パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

2020 年ビジターアンケートというフィッシングサイトに注意!


牛丼通行人さんから以下のコメントが入りました。

「先程、このサイトのgoogle主催の抽選会からiphone11が当選しました。
喜ばしい。お礼まで」

これは「2020 年ビジターアンケート」というフィッシングサイトに飛ばされる現象です。

「2020 年間ビジターアンケート」のトップページ画面においては、「iPhone 11」が当たるという名目でアクセスしたユーザーにアンケートへの回答を求めるというメッセージに変化しています。

次に全てのアンケートに回答すると、アンケートに回答に対するお礼として、「iPhone 11」を期間限定で格安に入手することができるという画面が表示されます。

そして上記画面の「ここをクリック」という項目をクリックすることにより、以下のように「iPhone 11」を入手するための個人情報を入力する画面が表示されるというわけです。

最終的にアンケートの回答に対するお礼と称した「iPhone 11」を入手するための個人情報を入力する画面に誘導して、ユーザーの個人情報を搾取するという目的のフィッシングサイトになります。

フィッシングサイトにご注意ください。

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 管理人様の早々のご対応に感謝いたします。
    トラブルが起こったときにこそ正しく人の本当の力は見えるものです。

    また、皆さんも他人事と思わず、ご自分もいつ何時この様なトラブルに巻き飲まれるかわかりませんので気を引き締めて欲しいものです。
    誤ってクレジットカード番号を入力した被害者を代表して申し上げると、こういう時は早々にクレジット会社にカード停止の連絡をするのが望ましいので
    日頃からどこに連絡すればいいのか理解しておくことが肝要である。
    牛丼通行人    »このコメントに返信
  2. iPhoneの型番は忘れましたが
    一昨年頃に散見した当選系フィッシング
    まだやってるところがあるんですね
    パチンコ大賞    »このコメントに返信
  3. 詐欺(笑)
    そう言えば、ドコモ銀行ってのが今、
    大変なことになってますなぁ!(笑)
    私しゃ被害に合う事は絶対にありませんがね!
    キャッシュカードに残はない!(笑)
    夏祭り    »このコメントに返信
  4. こういう古典的なフィッシング詐欺でも、引っかかる人は
    引っかかるので要注意ですね。
    ドコモ口座による抜き取りみたいに、暗証番号知られるだけで
    ドコモを利用しない人でも抜き取られるような、信じられない
    ものも出てきています。少し前に、セブン銀行などで暗証番号
    を盗み見る機械の話がありましたが、今回のドコモ口座と合わせ技で
    被害が出るやもしれません。ドコモ口座を持っていない人も、一度
    自分の口座の入出を確認しておいたほうがいいでしょう。
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  5. 牛丼通行人様へ

    今回は貴重な体験をされたご様子なので、今後の為に少々アドバイスをさせて頂ければと思います。(ご不要であればスルーで構いません。)

    HPには必ずURL(ホームページアドレス)が存在します。

    因みにこのサイトは↓と成ります。
    https://pachinko-nippo.com/?p=36016
    携帯画面の1番上の窓にはpachinko-nippo.comとしか表示されていませんが、これは窓枠スペースの都合です。
    ↑でお示しした本来のアドレスの出し方は1番上の窓枠を長押し→コピーを選択→メモ帳→新規作成→新規画面を長押し→その中からペーストを選択すれば出て来ます。(PCも同様でコピペ)

    さて、ここからが本題です。営業さんのHP URLのトップにはhttpsと表記されていますね。この文字列の最後には“s”が付いていますが、この“s”には大変重要な意味が含まれているのですわ。↓をご参照ください。(データに鍵をかけて守れという命令が「https」)

    https://time-space.kddi.com/ict-keywords/kaisetsu/20160311/
    『営業さんのサイトは安心安全ですよ。』とのお墨付きの意味合いでも使用されています。(個人の都合で勝手には付けられません。

    最後になりましたが詐欺サイトの特徴としてURLにhttpsの“s”付いていない。(httpで終わる)現在付いてない優良企業も多数存在しますが、これからの時代は必須項目かと思われます。“あなただけに”とか“急がせる”のも彼等の手口です。どうぞお気を付け下さい。
    google(ようつべを含む)やFacebookもご存知かとは思いますが、個人情報をある程度抜かれます。ご利用の際にはお含み置きを。
    名古屋人    »このコメントに返信
  6. httpsはセキュリティ通信ですよという事しかわかりません。
    通信を傍受される危険性は減るので、比較的安全ではありますが、サイトが詐欺かどうかの判別は出来ませんよ。
    通りすがり    »このコメントに返信
  7. いやはや皆様、お詳しい。
    私は予備知識がないのでなんのことやらさっぱり。
    ありがとうございます
    牛丼通行人    »このコメントに返信
  8. >通りすがりさん
    HTTPSを使うためのSSLサーバ証明書を発行する際には発行会社からの審査が入りますので、
    こういうフィッシング詐欺のような実体のない組織が使うのは難しいと思いますよ

    円天みたいな実体ある詐欺の場合審査に通るかは知りませんが
    oil    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す