パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

パチンコと親和性の高かったサラ金業を反面教師に


消費者金融問題に詳しい大学教授が、親和性が高い消費者金融業界とパチンコ業界を対比しながらこう警鐘を鳴らす。

「パチンコはなくても生活できる。自分たちの立場をわきまえないとサラ金業界の二の舞になる」

サラ金の全盛期は2002~2003年で、当時は全国に2万7000社がひしめき合っていた。

サラ金が急成長したのは1990年代初頭のバブル崩壊後。経済的に苦しくなってきた家庭が増える中、93年に自動契約機が導入され、それまで深夜帯に限られていたテレビCMがゴールデンタイムに流されるようになる。

この時期に一世を風靡したのが武富士ダンサーのCMだった。女性専用ダイヤルを設け、主婦でも借りやすくなった。

これらの追い風を受けてサラ金業界は急成長していく。96年~98年はアコム、プロミス、アイフル、武富士など大手業者が相次いで上場した。

この90年代の動きはパチンコ業界と似通っている。

93年にはCR機で確変2回ループの花満開が爆発的にヒットして、主婦層も虜にした。

95年には市場規模が30兆円に達する。

UHF局の深夜帯のみに流れていたパチンコのテレビCMがゴールデンタイムでも解禁され、97年に平和がメーカーの先陣を切って東証一部に上場を果たし、SANKYOも後に続いた。

サラ金業界と同様の日陰者的存在だったパチンコがどんどん表に出てきた。

サラ金が問題視されたのは、ヤクザまがいの厳しい取り立てだった。ほとんど脅迫、恐喝に近く、多重債務者は借金苦から自殺者が出た。

多重債務者問題を野放しにすることはできなかった。弁護士らがグレーゾーン金利廃止を求めて動き出す。2006年1月、最高裁はグレーゾーン金利を認めない判決を下したことから、過払い金利返還訴訟が全国で起きる。大手だけでも返還金は1400億円に上った。

そして、現在、消費者金融業者はピーク時の2万7000社から2000社まで激減している。

「国民生活に影響を及ぼすものは規制を受ける。今のパチンコは国民に遊技を提供していない。パチンコ業界の立ち位置は手軽なギャンブル場。行き過ぎたギャンブル場は臨界点に達していながら業界からは誰も異を唱える者がいないから、行政指導を受ける。パチンコ業界の人たちは、サラ金業界の衰退を見て、自分たちに置き換えられないのか!」

さしずめ、グレー金利ゾーンの廃止が、パチンコ業界では2018年2月1日から施行された3分の2の出玉規制ということになる。

大手サラ金業者はその後メガバンクの傘下に収まり営業を続けているが、ホール業界の行方や如何に。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 負けた金を他人から借りてギャンブルする輩の気がしれない。
    もしコレが可能なら誰も借金で首括るヤツはいなくなるわな!(^o^)v
    虫がいいと思わないのかねぇ?
    ヤマモリ  »このコメントに返信
  2. ピンバック: ヤマモリ

  3. そもそも金融業の目的とは、
    本来なら実施できない莫大な資金のかかる大事業を起こすにあたり、
    広く浅く小口の市井の資金をまとめ、まとまった資金とし大事業の実施を経済面から補助し、
    企業引いては国家国民に間接的に益をもたらすものであろう。
    その志も忘れ、市井の庶民の生活費を貸し付けるなど、果たして天が許す訳がないと私は常々意見しておりました。
    そんなサラ金如きと、娯楽の王様であるホール業界を比較するとは不愉快極まりない。

    似ていると言えば、決して違法ではなかったグレーゾーン金利が一夜にして法律の解釈とやらで、違法になったことであろう。

    ホール業界も、庶民に文化として広く認知され
    玉が当たったことにより歪んた釘をおおよそ元の位置にもどすという単なるメンテナンス作業の釘調整も
    警察の法律解釈の都合とやらで違法にされてしまい、理解に苦しみます。

    警察は法をどのように実施するか独自に決めれるなら、これは法治国家として許すまじき蛮行であろう。

    ホール業界と警察で考案された三店方式も、法律の解釈とやらで違法扱いになりかねないことを考えると
    恐ろしさを感じる
    牛丼通行人  »このコメントに返信
  4. ピンバック: 牛丼通行人

    • グレーゾーン金利の撤廃は出資法の改正によるものであって、法解釈によるものではありません。

      法解釈を終局的に決めるのは裁判所です。
      警察の解釈が納得いかないなら、行政処分なら取消訴訟、刑事事件なら刑事訴訟で争えばよいでしょう。
      PD  »このコメントに返信
    • ピンバック: PD

  5. パチンコで行き過ぎとは・・・
    たかが数十万の勝ち負けなんてかわいいもんだ。
    まあ、パチンコ養分のような貧乏人には高いのかもしれんが。

    それにしてもサラ金の衰退には目を覆わんばかりだ。
    復活してパチンコとのシナジーを昔のように発揮してほしいところだ。
    大体金利なんて全部オープンにして自由に決めればいいだろ。
    お互いの合意があればなんの問題もない。
    自◯しようが自己責任。
    勝ち組  »このコメントに返信
  6. ピンバック: 勝ち組

  7. 誰も新規で
    経営出来ないでしょ
    飲食居抜き腐るほど今コロナで出てるから
    経営夢想してごらんよ

    パチンコで言えば
    都心部、台あたり賃料安くて2万前後から
    1万
    台数400台で賃800万~
    今日日、1000台当たり前
    2000万3000万の家賃と人件費、
    機械平均
    45万~50万
    20台も買えば1000万がポンと飛ぶ
    どんだけ儲けないとやっていけないか
    考えたら出せるわけもないわな
    だから文句言ってないで打たなきゃいい
    負けに行かなきゃ勝ち組なんだ
    どんだけ出さない店が悪いと吠えて
    言ったところで
    閉めても設定下げても
    いいところ利益率なんて20%も抜いてないし
    抜けてもいない
    まぁ良かった時代は15%以下の頃だった
    負けた取られた言うお金は
    養分と言う誰かの手に
    店が悪いのか?負けた誰かが悪いのか
    言える事は
    負けるな
    文句言わずにすむ程度に
    遊びと言える自分の懐具合で
    遊べって事かな
    これから日経は上がると言うが
    実経済は崩壊してる
    都心を見れば空いた物件だらけ
     »このコメントに返信
  8. ピンバック: ●

    • ホール企業が粗利を取る設定にしたり、慈善事業ではなく営利企業と言うだけで、守銭奴扱いする輩が多い中、
      あなたの様に知的で冷静な判断力を持っている人がいるのは嬉しくおもいます。
      皆さんには彼の爪の垢を煎じて飲んで頂きたい。
      牛丼通行人  »このコメントに返信
    • ピンバック: 牛丼通行人

  9. 当時の事を思うと胸が痛くなるね。パチンコとサラ金の合わせ技で業界自体はうまくバブルを掴んでたけど、借りた方は地獄。あんな世界には戻らないように政治はしっかりモニタリングしとかないといけないね。
    ベン  »このコメントに返信
  10. ピンバック: ベン

  11. まあ、分からない人には何を言っても無駄でしょう。
    淘汰されればいいんじゃないの  »このコメントに返信
  12. ピンバック: 淘汰されればいいんじゃないの

  13. 淘汰された方が業界にとってはプラスのじゃないの? 客が金儲けできないホールはいずれ客がいかなくなるから。残ったホールは残ったホールで、客が金儲けできないとなると、業界そのものがなくなるわけだから。
    匿名希望  »このコメントに返信
  14. ピンバック: 匿名希望

コメントする

コメントを残す