パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

カジノ解禁後の業界の懸念材料


カジノ解禁によってパチンコ業界はどのような影響を受けるのか? メーカーの営業所長が顧客先で今後の懸念材料について語り始めた。

「パチンコは1分間で使える上限金額は400円。1時間でも2万4000円が上限。公営ギャンブルは1回の賭け金額は青天井なのに、ギャンブル依存症対策ではパチンコ業界ばかりが叩かれるのは解せない」と憤慨した後で、こう話をつづけた。

「一番懸念されるのは3店方式の禁止よりも確変の禁止。ギャンブル依存症対策で言うなら確変禁止の方が可能性が高い」

そして、こう順番をつけた。

①確変の禁止
②3店方式の厳格化
③特殊景品の廃止

依存症対策の一環として、確変を禁止することについては日報でも何度も取り上げている。

確変は警察庁が肝いりでスタートさせたプリペイドカードシステムの導入が遅々として進まなかったことに対して、促進の切り札として、CR機に限り射幸性をそそる確変を警察庁が認めた背景がある。

「警察は自分たちの非を認めない組織なので、1回認めたものは禁止しません。確変を禁止したら自分たちの非を認めることであり、それは確変を認めた先輩の顔に泥を塗ることになる」(サツ回り記者)という見方もある。

②の3店方式については、パチンコ業界の生命線だ。ここを止められたらパチンコ業界は一巻の終わりだ。カジノ解禁後に3店方式に規制がかかるかどうかを業界としては一番知りたいところだ。

政界を引退した警察官僚出身の元議員の下には、未だにメーカー、ホールの両方向から情報収集に訪れている、という。現職議員もいるが、新たな業界の窓口となる議員を二階派から作る動きもある。

次の参院選に当選することが前提条件だが、旧民主党関係者は当該人物の人となりをこう評す。

「参議院を2期務めただけ。力をつけるまで、10年、15年はかかるんじゃないでしょうか。中途半端で何に強いというものもなかった。やはり、警察官僚出身で警察に強い先生じゃないと生の情報は入ってきません」

メーカーの所長は③についてこう持論を展開する。

「特殊景品という呼び方が問題。今からでも遅くないので、業界は特殊景品という呼び方をやめた方がいい。『何が特殊なのか?』と突っ込まれた時に業界は何と答えるのか? 換金を前提にしているから特殊だと答えるつもりなのか?」

特殊景品も3店方式の絡みで派生してくるものだ。言うまでもなく、グレーと言われている3店方式を合法化しない限り、パチンコ業界の安寧はない。玉石混交では合法化できないので、きちんとしたホール企業が残るまで、その選別を規制によって行っている、ということだろうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






ホール跡地にスーパー銭湯


ホールの老朽化に伴い、建て替えが迫っている物件がある。オーナーは業界の現状を勘案して建て替えは断念した。低貸し主体の営業ではとても採算性が合わなかった。

オーナーにはまだ資金力はあった。ホールの建て替えの代替え案として、白羽の矢を立てたのが温浴施設だった。温泉掘削会社に調査費用として1000万円を投じた。

「熱い温泉を掘り当てたら燃料代もかからない」とホールの跡地スパリゾートを建設して従業員の雇用も確保する予定だ。

ということでホール企業と温浴事業について改めて振り返ってみた。

パチンコ業界と温浴施設経営の歴史は古く、1984年12月には名古屋のホール企業が薬湯をベースにした「中部健康センター七宝」をオープンさせている。筆者も業界誌記者時代に体験したことがある。入浴すると粘膜がピリピリするのをウリにしていた。

第二次ブームは1990年代半ばから2000年代にかけて。ホールの財政には十分な余力があり、新規事業としてスーパー銭湯経営に乗り出すホール企業が相次いだ。業界誌でもその特集が企画された。

その後2010年代に入ると、再びホール企業の温浴施設経営に参入が始まった。

「パチンコ」「温浴施設」で検索すると次のホール企業がヒットした。

・公楽「気仙沼ほっこり湯」
・オアシスグループ「君津の湯」
・ジャパンニューアルファ「湯花楽」
・ジョイパックレジャー「竹取の湯」
・HIROKIグループ「スパ&ホテル 和」
・プレイランドキャッスル「湯の城」
・コロナワールド「天然温泉コロナの湯」
・晃商「伊賀の湯」
・平川商事「奈良健康ランド」
・延田興業「延羽の湯」
・八城観光「神州温泉あるごの湯」
・ノヴィル「あらたえの湯」
・一富士興業「スーパー銭湯ゆらら」

では、実際温浴施設を作るにはどれぐらいかかるのか?
まず、掘削業者にかかる費用は次の4つ。

1.温泉が出るかどうかの調査費用
2.温泉を掘る許可をもらうための手続き費用
3.掘り当てた温泉をくみ上げるポンプの費用
4.掘削するための費用

1~2までは1000万円以内で収まるが、問題は3~4だ。

日本はどこを掘っても温泉が出る、といわれているが水脈を当てるまでに何メートル掘るかによって変わってくる。一般的な相場は1メートル掘るのに10万円かかる。1000メートル掘れば1億円はかかるが、業者によっては調査費やポンプ費用を込みで1億円以内で受けるところもある。

温泉を掘り当てた後は、建物の建築費や家具什器の備品が必要になる。300坪クラスなら上物で3億5000万円。

スーパー銭湯の入浴料は500円~1000円。客単価800円として、1日1000人が訪れれば1日の売り上げは80万円。年間約3億円の売り上げに対して、利益は3割弱の8000万円。初期投資4億5000万円を5年ほどでペイするのが温浴ビジネスである。

ところが、競争が始まると客の滞在時間を延ばそうと休憩・仮眠スペースの拡張や飲食施設のフルサービスへの転換を図った。ここ数年では平均で敷地面積2500坪、延床面積750坪程度にまで拡大し、パチンコホール同様に大型化により投資額も10億円、15億円とうなぎのぼりだ。投資回収も8~10年へと伸びている。

10年経った頃には設備の改修も必要になってくる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






スタッフのシグナルを見落とさなければ離職率は下がる


3月15日、大阪・梅田で開催されて「社会におけるパチンコ店の役割を考える集い」(シナジーアーク、パチンコ日報共催)より。

講師:河合文徳(店長)
テーマ:「自分が業界で頑張る理由と従業員が離職しなかった理由」



会社には①人材、②人員、③人財の3種類の人が働いている。

人材とは指示ざれたことを70~80%しかこなせないアルバイトや新人社員。人員とは100%こなせるアルバイトリーターや社員。人財とは100%以上の+αができる役職者。+αが大きくなれば役職も上がっていく。

つまり、人財集団になれば会社は良くなるが、離職率を下げなければ役職者も育たない。そのためには頑張ったら評価されるいいチーム作りが必要になる。

スタッフは急には辞めない。辞めるまでにはいくつかのプロセスがある。その過程でシグナルやSOSを出している。

お願い事をしても「しんどい」とか「忙しい」とレスポンスが遅くなる。スタッフ間同士でもコミュニケーションを取らなくなる。身だしなみに乱れが出る。

こうしたサインを見落とすといきなり「辞めさせてください」となる。その時の辞める意思は固まっているので引き留めても遅い。

シグナルがあった時点で問題点を潰していけば離職率は下がる。

おはようの声掛けで下を向いて返事するようなスタッフにはすぐに「どうした? 何かあったのか」と面談する。朝礼、終礼でも顔の表情を見て声を掛ける。

「どうしたの?」と一言声を掛けるだけで、「自分のことを見てくれている」と印象も変わる。

会員募集やコーヒー販売、サービス向上のアイデアなどで成果を出したスタッフは手作りの表彰状で褒める。「ありがとう」を形にすることでスタッフのモチベーションが上がる。

私が若いころ320台のホールに店長として着任した時、1人でホール業務を全部こなせる自信があったので、できないスタッフには厳しく指導して、できないのなら辞めろ、というタイプだった。

ところが1000台クラスのホールの店長になった時は、さすがに1人では回せない。社員は20名、アルバイトは100名もいる規模で、スタッフの名前も分からない。

グランドオープンの前日、水巻に2時間もかかって帰ってこないアルバイトスタッフがいた。そのアルバイトスタッフが、店が落ち着いたころ「ディズニーランドに行くので1カ月休ませてくれ」と非常識なことを言ってきた。

「数を揃えたらいいのか?」ということになり、彼は早番と遅番を通しでやったり、早番と遅番を集めてそれぞれのシフトを聞きながらシフトを組み始めた。朝、アルバイトからジャンジャン当日欠勤の電話が鳴るような環境だったが、仲間から「休むな」と言われれば休みにくくなる。任すことによってシフトを守るようになった。

人を使うことの本当の意味が分かった。

古いタイプの主任はほぼ通しで働き、仕事を一人で抱え込んだりする。抱え込まないで任せないと下は育たない。

パチンコは現金商売なのですぐに結果が求められるが、1年もやれば育つ。そのためには上の忍耐が必要になる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








業界の岩盤規制と既得権の解体


「業界価格が下がらないのは業界が抱える構造的問題にある」と指摘するのは業界一家言氏だ。この構造的問題とはズバリ余計な組織・団体が増えたことを指す。

「中古機を移動するにも指定販社を使え、機械を運ぶにも指定運送業者を使え、ということは登録している会社しか遊技機を扱えない。それはそれで既得権となり、自由経済が阻害されている。つまり、これがパチンコ業界の岩盤規制になっている。組合側の人におカネを落とさなければならないからモノの値段が下がらない!」と憤る。

それは言い換えると不正防止、健全化のコストともいえる。CR機が登場してから遊技機販売業者登録制度、遊技機取扱主任者制度、回胴遊商などが生まれる。

風営法はパチンコ営業を営む者に対する法律であって、販売業者は風営法で縛られることはない。そのことが逆に流通段階での不正を生む温床ともなった。流通過程での不正を防止するために、前出の制度や団体が生まれたが、残念ながら万全と言える体制ではない。

2013年に起こったスロットの不正サブ基板改造事件では、運送途中に基板が替えられたとして運送会社をスケープゴートに、事件は幕引きとなった。

不正基板は回路やプログラムが分からないと作れない。ましてやおカネもかかることで、運送会社や営業マン、ゴト師が作れるレベルのモノでもない。主犯格の捜査をするでもなく、事件はうやむやで終わった。

ホールが一切不正をしない、メーカーが一切不正をしない、となれば本来は中間業者は登録制にする必要もないし、自由競争させるものである。

業界の構造的問題は、業界が右肩上がりの時なら気にもならなかった。

確変が認められたCR機の登場で、射幸性がパワーアップし、それに伴って売り上げも上がった。ホールの売り上げが上がれば、メーカーだってその流れに乗り遅れまいと機械代を上げて行った。

ところが、射幸性を抑える規制の連続で、機械代は高騰したままで、遊技機の出玉性能は衰えるばかりである。とても回収できる性能ではない。この乖離がボディーブローのように効いてきたのが今である。

かつては高収益がパチンコ経営の最大の魅力だったが、繁華街でテナント契約で入っていたホールが契約更新で、ドラッグストアが提示する家賃に負ける時代になってしまった。

「業界衰退原因が釘を閉めるホールが悪い、高い機械を売るメーカーが悪いと罵り合っている場合ではない。設備投資に見合った回収ができなくなった原因を探るために、岩盤規制で不要な組織を解体することから始めてみること」(同)

はて、さてそんなことができるとも思えないが、岩盤規制と既得権を解体すれば違った未来が開ける?




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



メーカーがイノベーションを起こすために必要なこと


斜陽産業になりつつあるパチンコ業界の救世主としては、三共のフィーバー機以来のイノベーションを起こす遊技機の開発が渇望されている。射幸性や換金に頼ることなく、本来の遊技としてパチンコアンチまでが思わず飛びつくような遊技機が登場すれば、業界もV字回復するというものだ。

ところが日本の企業ではイノベーションが起こりにくい、と言われている。

平成最後の大型上場となったソフトバンクは、上場初日は公募価格の1500円を下回る1282円の終値で引け、当初の期待を大きく割り込んだ。初値の時価総額7兆35億円が終値では6兆1371億円へ。1日で9000億円近くが目減りする前途多難な船出となった。

悲観材料は飽和したケータイ市場、政府からの電話代の値下げ要請、5G通信時代のファーウェイ基地局見直しなど喫緊の課題が山積している。そもそもソフトバンクはケータイ電話会社であってイノベーションを起こせる期待感もない。

今、アメリカ発の「GAFA」という言葉が話題になっている。

GAFAとは、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社の頭文字を取った名称。いずれもアメリカを代表するIT企業であり、4社は世界時価総額ランキングの上位を占めている。また、世界中の多くのユーザーが4社のサービスをプラットフォームにしている。

さらに4社に共通しているのはイノベーションによって時価総額を上げていることだ。

イノベーションが生まれる背景には色々な考えを受け入れ、多様性の中からスマホのような世界を変える製品が誕生する。

その点日本は島国のため昔から予定調和が重んじられてきた。常識からはみだすような意見は摘み取られてきた。全く新しい発想がなければ、イノベーションを起こすような製品やサービスは生まれない。つまり、人と同じことをする協調性が評価される日本はイノベーションが起こりにくい土壌ともいえる。

ノーベル賞学者でありiPS細胞研究の第一人者である山中伸弥教授は「違う分野の人と話すとインスピレーションとなって刺激を受ける。新しい考えに結び付く。同じ仕事、同じ生活をしている人は、同じ考えでやっているので、革新的な考えは起こらない」と明言している。

ここにイノベーションを起こす遊技機開発のヒントが隠されている。イノベーションを起こす会社は自由な発想を重んじる社風がある。

グーグルはフラットな組織で下からのアイデアを意思決定する。中間管理職にもみ消されないためである。

例えば、商品化すれば売り上げが今の100倍になる可能性があるが、成功する確率は10%しかない場合、日本の企業は大半がためらう。特にサラリーマン社長はリスクを冒さない。

GAFAはリスクを恐れることなくアイデアを実現する方を選択する。日本でイノベーションが起こりにくいのはこんなところにもある。

以前のエントリーでインド工科大学卒の人材を採用することを提案したことがあるように、とんでもない発想からイノベーションは生まれる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。