パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

大手広告代理店関係者による時事ネタ二題


悪質タックル問題で大学イメージが毀損されてしまった日本大学は、その影響が就活生にも及ぶ事態へ発展している。

日大学生部は就活生へ向けて次のお詫び文を発表している。

現在、本学に関するさまざまな報道がなされており、就職活動に奮闘している学生の皆さまは採用への不安にかられていることと思います。 この点、大学の対応が遅くなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

就職指導課では、学生の皆さまの就職活動への影響が最小限となるよう、企業・団体の採用担当者に従前どおりのご配慮をお願いしていますので、学生の皆さまは臆することなく引き続き就職活動に励んでください。

就職指導課では、皆さまの就職活動を最重要課題と考えておりますので、是非ご相談ください。就職指導担当教員並びに就職指導課スタッフ一同、最大限の努力をいたします。
 
悪質タックル問題は監督の責任であって、アメフト部員はともかく一般の就活生には全く関係のない問題だが、採用する企業はそうでもなさそうだ。

大手広告代理店の関係者はこう話す。

「日大生を採ったら、よく採ってくれたな、と世間が思う一方で、日大生しか採れなかったのか、という反応を警戒して、それなら最初から日大生は一切採らない、という人事担当者もいますね。日大生は、今年は苦戦するんじゃないでしょうか。今は箱根駅伝4連覇の青学のブランドイメージが上がっていますね」

しかし、ホール企業の見方は違う。

「それでなくてもパチンコ業界は新卒採用が厳しくなっています。大手ホールの中には、日大出身者に後輩をリクルートするように働きかけているケースもあります」

何度も言うが、内田前監督が主犯格であって、一般の日大生が悪いわけでもなんでもない。ホール企業は日大生を積極的に採用するのもいいだろう。

日大問題はこのぐらいにしておいて、大手広告代理店関係者の話はまだ続く。

「パチンコメーカーからテレビCMに関して相談がありました。今、CMを打つことで企業イメージ、世間の反応について客観的に教えて欲しいという内容でした」

メーカーとしては遊技客が減少し続ける傾向をテレビCMで少しでも打破した、という考えのようだが、広告代理店が下したアドバイスとは?

「今、依存症の問題が持ち上がり、ギャンブル依存症対策法もいずれ施行される中で、CMを打つことは逆効果。ラジオも週刊誌もすべてダメ。この先5年はまだ自粛すべき」

依存症問題を論じるのであれば、本来は公営競技も宝くじもテレビCMは自粛すべきだが、そういう風潮はない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。