パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

30年後のホール経営は? その3


パチンコ産業が30兆円産業と言われた時代から、私は1つの疑問を持っていました。

ホールについて、売り上げ規模の割には、事業規模としてはショボいと。

今から約30年前に初めて店長として赴任したホールは300台。まだ組合申し合わせで300台ルールがあった時代です。
1日の売り上げは、担当した初日は1280万円。半年後には1500万円になりました。
その時の印象は、簡単に売り上げが上がってしまうものなのだと。

合繊メーカーからの転職でしたから、売り上げを上げる苦労は知っておりました。

売り上げが半年後に220万円以上アップ、率にして17%です。
普通の小売店や製造業では、こんなに売り上げが短期的に上がるのは、余程のヒット商品がなければ無理です。
しかしホールは、やり方次第では、簡単に売り上げが増えてしまうことに驚いたものです。

しかし、その割には、店舗の印象や従業員数が、製造業に比べて、売り上げ金額に見合わないと思いました。

今から思うと、300台の小さなホールで、日売りが1500万円。年商としては50億円以上。
あり得ないと思いました。

当時の比較で説明すると、多層階で中規模のイトーヨーカドー1店舗で年商50億円くらい。
製造業ならば、工業用ミシン糸メーカー(アパレルの分野では日本一のシェア)でさえ年商は55億円。

なのに、300台の小さなホールで年商50億円以上を稼ぎだすなんて、
私は数字にマジックをかけたとしか思えませんでした。

当時の300台のホールなんて、総従業員数なんて、アルバイトも含めて15人もいれば十分でしたが、
他の業種で年商50億円ならば、従業員数が100人以上いないと足りないくらいです。

消炎鎮痛薬「サロンパス」は、世界シェアNo.1を誇りますが、その製造元の久光製薬の18年度は売上高1434億円でした。
従業員数は約1500人。この規模ならば、準大手のホールチェーン並です。

つまり、売り上げ金額に対して、ホール関係者の感覚は、20兆円とか60兆円産業の呼び方に慣れてしまい、又、ホールの日売り金額が当たり前になり、1個100円の商売は、見劣りしてしまうと思います。

ここにホール業専業経営の落とし穴があるのでは、と思います。
つまり、ホール関係の売り上げ金額感覚では、他の業種の売り上げが小さく見えて、感覚が麻痺している。
だから、本業でホール経営をしていると、小さな商売に見える異業種には手を出さない=多角化が遅れる、ことにつながるのかも知れません。

パチンコ業界には、業界価格と言われる不名誉な価格があります。
同じレベルの製品や工事作業の金額が、他の職種よりも高いということです。
先日も、頭取りのエントリーがパチンコ日報で紹介されておりましたが、そちらにも業界価格と言うキーワードがありましたよね。

つまり、ホール業界は、長年高コストである部分を、高コストであることを意識せずに過ごして来ました。

前出の三代目ホールの社長は、売り上げマジック、業界価格、などに慣れきっているのですね。

ホール業界の売り上げ実態を、他の業界の売り上げ実態に合わせたら、二分の一、いや、三分の一がいいところだと思います。

ずいぶん前に、売り上げ規模について、ネット式算出とグロス式算出について書きました。
私は海外のカジノと同じように、利益規模で語った方が良かったのではないかと思います。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。