パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

吸う人にも吸わない人にも優しい環境がホールであることをアピール


TKC主催「2020年の課題を解決する!」より

■4月からの全面禁煙化への対応について

日本人の喫煙率は17.8%(2018年厚労省調べ)の中、遊技客の喫煙率は58.2%(日遊協調べ)とかなり高い。遊技客だけでなくTKCセミナーに参加した50名中25名が喫煙者であることが分かったように、業界人そのものの喫煙率も高いことが分かる。



タバコを吸う客はホールにとっては大事な客なために、ホールの関心事は4月1日からの全面禁煙化で稼働は下がるのではないか、ということだ。

喫煙者には遊技しながら吸えなくなることで環境が悪くなる。そこでTKCの高橋正人代表は喫煙者目線に立って4月からのことを提案する。

「遊技人口が900万人に対して喫煙者は1880万人。遊技人口の倍、喫煙者がいる。これからは喫煙者をホールに呼び込む施策=喫煙所が必要になる。4月からは喫茶店で一服できなくなる中、全国で9700カ所の喫煙所が日本中にできることになる。日本最大の喫煙所ができることはすごいこと。喫煙ブースを提供することで喫煙者をどうやって呼び込むか」

この提案にリスペクトマインドの武内臣介社長は「地域貢献の視点で、歩きたばこを止めさせて普通に吸える場所がホールになる。休眠ユーザーを呼び込むのにもいいこと。タバコを吸う人のための喫煙所がホールになる」と肯定的な見方だ。

遊技産業未来研究所の島田雄一郎副社長は「今年グランドオープンして、いち早く禁煙化したホールの中にはうまくいっていないケースもある。4月からは全店禁煙化になるので、禁煙になっても行く人は行く。タバコが吸える空間が禁煙化になりましたではなく、タバコを吸えるのはパチンコ店だけです、といい切れたら皆来る。『どちらのお客様にも快適な環境』と謳い、禁煙を謳うと遊技客は減る」と文言に注意を払うことを促した。

加熱式タバコについて高橋代表が集客のポイントとして次のように提案した。

「加熱式は喫茶店では吸える。パチンコは止めたけどタバコは止められない人に来ていただくために加熱式タバコは景品で全銘柄取りそろえる。『タバコを吸う人を優遇して、喫煙所を作りました』と告知が伝われば、伝わるほど来る」

集客できる喫煙室ということで、女性専用の喫煙室や、喫煙室にリクライニングシートを設けるといった意見も出た。

結論は禁煙化をことさら謳うのではなく「吸う人にも吸わない人にも優しい環境」がホールであることをアピールすることである。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。