激短」「在宅ワーク」「短期」「シーズンバイト」などが、継続的に上位を占めております。(季節により多少異なることもあります)

「日払い」は不動の1位を持続しておりますが、特に最近の若年層は、時間優先型と言われ、収入よりもプライベートを優先する傾向にあることから、貯金がない方が増えており、スマホ代をとりあえず、日払いしてもらいたいといった、継続的な日払い希望ではなく、一時的な日払いを希望される方が増加傾向にあります。

「パチンコ」が、検索ランキングで人気20位以内に入るのに、なぜ採用ができないのか?

要因を分析した結果、以下のようなことが判明しました。

【求職者目線】 20代~40代

○メインではなく、Wワーク先としては、働いてみたいと思う。

○週1日~3日でもOKと書いてあるため、+アルファーの収入源としては良い。

○短時間OKと書いてあるため、メインの仕事とかぶらない時間帯に働けるなら良い。

○パチンコ店に入ったことがないため、いきなりメインで働くのは不安。

○レギュラー勤務でなければ、親が反対しない。

○9時~24時の間で、勤務時間を指定できるのであれば、空き時間に働きたい。

以上のことから、Wワーク先としては、一定の人気があると考えられます。
しかしながら、多くのパチンコ店では、週1日~3日の勤務希望者は、大方不採用になっており、
求職者のニーズと店舗の欲しいターゲット層に、ミスマッチが起きていることで、採用に至らないケースが多く存在しております。(不採用の理由の多くは、シフト作成が大変になり管理できない。)

最近では、深夜帯の業種などが、人材確保できずに廃業といったニュースが出るようになりましたが、これからは、このようなWワーク希望者をうまく活用できるホール環境を作ることも、採用を円滑に行うための対策としては、有効であると考えられます。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。