パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ホールの売り上げはネット会計へ移行する時


「売り上げを誇示する時代はもうとっくに終わった。売り上げが高いからギャンブル依存症問題でも叩かれる。批判をかわすためにもダイナムのようにネット会計にすべきだ」とホール関係者が訴える。

そもそもパチンコが依存症問題の標的とされたのは、2014年に厚労省(国立病院機構久里浜医療センターの研究グループ)が発表した536万人、という日本のギャンブル依存症の人数だった。しかも、このうち8割の430万人がパチンコの依存症と指摘された。当時の遊技人口が1000万人として、その半分が依存症と言うのも乱暴な話だ。

IRカジノ法案に反対する議員や政党の多くは、この536万人を政争の道具に、「これ以上依存症を増やすカジノは日本にはいらない」と猛反対した。

それから3年後の2017年3月に発表した厚労省の数字では、280万人に半減した。

どうして急激に減ったかと言うと前回が4000人にアンケート調査だったのに、対して今回は1000人に面談調査である。しかも前回は生涯を通じて依存症が疑われた人もカウントされていた。随分杜撰な数字に皆が踊らされた。

厚労省と言えば、国の基幹統計である「毎月勤労統計」だけでなく、同じく基幹の「賃金構造基本統計」でも不適切な調査が相次いで発覚しているだけに、厚労省が発表する数字自体が信用ならない。

人を動かすための3大要素は、「論理」「感情」「信頼」であり、「論理」を構成し「感情」に火をつけ「信頼」を増すことが出来るのは、数字だ。メディアが世論をミスリードする時にも、この数字というものが非常に役立つ。

信頼性が増す数字をパチンコ業界も宣伝用に使った。

パチンコ全盛期の頃は30兆円産業と喧伝され、業界も有頂天になっていた時代があったことは事実だ。社会的地位が低かったパチンコ業界を大きく見せるためにも業界は貸し玉料を売り上げとして計上するグロス会計を否定する声などなかった。

他業種からパチンコ業界に転職した人材教育会社の代表は、90年代の業界をこう述懐する。

「パチンコ業界へプレゼン資料を作る時に、電話帳ほどの分厚い資料を読み込んでいる時に、30兆円産業と3000万人ファンという規模の大きさに物凄く驚きました。当時、トヨタ、日産などの自動車メーカーをクライアントに持っていましたが、当時の国内の自動車産業の国内市場規模が21兆円です。業界人はその数字に驚きませんでしたが、外から入ってくる人間には30兆円はとんでもないサイズです。本当に腰が抜けるぐらい衝撃的な数字でした」

業界人が驚かないのは中身のない数字だからだが、外部の人間にすれば額面通りに受け取る。

貸し玉料金でカウントするグロス会計は、例えば、1万円使って1万円勝った客がまた1万円使って1万円負けた。お客も店も±0だが、売り上げは2万円が計上される。簡単な説明であるが、貸し玉料金による売り上げは、中身のない水ぶくれの数字である。

世界のカジノやダイナムが採用しているネット会計(売り上げ-払い戻し金)こそがギャンブル産業の世界基準であり、ミニギャンブルのパチンコもそれに倣うべきだろう。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。








記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 今までに何回も何回も何回も何回もここのコメント欄に投稿をしているのだけれど、

    まずは何がどうなると『パチンコ依存症』という病気になっているのかを、
    そのうち定義付けを最初に決めなさいよ!!

    いったい何がどうなると『パチンコ依存症』なの?
    何をもってして『ギャンブル依存症』と診断されなければならないの?

    パチンコの打ち子や打ち子グループの親方もパチンコ依存症になるの?

    パチスロで設定判別や閉店チェックをして朝と夜の短時間だけ遊技をしてこづかい稼ぎをしている人も依存症なの?

    年収数千万円以上あるお金持ちが毎月平均10万円負けたら依存症なの?

    生活保護費を受給している人がその生活保護費をパチンコで散財するのは構わないの?


    まずはいちばん最初に行う事は、
    その人その人それぞれ個人個人の収入額と、
    その収入額の中の何パーセントがパチンコに使われているのかどうかとか、
    パチンコで借金をしてるかどうかとか、
    そういう所から始めなくてはならないと思うのですが?

    どういう訳なのかよく分からないけれど、
    【パチンコ依存症度診断テスト10の質問】なんかを何種類か目を通して見ると、
    過去にパチンコやパチスロを遊技した経験のある人達なら全員が、
    『あなたはパチンコまたはパチスロ依存症の可能性があります。』
    といった答えに誘導されるように作為的に作られているとしか思えないようなテストばっかりなんだよね。

    最初の【パチンコパチスロ依存症度診断テスト】の段階からおかしくなってるよね(笑笑)
    イケロン    »このコメントに返信
  2. 今日の批判は「都合のいい時だけグロス会計使って、都合が悪くなったからやめるw」
    でしょうね。言われてもしょうがないか。
    ただ、グロス会計はハッタリかますのに都合がいいものだったから採用していたわけで、
    やめるとなればそのハッタリは今後通用しなくなる。
    パチ業界はこれだけの規模なので、容易に潰すことなど出来はしない、という
    持論があったが、ネット会計で本当の規模を提示した際、
    「この程度の規模の業界なら、潰しても問題ないよね」と言われたら、どうします?
    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  3. イケロン氏の言う通り依存症の定義付けが出来てないのに
    依存症対策(笑)など出来る訳がない。
    というか本気で対策したら業界が立ち行かなくなるし
    世間への申し訳程度のアピールだろう。

    そもそもパチ依存の何が問題なのだろう。
    借金しようが何しようが本人の望んだことなので
    他人がとやかく言うべきではない。

    むしろ比喩ではなく本当に死ぬ程のめり込める趣味を
    もてるのは幸せなんじゃないだろうか?

    それに負けた奴のおかげで他人も稼げて幸せになれるし
    なんの問題もないじゃないか
    勝ち組    »このコメントに返信
  4. パチンコ依存症だらけですよ、日本は。じゃなければ日本全国津々浦々に存在できるわけがないので。休憩所は金ないのに居座ってる年寄りばかり。自分が駅前の店に行ってるせいかホールの休憩所は家のない年寄りの居座り場所になっている。依存症になって家失くしたのかは知らないけど。
    皆依存症です    »このコメントに返信
  5. 依存症? パチンコに関わる人全部が依存してる

    もし依存症が有るならパチ業界が無くなれば依存が無くなるw
    ですよねw    »このコメントに返信
  6. パチンコに起因する生活不全・障害=依存症でしょ。
    今は殆どの人が低レートで生活破綻しない支出範囲の遊技と
    して上手く付き合ってるよ。

    0.2パチなんて1時間ノーヒットでも支出額は1k円。
    依存破綻のしようがない。

    まあ業界自体がこぞって健全な遊技者殺しにかかってるか
    ら、某氏みたいな辞められない依存症の「割合」は増えてい
    くかもね。
    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  7. 低レートでうまく付き合っている。
    というのはあくまで生活破綻しないというだけであって依存症かどうかの判断にはならないと思う。
    無職で社会生活をせず毎日のようにホール通いしていても生活破綻さえしなければうまく付き合っていると言えるのか?
    今の時代、無職になったからとりあえずパチンコで生活、なんてまず無理。
    勝ち組さんのように自覚をもってパチで生活している人以外、惰性で毎日をホールで過ごす人は生活破綻をしていなくとも個人的にはそれは依存症だと思う。

    あと、いつも現れる「依存症かどうかの定義を出せ」という輩。
    依存症かどうかの線引きなどハッキリと出来るわけがない。
    輩本人が言っているようにケースバイケースだ。
    だが国としては生活破綻する人が多い限り、放っておくわけにはいかない。
    厚労省はある程度の基準をもって調査しているでしょう。
    最初こそあいまいだったのか530万人だったがそこから280万人へ減ったのは厳しい基準へ変更されたからでしょ。
    こういうものは基本的に連帯責任だ。
    自分はこうだからとか自分はその括りではないと言っても、大多数が自分と違うならそれは間違いなんですよ。
    通りすがりがりがり    »このコメントに返信
    • 通りすがりがりがり 様へ

      ですから通りすがりがりがり様のおっしゃる通りに、
      個人個人のケースバイケースによりパチンコ依存症の定義はひとりひとりに対してはバラバラに分けて考えるようにしなければ、
      簡単なテストなんかで分かる物では無いと私は書いておりますが?

      むずかしいですか?
      イケロン    »このコメントに返信
    • そもそも依存症か何か知らないですが本人とその家族の
      問題なので社会問題としてとらえる事じゃないのでは?

      本人の自由意志で散在しているんだし笑

      たまにたけぼーブラザーやカフェオレとなんちゃらみたいな
      度が過ぎたクズも出てくるけど、そんなクズはパチが
      なくても他で散在するだろうし、ほっとけばいい。
      勝ち組    »このコメントに返信
  8. 通りすがりがりがり氏

    >惰性で毎日をホールで過ごす人は生活破綻をしていなく
     とも個人的にはそれは依存症だと思う

    では、依存症対策が功を奏したら、打ち手は誰一人居なくな
    りますね。

    パチにより生活のクオリティが下がっていないのであれば、
    趣味の範疇と同じで全く問題ないのではないですか。
    パチにより明らかに本人や周囲のQLが下がるから依存症は
    問題になってる。
    貴方の理論では、毎日ささやかな晩酌を楽しみたいので、第
    3のビールにして毎日1本ずつ飲んでいる人まで「アルコー
    ル依存症」と言う括りになってしまう。

    方やケース・バイ・ケースと言ってるのに、もう一方では依
    存書だと思うで決めつける。
    主張に一貫性が全く無いですね。暴論も甚だしい。



    >大多数が自分と違うならそれは間違いなんですよ。

    では、マイノリティーは全て「間違い・正しくない」で片づ
    ける訳ですか。
    数が多い方・声が大きい方に属していれば安心という、完全
    に思考停止した衆愚社会の賜物ですね。貴方は。
    現役ヘビースモーカー    »このコメントに返信
  9. 個人攻撃は止めましょう。前向きな議論を…
    ベン    »このコメントに返信
  10. 「覚せい剤依存症」は
    覚せい剤を買うために多額の借金をして生活を破綻させたり
    周囲を巻き込んで破滅して初めて依存症なんですかね?
    oil    »このコメントに返信
  11. 依存対策もそりゃ必要だけどその前に

    店の不正どうにかしたら?

    釘の問題未だ片付いてないでしょ。脱法イベントの取材関係もそうだしさ。他人の話する前に自分の足元綺麗にしてから依存問題だの言うべきじゃない?
    斜陽の影    »このコメントに返信
  12. アンチの極論は、ギャンブルが消滅すればギャンブル依存症で自死・生活破綻する人はいなくなる。ですよね。

    仮に賭け事した人が全員ギャンブ
    依存症になるならば、パチンコは消滅。競馬も宝くじもカジノも消滅。ですよね。

    でも、現実としてギャンブル依存症はギャンブルすると一定割合でかかる疾病。遊技人口が多いパチンコは目立つ。ギャンブル依存イコールパチンコ依存。業界としては放置できない問題。

    じゃあ、
    日本におけるパチンコに依存する人の有病率がわからないんですよ。データがないので実態把握出来ない。
    厚労省はギャンブル依存症が疑われる人として統計出してるけど、有病率じゃないからね。
    メイン基板    »このコメントに返信
  13. そのうん兆円産業なんて言われていた頃はテレビのゴールデン帯スポンサーになっていたり、格闘技のリングにでかでかと名前が載っていたり、プロ野球中継のフェンス看板でも見たような。ユーチューブを漁ると当時の古いパチンコ特集番組も出てきますね。大型新規店では大理石便所とか、(その頃登場した?)各台テレビ付きとか、銀玉ではあきたらず「金玉」なんてのもありましたね 笑
    けれども当時はしっかり「出玉」が伴っていましたから。対して最近のはねえ・・?つい先日記事の大型店はちゃんと玉出てますか?
    横並    »このコメントに返信
  14. 私が言っていることは一貫していると思うのですが。
    依存症云々は個人的な意見を述べているつもりです。

    >依存症対策が功を奏したら、打ち手は誰一人居なくな
    りますね。

    なぜそうなりますかね。
    私の文章を抜粋して仰ってますがそこだけじゃなくその前の流れもちゃんと汲んで読んでくれています?
    私は「無職で社会生活をせずに~」と前段階で書いています。

    >依存症対策が功を奏したら、打ち手は誰一人居なくな
    りますね。
    (重要なので二度目)

    ということはあなたは今パチンコホールには無職で社会生活が送れない人間しかいないと思ってるのですか?
    そんなことないですよね。職を持ちながら空いた時間で趣味を満喫している人なんてごまんといるはずです。

    あなたも言ってますよね、「パチにより明らかに本人や周囲のQLが下がるから依存症は問題になってる。」と
    私もそこが基本です。
    無職で社会生活もせずに~のような人がそこに触れているのでは、と思っているわけです。


    AL依存の話を例にしていますが、そもそも前段階で上記のようにその理論が崩れているのでスルーしようとも思いましたが少しだけ。
    500ml缶ビールを毎日1本飲み続けることは危険な量に相当します。
    350でも毎日なら依存症になる恐れがあるでしょう。
    第三のビールだろうとALなのは変わりません。
    そしてAL依存は中毒へ進行します。
    ギャンブルの精神的なものではなく身体的なものです。
    比べるには無理があると思いますが。
    ここをもしビールから発泡酒、発泡酒から第三のビールへの流れを、パチンコでの4円から1円、1円から0.2円へとの流れの比喩解釈なのだとしたらそれこそ自分の意見とは反対です。
    AL依存の場合でも、ビールから第三のビールへ変われば依存症の度合いが軽くなる、とはなりません。
    逆に安価になり手に入りやすく依存の度合いが増すことが懸念されます。
    パチンコでも安価になればなるほど楽に遊ぶことが出来、依存度が増すと考えています。
    低レートが依存症者を増やしているというのが私の意見です。
    まぁギャンブル依存かパチンコ依存かで言われればパチンコ依存でしょうけど。



    後半のケースバイケースというのは、「国」が調査する上でこういうモノにハッキリとした線引きをするのが難しいと言っているだけです。私の主観じゃないですよ?「国」が調査する上で、です。ケースバイケースなのだからいちいち個別には対応が難しいだろ?というところなのです。だからある程度の全体ラインが必要であり、厚労省は手探りではあるがそれを基準として持っているはず、というところです。一貫している理由わかります?

    マイノリティ云々もちょいと誤解されてます。
    「間違い」という言葉がダメでしたねすいません。
    対策を講じる側からすれば少数派を切り捨てることもやむなしと言っているんです。
    残念ながら政策とはそういうものです。だから連帯責任と書いてます。
    依存症対策を国が施行するならば、個別にやることは少ないのではないでしょうか。ラインを決めて運営する側に何かしらの規制を全体にかけるようなやり方しかないと思います。
    国がやらずにメーカーやホールがやるにしても個別に査定し実施などまず無理です。
    そういう場合、仕方ないですが少数派である依存していない人らはその依存症対策に従わなければならないわけで。
    決して少数派が間違いというわけではありませんので。

    大体にして一言いいますが「上手く付き合っている」というのは何が根拠でどの程度ですか?
    私と同レベルの私見なのでは?違ったらすいません
    多少私の言葉足らずなところもありましたことをお詫びします。
    通りすがりがりがり    »このコメントに返信
  15. 私も休みの日には朝の開店時からパチンコやっていたぐらい好きでした。こずかいが無くなるまでやるし、下手すると携帯代や保険料までつぎ込んでいました。(翌月は2か月分まとめて払うのできついですが)
    もう辞めて8年以上になります、財布の中を見て冷や汗をかくあの緊張感を味わういことは出来ませんが。
    周りに迷惑を掛けなければどれだけパチンコをやろうが自由だと思います、その結果がどうなろうが自己責任で。
    雷電    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す