パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

4円パチンコのファンを増やす可能性の機種


9月に入りましたが、新型コロナによる3月最終週の週末外出自粛から4月の緊急事態宣言、そして店舗休業からの再開と、お客様の戻り状況の経過など、あっという間に5ヵ月が過ぎました。

そして、撤去期限の延長から21世紀会での決議があり、厳しい店舗営業の中でも年末に向けて凱旋などの撤去が控えています。

現実問題として、これまでスロットの高射幸性機で稼いでいた粗利が減少することは、昨年のバジリスク絆の撤去によって周知の通りです。

お客様が2月や3月対比で100%戻らない状況の中で、毎年稼働が低下していく9月~12月を迎えるので、今後は自店の稼働を上げるための店舗競争も激化していきます。

粗利が経費の損益分岐点を超えないホール様もある中で、1番店や資金力がある法人様は集客と稼働アップの施策を選択するのは当然のこととなります。

スロットの粗利低下やお客様が100%戻らない中で稼働と粗利を上げていくのは簡単なことではありませんが、ここに来てホール様にとってはプラスの材料となる機種が販売されています。

パチンコ機種ですが、『ある条件を満たしている遊タイム付きの機種』に関して、4円でファンを増やしていく(来店頻度を高める)可能性をとても感じています。

正直言って、ここ15年くらいは「機種の面白そうだと思うポイントを、どのようにファンに伝えればお客様のレパートリーに加えてくれるか?」ということを考えてきました。

ここ10年で4円パチンコと1円パチンコの比率がどんどん近づき、もうすぐ1対1の割合になる勢いです。

1円パチンコが4円パチンコの2倍の平均稼働なので、1円パチンコというレートでのお客様メリット(気軽に遊べる)はパチンコをする価値になっていますが、4円パチンコのファンが居なくなり、オール1円パチンコという業界には未来がありません。

そこで、徐々に販売が始まった“遊タイム付き機種”ですが、まだまだ販売機種数が積み重なっていないので実際のお客様の評価は今後を追いかける必要がありますが、ホール様においては今までの新台の使い方や販促とは異なる、4円で打つ価値がある(ワクワクする)という価値提案を実施して、ぜひともファンを増やす活動を目指して欲しいと思います。

今のところ、私が思う『ある条件を満たす』点については、【①当りが軽め(甘デジ・ライトミドル)②遊タイムの引き戻しが約98% ③だらだらしていない】という点に注目しています。

既に販売されている機種としては、『Pモモキュンソード・PA新・必殺仕置人・PAアクエリオン6』など、1種2種の遊タイム付きや、甘デジに関しては4円で仕事帰りに一勝負!帰る前に回転数を見てワンチャンス!という、ワクワクする期待感が持てる機種だと思います。

4円の短時間遊技に非常に適した要素を持っていると感じています。

私自身が仕事や家庭の事情などで長時間遊技の割合が減り、どんどん短時間遊技(1時間以内)になっていったので、個人的に遊びに行くとAタイプなどの機種がレパートリーとして増えていきましたが、久しぶりにパチンコを打ちたいと積極的な気持ちになっています。

『P大工の源さん韋駄天』などのミドルスペックで活躍する機種もありますが、ライトミドルや甘デジの確率帯でもお客様の遊技目的に応じた遊び方が出来る可能性が高まっていると思います。

短時間遊技でも期待できる機種というのは、「ちょっと寄っていこう」という来店動機と来店頻度を高めていきます。

私のような短時間遊技で期待ができる機種が好きだいうユーザーに気づいてもらい、4円を活性化することが粗利としても重要な施策になっていきます。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。