パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

GOD凱旋に代われる機械は「ない」


ハンドルネーム「しょうゆ」さんがスロット6号機について物申す。

以下本文

認定機のストックがあればそれをあてがうのか、
Reゼロやエウレカなどの適当な6号機を使うのか、
費用をかけず撤去そのままに減台するのか、
モンハンなどの新台を入れていくのか、
単価の高い青鬼や花伝を使うのか、
安い中古でとりあえず埋めて済ませるのか、

どのような手法をとるにせよ正解はなく全て不正解。

そして、ただでさえ悪い11月は凱旋撤去での新装開店。
あっという間に年を越して沖ドキの撤去。
沖ドキ2への入替えが良いわけもなくまた迷走。
スロットは悪夢のような加速度で悪くなるでしょう。

この記事は参考になります。

たくさんのホールが頭を悩ませていると思います。
自店の客層をしっかり見つめなおして機種選定をしてほしいなと思います。

凱旋撤去対応の個人的な考えを(無責任ながら)少しだけ。
正解はないのですから「機械にお金をかけないこと」が大事だと考えます。
11月に撤去して12月から年末年始へ向かうわけですが、状況が良くなるとはとても思えません。

年末年始も期待できる状況ではありません。
楽観的な新台購入と例年通りの営業は文字通り死活問題になります。

「機械代をかけずに客にお金をかける」のが最善ではないかと考えます。
このサイトでよくみる「設定を使って玉を出す」という施策です。

Reゼロの再設置をしてみてはいかがですか?
機械代は最低限の水準で入れ替えることが可能ですし、客は機械の性能を知っています。

毎日設定6を何台も使って「客が朝から高設定を探す稼動をする店づくり」に着手するチャンスだと思います。
もちろんReゼロじゃなくても構いません。
客に伝わるレベルで玉を出し続けるということです。

これが正解だとは思いませんが、どのみち不正解なんです。
客の信頼を得られる不正解を選ぶ、という選択が後々救われることになると私は思っています。

逆にいちばんやってはいけないと思うことは、抱き合わせを買ってまであの機械を大量導入し、煽ったうえで抜きまくること、です。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える
※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。