パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

最終チェックの大切さを!


「終わりよければすべてよし」という格言がある。物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならないということ。

業界関係者が体験したことはまさにこの格言通りのことだった。ホール業務でも他山の石として最終チェックは怠ることなく。

以下本文

先日、出張で宿泊のため某ホテルにチェックインしたときのことです。誹謗・中傷、悪意のSNS拡散意図はありませんのでホテル名は控えさせていただきます。

部屋に入り荷物を置きトイレへ、私はドアを開けたのですが…写真の状態でした。



ちなみにこのホテル、ビジネスでも観光でも人気のリーズナブルな高稼働のホテルです。

トイレの状況にはかなり驚いたのですが、清掃はきちんと行われているしトイレットペーパーも三角折りされています。

よく使うホテルだし状況だけは伝えておこうと思い、この写真をフロントでスタッフに見せたところ「最終チェックが漏れていたようです。不快な思いをさせて誠に申し訳ございませんでした」とのお詫びがありました。

なるほど、便器の汚れや汚物入れの状態をチェックするために蓋をオープンにしているみたいです。

そしてチェックしたスタッフが蓋を閉めて(その他の点検も行って)完了するのでしょうが、おそらく私の部屋だけが飛ばされていたようです。

ホテルって髪の毛1本でも、というくらい細かい清掃を行うのでしょうが、チェック体制まで気にしたことはありませんでした。

むしろ写真のとおり蓋全開の滑稽なインパクトに、最終チェックの大切さというものを改めて認識させられました。

その日の夜、居酒屋でお客様と食事、掘り炬燵式の席に着いたのですが…足の裏に違和感、枝豆の殻でした。

すぐにアルバイトスタッフに伝えたところ「あー、すみません」だけで店主に報告する様子もありませんでした。

人手不足の飲食店あるあるって言えばそれまでですが残念ですね。

パチンコ店は数百台、大型店では数千台のチェック、改めて神経を使うたいへんな作業だなと感じました。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




組合の効率化とその課題とは


ハンドルネーム「元上野おじさん」からの寄稿だ。

以下本文

いつも楽しく拝見しております。

今回の記事、金融機関の厳格化に伴うホール運営の効率化を読むにあたり、ホールの減少による組合組織の効率化について思うところがありましたので、筆を執りました。ご一読いただけますと幸いです。

■組合の効率化とその課題とは

報道によると全日遊連の加盟ホール数が444店の純減となり、9,237店舗になった。

ここ10年を加盟ホール数を振り返ると、2008年11,964店舗、2013年10,953店舗(1,011店舗減)、2018年9,237店舗(1,716店舗減)と、5年ごとの閉店数が増えている。つまり、閉店が加速している。

2021年2月の規則改正完全移行後を踏まえると、店舗数が増えるとは考えづらく、当然ながら減っていくだろうし、加速度も増すだろう。下手をすれば2025年には7,000店舗台もあるかもしれない。

加盟店舗が減少すれば地域の組織である「単位組合」は今までの様な所帯での運営は難しく、当然ながら「効率化」がキーワードになってくる。

では、「どうやって効率化するのか?」という話であるが、地方自治体が平成の大合併によって行政区域が広域化したように、「単組の合併・広域化」が手っ取り早い選択肢であろう。

かつて地域に10店舗あった単組が仮に2店舗になった場合、いつまでも黒字運営できるわけはなく、規則改正後のポスト2021年の課題として「単組の合併・広域化」が検討材料として登場すると予想される。

ただし、単組の合併については1つ問題がある。各単組の収支状況である。平成の大合併でも黒字の市町村は合併しなかったという話をよく聞いたが、単組においても同様の事例はあるだろう。

特に単組の会計に関しては性善説の様な運営をしているのか知らないが、しっかりと裏付けを取ってないというのが私の知り得る限りの現状のようだ。中には、組合費を横領したという話もあるし、都遊協では“会計適正化の徹底”を図るために、税理士が単組を巡回・助言しているようだ。

組合費横領で前組合長を告訴

都遊協、脱退勧告規約を満場一致で可決

記事によると約3,500万円を横領していたということだが、金額が大きいからこそ事件化されただけで、数百万単位の話なら見聞きした業界人も多いだろうし、だからこそ都遊協も会計の適正化の徹底を図っているのであろう。

話を元に戻したい。ポスト2021年に向け、単組合併を検討する時代に入ったことを認識した方がいいだろう。中にはその反論として、業務の効率化で従来通りの体制を維持できる意見もあるだろうが、平成の終わりに未だにFAX中心の連絡体制という現状である限り無理だと言い返したい。

自店が加盟している単組の収支が確実な裏付けがある黒字なら従来通りでも構わないが、赤字寸前だったり単組内の店舗数の減少が起こり得るのであれば、まだ余裕のあるうちに収支状況の裏付けを取ることで膿を出し切るべきであろう。

最後に。これを見ている全国の税理士の皆さん、お仕事のチャンスです(笑)



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





期待感を売ることを忘れたホール経営者に贈る言葉


ハンドルネーム「元ベビーユーザー」さんがホール経営者に物申す。こうすればホールは蘇る。

以下本文

数は力です。

稼動=ユーザー数でもあります。

サービス低下→ユーザー数減少→粗利益確保のためさらにサービス低下→さらにユーザー数減少→最終的にガラガラホールへ。

ガラガラホール→リニューアル→一時的にユーザー数回復→リニューアル費用回収でサービス低下→ユーザー数減少→粗利益確保のためさらにサービス低下→ユーザー数減少→ガラガラホールに戻る。

ガラガラホールの経営者や店長さんに言いたいのは、あなた方がお客となった際に、期待感を持てる店舗運営をしていますかということである。

ユーザーは毎日のように来店するスーパーヘビーユーザーから、月1回来店のライトユーザーまで様々です。

毎日必ず高設定台がありますか?
特定日やある時期だけドバッと出して、平常時は低設定ばかりという手抜きホールが多すぎます。ライトユーザーが来た日に出てなければ出ないお店になりますよ。

設定変更をきちんとしていますか?
据え置きだらけではユーザーは呆れるだけですよ。宵越し天井が狙えるようなお店はガラガラなケースが非常に多いです。

客を騙すような嫌がらせはヤメましょう。

天井直前だった宵越し台だけリセットするようなアコギなリセットは信頼を実は失います。やるなら全台リセットは営業の基本かと。

中間設定を上手に使っていますか?
客は期待感が大事なんです。知識のあるユーザーは増えていますよ。設定6を1台よりは、設定4、5を3台の方が期待感はある。

設定6もインパクトはありますが、10台中 設定6が1台で残りが設定1のホールより、設定5が1台、設定4が2台、残りが設定1のホールの方が期待感があります。

設定2で騙し回収設定はやめましょう。

設定2を多用するホールがありますが、設定2は回収設定です。また、騙し設定にもなりがちなので、たまに使用したりアレンジするのはアリですが、多用すると結局ユーザーにばれます。

スーパーが何故に特売品を変えるか分かりますか?
特売品を毎日置く理由が分かりますか?

パチンコ経営者はスーパーに学んではいかがでしょうか。

期待感が来店数と稼動を決める。

毎日の細かな経営者の努力の積み上げが、ホールの繁栄に繋がるのではないでしょうか。

パチンコホールは期待感を売るビジネスです。

パチンコ全盛時代にはガセイベントホールやオール低設定ホール、新装開店は出すのが当たり前だった時代にも新装開店から回収して一度も出さなかったホールなど、アコギな商売をしているホールも沢山ありました。

でも、それらのホールは今は知る限り、残っていません。

客の期待感を裏切り続けた結果です。

もしかしたら明日は出るかもしれない。
明日は高設定があるかもしれない。
それが一番の来店動機のはずです。

逆に今日も出してない。明日もだめだろう。このところ出てないな。と思われ出したらたら危険信号です。

だからこまめに設定変更が必要なんです。
経営者が努力しなければ稼動が上がるわけがないんです。

また、客が他の客と揉めたり、店員に不快感を持つようなお店には人は来なくなります。

安全安心快適な遊技環境と期待感が稼動を決めるのです。
そして、それを実現できるのは経営者なのです。

客同士がトラブルになったりしていませんか?
→ホール内に経営者が現場に立つ時間がないと分かりませんよ。

店員のマナーは大丈夫ですか?
→細かすぎる必要はありません。普通の店員がうんざりしてしまったり、萎縮したりするような過度のマナーは不要です。要は問題児がいないかのチェックを怠らないことです。

設定は小まめに調整していますか?
→毎日調整するのが基本です。スーパーが毎日同じ値段やレイアウトで放置はあり得ないでしょう。

高設定が毎日期待できる調整を心掛けてますか?
→長いスパンでは、全部の機種に満遍なく高設定をいれていますか? ジャグラーだけしか高設定らしい台はない。これではいずれ稼動が落ちます。

回収しづらい台の高設定頻度が下がるのはやむを得ないですが、期待感を持たせる頻度では高設定を入れないと。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


低貸しでオール1は廃業へまっしぐら


ハンドルネーム「元ヘビーユーザー」さんが、ユーザー目線で超優良店ホールへの道を説く。

以下本文

稼動最優先。
これが最重要と思います。

パチンコはホールとお客の駆け引きだと思います。

設定オール1放置の店は、駆け引きがありません。期待感もやがて無くなります。設定1でも確かに一時的に波で出るかもしれません。しかし追っていけば出ません。

そうなるとノーマル機は稼動しなくなり、天井のある機械以外は期待できなくなりますが、やがて天井から遠い回転数で放置されるようになり、店内はゼロ回転だらけになっていきます。

客が飛んでから設定を入れたところで、そもそも回してくれませんから、誰も気付きませんし、粘ってくれません。ですから高設定と誰も思ってくれません。

今やネットで確率ぐらいは、コアユーザーは誰もが理解しているような状況です。

稼動が落ちていく段階は
1、ノーマル機の稼動が落ちて、ART、AT機の稼動ばかりになる。
2、ART、AT機が朝一のままや浅い回転数で放置されるようになる。
3、低貸し機の不人気機械の稼動が落ちていく。
4、低貸し機の人気機種の稼動が落ちていく。
5、お店にそもそもお客がいなくなる。
のような気がします。

20スロのノーマル機の稼動が抜群のお店は超優良店

20スロのART、ATの稼動で保っているお店は優良店

低貸しだけは稼動が高いお店は普通店

低貸しのノーマル機が動かなくなったお店は、かなり行き詰まった店

低貸しの人気機種すら動かなくなったお店は、もはや早期回復は困難な店

周辺の廃業しているお店は5の段階で廃業しているように思います。

設定オール1営業を続ければ、余程の立地等でなければいずれは5になるように思います。

ホールはいかにして客からのランクを下げずに、稼動を維持、あるいは高め。
薄利多売で粗利も稼ぐ。

そのために必要なことは期待感。
低貸しは粗利が取れないからオール1?
そんなことしたら5へまっしぐらですよ。

低貸しは、稼動を上げるカギ。
低貸しユーザーは高貸しには行きません。
しかし、ホールは賑わいます。

2スロがフル稼動なら、5スロもやがて動きます。5スロがフル稼動なら、10スロもやがて動きだします。10スロがフル稼動になるころにはもはや地域一番店でしょう。

毎日、低貸しの設定変更やリセットなどを試して、ユーザーとホールで駆け引きを行うことから始めてはいかがでしょうか。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


店長がすべきことは1日1人のお客様を増やすこと


3代目新米店長です。

皆様のコメントに日々勉強させて頂いております。

感謝を武器に、時に批判も武器に、また、今日もたった1人でもファンを増やします。

低貸について質問があったので、自分の考えを述べます。間違っている点も、どうか、ご教授下さい。

私は安い物でも高いものでも目の前のお客様の価値観に、数値ではなく体感で合わせるべきだと思います。

負けて怒る、悔しがるお客様を目の前にします。

僕らの世界では毎日の話です。

ホールに不在の時でも誰がいくら負けたか、勝ったかを絶えずスタッフに聞きます。そして、自分で打ち込み、確認します。

低貸のお客様が怒って帰った、と聞いていくら使ったか確認したら3000円でした。汗。

価値観は人それぞれ。4円にしたら4倍なので12000円と数値では捉えます。

しかし、問題はそこではなく、確かに4円のお客様の方がいくら使ったかをシビアに捉えます。その方が捉えやすいです。

昔の方々はきっと、申し訳ない気持ちと共に、毎日が1台1台にシビアだった理由も分かります。

逆に出る時も極端なので悔しさも多く、喜びも多く、ある意味分かりやすいですが、問題はそこじゃない。

我々の価値観で考えてはいけないな、と日々、反省します。

設定6でも出なければ意味がない…。勉強になります。

我々の価値観では入ってる、回る。でも、問題はそこと思ってません。

唯一、低貸なのに商品が同じという点は、日報さんの言う通り価格が高い機械は避けるべきかと思います。

けど、価格の根源や我々の価値観を無視すれば、機械なんて全部同じのような今ではないでしょうか。

広い意味で回る台を創る、設定を入れる。が、必ずしもファンを創るにイコールしないことも、それが、僕らにできる最大の武器だという事も、全国の店長さんは分かっていると思います。

我々内部のコストの問題や売上の問題を訴えてもファンは増えないと思います。

お客様に合わせて4円も低貸も同じように捉えています。

世のトレンドが低貸なら、それに合わせてファンを増やすべきなのかな、とも思います。

とはいえ、日々、売上という数値に頭も悩ませます。

そもそも、なんで、負けると言われるパチンコに皆様が足を運ぶのか? 勝ち負けは、低貸で打つ人の方がこだわるという事実も認めざるを得ません。

まずは、そこからと、考えています。逆にチャンスなんだと思ってます。

言い方は悪いですが、機械頼みで、低貸に新台入れて稼働付けてた理論なら、我々、店長なんていらない。

むしろ、その後にストーリーがあって、そこが店長の出番です。

僕の出番で!
頑張ります!!

ただ、正直なところ、低貸で打つ100人の方と同じように、4円で打つ3人の方に神経を使います。汗。

こんな僕では、4円で100人打つ方がいたら、きっと、追いつかないんだと思います。

大事なお金を遊びに使う。使ってくれる。

お店に来て頂けるということは、大事なことです。

まだまだ、勉強不足ですが、我々の職務は楽しい仕事です。人を楽しませるのだから、もっとできるハズです。

だから、4円でも1円でも関係ない、と思ってます。

良い時代を知らない3代目です。

祖父の店ですが、ファンが増えて倒産するなら、それでも良くないですか?(笑)

祖父も笑ってくれませんかね。

この業界はすでに終わっている、と悲しいニュースばかり。せめて、僕らができることは、1日1人ファンを増やすこと。

これくらいは、店長の力でできると信じてます。

今日もお客様が「店長! 辛いよー、塩っぱいよー」と声を掛けてくれました。

だから、頑張りましょう!

売上とかじゃなく、ファンを増やしましょうよ。

そして、ユーザーの方へ

9000店舗の店長が本気を見せるところを見ていて下さい!

もしかしたら、昨日、負けたお店、負けた台は今日や明日には、回るようになり、入っている台になっているかも、知れません。

不快な想いを解消しようと今日はなにか変わっているかも、知れません。少しずつかも知れませんが、長く見守って欲しいです。

結論。低貸も4円も同じです。ファンはファンです。

追記。

昨日3万負けた4円のお客様が今日も負けて帰られました。

僕のミスです。

明日来て頂けるかどうか心配です。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。