パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

最低出率100%以上の機械を作ることが業界を遊技に戻してくれる


2018年2月に施行された規則改正でパチンコの大当たり出玉は2400個が1500個に抑えられた。これは依存症対策と言う大義があった。出玉を従来の2/3に規制したことに対して風営法議連は警察庁に科学的根拠があるのか、と問い質したところ、警察庁の山田保安課長は「必ずしも解明されているわけではない」と根拠がないことを認めている。

根拠がないからと言って、一度変更された出玉規制が、簡単に元に戻るとは考えにくい。5年、10年の歳月が流れないことには早々変わらない、と思われるが、風営法議連には「突破力」があるのか?

依存症対策を錦の御旗にあまり意味がない1500個規制が業界に突き付けられたが、日工組はこれに対抗するかのように65%の継続率を撤廃した。

「1500個は射幸性を落とす要件にはならない。そもそも業界が40個交換営業に舵を切っていたら1500個まで出玉を落とされることもなかった。射幸性を抑えるというのなら、交換率を落とすことの方が効果がある」(遊技機メーカー関係者)

等価交換営業に舵を切ったホールは、結果的に自ら首を絞めることになった。そのことが分かってきたから都道府県遊協単位で脱等価に走ってはいるが、等価営業を継続したい法人がある組合は中々足並みが揃わない。

全日遊連が推し進める「今後の遊技環境に関する提言」の中に、出玉率100%以上の営業形態の確立を目指す、という項目がある。

出玉率100%営業とは裏を返せば、等価営業では不可能であることを意味する。40個交換時代は100%以上の出玉でも楽々玉をたくさん出すことができた。

「全日遊連が提言する100%以上の出玉営業を後押しするには、メーカーが出率100%以上の機械を作るしかない。スロットなら100%~105%の機械を作ること。ベタピンで100%は出る。そうなると自ずと交換率も6枚ぐらいになる。今の新基準では設定6でも暴れる機械は作れないので、そんなに出ない。設定を入れることを恐れことはない」(スロット関係者)

低交換率に対応した機械を出していけば、業界のガンとも言われる等価交換は自ずと駆逐できる。

等価交換を続ければ続けるほど業界は疲弊して行く。等価についていけないお客が4円から離脱した。下がる売り上げをカバーするために、ホールは釘を閉める。閉めるから客はますます飛ぶ。この悪循環を何とかして断ち切りたい。消費税増税も目前に迫ってきた。だから、現状を打破しようと、全日遊連は提言を出している。

100%以上の出率の機械を作ることが業界を遊技に戻してくれる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 上限に1500発の出玉制限し、現金投資には制限無し。
    規制、規制っていうけど、出玉減らして回収し放題なら店にとっては優遇でしょ。
    規制されたのは客だからな。
    なんでいつも被害者面なんだ?
    設定6使ってたりする店だけが出せなくなった、規制されたと言ってもいいが、設定1しか使わない店が出せなくなった、規制だ。とか言うなよと思いますけど。
    100%超える設定は現存しますが使わないのはなぜですか?
    等価交換以外ダメという規制はないなら現状でも7枚交換設定6で十分可能ですけど。
    暴れない穏やかな設定6を店で使って見せてから言って欲しいものです。
    パチンコ無くなればいいのに    »このコメントに返信
  2. 40玉と言わず50玉でもいいくらい。
    出玉率10割超えるのは当たり前。
    あとは換金ギャップとの戦い。
    それくらきにしなきゃね。
    ペタジーヌ    »このコメントに返信
  3. >>下がる売り上げをカバーするために、ホールは釘を閉める。閉めるから客はますます飛ぶ。この悪循環を何とかして断ち切りたい。


    質問なのですが、いつから釘を開けたり閉めたり出来るようになったのですか?
    アルマジロ    »このコメントに返信
  4. 経営者が粗利第一主義の考えを改めないと、無理でしょう。理論上わかっていても、大手が交換率を下げてこないのが、その証拠。大手が交換率を下げてくれは、他も追従する。経営者が真剣に考えて行かないと、この業界の明日は無い
    かつ    »このコメントに返信
  5. この構想に従ってメーカーが機械台を作ったとして、既設の台からどう切り替えてレートを下げるのかって考えた場合に、結局既設の台は設定を入れるという回答になってしまうかと。それができるのであれば、本末転倒な話。
    某設備メーカー営業    »このコメントに返信
  6. メーカーに出率100%以上の機械をつくらせたって、
    ホールは文句を言うんでしょ。買わないとか。
    メーカーがそんなリスクを冒すわけはない。
    無理だよ    »このコメントに返信
    • 全日はすでに提言書出してんだから、日工組と日電協がこれに賛同すれば済む話し。
      この程度の合意もできないようでは、当局に対し規制緩和なんて夢の夢だ。
      情けないね。
      ワイド    »このコメントに返信
  7. ここは焦らず規制緩和を待ちましょう。スロットは高純増タイプの時代に突入しました。たった30分で2400枚。十分射幸性あります。これに上限撤廃されたら鬼に金棒ですよ。スロットの規制緩和がいつ来るのか要注目です。
    6号機は業界を救うか?    »このコメントに返信
  8. 爆裂機を出す→依存症が増える→店が儲かり出玉を出せる→出玉が出るから客が増える→リピーターへ爆裂機を提供する

    本来この流れが自然で、業界のキャッシュポイントは二番目の中の養分の方のみ。ここに焦点を当てないといけないのに依存対策とか自殺行為ですよ。パチンコ業の本質は煽る事。

    煽ってくれないパチンコやスロットなんか、養分すら望んでません。
    養分は負けてもいいから楽しみたいんです。
    やめられない人はなぜやめられないのか?

    楽しいからですよ。需要には企業として応えなければなりません。
    カニミソ    »このコメントに返信
    • カニミソ氏のおっしゃる通りです。

      ギャンブル業界はいかに煽り養分から収奪するというのがあるべき姿だ。

      なのに依存症対策などして養分からの収奪を減らすのは間違ってる。

      依存症がどうこういうのは養分団体ぐらいでしょう。

      辞めたくても辞められないとかいいますがただ単にやめたくないだけ。

      ただ、養分は負けてもいいから楽しみたいというのは違うと思います。

      節度ある一般養分はそうかもしれませんがここで喚く逆恨み養分は勝とうとして返り討ちにあい逆恨みしています。

      逆恨みとはいえ本心では楽しんでるはずなので射幸心を満たして満足させてあげてほしいですね。

      例え破産しようが自○しようが本望でしょう。
      勝ち組    »このコメントに返信
  9. 今でも設定6で7枚交換で営業しようと思えばできるでしょ、なぜ、やらないの?
    お客さんからベタピンで抜く(粗利)ことしか考えてないから今のようになる。
    高設定で“遊んで頂く”という思考がホールに無くなってしまってる証拠です。

    残念!
    ピンキー    »このコメントに返信
    • 20年前に比べパチンコ屋の店舗数は既に半減してます。
      何も変えなくて今のままでいいのでは?
      このペースで今の営業方法を続けて頂ければ10年後20年後にほぼパチンコは消滅しますよ。
      アンチの皆さんのお望みのどおりに滅亡しますから、そっとしてあげて下さい。

      下手に意見など言って、それをヒントとして改善した結果ホールが息を吹き返しても困るでしょうし(笑)

      今の営業スタイルのままがいいんですよ。
      ビーン    »このコメントに返信
    • ピンキー様
      そうですね、もはや“遊べ”ないんだから遊技場という言い方は使ってはならないですね(笑)
      サンダー    »このコメントに返信
  10. みなさんが書いているように、パチもスロも出率100%以上の機械はありますし、それに合わせて交換率を下げることも可能なはずです。
    薄利多売に方針転換したら、あとは稼働が上がるまで「交換率は低いけど、出玉はあるよ!」とアピールし続けるしかないでしょう。
    炭酸電池    »このコメントに返信
  11. 間違って発展した業界なのだから、正常に戻すのは当然なんじゃないだろうか。
    遊技本来の意味を法の範囲で営業していたのなら、ここまでの発展はあり得なかったわけ。
    それを今は業界を本来あるべき姿に戻すため表向き「依存症対策」と銘打って縮小させようとしている。まぁそこには国主導のカジノへの対策も見え隠れしているが。
    であるのだから、客は勿論ホールやメーカーが厳しくなるのは当たり前。規制なのだから。
    依存対策が自殺行為、と仰っている方もいますがそれこそが根本を理解していない証拠。この業界は「ギャンブル業界」ではない。ここは確定した事実。
    ま、この業界を「ギャンブル業界」と認識しているならそれは当然なのかもしれないがね。
    客観的に見ることが大事。自分の意見を少し引いた立場から見ることが出来る人が本当の優秀な人間。
    名無し    »このコメントに返信
  12. 「全日遊連が提言する100%以上の出玉営業を後押しするには、メーカーが出率100%以上の機械を作るしかない。」

    今の機械の設定調整で実現可能なので、欺瞞じゃないですか?メーカーの機械がそうならないと、ホールが変わらないというのは全日遊連の怠慢ですよ。

    低価交換でも少投資で当たりが沢山引ければ満足!というニーズはあると思います。だって、高設定が信用できるホールは高稼働です。全く当たらずに軍資金が切れて帰るなんて絶望感しかないですからね。
    メイン基板    »このコメントに返信
  13. なんか依存症が狂ったように爆裂機と騒いでるが、こんなの相手にしなきゃならないなんて、この業界はたいへんだな。同情するよ。できるんなら、こんな議論にならんのにな。
    風俗産業だぜ    »このコメントに返信
  14. 全日遊連がまとめた方針は、10年前からこのパチンコ日報で散々言ってること。
    今更感はあるが方向性が出てきたことはいいことです。
    業界幹部はこの日報を見開いてよく見た方がいいぞ。

    実施するにはメーカーがその台を出すこと。
    ザック    »このコメントに返信
  15. 低設定を使わないだけで
    解決すると思うんだが。
    ベタピン前提だからってこと?w
    今は等価の店のほうが少ないよね?
    何が何でも他人のせいにしたいのか?w
    業界人    »このコメントに返信
  16. パチンコ店の未来を直接的に決めているのはホールだと思うんすよね。
    機械も大事だとは思うけど何人かの人も言っているように、この全日の提言は現状でもギリギリ可能な範囲なんすよ。
    でも間違いなく今のままではやらないでしょ。というか提言もこのまま実行されることなんてないんじゃないかな。
    最低出率100%の台なんてホールは絶対に嫌うしさ。そのホールの事を考えると強制的な力を働かせる気もないだろうし。あるなら既にやってるだろうし。
    だから全日遊連の提言なんて実現されることのないポーズでしかないんだよ。
    どんな業界もそうだけどさ、力無い団体が何かを言っても意味は無いから。
    やりますよ!っていうだけのポーズ。
    言うだけなら馬鹿でもできるから。

    遊技に戻すなら間違いなくホールの利益は落ちる。当たり前だがそれをホールは嫌う。現状、提言は提言のままで実行されていないのが証拠。機械云々の話ではない。

    やっぱりこの業界の行く末を握っているのはホール。
    逆に言うなら、今の厳しい状態を招いているのはホールが馬鹿だからってこと。
    食堂の男    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す