パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

国民の日々のストレスの解消と明日の勤労意欲の増進に寄与するパチンコへ帰れ


今の世の中、メディアだけでなく一般人も含め「叩く社会」になっている。

最近の例では豊田真由子議員の「このハゲ~」問題に、橋本健元神戸市議のチラシ架空発注問題だ。両名がやったことは、批判されるのは当然のことだが、特にテレビは他にニュースがないのか、と思うぐらい必要以上に取り上げる。それを取り上げると視聴率が取れるのか知らないが、ワイドショーは数週間に亘り叩きまくる。

両名には家族もいれば、子供もいる。家族は恥ずかしくて外へも出られなければ、子供は学校でイジメの対象にだってなりうる。そういう二次被害はお構いなしだ。

一般人は一般人で匿名性を隠れ蓑に、ネットを使って他人を叩きまくる。

なぜ、そんな社会になったのか? それは現代社会がストレス社会になって久しいからだろう。ストレスが溜れば、人間は神経性胃炎、胃潰瘍、不眠症、うつ病、自律神経失調症など様々な病気を引き起こす原因となる。ストレスを発散するために他人を叩く人も出てくる。

サラリーマンは会社の憂さを晴らすために酒を飲むように、パチンコが戦後の混乱期に果たした役目は「国民の日々のストレスの解消と明日の勤労意欲の増進に寄与する」ことだった。

ハンドルネーム「元業界人」さんは、このパチンコが本来持っていた使命に着目する。

「これがまさに理想ではないでしょうか。パチンコは、勝つか負けるかの博打である、と言った方がよほど健全だと思います。博打なのに遊技、ギャンブルなのにエンターテインメントというまやかしの言葉を使ってきたこの業界は、先の理想、言ってみれば綺麗事な使命を見失い、拝金主義になってしまったと思います。ですが、そもそも、先の理想があって、パチンコは誕生したのでしょうかね。あとで、とってつけたような賛辞のようでなりません。だからこそ、理想、綺麗事を追求してみたらどうなるでしょう。新しいパチンコの可能性がそこにあるのではないかと思います。といっても、まだまだ拝金主義は続くでしょうけどね」

元業界人さんはメーカーか機械販社に勤務していたようだ。

「私が業界にいた頃、自分の叩いた台の開店立ち会いをしていて、当たったときのお客さんの笑顔とか見るのがとても好きでした。なかなか当たらないお客さんがようやく当たったときの表情。目が合って、笑顔になる方。そんな開店が好きでしたけど、開店から分岐トントン、それ以下の指示で叩くようになり、いつしか、この台は回しても抜けますよって言って機械売るようになっていました」

日々のストレス解消の役目から、ストレスを生む営業になったことが、パチンコが衰退する原因でもあろう。

パチンコがもう一度「国民の日々のストレスの解消と明日の勤労意欲の増進に寄与する」という使命に方向転換すれば、業界の存続価値もある。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。