パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

今後の旧規則機撤去における重要な課題


コロナ禍で厳しい状況が続いていますが、今後はスロット高射幸性機の撤去や青ハナビ・沖ドキ・ジャグラー、パチンコではCR大海4の撤去が迫っています。

これまでも、旧規則機から新規則機への移行は進めて計画的に進めていたと思いますが、今後の旧規則機撤去は今まで撤去してきた機種とは大きく異なります。

異なる理由をお伝えする前に、【ストック系機種・フロー系機種】について説明をさせて頂きます。

武内がクライアント様に説明するために【ストック系機種・フロー系機種】と表現しているので一般的ではありませんが、簡単に説明すると【ストック系機種=1年以上設置して長く使えている機種】【フロー系機種=1年以内に外れる傾向の機種】です。

これまで新規則機に移行して撤去してきた旧規則機は、ホール様にとってどちらかというとフロー系の機種が多く、既に稼働が低下した機種を優先して撤去してきたと思います。

お店によって新規則機への移行比率は異なりますが、私のクライアント様ではパチンコ5割(残り5割)・スロット4割(残り6割)の進捗傾向です。

ここで、『今後の旧規則撤去における重要な課題』として、これから撤去を進めていく旧規則機は【ストック系の機種】が中心になっていくというものです。

この【ストック系の機種】というのは、ファンがついていたので長く使用でき、長期的に安定した粗利を得られ、更には他店にあまり移動しないファンが好んでくれた傾向の機種になります。

【ストック系の機種】を撤去することは、お店にとって『稼働低下・粗利低下・ファンの離反』を起こす可能性があります。

よって、重要な課題としては“次なるストック系の機種”を育成するために、導入していく機種で現在のファンに『好きな機種』を見つけてもらえるよう、お店の施策を練って実行していく必要があります。

『好きな機種』が無くなり、次の好きな機種が見つからなければ“撤去離反(撤去したことでお客様が離反する)”が起こります。

低貸コーナーであれば、お客様もいろいろ試して好きな機種を見つけてくれるかもしれませんが、実際に打って見つけられなければ、好きという動機が低下して徐々に来店意欲も低下していきます。

4円Pや20円Sの場合には、1円の4倍の投資がかかるので、好きになるか分からない機種をいろいろ試して探すということの可能性は低下します。

ヘビーユーザーであれば、機種の情報を自ら取って探してくれますが、月の来店回数が5回以下のお客様は約4割(お店によります)だったとして、1000人の会員様が居たら400人が好きな機種を探せずに、離反してしまう可能性が高まります。

お店として、お役様が次のレパートリーになる機種を見つけられるような、機種の価値提案や、カテゴリー分類による提案を施策として準備していくことが、課題に対するものになります。

既にクライアント様では“ファンを離反させない”という取組みと、“ファンを増やす”“ファンの来店回数増を目指す”という取組みを始めています。

何をやっているかは、コラムが長くなるので次回以降のコラムで触れていきたいと思いますが、是非とも今から準備を進めて欲しいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。