パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

メガバンク関係者が語るパチンコ業界


フリーローンとは使い道が自由で、家具・インテリアの購入資金、旅行資金、パソコンや周辺機器の購入資金、婚礼に伴う資金、引越・住み替えに伴う資金などに使える。

勤続年数が長いサラリーマンだと簡単に審査も通る。金額は10万円以上500万円以内を貸し出してくれる。

メガバンク関係者が個人向けのフリーローンについて語る。

「50代の人がローンを払えなくなっています。督促状を送り、遅れながらも払っていた人が遂に自己破産する。自己破産者の行動パターンをデータベース化していますが、50代はパチンコなんですよ。ただし、自己破産は、ギャンブルの借金は認められませんが、本当の所はパチンコです」

自己破産者を年代別に調べると30代ではパチンコの借金はほとんど見られないのに、これが50代になると急増する。

「50代の人はパチンコの爆裂機を体験している世代なので、一発逆転を狙う傾向があるのが特徴です。おカネに困るとパチンコに走ってしまう。規制をもっと強化すべきですね」

このメガバンク関係者は50代で、高校生の頃からパチンコをやっていたので、パチンコユーザーの傾向は特に熟知している。

「業界は全台甘デジにしないと、ユーザーは借金地獄に落ちてしまう。ギャンブラーは減らない」と断言する。

サラ金業界は総量規制で壊滅状態に陥り、大手各社はメガバンクの軍門に入った。総量規制はパチンコユーザーにも打撃を与えた。主婦が手軽に借りられなくなったこともあり、パチンコ業界の売り上げにも影響している。

総量規制が実施される前年度の2006年の市場規模が27兆4550億円だったのに対して、2007年は22兆9800億円と大幅に下がった。それまで遊技人口の減少と共に毎年1兆円規模で下がっていたことを比較しても、一気に約5兆円も下がったことは、総量規制の影響が色濃く出ている。

「確率がMAXの1/400から1/320になったが、それでも遊技の範疇とはいえませんね。1/100で初めて遊技といえるんじゃないでしょうか。業界はちょいパチという当たりやすいパチンコ台を出しましたが、これは規制を逃れるための業界のポーズではないでしょうか」

遊技に戻らなければいけない、と指摘する一方で、ちょいパチの評価はなかなか手厳しいものがある。

「等価交換が諸悪の根源でした。あれで20~30万円も勝てるようになりギャンブラーを増殖させてしまいました。昔の40玉交換時代が遊びだった。あの時代に戻ることは難しいが、とりあえず、等価交換は全廃することです」


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。