パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

30年後のホール経営は? その5


セミナーに参加した後、個別相談会へ移りました。
参加料の高いセミナーですから、活用する(元をとる)には大切な個別相談会です。

担当者は国内のレジャー産業に明るい方でした。

よくある業界天気予報の話から入りました。担当者はきっと最初に「ガツン」とやるつもりだろう、と予想していたら、本当にガツンときました。

業界の姿勢、業界の規制が今のままならば、30年後の2050年は土砂降りの豪雨だそうです。

分かってはいましたが、改めて言われると危機感を覚えます。
2050年、私は多分死んでいると予測します(笑)。
しかし、3代目は生きている年齢だし、4代目が会社を継いでいるはずです。

30年後のパチンコ産業は、存在していると思いますが、どんなカタチになっているでしょうか?

発展か衰退か?

銀座の歌舞伎座前の老舗弁当店が閉店しました。152年の歴史がありました。

私も何度も舌鼓を打ちました。近くに行けば買わないと損をした気分にさせる弁当店です。歌舞伎座へ観劇に来る観客も買う方々が多い。

しかし、コロナ禍による外出自粛と、歌舞伎座の公演中止によるものからの閉店です。


他にも関西の人気蕎麦店、有名菓子店も店舗規模を縮小。

帝国データバンクが、コロナ倒産の速報を出しました。

リンク先のグラフを見ると、倒産件数は右肩上がりです。
既に600社を超えました。

先が予測出来ないコロナ。
幸い日本は海外の感染状況のようにはなっていません。
しかし、コロナのDNAがいつ変化してパンデミックを起こすか分かりません。

担当者は「新規事業は本来ならば、景気が良いときにすべきてあり、今は状況把握をしながら、事業計画を立てましょう」と話します。

担当者によると、守秘義務があるので話せる範囲で教えてくれましたが、取引のあるチェーンさんの大型店が危機的状況のようです。

台数をぼかします。4桁規模のホールですが、自粛明けから8月まで、客数が4割ダウンが続いていて、9月から客足を伸ばそうと割数を上げましたが、その判断が遅かったため、67%しか戻ってないそうです。

この銀行系シンクタンクは、コロナ前に次のような予測をしていました。

30年後のホールで、一番下効率が良い規模は「300台だ」と言い切りました。

将来の消費税率、所得、ライフスタイル、などから導き出した数字です。

5年後は500台から700台。

10年後は最大でも550台。

30年後は300台です。

ホールをロケーションにより、その台数は変わりますが、首都圏でも1500台規模のホールは「利益が取れなくなる」と断言。

つまり事業効率が悪化すると言うことです。

2050年の遊技人口規模は、245万人から310万人。
ホール数は2700店舗。

この数はパチンコ業界や業界を取りまく環境により、上下することをお断りしておきます。

安倍政権はデフレからの脱却を目標にしましたが未達です。

いつ脱却出来るのか?
もう20年もデフレ。

担当者は「当分脱却は無理です!」と断言しました。
ダメ押しでコロナの影響で3年間は絶対に脱却できないとも付け加えました。

国内の様々な需要と供給のバランスが大きく崩れたので、モノあまり、消費抑制の気分が働き、間違いなくデフレが悪化するそうです。

つづく