パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

儲かり、地域貢献になり、ホールの集客に使える新規事業


パチンコ業界誌でホール企業の新規事業の取り組みが紹介されている事例を見るまでもなく、ホール経営以外の事業の柱を模索する傾向がここ数年続いている。新規事業を探すのは、いうまでもなくシュリンクするパチンコ市場のリスクヘッジの一環だ。

業界の景気が良かった時も新規事業に参入するケースはあった。その時はどちらかと言うとホール経営以外もやっている、という企業イメージをアップさせる目的もあり、片手間でやっている感は否めなかった。

今回はその時とは状況が全く違う。

一般業種に比べたら収益性はまだ高い、と言われているホール経営だが、2021年1月末までに現在設置されている旧基準機を新基準機に入れ替えなければならない。出玉性能は抑制され、新基準機に完全に切り替わった時の客の増減は読めない。

この経費負担についてあるホール経営者は「負の投資を課せられている。かつてのパチンコ経営は3年回収と言われたが、今は7~10年回収になった。ホール経営の魅力を感じなくなった」と現在は別会社を作って飲食店経営に注力している。

新規事業へ参入する場合、全くノウハウがないのでフランチャイズに頼るケースが少なくない。本部の指導により短期でノウハウを習得できる分、本部に支払うロイヤリティーで利益を持っていかれる。

かといってノウハウもなしにイチから新規事業を起こせば、成功するかどうかも分からずリスクが高い。

新規事業をどう始めたらいいのか迷っているホール幹部向けに、ネクステリアが新規事業開発セミナーを開催する。同社の森本耕司社長は地域一番店メーカーで、儲かり、地域貢献になり、かつホールの集客に使える新規事業を提案する。

「パチンコ業界の方は新規事業を探しているのですが、新規事業というよりはどこにでもあるフランチャイズのケースが多いように感じております。私は、業界外で社長の会など参加していますので良い商品を持っている会社を知っています。また、親しくしているパチンコ企業にご紹介したら、即決されるケースがたびたびありました。その中から、パチンコ店の集客にも役立ち、地域貢献にもなる新規事業を4つほどご紹介したいと思います」(森本社長)

■新規事業開発セミナー

大阪会場
8月21日(水) 13:00~16:00
大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館

東京会場
8月28日(水)13:00~16:00
東京都台東区上野3-7-3 SDビル5階

新規事業開発セミナーの申し込みはこちらから




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。