パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

生き残れば未来がある?


倒産情報のJCNETに次のような情報が掲載された。

パチンコ・パチスロ機の映像企画制作の(株)クロスポイント(東京都港区三田)は3月29日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、福岡真之介弁護が選任されている。

同社は平成14年2月設立のパチンコ・パチスロ機の映像の企画・制作会社。以前は4億円以上の売上高を計上していたが、IRカジノを優先させる国の政策でパチンコ業界を大幅縮小させる規制強化が続き、パチンコ業界は衰退を続けており、パチンコ業界の新規投資は限られ、新たに導入される機器も販売台数は伸びず、受注も売上高も大幅に減っていた。

以上引用終わり

同社の業務内容を求人欄から探ってみた。

「遊技機開発プロジェクトにおいて、映像制作に携わっていただきます。 AfterEffectsや専用ツールを使っての映像編集・エフェクトなど、 遊技機特有のプレイヤーを惹きつける映像演出の制作が主な業務です」

メーカーの下請けで映像制作の部分だけを担当していたことが分かる。

メーカーが開発本数を絞り込み、開発予算を削減した煽りを受ける形で、下請けの制作会社は同社だけでなく、バタバタと潰れている。しかし、下請けが全部潰れるわけではない。優秀な会社は生き残る。

「スロット、パチンコともに内規が撤廃され、新基準機の開発にドライブがかかっています。案件は埋まっているので開発会社としては喜ばしいことです。後2年間で新基準機に入れ替えなければならないので、需要はありますが、2年後のことを考えるといいかどうかは分からない。メーカーはキラーコンテンツがメインです。下から上がった企画に『何台売れる』と詰問されると企画はボツ。チャレンジしなくなった。大都は外注には出さないがリゼロのように最初から売れる機械を出してくる」と複雑な心境を露呈するのは開発会社の関係者。

メーカーの開発本数が減ったことで下請けの開発会社の淘汰も進んでいるが、生き残れば、次の道も拓ける、というもの。

それはホールにも当て嵌まる。今は猛烈な勢いで閉店ラッシュが続いているが、底を打ったときに生き残っていれば勝ちだ。

「ホールは遊技人口が減って経営が苦しいが、ホールは人を使わなくても済むようになる業種なので、適正軒数になったら安定して経営できる」(エコノミスト)

このまま遊技人口が下がり続けたのでは適正軒数もあったものではない。遊技人口が増えるかどうかはメーカーのイノベーションにかかっている。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 回らないようにクギ締める、スロットは低設定しか使わない、爆音、タバコ匂い、これらはメーカーは関係ない。
    メーカーよりもパチンコ店のイノベーションの方が必要
    面白い機械をメーカーが作ってもクソ台にしてるのはパチンコ店。
    自分達の事は棚に上げて何でもかんでも他人のせいにするパチンコ店。
    せっかく面白い機械を作ったのに回収する事しか頭に無いパチンコ店のせいでパチンコ業界が衰退した、回れば楽しい台、出れば楽しい台なのにパチンコをつまらなくしたのは店の責任とメーカーは思ってるだろ。
    パチンコ無くなればいいのに    »このコメントに返信
  2. 再三に渡って警告してきたけれど、

    パチンコ(セブン機)の場合はボーダーラインが広く知れ渡ってしまったために、
    釘を開けても良く回る台は一部の軍団や打ち子や専業パチプに台を占有されてしまい、

    ボーダーラインを理解出来ないオカルト層はいつまでも負け組から抜け出せず、

    完全にパチンコホールの中での勝ち組と負け組のお客様の2層化が進んでしまったのだから、

    もうセブン機からは脱却して、新しい新機種を開発しない限りはパチンコホールの復活は無理だろう。



    パチスロはお客様のニーズに合わせてあれだけたくさんの多種多様な新機種の開発に成功しているのですから、

    パチンコメーカーもパチスロメーカーを見習うべきだと思います。
    イケロン    »このコメントに返信
    • それでスロット客は増えたの・・・

      直ぐにメーカーと言うが他力本願丸出し、業界全体の問題でしょうがw

      パチ屋は無くなれば問題解決、早くハングルとは縁を切りたい。
      0000さんへ    »このコメントに返信
      • ○○○○さんへ 様へ

        大幅に増えていると思うけど?

        CR黄門ちゃまとかCR大工の源さんなんかのCR機導入当初の頃なんて、

        パチスロはホールの片隅に1シマか2シマしか置かれていなかったんですよ?

        最近はホールの約40%近くまでパチスロが設置されているのですから、

        大幅に増えているじゃないか。


        ただ、パチンコホールが客にセブン機を打たせるのを目的に、

        羽根物や権利物の釘をガチガチに絞めまくって、

        お客様がセブン機以外のパチンコ機種は打てないようにしてセブン機にお客様を誘導したために、

        セブン機以外の面白いパチンコ機種が廃れてしまった。

        この責任はパチンコホールの方にあると思います。
        イケロン    »このコメントに返信
        • その時代を比較対象にするならパチンコも同じように大幅に増えてるんだがそれは…。
          それと、パチスロの多種多様と、パチンコの多種多様の違いを教えてくれ。
          パチンコも大きなカテゴリでいえばあなたの言う「セブン機」という中での多種多様だが、スペックやシステムなんかも過去にはたくさんありスロットに劣らないと思うけど。
          村の生き残り    »このコメントに返信
  3. 勝ち組と負け組が完全に二極化してるのが問題ではある。圧倒的に時間的優位性がある専業が働いてる者より勝ちやすいのは事実。この二極化をなくすには完全運勝負の台のみにすること。普段から運だけの勝負になってる負け組は残るし、運だけの勝負になると専業は皆消える。設定があるから専業がいる。天井があるからハイエナがいる。これらのものが無くなることはないのでこれからも二極化は続くだろう。ちなみにパチンコよりスロット専業が今は圧倒的に多い。
    6号機AT時代突入    »このコメントに返信
  4. 村の生き残り 様へ

    ですからどんなにスペックが多種多様に別れても、

    所詮デジタル回転数の計測でその台のボーダーラインは算出なされてしまうのだから、

    もうデジタル抽選機のパチンコ機種を並べるだけの営業からは脱却すべきでは?


    デジタル抽選に頼らない、パチンコ玉の動きや入賞だけで大当りの獲得が可能なパチンコ機種の開発を望みます。


       例えばさ、デジタル抽選以外の方法で初回の大当りを獲得して、

    確変突入率と確変継続率の2つの確率を、

    それぞれ釘調整で各台バラバラにするとかさ。

    初回の大当りのVチャレンジ突入率を100%にして、

    釘調整でVチャレンジ成功率を各台ごとにバラバラに調整できるようにするとかさ、

    確変突入後の確変継続率も釘調整で各台バラバラに調整できるようにすれば、、

    シロウト集団の打ち子グループは壊滅出来ると思うのですが、

    現在の規定では作れないのかな?
    イケロン    »このコメントに返信
    • 現在の規定では作れないのかな?

      ………?釣り針かな?

      釘調整で確変突入と継続をバラバラに?

      それはメーカーが検定時に組み込んで各台の出率をバラバラにするってこと?
      それとも各ホールで釘調整するってこと?

      前者は今ある設定付きみたいな感じかな?
      ただ、そんなもんを作ってもホールで釘調整出来ない現在には欠陥品以外のなにものでもないです。
      後者はあなたも知っての通り、違法改造です。

      例とはいえ、色々おかしすぎますね。
      村の生き残り    »このコメントに返信
      • そうですね

        各ホールでの釘調整が絶対に不可能な状態になれば違法行為になると思います。



        でも、釘調整が完全に不可能だとしたら、

        現在主力のセブン機だって設定無しの機械は全機種違法な機械になるのでは?

        釘調整しないで使用しているホールを見た事が無いですよ?
        イケロン    »このコメントに返信
        • その通りですけど、今更すぎませんか?
          ああ、あなたって自分に利益があれば犯罪行為も無問題の人でしたっけね。

          言いたいことは、
          「だから、これから出てくるセブン機以外の遊技台も釘調整ありきで考えてもなんらおかしくないじゃないか!」
          ってことなんでしょうね。

          はっきり言っちゃって申し訳ないですが、ここで議論するレベルではないです。
          村の生き残り    »このコメントに返信
          • はい、その通りです。

            村の生き残り様のおっしゃる通りです。

            それではこれにて終了いたします。
            イケロン  
  5. セブン機からの脱却と言っても、
    羽根物だろうが、昔の権利物や一発台だろうが、
    釘を使っている限りは結局ボーダー理論で立ち回れば勝てるのは、変わらないですよね。

    スペックの多様性という意味では、
    それこそ黄門ちゃまの頃と比べればものすごく増えてます。
    当時は皆同じような2回ループばかりでしたが、
    今はロングST、転落式ST、v確、1種2種混合とあり
    確率も甘から、実質確変突入率1/1000くらいの台まで様々。

    設定付きのパチンコは、ボーダー理論はあまり意味がなくなり、
    「この演出が出た台は好調台」というように、オカルト層の人との親和性は高いので、
    パチンコ業界はチャンスだと思ってるのですが、
    いかんせん低設定ばかり投入されてて残念です。

    映像はなんでもゴチャゴチャ、ギラギラではなく
    長時間見ていても疲れない、わかりやすいものを作れるかどうかが勝負でしょう。
    「 遊技機特有のプレイヤーを惹きつける映像演出の制作」
    と、書かれていますが、今の台の映像は酷いものばかり。
    出玉規制で射幸性は下がってるわけですから、
    客を騙して煽るのではなく、楽しませる台作りをしてほしいものです。
    パチンコにかつての活気を取り戻して欲しい一ファン    »このコメントに返信
  6. 映像制作を担当する会社の責任かはわからないが、パチンコは色で期待度を表すことが多い中で、紛らわしい色使いが多くなってきてるのが腹立つ。
    映像だからエフェクト系は関係ないのかもしれないが本当紛らわしく作って騙そうとするのが多くなってきたと思う。

    惹きつける、の本当の意味を考えてほしいわ。
    名無し    »このコメントに返信
  7. セブン機は映像演出がつまらない?期待を裏切り出してから客離れが始まった。赤がゼブラへ、ゼブラが〇〇へと、中々当たらないから最初に裏切られたらもう打たない訳だ。
    そんな状況で期待色が変わると客は激怒と落胆でパチンコから去るのが解らないのかな?そんな素人技術者は消えろと言いたい
    サイ    »このコメントに返信
  8. ホール数は大して減っていないのに去年1年で100万人ユーザーが減ったような状況で、下げ止まりなんていつの話になるんですかね?
    その前に業界は致命的な状況に陥るんじゃないですか?
    やれやれ    »このコメントに返信
  9. パチンコは週3が年1に減りましたけど、面白い台さえ出してくれればボーダーくらいでも通いますよ。
    リング2打ちたい。
    カニミソ    »このコメントに返信
  10. ハズレとちょっとうてば分かるような演出・映像ばかりのメーカー。
    ボーダーまで回ったら奇跡にちかい、今のホール。
    どんだけ生き残れるでしょうね。
    ははは・・・    »このコメントに返信
  11. 設定だけでなくモード、ゾーン、天井などをパチに
    設ければ釘調整も必要なくなるし若者も打つだろ。
    勝ち組    »このコメントに返信
  12. 21年問題の機械以降も
    新紙幣の登場で大規模投資が
    余儀なくされる
    台あたりユニット丸換えで10~万
    仮に簡素な対応が出来たとしても
    増税後なので3万程度
    1000台規模なら相応の金額、
    これはトドメになりそう
       »このコメントに返信
コメントする

にコメントする コメントをキャンセル