パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

魚のいない池で釣りをしても釣果は無い


ホールを取り巻く環境によっても違うが、稼働が一定の線を下回った場合、いくらスタートを開けても無駄! つまり稼働=集客にはつながらない。

実際、次のようなケースがあった。

ずいぶん前だが、千葉県旭市の繁盛店にパチンコ未経験者が入社した。

ある日、繁盛店に競合店の店長から電話が入った。

「おたくのスタッフが1日で羽根モノを7台も打ち止めしていった。もう来ないで欲しい」

店長はパチンコ未経験スタッフに確認した。

「はい、その通りです。パチンコの勉強のために行きました。12時間で7台打ち止めにしました。うちの店より出るのに、どうしてお客さんがいないのですか?」と逆に質問してきた。

競合店は、とにかくお客様がいない。地域のお客様から無視された存在で、後にクローズする。

その競合店では、羽根モノを遊技する人はほとんどいない状態で、普段は調整もしてないはずだ。もしかすると、稼働を増やすために開け調整をしていたのかも知れない。

このケースは典型的な末期なケース。開け調整すれば上手くいくと思っているのだろう。

今でも同様なケースがある。特に4円20円。

茨城県のホールチェーンから「いくら開け調整しても成績が上がらない」と相談を受けた。

さっそく丸1日店舗に張り付いた。

分かったことは、魚のいない池で釣り糸を下げていた。エサもミミズではなくてエビだった。

このホールは、実は私が10年前に寄稿した「導線シリーズ」
を読み返していたのだ。

これはシリーズとしては14回。このホールは今更ながらに、お客様の導線を重要視し始めたばかりだった。

導線は動線にあらず。導線は店舗がお客様を導く線と言う意味だ。

導線シリーズの中に、このような言葉がある。

「このままパチ業界が変らなければ、将来1万店割れは確実」と大手銀行や証券会社系の総研に勤務の友人は断言する。

結果はその通りになった。
この10年あまりで4000店以上も減り、1万店を切った。

パチンコ業界の危機は10年以上前から叫ばれていた。

それなのに、ホール業界の対応は、低貸しを増やすくらい。起爆剤がない。

京王線沿線のAホール。

1パチを増台に増台を重ね、とうとう4円の設置台数を追い抜いた。

駅から徒歩1分。徒歩2分圏内にある競合店の4円は非常に好調だ。

Aホールの評判は「1円は出るが4円は出ない」だ。

Aホールの4円のお客様の導線は、再構築すればまだ間に合うのに、1円を増台する選択をした。

確かに1円は常に高稼働だからその判断は間違いではないが、その前に4円の稼働を落とさなければ1円の増台はしなくて済んだ筈だ。

恐らくAホールは、低貸し専門店になるだろう。

もっと早く、4円のお客様の導線を太く出来なかったのか悔やまれる。

低貸しにシフトして、一時的に稼働がとれても、風船が萎んでいくホール。その末路は閉店だ。

間に合うケースのホールは、早く導線を確保して欲しい。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。