パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコ産業革命その8


■釘整備の必要性



ここ最近は、右側にゲージがなく左側だけという非常に釘の本数が少ない台が多い。この傾向は個人的には大反対なのだ。確かに調整するには本数が少なくなった為、楽にはなったが遊技という観点から見ると、大きくゲーム性を損なっていると感じる。



たとえば偶然右側に飛んだ玉が、偶然スタートチャッカーには入った時、チョッと嬉しいという感情がそこに生まれた事はないだろうか? 左側だけのゲージだと100%起こりえないのだ。



これは少し違うけど、大当たりの時、下部のアタッカーにダブル・トリプルで玉が入り規定個数より多く入った時、チョッと嬉しくないだろうか?



昔でいえば、開いているチューリップに2個ダブルで入ると、又開くというチョッと嬉しい出来事。これらのチョッと嬉しい感というのはとても大事な事で、遊技が楽しい娯楽と再認識させられる瞬間である。



様々な演出を作り出すためにも、本来釘の本数が多ければ多いほど良いのだが、発売される台はそうでないものばかり・・・ただ嘆いてばかりはいられないので、今の台での必要性を。



昔は『釘師』と呼ばれる人達が、僅かな情報と経験と感を基に、釘をコントロールしていたわけだけど、今は溢れるほどのデータを基に調整しなくてはならない。



現在は、ベテランも多いが非常に若い人も多く調整に携わっている。正直すべての人が上手というわけではない。よくこんな人に任せているな、という人も存在する。それは繁盛店であってもである。



これらは表立ってわからない為、顧客に関係ないといえば関係ない。しかしプロである以上このような行為は失礼この上なく、いずれは見極められ顧客離れに繋がる。



そういった要因も結局は大型店の弊害という事も一理ある。人を育てる前に大型店を出店し、店長一人が調整するには台数が多すぎ、未熟者に頼らざるを得ないという現況。



ここ最近のグランドオープンで 一~二週間すると客数が伸びなくなるという現象はこれらも原因だろう。確かに今の時代、釘だけで客を呼べるとは正直自分も考えていない。



しかし、釘で離れていく客がいるのは間違いない。逆に考えると呼べているかも?と思う事ぐらいはある。ではどうすれば良いのか?



ここ最近の多くのホールは、データを釘調整で揃えたがる傾向にある。確かに揃うに越した事はないが、そんなに一発で揃うなんて事は不可能なのだ。



正直、メーカーによっては酷いゲージを組んでいるのもある。大手もたまにある。そんな台は購入しなければ良いだけの話で、玉の動きを導きやすく、尚且つ予想外の動きを稀にする台がゲージとしては好ましい。



釘調整とはなんぞや? と講義などで問う事があるのだが、多くの人が利益を確保する為と答える。確かに最終的にはソコに繋がるわけだが、持論は玉のスピードコントロールである。



要するに場所によって玉のスピードを速くしたり、遅くしたりして目的とする所へ釘によって玉を導いてやるものと認識している。それに偶然性が加わると尚良い。



そして多くの人間が管理するのであれば、共通の認識・同レベルの技術が必要なのはいうまでもない。昔のように見て学ぶだけというのは 非常に効率も悪いだけだ。



■データの必要性



最近のホールコンピューターは、かなり詳細な部分までデータが出ており 営業戦略に活かすには十二分なほどの情報が詰まっている。



このデータの必要性は、誰もが感じているとは思うが、人によっては見当違いに見ていたり把握していたりする。配線の不備や機械トラブルによる異常データも、大きなものは発見しやすいが、細かな部分になってくると経験というものが必要になる。



そして何より大事なのは、自動計算されたデータの把握だけではなく、何故、どのようにしてそのデータが導き出されているのかを早い段階で理解する事である。



そうする事によって、玉一個の大切さも分かるだろうし、釘調整の大切さも理解出来るようになるのではないか? 基礎から地道に一歩ずつ始めるのが良いだろう。



まず手始めにどうするか? 社外部・内部問わず研修をするのもいいだろうが、その際の欠点は、研修が終わった後データに触れる機会が減ってしまうと、数字に対するモチベーションが下がってしまう事だ。



この業界に限らず、多くの会社が研修などを行なっていると思うが、その欠点は共通しているように思う。研修時や終わった直後などは「よーし、頑張るぞ」と思っていても通常業務に戻ると、現実というものが待ち受けている。

それらを払拭できる社内体制でない限りは どんな良い研修を受けたって 費用のムダ・時間のムダになってしまうのである。それでは教える側もやりきれない・・・



とにかくデータの必要性を理解しようという手始めは、ナマのデータを漠然とでいいから毎日見続ける事。そうする事によって必ず疑問点が出てくる。その時大事なのは、それをフォローできる上司や同僚がいなくてはならない。



何でもそうだが『継続は力なり』なのだ。



そして、少しずつ理解し始めれば 次には各部分々々の平均データ把握を心掛ける。これは店舗責任者なども同様なのだが、店全体や全体平均だけではキメ細かな営業には対処できない。昔のドンブリ勘定など論外である。



そしてそれらの数字の動きを毎日見続ける事で、データの流れ、営業の流れというものを理解出来るようになる。確かに数字が苦手、という人もいるだろう。



しかし、それを避け続けていてはホール営業者として、失格の烙印を押さなくてはならない。ただ、数字は苦手だけど接客だけはプロ中のプロと誰もが認めるようであれば、接客専門のスペシャリストを目指せばよい。



そして、店舗責任者になると、データの把握だけに限らず、様々な能力が求められる為、避けては通れない道である。それでも悲しいかな、おぼろげながらのデータ把握だけという店長が実在するのも確かだ。



その立場に就かせた会社にも責任はあるが、その程度でも店舗運営が出来なくはないから恐い。ただソコが永続的に続くかどうかは明らかであると確信しているが・・・



データというものを結果でしかないと見る人もたまにいるが、それらは全て必然的に出てきたものであり、偶然その数値になる事はあったとしても否定して欲しい。



根拠のある釘調整が出来ていれば、予想数値の範囲内で収まる事は経験者なら理解できるだろう。特に熟練者になると予想数値の下限から上限まではキッチリと把握できているものだ。



それが若手であろうと大ベテランであろうと関係なく、である。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. いや

    メーカーが左右対称の台を作ってもお店側が右側の釘を完全に殺してしまうから最初から右側は釘は無くて良いんじゃないとなる。海物語のinカリブの時は個人的には絶賛したけどね。だがinカリブは人気が出ずに短命に終わったなぜだろう?
    たかし    »このコメントに返信
  2. Unknown



    釘調整の・・・



    現金投資中はk/27  持ち球になるとk/15~18 何故この様な事象が起きるのか・・・作為を感じますよね^^



    激アツリーチを外すと突然回らなくなる、僕らは不正の法則と揶揄してますがね^^



      パチンコは摩訶不思議が大過ぎw
    パチンコ等どうでもいい人    »このコメントに返信
  3. Unknown

    カリブは甘デジでは名機だったよ。

    当時、三洋は新境地に挑んだのだが、保守的な海客がついていけなかったのだろう。

    それまで左右非対称は権利物、セブン機は左右対称が相場。

    権利物でややこしいと思われた。また、演出も多すぎた。今ならそこそこ使えたのじゃないかな。あるいはミドル、甘のリリース順序ではなく、甘、ミドルの順序なら展開が変わったと思うよ。

    ストロークが安定しない初心者や高齢者の為、わざと盤面右を甘くしていたホールも多かったので、そういうお客さんからも敬遠されたのじゃないかな。

    すべて、仮説だけどね。



    若い店長の方が総合力は優ると思うのですが、、「したたかさ」と「はったり」は昔の方が優ってるような・・・

    あくまで個人的な意見です。
    ガリブ    »このコメントに返信
  4. そうですね

    その感覚は確かに分かります。

    分かりますけど等価の流れの中では釘は少ない方がいいなあとか思ったり。

    昔は玉の動きを楽しんだり出来てましたけど、今は釘は回らない様にするためのものという印象です。

    カニミソ    »このコメントに返信
  5. 繰り返し

    メーカーは客が楽しめる台を時間を費やし造るが、店が利益の為に一瞬でツマラナイ台に変化させてしまう。そんな繰り返しを何時まで続けるのか?

    もうパチンコ店についてくる客は年寄りと中毒患者のみ
    たま    »このコメントに返信
  6. Unknown

    オカルトやホール批判など繰り返しだね。

    もう少し、記事に沿ったコメント、批評が増えてもいいのだが、憎いもの、嫌なものに「どーでもいい」言いながら構う人の心理がわからんわ。

    それとも「嫌い嫌いも好きの内」と理解すればいいのかな。



    ちなみにいくら、名釘でもスランプはあるね。補給タンクや上皿、下皿の玉数(重さ)も関係するから、昔のプロは下皿の玉抜き加減には神経を使ったものだ。



    パチンコはそもそも店長産業なんだが、中には暴走する店長もいる。そこで店長に権限が集中しないように、中規模以上のチェーン店は職務内容を仕組みにした。仕組みにすることで臨機応変さをなくした。

    若さの問題ではなく仕組みの問題だと思います。
    繰り返しだね。    »このコメントに返信
  7. 自分の経験談

    筆者は『左側だけのゲージだと100%起こりえないのだ。』と仰いますが、自分はスーパーコンビで右打ち中(大当たり中)にまたクルーンに飛び込んでしまった経験を持っています。しかも・・・・有りえないはずの左側から入賞です。



    この件が有って以来、ありがたい事に自分の持ち続けていた仮説は”確信へ”と変わりましたけどね。
    でんでん虫    »このコメントに返信
  8. スピードコントロールは釘整備のみならず・・・

    >釘調整とはなんぞや? と講義などで問う事があるのだが、多くの人が利益を確保する為と答える。



    「利益の確保」ではなく「利益のコントロール」と答えて欲しい気がしますね。

    二つの《 意識と表現 》に殆ど差はない?

    いやいや、お客さまを“遊ばす”と云う点で微妙な違いが出るくるように・・。

    そして、持論であるスピードコントロールと云うご意見は納得です。



    >それらを払拭できる社内体制でない限りは どんな良い研修を受けたって

    >費用のムダ・時間のムダになってしまうのである。

    「外部研修」受講後の社内フォロー体制の有無や仕組みは重要です。



    P業界に限らず、最近、人を“じっくり育てる”ことが激減しているように感じます。

    日本型経営の「終身雇用や年功序列」の瓦解、雇用環境の変化が影響?

    また、キャリヤアップと称して忍耐力欠乏症の転職がまかり通るのも一つの要因?



    総じて、育てる側も育つ側も早急な答えを求めたがる。

    私はこの傾向はどちらにとってもマイナスだと感じています。

    モノもヒトも使い捨て、目先の成果(効能・効果)主義の横行に疑問が・・。



    しかし、“時代”がそうさせるのだ・・、と云うご意見はあるでしょう。

    ノンビリやっていたら経営がおぼつかない社会になったのだ・・、と云うご意見も。



    >データというものを結果でしかないと見る人もたまにいるが、

    >それらは全て必然的に出てきたものであり、・・云々・・

    世界は因果律で動いていることを否定する気はありません。

    しかし、現代は「因」と「果」の間隙の狭さ(スピード)を意識すべきでしょう。

    ヒトが創りだしたコンピュータがその間隙を非常に狭くした。

    その結果、ヒトはじっくりと思考する時間(余裕)を奪われてしまったように思えます。



    経営トップそして管理職の方々、時間感覚は狂っていませんか?

    営業の第一線、現場の思考力が育たなければジリ貧経営に。



    『数字は数字がつくるのではなく、ヒトのココロがつくる』と云う言葉は、ご存知・・?
    蜻蛉の親爺    »このコメントに返信
  9. Unknown

    右打ちは大当たり→確変→時短→大当たりのサクサク感を実現する為なんですから内規変更でしか解決できないんじゃないですかね。



    個人的に気になってるのはスタート数・止めうち・捻り打ちに対する店の沸点の低さですね。これはチェーンによって統一されてる気がします。



    等価で1k30回ることが連続する、オーバー入賞が続く、玉が増えて時短が終わることが続くと店員が張り付いてくるのが不愉快で仕方ありません。

    特に関東のホールに多い。



    保3やステージ止め、捻り、止めしなくてもこういうことはまま起きるわけで、シビアな条件でエラーを吐くように設定してるんでしょう。



    例えば甘デジ、大海2アグネスにしましょうか。

    確変ベースを70で釘を叩いても大当たり中のスルー保留から上手く繋がればオヤジ打ちでも時短20後に微増してることは結構あるんですよ。これでも続くと店員が張り付いてくる。

    つまり機種ごとの特性がわかってないんですね。

    時短数やスルーの抽選率とかは関係なく一律で増えた瞬間にエラーを吐くと。



    私は最近そういうのが面倒なので増やせても維持~微減ぐらいで打ってますよ。



    技術介入に対する議論は置いておいても一般客がちょっとツイたら店員が張り付いて注意してくるなんてのは次回の来店に繋がるかどうかということです。
    GA    »このコメントに返信
  10. あまり関係ない。

    瞬間の喜びはあるでしょう。

    遊戯が終わった後に覚えてるか?



    間違いなく覚えてません。



    脳裏に焼き付いてるのは、大当りの快感と当たらなかった時の悔しさや演出に対しての一喜一憂。



    上げ釘にすると玉が跳ねるから期待感が云々など、昔一般台メインだった頃の話。



    店舗スタッフの労力を考えると左側のみのゲージで問題無し。



    これからの遊技機は、店舗の労力を減らす事も考慮してみては??

    人件費を抑える事が可能な遊技機は、お客様に負担を掛けずに利益貢献が可能となる。

    それが、今後もファンを減らす事なく行く道では?
    元P店店長    »このコメントに返信
  11. Unknown

    今後のパチンコは

    依存者ではなくて

    ファンやマニアにより

    支えられめイメージを

    確率すべき。
    レボリューション    »このコメントに返信
  12. Unknown

    概ね同意だけど



    >要するに場所によって玉のスピードを速くしたり、遅くしたりして目的とする所へ釘によって玉を導いてやるものと認識している。それに偶然性が加わると尚良い。





    ん?ほぼ100%偶然の産物でしょ?

    これを任意に調整できるとか思い上がりも甚だしいと思うけど。

    せいぜい分間のスタートやベース等をある範囲内に収める事が高い割合で出来る程度、というだけ。



    それとも何発目にスタート入賞するか分かるのか?

    ( ゚д゚)ウム    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す