パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

メーカーに挑戦して欲しい困難なモノづくり


時計の針を過去に戻すことはできないが、人間は過去の失敗を反省して、同じ過ちを繰り返さないことはできる。

業界が大衆娯楽とかけ離れだしたのは確変が認められたCR機からだが、決定的にしたのが4号機時代からだ。合法的賭博機とも揶揄された4号機は裏モノを必要としないほどの連チャン性能を発揮した。時には100万円分も勝てるとなれば、サラ金で借金してまでサラリーマンや主婦までが追っかけた。それがサラ金の総量規制にもつながった。

保通協試験を合格したとはいえ、警察庁としては合法賭博機をいつまでも市場で稼働させるわけにはいかず、4号機は強制撤去されることになる。4号機時代、ホールだけでなく、専業が出現するぐらいお客も儲かった。

4号機撤去によってその稼ぎ頭を薄なうことに恐怖を感じたホールの中には、4号機時代の終わりと共に、撤退したところもある。

この時、ホールは4号機ショックから抜け出すために、高射幸性のパチンコのMAX機に注力すると共に、等価交換営業に舵を切り始めた。4号機撤去によって失った利益を確保するには、パチンコも等価営業が手っ取り早かった。

パチンコの等価で大手が成功すると、競合店は対抗策上、等価に走らざるを得なかった。

そこに一物一価の指導が入ると、好調だったスロットの交換率に合わせて、パチンコは等価ではなかったホールまでがスロットの等価に合わせた。

元々、パチンコの等価は釘調整も難しく、遊ばせるゲージを作れる優秀な釘担当者もそうそういない。

パチンコ営業の基本は、玉を出しても交換差益があるので、最大160%まで出しても赤字にはならなかった。ところが、等価営業は100%以下の出率で集客しなければならず、そんな営業方法が長続きするものではないことは分かる。

最大の“被害者”はハネモノだろう。ハネモノは鳴かせてなんぼ、拾ってなんぼ、Vに入ってなんぼ、という機械特性がある。これが、等価交換によってものの見事に潰されてしまった。

鳴かない、寄らない等価釘ではそりゃ、打ってもらえない。鳴かせて、寄らせて、Vは運次第、という基本ができていないのだからハネモノ好きでも打たなくなる。

100%以下の出率にユーザーが疲弊するのに時間はかからなかった。年々減少する遊技人口がそれを現した。

客のおカネが続かないことに気づいたホールの一部が、4円の4倍遊べることを謳い1パチ営業をスタートさせる。各地で成功事例が出ると、瞬く間に全国に広まる。4円ではおカネが続かないユーザーが、水は高いところから低いところへ流れるが如く、1円にどんどんシフトしてきた。

4円は閑古鳥が鳴き、1円は賑わった。

すると、4円が揮わないことで、ホールの売り上げ、粗利はどんどん下がる。4円の時ほど儲からなくなったので、ホールもコストのかかる機械代を削減するようになる。すると、メーカーは新台が売れなくなり、上場メーカーの中には赤字決算を連発するところもで出てくる始末。

ホールの営業が1パチ主体となり、新台を買わなくなった。1パチは中古で回すことが当たり前だからだ。2005年は年間約400万台は売れていた新台が、2017年度は133万台まで減少している。このまま店舗数が減れば、100万台を切るのも時間の問題だろう。

メーカーが機械代を上げるのは、「ホールが新台を買わなくなったからだ」と責任を転嫁する。

そんな責任のなすりあいよりも、メーカーはやらなければならないことがある。

ドラマ下町ロケットで佃社長が社員にこんな熱弁を揮った。

「技術者として、時代の先を行かなきゃ、いずれ時代に取り残される。だから、その前に俺たちも変わらなきゃいけないんだよ。これは無謀な挑戦かもしれない。でも、この挑戦があるから、未来は救われる。夢は形にできる」

パチンコ業界だってメーカーが挑戦をしなくなったら終わりだ。

たとえば、ハネモノは等価によってホールに持ち味を殺されてしまったわけだが、高価交換でも、ホールが触ろうとも、ブンブン鳴かせることができて、玉を拾うハネモノを開発するだけでも、ハネモノファンが戻ってくる。

メーカーには困難と言われるモノづくりに挑戦して欲しい。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. そんな気概のあるメーカーなんて、今あるのでしょうか?

    無理だろうな    »このコメントに返信
  2. 銀座が出した「バズーカ」の普通機ですか。
    鳴きまくり、当たりまくり。でもぼろ負け。
    楽しくも何ともない。

    やっと更地に。嬉しい。    »このコメントに返信
  3. 是非頑張って借金してでも養分が打ちたいと思える台を開発してほしい。

    幸せくんやカス丼みたいなカスが涙目になって負けるのを尻目にわれわれ専業が稼げる
    ような射幸性が高い機種の開発を望む

    勝ち組    »このコメントに返信
  4. どんなものを作ろうとホールが儲けるようにできてるのは変わらない。
    そして、客寄りに作れば作るほど逆にホールは儲からないので結果ホールは買わない。

    ということは結局この業界おはこのお家芸である客を「騙す」「誤魔化す」というものに頼ることになる。
    もうそれに騙される打ち手も少ないと思いますよ。

    通行人    »このコメントに返信
  5. 皆様、新年明けましておめでとうございます。

     最近の羽根物は、Vゾーン入賞後の最初のラウンド数抽選にて8が表示されればほとんど8ラウンド、15が表示されれば15ラウンド継続がほぼ約束されてしまうような、パチンコ玉の動きやVゾーンへの入賞が楽しめない羽根物ばっかりになってきてしまっているように思えますので、

    Vゾーン入賞後の最初にデジタル抽選にて継続ラウンド数を決めると言うような方式は撤廃して、
    いついかなる場合でも8ラウンド、または15ラウンドまで継続する可能性のある、以前のような自力継続型の羽根物に戻すようにするべきではないのかなと思います。

    Vゾーン入賞後にラウンド数抽選のある羽根物はつまらないです。

    イケロン    »このコメントに返信
  6. 業界ぐるみで特許ガチガチにして
    新規参入させないんだもん

    日工組の責任じゃないの?

    うに    »このコメントに返信
  7. 挑戦とか言ってメーカーにリスクを押し付けてませんか?
    まず、メーカーが現状として挑戦してないという理由を説明してもらってもいいですか?

    メーカーはお客であるホールに、どう扱われるか決められないんです。それでもメーカーは羽根モノを開発してるじゃないですか。開発費未回収となるリスクを負ってるのはメーカーなんです。

    そもそも、貴方はホールが触る事が前提の話をしていますよね?
    たとえ、ブンブン鳴かせることができて、玉を拾うハネモノをメーカーが開発しても…ハネモノファンが戻ってくる以前の問題として、ファンに還元できないんでしょ?

    そもそもホールが購入しないよね⁈となればメーカー潰れるよね?

    挑戦とか言ってメーカーにリスクを押し付けてませんか?

    メイン基板    »このコメントに返信
  8. メーカーはけっこうチャレンジしてると思うけどな。
    それをぶちこわしてるのがホールでしょ?
    どんだけいい台だって、
    あんだけ回らなけりゃ評価されるわけないもん。
    ファンを減らす元凶はメーカーではありません。
    ホールです。

    納沙布    »このコメントに返信
  9. 本文にあるような楽しいハネモノ、打ったことが無いです。
    そういうハネモノで「娯楽を堪能」したいです・・・。

    一般遊戯者    »このコメントに返信
  10. 頭が痛い

    寿司    »このコメントに返信
  11. メーカーは国の考えに従いたいがホールは射幸性で客単価を上げたい。結局は勝ち組みたいな専業を喜ばせ一般客が一人一人退場していく様な機械選びになってしまう。
    専業を食わせてホールに得くがあるのか?働かないクズカス相手に肝心な遊技客が居なくなる現状ではパチンコの存在価値はマイナス以下だ。

       »このコメントに返信
  12. 人昔前はメーカーが新台を買わす
    メーカーが強い言ってたが、
    今はホールが強いよね。
    出なくして客飛ばしてはメーカーの
    開発能力無いみたいな。
    でもメーカーもパチンコやスロットに
    見切りつけてきてる今。
    いいように業界が死ににいってるな。

    底辺業界    »このコメントに返信
  13. パチンコ屋が儲けに走り過ぎた結果が今の有り様でしょうね。AKBを初めて出した時に釘は閉めない事がメーカーからの指示だったような?でもそれは客の勝手であり、あっという間に客が逃げたよね!パチンコ屋が釘閉めすぎて。
    ここぞとばかりに客が来ると回収する馬鹿な管理職が業界から退場しないと何も変わらないわ

    たま    »このコメントに返信
  14. こんなにメーカー寄りの意見が多いなんてビックリですね‥‥
    メーカーの人間なんて、散々機歴販売やら抱き合わせやらでメチャクチャやってきて結果ホールの経費が圧迫してユーザーを地獄に落としてきたような奴等なんだから罵詈雑言何言われても仕方がないと思いますけどね。
    まあでもホールのカス管理者も擁護出来ないレベルのゴミクズばかりですからこちらも叩かれても仕方ない
    メーカーとホールと警察
    こいつらのせいでどれだけの命が失われてきたことか‥‥

    パチンコがなくなれば幸せ    »このコメントに返信
  15. これからのこの業界に対する外的の恐怖要因であるいくつかの問題が浮き彫りになっている現状でも、「協力」「協調」「連携」などという言葉とは正反対で、まーだ互いに足を引っ張り合っている状態なのだから、そんな中で外野がどうのこうの言ってもまったくの無意味だと思います。
    正直、このサイトの存在意義も薄れていると感じます。
    こういう議題を見るたび失礼ですが冷笑してしまいます。
    その上、ちょっと普通では考えられないような、一般人が目にすると不快に思うようなコメント内容の投稿も最近では承認されていますしね。

    支柱そのものが腐っているのだからその状態で何かをやっても応急処置に過ぎません。
    腐った柱は丸ごと変えなければなりません。
    組織的に言えば頭だけ挿げ替える意味もありません。
    中身全てが180°変わらない限りこの業界の衰退は止まりません。

    この業界に住んでいる人間の世界は狭すぎるんだと思います。

    凡人    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す