パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

遊技機メーカーはシロモノ家電業界の失敗を反面教師にシンプルで安い機械の提供を


ハンドルネーム「ザック」さんの主張。

以下本文

社会の変化に鈍感なものは必ず衰退する。
パチンコ業界は意識改革というだけでなく、すぐに実行に移さなければ衰退が加速する。

日本が世界からエコノミックアニマルといわれた1970~1980年代、ジャパンアズナンバーワン、まさに経済大国として君臨していた。
日本製の自動車、家電、工作機器等々が世界中に溢れかえっていた。

欧米の人々の生活スタイルもトヨタの車に乗り、サンヨーのテレビを見て、東芝のビデオデッキで録画し、日立の冷蔵庫でビールを冷やし、ソニーのウォークマンを聞きながら通勤するというものがそこにあった。

日本との貿易赤字に苦慮していた国々…特に米国は自動車を含む膨大な対日貿易赤字を抱えていた。その対策に迫られ、遂に1985年プラザ合意によって、ドルの引き下げによって、ドル安円高という新たな時代を迎えることとなる。

その結果、日本製品がこれまでより1,5~2倍するものとなり、競争力が低下した。

特に白物といわれる家電やテレビなどは“付加価値”つまり様々な機能を追加して、高騰する価格帯に対応しようとしたが、それが裏目になり世界市場での競争力を失ってしまった。

ほとんど使わないような機能をたくさん付けるより、その用途がシンプルで安価でなければならないということだ。

冷蔵庫は冷えればいい!
洗濯機は洗い、すすぎ、脱水できればいい!
テレビは映ればいい!
ビデオは録画、再生できればいい!

一部のマニアックな人向けの機能をたくさん付けた高価格なものより、毎日の生活で必要な家電はその機能をちゃんと果たし、しかも安く購入できればいいのであった。

世界の消費者の大半は欲しい機能ができ“安い”に越したことはないのである。

この結果、安価な韓国、台湾、中国製のテレビや白物家電が世界中で評価され、不要な機能の多い“高額”の日本製品は衰退する運命となる。
このように時代の変化を読み違えたら衰退する。

スマホ市場は完全に乗り遅れサムスン、アップル、ファーウエイが世界で支持されている。

話しをパチンコに戻すと非常に通じるものがある。

プラザ合意が今回の規則改正とすれば分かりやすい。

・大当り玉数      1500発← 2400発
・出玉率   1時間   220% ← 300%
       4時間 150% ← なし
       10時間 133% ← 200%
・ラウンド数       10R ← 16R
・ベース締めの禁止徹底(消費金額1時間 約14,000円 ← 約20,000円)

ある指標によると1日あたりの平均粗利が4パチ2500円、1パチ1500円とある。 
これが、新基準機になると4割ダウンと予想される。
同じような粗利を確保しようとすると、さらに割を落とすことになり客離れがますます加速することとなる。

参加人口の激減、市場の縮小、遊技機出玉性能の低下とどの指標も見ても悲惨な数値ばかりだ。

しかし、対策が全くないわけでない。やることはたくさんある。
その中でも特に遊技台価格について変化を求めることだ。

ホールの売上げ、粗利が低下しているのに加え、改正規則により、売上げが確実に低下する。このため新基準を購入できないホールが多く出てくるのは間違いない。

パチンコとして不要な機能を無くし、安価なパチンコ台の登場が必要だ。

1キロ1万円と揶揄されるほど“キロ売り”するような傾向にあるが、

20キロ20万円
40キロ40万円
60キロ60万円
と馬鹿げているが、実態に近い。

メーカーは60万70万と価格設定しようとするため大筺体、大液晶、大可動物を取付け高額に見合った商品にしようとしているが、不要な機能を盛りだくさんにして価格を維持しようとした白物家電の失敗を学ぶことだ。

上記の台売り粗利を見てわかるようにもうそのような高額の遊技台を購入する体力がなくなってきている。
まして、今後は機械性能が改正規則によりますます低下する。

ユーザーの要求(用途)はシンプルだ。

・お客さんが欲してることはデジパチで大当りさせ勝率を高めること。

・ホールは売上げ、粗利の低下に対応するため機械代を安く仕入れ、コストダウンを図り、お客さんに還元すること。

メーカーはプラザ合意後の白物家電の失策を反面教師に、今こそキロ売りビジネスから脱却し、用途を満たしシンプルで安価なパチンコ台の開発をしなければ間に合わない。

参加人口3000万人を擁したパチンコが、500万人以下とならないためにも射幸性低下の時代に見合った大衆娯楽のパチンコ台に切り替えなければならない。

大量出玉、爆裂機の時代でない。ホールは高額の台購入しても、この低射幸性の時代では機械代の回収もままならない。

もう時間はない。

メーカーは実態に見合った機械代に戻さなければ、それこそ共倒れする。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



業界引退者が置き土産にする業績の上げ方ノウハウ


ハンドルネーム「ハンネも忘れた人」さんは、業界を引退することになったホール関係者。置き土産として自身の稼働の上げ方のノウハウを伝授する。

以下本文

久々に来ました。ハンネを何にしてたかも忘れてしまいました・・・。

このたびパチンコ業界を引退することになりまして、こちらを拝読することもなくなると、、、というか最近全く見ていなかったのですが・・・。データ整理していたらお気に入りの中に入っていて、最後にコメをしようかなと思います。

十数年間パチンコ業界で働き、それなりの役職と給与を頂き、満足していました。もう少し、働いていても良かったのですが、タイミングやきっかけが重なったのでこのたび起業することになりました。

なので最後にちょっと置き土産気分で運営や経営の助けになればという感謝の気持ちで、意見を書いてサヨナラしたいと思います。

大げさに言うと赴任した先のすべての店舗でどうやって僕が業績を上げ続けたかのノウハウですね。長くなるので大きく5つに分けます。

1つ目は店長と経営者が同じ立場で考え、情報を知り、行動する事。いわゆる共有です。

店舗単体で考えるのはもちろん大切ですが、会社全体のことも考えていかないと将来的プラスにならないってことです。
身近に言えば機械売却なのか二次利用三次利用を見越すのか、それを店長だけで決めていないかとかもそうですし、会社全体的に利益が毎月どれくらい出ているのかの推移を知ることも大切です。もちろんそのためには経営の数値的中身を上層部が公開してくれないと話になりません。人間は具体的な数字に対して敏感になります。数字があるからこそ明確な目標設定が出来るわけです。

例えば「ダイエットをしよう」と目標を立てても大体さぼります。でも「1か月で2キロ落とすために毎日体重計に乗ろう」と具体的に決めると成功率が上がります。ここで重要なのは期間と目標数値と行動です。

もちろん各店舗の予算、目標数値は存在していると思いますが、本当に自分の店だけでいいのでしょうか?会社全体が見えると、より数字に対して厳しくなり、例えば景品をもっと安く仕入れたり出来れば、利益が届かない店舗の分もカバーできるかもしれない・・・などの発想に転換していきます。

これは経営側も、店舗責任者側も双方が寄り合う必要があり、具体的な「数字」というものに対して取り組んでいこうって考えです。

2つ目
1が出来たら今度はスタッフです。いきなり下からじゃないです。必ず上からです。
スタッフに落とし込むのはもっと簡単な数字目標でいいのです。例えば1日1名会員を増やすという事でいいのです。誰しもがほんの少し頑張れば出来る、達成できる数字目標を設定してください。年間で365人増えます。
そして必ず、「ほめてください」

3つ目
上につながりますけど、役職者や経営者はもっとスタッフが頑張っていることを認めて褒めてあげる必要があると思います。お客様第一主義じゃないです。役職者や経営者は従業員が第一主義でいいと思います。現場の最前線で働いている人を大切にしてあげてください。そうするとおのずと現場最前線のスタッフはお客様第一になります。承認欲求を満たすことで、より良いサービスにつながります。おのずと店舗運営に興味を示します。その結果お客様からいろんな情報を聞き出してくれます

4つ目
聞き出した情報に全力で答える。
これは出来る、出来ないとは別です。
答えは無数にある場合がほとんどです。お客様が10求めていたものの1だけ答えられるならそれでいいのです。
その積み重ねが常連客につながります。
短期の結果ではなく、長期の結果に必ずつながります。
極論で言えば、30日の営業の1日だけ釘を開けまくれる日が作れるなら、その努力を最大限にすることです。大体が回らないとかの情報だと思うので・・・上の数字目標(月間予算設定)のシビアさにつながると思いますが・・・。

5つ目
パチンコ、スロットを好きでいてほしいです。
これは感情論ですかねw
僕は少なくともそうでした。
そもそもスロプから始まった業界でした。
いっそのこと仕事にしてしまおうと・・・。
もちろんマナーの無い人や常識が通じない人、普通に暮らしてたら絶対にかかわらない人たち、お客様も従業員もそうですが、めんどくさいなーって何度も思いました。でも、ギャンブルが好きなのかパチンコ、スロットが好きなのかわからないけど、同じ空間にいることってすごいことだと思いませんか?
そう考えると楽しかったです。

だから好きでした。パチンコもスロットもそこにいる人たちも!

こう考えると、パチンコ業界だからじゃなくてただの経営の話になってたかもしれないですけど、基本的には一緒ですからね!どんな業界だって、逆風が吹くときもあれば、追い風に乗れる時もあるんです。今が辛いなんて思ってても何もできないだけで、今をどうやって過ごすかが重要なわけです。

なんかあんまり、まとまりがないですが、働く人も遊ぶ人にとってもこれからの業界が楽しくなればと思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




パチンコはストレス変換できる娯楽


ハンドルネーム「高速通りすがり」さんが、趣味娯楽としてパチンコをする事について、持論を展開する。

以下本文

趣味娯楽は、日常ストレスを趣味娯楽によるストレスへ変換するものと考えてます。

趣味娯楽をする際の目的は人それぞれで、何をもってストレス軽減発散解消がされるのかは人それぞれです。
登山は登頂する事だけが目的ではありません。

パチンコも金額の勝ち負けを目的としてる人だけではありません。

大連荘させたい、優良台になりそうな台を予想してそれを打ち確かめたい、タバコが取れればいい、
ドヤりたい、寂しいから打つ、生活を賭ける、一時の運試し、演出をみたい、
負ける為に打つ、時間が潰せればいい、雰囲気を楽しみたい、トイレを借りたお礼・・・。

自分とは違う目的で打つ人がいるのは想像できますよね。

業界は大きく動いてます。換金問題は風適法の上で換金可能な遊戯であると解決し、
スペック規制で高額投資の低配当になって、喫煙問題でタバコが吸えなくなって、
依存症問題で通いつめが出来ないバランスになり、釘調整が不要で全ての台がフェアな状態になります。

けれども、何かしらの目的をもって遊戯する事が可能であり、それがどんな結果であろうとストレス変換が出来るのならば、
パチンコは趣味娯楽として成り立つので問題ないと思います。

趣味娯楽としてパチンコをする事はどうなのか?

これは他の趣味娯楽を同様に、パチンコをする人が、どのように嗜み、どう思われるかを知ることです。
パチンコは年齢制限があり、18歳以上の人が持つべきマナー礼儀作法を必要とするだけです。

台を叩く、蹴る、覗きこんで動いて気を散らす、頭を掻きまくる、まっすぐ椅子に座らない、
音量を最大にして打つ、オーバーモーションで打つ。タバコの煙を流す。トイレの使い方が汚い。

他の趣味娯楽ではマナー礼儀作法が悪いと思われる行為ですが、
パチンコは趣味娯楽として、これらの行為が目的でストレス変換をしてると判断されます。
現に、審判的な存在のお店の店員は、金銭の損失が無いのが確認できれば注意しません。
気にしない事。我慢する事。近寄らない事。打たない事。
そこまでがお客とお店が確立させたパチンコのマナー礼儀作法と言えるでしょう。

パチンコのマナー礼儀作法に肌が合うならば、趣味娯楽としてパチンコをする事は、良い選択であると思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



高校教育でも学習対象となるギャンブル依存症とその後の影響


ハンドルネーム「元業界人」さんは、ギャンブル依存症の勉強が高校で取り上げられることを懸念する。これでオーナーが高級外車を乗り回す時代も終わりか。そこから始まる新たなパチンコ産業とは。

以下本文

話は全く違うんですけど、パチンコ日報は時々?なエントリーもありますけど、多様な意見を発言できる、業界にとって必要な場所だなと感じています。

そんな話はさておき、今回のギャンブル依存症に対する規制の話より、もっと重要な話があることに今さらながら気づきました。

それは、高校の学習指導要綱解説に、ギャンブル依存症についての指導を載せるという話です。高校の保健体育でギャンブル依存症について指導することを検討していると。

これは、規制よりも重大な問題です。

高校時代に、以前のエントリーであったような、パチンコで1500万円負けた女性の話とかしたら、今後、パチンコやる人がでてくると思いますか?私の高校時代には、アレパチのモーニングとりに学校サボってたなんて同級生もいました。

当時はかなりゆるい環境でした。

私は大学時代からパチンコ始めたんですけど、小遣い、バイト代つぎ込んで、借金までしました。もし、高校生で、多額の借金背負ったとか、そんな話を聞いていたら、パチンコやってたかなと思います。パチンコで一家離散した噂話はありましたけど、現実に見たことはなかったので。

そういう意味では、今の時代は業界の裏までネットで調べられるので、知れば知るほどパチンコやろうと思わないだろうなと思います。

高校生の頃から、ギャンブル依存症について指導することはよいことだと思います。ただ、この教育が間違いなくパチンコ業界の終焉を早める一番の原因になると思います。

ただでさえ、パチンコ業界の裏を知って、ギャンブルをやらない若者が増えている昨今。新規客は減少する方向しか見えないです。

となると、この業界を延命させる手段としては、やはりスリープ層の掘り起こしが近々の課題となるのではないでしょうか。

私はもう10年ほどパチンコしてないです。パチンコ業界辞めてから全くやっていません。

パチンコよりも読書や映画、ジョギングなど、楽しい趣味がたくさん出来ましたから。さらに、今は子育てで、パチンコのような、時間とお金の無駄使いになるような消費はできません。

パチンコをいつか再開するとしたら、やはり老後。ただ、一日千円くらいで遊べないと行かないでしょう。月一万円くらいが限界かなと。

だったらゲームセンターでもよいでだろって意見もあるかもしれないですけど、パチンコ屋の、あの独特の空間でやってこそ、パチンコだと思っています。

それと禁煙は必須ですかね。とにかく老後も無駄使いはできないですし。今後、新規客が減っていく中で、パチンコ業界は、やはり大幅に経済規模を縮小させることで成り立っていけるのではないかと思っています。

高級外車に乗って、海外旅行をして、いいもの食べて、なんてオーナーさん、たくさん見てきました。

そんな時代ではないですし、パチンコってそんな商売じゃない。そういう気持ちをもってパチンコ業界の再生に勤めることが大切だと思います。

けど、まぁこの規模じゃ無理かな。

自身がパチンコへ復帰するような時代が来るのか。そういう業界の未来が楽しみでもあります。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。








規制を「変化」と捉えレートを大幅に下げイベント復活を


ハンドルネーム「オッズマン」さんは、今回の規制を「変化」と捉え、レートを大幅に下げてイベントを解禁すればパチンコは盛り上がる、と指摘する。

以下本文


パチンコ・パチスロが賭博であったとしても個人的には何も問題はないと思っています。

事実競馬や競艇・宝くじなどあらゆる賭博が日本には存在してますし。

人間が何を娯楽にするかにおいて優劣もなければ、他人に指図されることではないと思います。

なんでこんなにパチンコ等が問題になっているのか、それは単純にレートが適正ではないことに尽きると思います。

1円でも10円でもそこにお金の動きがあるのであればそれは賭博行為に違いありません。

パチンコ業界が4パチ・20スロを社会的標準として推進してきたことがそもそも間違いだったのではないでしょうか?

最初からレートが今の四分の一以下であれば依存症の問題などなかっただろう。

客が勝手にお金をつぎ込むとはいえ、サラ金の問題を抱えるものや大金をつぎ込んで恨みや怒りを覚える人、そして犯罪を犯すものがいることを業界は知っていたはず。

賭博が原因で反社会的行為を行う人が現れた時点でなぜ手を打てなかったのか。

国の対応も遅すぎるうえにお粗末ではありましたが。

「変化」という表現が掲示板で使われていましたが、誠にそのとおりだと思います。

人間は日々進化し、それに伴い大きく変化していく生き物です。

規制という表現はネガティブでありなんとなく生きづらさを覚えてしまうものですが、「変化」という言葉を使うと途端にポジティブに感じるものです。

いうなれば長年業界が積み上げてきたものが、今回たまたま「規制」という形で「変化」するだけのことなのです。

賭博で人生を失わないために「変化」するだけです。

この「変化」が出来る限り業界や客に対していかに痛みを伴わないように出来るかが課題だと思います。

その上で私は現状のイベント規制や設定公開の禁止などが業界を盛り下げている大きな原因だと思っております。

正直今のパチンコ・パチスロ業界は「純粋なギャンブル性」以外に楽しませる武器が存在しません。

レートを大幅に下げ、イベント規制を撤廃することが一番良いのではないのでしょうか?

イベントを打つことが許可されないというのは他業種に比べてあまりにも異常ではないでしょうか?

レートという純粋なギャンブル性を犠牲にしてでも、他業種のように企業努力を出来る余地を与えたほうがいいのでは?

毎回のように規制によってどんどん使えない台が生まれ産業廃棄物ばかり増えていくのが果たして正しいのか。

いっそ釘曲げも容認させる、イベントも解禁するほうが建設的だと思う。

無駄な新台を使わせホールから搾取し続けることは異常ではないだろうか。

独断ではあるが一番の原因はレートであり、それとあわせてホールの企業努力をないがしろにするイベント規制などであると私は思う。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。