パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

私がパチンコを始めたきっかけと、今


私は今年48歳になります。

初めてパチンコ店に入ってからちょうど30年となるんですね。
そんなことを思い出したので、今回は私がパチンコを始めたきっかけと業界の未来についてお話させていただきます。

あれは大学1年生の春、当時私は名古屋の吉野家で深夜キャストをしていました。そこには当時36歳の「深夜のボス」ともいうべき存在がいて、その方がまた大のパチンコ好きでした。

「パチンコを始めた直接のきっかけ」としてはその深夜のボス(36)に誘われたから、となりますね。だそれだけではなく、当時の深夜キャストは全員がパチンコ好きだったので、ボスがいなくとも必ず夜勤明けにみんなでパチンコに行っていました。

そんなバイト仲間から初めて誘われていったときに打った機種はハネモノ、はっきりと当時を覚えています。機種は平和のブンブン丸でした。

訳も分からず打ち始めて大当たりしてどんどん玉が増えていく。
結果は2,000円の負けでしたがとても興奮したことを覚えています。

それからは毎週、パチンコ必勝ガイドとパチンコ攻略マガジンの購入は欠かさず、機種の知識を増やして「なんとしても勝ちたい!」とホールに足を運ぶ日々でした。

始めたきっかけは自分の意志ではなく周りの影響。そして体験。
パチンコに限らず興味を持つ対象はだいたい、周囲の影響からだと思います。

もちろんそこには興味を持つだけの魅力がないといけません。そして当時の自分にとってパチンコはドキドキ、ワクワク、楽しい空間に写りました。

パチンコは18歳未満入店禁止なので18歳になるまで近寄ることすらない業界です。
もちろん一部には18歳未満からパチンコ店に出入りしていた方はいると思いますが、あくまでそれは少数派。大多数は18歳を超えてから始めたと思います。

そこはそれまでの生活とは無縁の場所、全く触れたことのない世界なので、「(自分の意思で)行こう」ではなく「(一緒に)行くぞ!」、「飛び込みで」ではなく周囲のだれかの「連れていく」、ということがないとパチンコに行くというのはなかなか難しいものだと思います。

僕の場合は周囲にパチンコ好きがいて連れて行ってもらえました。

そして現在。

パチンコ離れが叫ばれて久しいです。パチンコ店の主要客層の高齢化が進み若年層が少なくなりました。
そうなるとそもそも連れて行ってくれるはずの「お兄さん的存在」が少なくなっていることを意味し、この先の少子高齢化を考えてもパチンコファンは減少していくことでしょう。

どんな業界でも若年層を取り込まないと先々の業界の発展はあり得ないです。
しかしパチンコ業界は長年「今、目の前の」客層ばかりに目を向けてしまっていました。
あらためて、業界を挙げての若年層の取り込みを開始しないと恐ろしい未来が待ち受けていると思います。

「いまさら始めても遅すぎる」という意見もあると思います。
しかし取り組みを始めなかったらそれはただの「先送り」です。そして事態はどんどん悪化するでしょう。

「パチンコに一緒にいくぞ」と気軽に誘える環境、この構築が必要です。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。