パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

韓国人客が激減中の福岡のホール


日韓関係の悪化で一番影響を受けているのが長崎県対馬市の観光だ。日本ボイコット運動の煽りを受け、韓国人観光客が激減している。

韓国・プサンから50キロ離れた対馬は、ジェットフォイル「ビートル」で1時間10分ほど行ける最も近い日本でもある。

プサンとの定期航路が開業した2000年に対馬を訪れた韓国人観光客は7000人だったが、2018年は40万9882人に達している。

日本ボイコット運動によって、対馬市の中心である厳原とプサンを結ぶ航路は8月をもって全便が運休。一日6便あった比田勝〜プサン路線も僅か2便にまで減った。個人旅行者はパラパラとは見られるが、ドル箱であった団体客はほぼ消滅した。韓国人観光客で平日でもほぼ満室が続いていたホテルも「8割は減少している」という。

韓国人頼りになっていた対馬の観光業界は大打撃を受けているが、立地的に日本から遠い対馬は日本人を呼び込むのも難しい。

プサンと距離的に近い福岡市内のホールも韓国人の姿が激減している、という。ちなみにプサンと福岡は飛行機で55分、ビートルで3時間ちょっとの距離だ。

「仕事で月1回はホールに来ていた韓国人のお客さんは、日本で仕入れた商品を韓国で加工して販売していたんですが、日本製品ということでその仕事自体がなくなったそうです。それで日本に来る用事がなくなったんですが、どうしてもパチンコを打ちたいからと、プライベートで久しぶりに来られました。福岡のホールは場所によって韓国人のお客さんが多かったんですが、今は確実に減っています」(福岡市内ホール関係者)

韓国人の場合、パスポートで会員カードを作り貯玉している人も少なくないというからデータ的にも来店頻度が減っているのが分かる。

ただ、売り上げ的にはさほど影響を来すほどの額でもないが、対馬のケースを他山の石、と捉えている。

「韓国はメダルチギが禁止され、パチンコに準じるものがないので、一度パチンコをするとリピーターになる方はいらっしゃることは事実です。中国はサード配備の報復で韓国の旅行を禁止し、韓国も日本旅行をボイコットする運動をするような国。国の情勢で変わるような国のお客さんを増やすことはしない方がいいと思いました。やはり国内に目を向けるべきだと思いますね」(同)

日本にカジノが開業した時に中国人の富裕層がどれぐらいおカネを落とすのか全くの未知数だ。VIP客が思ったほど集客できなければ、その時ターゲットにされるのはパチンコ客だろう。

外国人観光客も期待できないパチンコは、カジノに客を持っていかれないようにしなければ、遊技人口はますます減って行く。


営業方法にも英語、韓国語で対応する福岡市内のホール。本文と写真は関係ありません


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。