パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

年齢で貴重な人材を逃したホール


東京・銀座の一等地ガス灯通りで営業を続けてきた正統派のキャバレー「白いばら」が87年の歴史に幕を下ろしたのは昨年1月10日のことだった。店内は生バンドの演奏が流れ、フロアではダンスが繰り広げられる。若かりし頃の石原裕次郎が活躍した日活映画の昭和レトロを感じさせる老舗キャバレーでもあった。

平日ならビールとおつまみが付いてのセット料金は3時間9800円、と銀座では良心的な明朗会計で今でも多くの人に愛され続けてきた。

経営は順調だった。客質も良く、ホステスのホスピタリティー溢れる接客も好評なのに、閉店を余儀なくされたのは建物の老朽化だった。

白いばらのホステス用トイレの個室にはこんな注意書きが貼っている、という。

「ここでスマホを使用しないでください! 少しでも早く! 今、ご来店いただいているお客様への喜び作りのために」

この精神がホステス一人ひとりに浸透していた。

「白いばら」でホステスをしていたA子さんは、閉店に伴い、職を失うことになった。そこで給料が高そうな業種としてパチンコホールを選択した。2社面接に行ったが2社とも不採用になった。

接客には自信があるA子さんは不採用になったのは、自分の年齢のせいではないか、と考えた。正確な年齢は分からないが、40歳を過ぎていた。

2社とも正社員採用はないが、アルバイトなら採用してもいいということだったが、A子さんはあくまで正社員採用を希望した。

「パチンコ屋さんはカウンターはやはり若い子の方がいいんですかね」とA子さん。

ホール企業に不採用になったA子さんが次に選択したのがビジネスホテルだった。こちらは採用となり、3カ月間の試用期間を経て正社員に登用され、即戦力として頑張っている。

白いばらで磨いてきたA子さんの接客術はホテル業でも見事に活かされ、上司からは非常に高い評価を得ている。小さな気配りや、客が望んでいそうな先読み術は長けていた。

接客については「また来たいと思っていただくことが重要です。チェックイン前に部屋の準備が100%できていなくても、お客様からは早くチェックインしたい要望がある。お客様の要望に応えるためには部屋の準備が100%できていなくても、フロント対応でチェックインしてもらうこともあります。失敗してもいいからそこから気づけばいい」というスタンスだ。

ホールのカウンターは若い女性がいいかも知れないが、ホテルのフロントは年齢がいっていてもそれが安心感につながる。

ホールは年齢にこだわったのか、いい人材を逃してしまった。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. A子さん側からの情報だけで記事を作成したのは、あまり良いとは思えません。
    A子さんが面接を受けたというホール2社の話も聞いて、記事を作成すべきかと。
    優秀な人材を失った、といいたいだけなのでしょうが、彼女がもしホールに
    採用されていたとして、成功を収めていたかどうか、それはわからない。
    ホールに通う人間は、圧倒的に負ける人が多い。負け組というのは、とかく人、物に当り散らす、
    罵倒するといったケースが多いのだから、メンタルが弱そうだと
    判断されれば、そういった人間を相手にしなければならないホールスタッフには
    採用しずらいだろう。また、ホステスをしていたという経緯から鑑みるに、
    それなりの容姿をしていたと推測。ならば、それによる男女間トラブルを忌避したかもしれない。
    重ねて言うが、面接したホール2社の側の話も取材すべきである。
    本当に年齢だけで採用不採用を決めたのならば、猛省しなければならないのだから。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  2. 残念ながらうちは、歳いってる人間はきれ!とか採用するな!とか本社から言われてますね。
    「年齢だけ」で判断するなんて頭悪いですよね。
    現役店長    »このコメントに返信
  3. 残念ながらパチンコ屋にくる客層はホテルと比べて悪く、
    とにかく若い子が良いというおっさんが中心だからパチンコ屋の採用基準はあながち間違っていないと思います。
    ぱちユーザー    »このコメントに返信
  4. これは本当に年齢で弾かれたのですか?
    記事を読む限りでは確定的な事は書かれてはいませんが。
    タイトルも言い切っちゃってますがこれは大丈夫なのでしょうか。

    私がたまに行くホールには、おそらく40は過ぎているだろうなと思われる女性も複数人います。途中から増えた方もいます。

    本当に年齢で採用不採用を決めたのか疑問です。
    通行人    »このコメントに返信
  5. カウンターは若い子がいい!以上。
    なんだかんだ言っても    »このコメントに返信
  6.  他業界では、話題にもならない程に低レベルな話がネタになり、それなりの反応がある事が業界のホスピタリティの低さと業界の経営水準の問題を示している。残念な事ながら、ホステス経験者の方は低レベルの遊技業界に入らずにホテル業界に入られたのは幸運としか言いようがない。
    Zilion    »このコメントに返信
  7. 年齢で落とすのは、ルール化されているなら採用したくてもお互い仕方がない。

    高い接客経験を活かすという面でも、ホテル業への採用は大正解ではないでしょうか。
    管理者のポストも十分射程内でしょう。
    カニミソ    »このコメントに返信
  8. パチ屋に接客を求める奴っているの?
    勝ち組    »このコメントに返信
  9. 接客で数百台あれば数百人。一人辺り何十人接客でするでしょうか.?、むしろ、パチンコは天井ないわけだが、データ機器の天井とかあればいい。777ゲームでいい、その後ははまっても回転数が増えないのであれば、はまっている人の精神負担はいくぶん減る。一般客が怖い、酷いと思える状況を排除すれば良い。1000はまりして吹けばいいが単発喰らって無様な姿を晒すの耐え難いですね。
    通りすがり    »このコメントに返信
  10. この人材獲得難の時代に年齢だけで不採用できる会社さんはある意味恵まれてますね。ホスピタリティ精神の高い方でしたら、弊社でしたら喉から手が出るぐらいほしい人材なんですけどね。
    153.225.246.152    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す