パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコに人生を賭けたおじいちゃんの顛末


北関東のホールでの出来事。常連客の70代のおじいちゃんは、お客さんたちからは「ピッタシさん」のあだ名で呼ばれている。

理由はおじいちゃんの口癖が「今日は1万円ピッタシ負けた」「今日はピッタシ2万円勝った」などと必ずピッタシを付けたがったからだ。

おじいちゃんは専業農家でトラクターのハンドルも握るが、仕事はほとんど息子に任せ、悠々自適で毎日のようにパチンコを打っていた。

おじいちゃんはそれなりに資産があるので、4パチ、20スロ以外は打つことはなかった。ところが、しばらく、おじいちゃんの姿がパッタリと途絶えた。

数か月後、再びホールに姿を現すようになった。

あれだけ、4パチ、20スロしか打たなかったのに、それ以降は1パチ、5スロに替わった。

1日2万円の予算だったが、息子さんから小遣いを減らされたために、止む無く低貸しにシフトした。

小遣いを減らされた理由は、農機具の大型投資をしたためだった。

小遣いを減らされてからは、ホールに足を運ぶペースも月一に落ちた。

「今まではおカネがあったので、負けても惜しいとは思わなかったが、1パチ、5スロではやっている気分にならない。パチンコはワシの人生を賭けたバクチだ」(おじいちゃん)

そんなおじいちゃんが「俺のことは2週間探すな」と置手紙を残して家出した。

友達と向かった先はアメリカのラスベガスだった。

500万円をトラベラーズチェックに換え、最後の大勝負に出た。

おじいちゃんは、カードゲームは分からないので、スロットマシンとルーレットの2本に絞って勝負した。

カジノ初心者だったが、結果的にはスロットマシンで1500万円、ルーレットで1000万円、計2500万円勝った、という。まさにビギナーズラックだ。

向こうで30%の税金を払って差し引いた1750万円相当を全額息子に渡した。

その代り「パチンコを禁止しないでくれ」と懇願した。

以前の半額の月30万円の小遣いをもらうようになった。しかし息子からの条件は「1パチにしてくれ」。

おじいちゃんはいう。

「パチンコは身を亡ぼす。その通りだ。身を滅ぼした常連を何人も見てきた。でもウチは収入があるから身を滅ぼさない。俺は他とは違う、というところを見せつけたかった。カネは冥土には持っていけないから、全部パチンコに使う」

常連客の間ではこれだけギャンブル好きだから、またラスベガスへ行く、と予想している。そしてスッテンテンになって帰ってくることを。

「大負けするのを楽しみにしている」という声がどこからともなく聞こえてくる。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 飽食暖衣、逸居して教うることなければ、則ち禽獣に近し。

    食べたいだけ食べて、着たい物を着て、ぶらぶら遊び暮らして、これで教養が無ければ、この人は人間というよりもはや動物に近い。

    パチンコは遊技です。遊びです。
    遊びですので人生など賭けずに、そこそこの時間をホールで楽しんて頂ければ嬉しく感じます。 
    牛丼通行人    »このコメントに返信
  2. ≫俺は他とは違う、というところを見せつけたかった
    養分の時点で一緒だろ笑
    バカな癖に無駄に金持ってるなんて余程運がいい人生だったのだろう。

    こういう無駄に金だけ持ってる老人は大事に(するふり)してほしいですね。

    それにしてもカジノの勝ちでも30%も取られるなんてとんでもないボッタだ。
    日本でも税務署の乞食が博打の勝ちにも税金払えとほざいてるがカジノが出来ても税金乞食が喚くようじゃ流行らないだろうな。
    勝ち組    »このコメントに返信
  3. トラベラーズチェックという単語を久しぶりに見ました。
    いったいいつの話なんですかね。
    日本では何年も前に廃止されてますよね。

    ラスベガスでの税金は、ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームでは徴収されませんし、
    スロットマシンでもジャックポットを当てて、係員を呼んで
    「ハンドペイ」を受け取る時以外は徴収されません。

    ちなみに、日本で確定申告すると言って書類を書けば30%を引かれないで済みます。

    ジャックポットを当てて、現地で30%を納税することを選択した場合、差し引いた70%分を現金か小切手でもらえます。
    つまり、逆に言えば、ジャックポット以外の通常当たりやテーブルゲームでの儲けを、カジノで納税することはできません。

    まあ、ギャンブルの勝った負けたの話に細かいツッコミをすることは無粋だなとは思ったのですが、
    ラスベガスのカジノに関して誤った情報が広まるのが好きではないので書かせていただきました。
    パチンコにかつての活気を取り戻して欲しい一ファン    »このコメントに返信
    • ≫日本で確定申告すると言って書類を書けば30%を引かれないで済みます。
      事前に調べておけば税金払わなくて済んだんですね。
      申告なんかしなくてもバレないし。
      やっぱり情弱は恐ろしい。
      勝ち組    »このコメントに返信
  4. 久しぶりに面白い親父の話題ですね。
    ギャンブル好きとはこうこなくっちゃ。
    金に余裕のある人が好きなギャンブルを楽しむのは良いことえ。
    貧乏人がなけなしの金でパチンコに負けるから、恨みと嫉妬のコメントが多くなる。
    やはり賭け事は余裕の範囲内でするのが鉄則。
    パチンコ批判をするぐらいなら行かないこと。

    じいさん!もうすぐ日本にカジノが始まるからそれまでお元気でいて下さいよ。
    ワイド    »このコメントに返信
  5. 30%税金は高いよ、まさか日本でもそれぐらい徴収するのか?
    ピー    »このコメントに返信
  6. 小遣いを減らされたから1パチにシフト → 1パチは打っている気がしない → 息子に1700万渡す → 息子「1パチなら打っていいよ」

    状況が何も変わってなくて可哀想w
    カニミソ    »このコメントに返信
  7. トラベラーズチェックは2014年頃に新規発行を止めているはずだから、6年以上前の話かな?

    ひと月で30万円を使い切っても1750万円を使い切るには約5年かかりますね。

    今頃はスッテンテンになっているのでしょうか?
    そうでないと良いな~
    T/C    »このコメントに返信
  8. 自分はパチンコは期待値のみでそれ以外の事は排除して打ってますがこのおじいさんみたいに金銭的に余裕がある人ならこういう打ち方も良いと思います(トータルでは勝てないでしょうが…) 
    パチンコは感情を排除して打ってるので正直作業で楽しくないですが趣味でやってる競馬はトータルで勝てないと自覚してますが楽しいし興奮します。 
    パチンコも人それぞれ打ち方あると思いますのでどの打ち方が正解というのはないと思いますのでこのおじいさんみたいにきれいな打ち方で有ればギャンブルで打っても良いかと…
    ただ一番いけないのが適当に負けるべく打って台、店に八つ当たりしたりする事だと思います。勝ちに徹する打ち方を出来ないのであればストレス溜まらない程度に適度に楽しむ事だと思います。
    トータルで勝ちたければ勝てる立ち回りをするだけです。
    おじいさんみ半分になったとはいえ月300000円小遣い有れば平均よりあるでしょうから充分4パチ打てますね。
    セカバン    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す