パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

男女関係にまつわるエトセトラ


従業員による不正が2件寄せられた。

まず、一件目は都内で700台規模のホールでの出来事。

不正を働いていたのはアルバイトの女性スタッフだった。手口は客として来店していた彼氏が座った台のガラスを開けて、スタートを指で広げる、という手口だった。しかも気づかれない程度に広げるという巧妙さだった。

犯行に及ぶ時は、両サイドに客がいない時を見計らって行う確信犯だった。

しかし、すぐにばれてしまった。

パチンコ台は防犯カメラと連動しており、台を開けるとカメラが瞬時のその台をクローズアップする仕組みになっている。ゴト対策でかなり昔から装備されている。

ホールは器物損壊で警察に突きだそうかと思ったが止めた。

アルバイトを教育する際に、こうした防犯カメラの仕組みを教えることも社内不正を未然に防ぐことにつながる、というもの。

フィーバーが登場する以前に京楽が「UFO」という名機を発売した。この機種なら指で釘を広げることは打ち止めに有効だが、セブン機でスタートを広げたぐらいでは、あまり意味はない。

二件目も都内のホールでの事例だ。

このホールではスロットだった。

ホールが気づくまでしばらく時間を要した。

店長が設定を打ち替えた台へ朝一で20代の若い男が座わるようになった。勝率が上がり毎回のように同じ人間が勝てば、ホール側も怪しむ。そこで組織的に不正を行う場合は、打ち手を変えてホールに気づかれないようにするのだが、そこは組織的犯行ではなかった。

このホールでは、朝の開店準備中に店長が設定を打ち替えていた。

設定を打ち替えるということは、前日出ていれば、マイナス設定。逆に出ていなければプラス設定、というぐらいは従業員でも想像が付く。

設定を漏えいしていたのは女性スタッフで、相手はやはりスタッフの彼氏だった。設定を打ち替えた台番号をLINEで送った。彼氏は前日出ていなかった台番を確保していた。

スタッフと勝率の高い客が一緒にいるところを同僚に目撃されたことが、設定漏えい発覚のきっかけとなった。

設定を打ち替える時間帯は、従業員が出勤する前に変えた。

次は不正ではないが、やはり女性スタッフとお客の色恋沙汰。

その女性スタッフは誰が見てもカワイイ子だった。客が恋心を抱き、プレゼントを渡した。

「お客さんからプレゼントを無理矢理渡された」と店長に報告した。

店長は後日、プレゼントを渡した客に対して「こういうことをされては困ります」と注意を促した。

「どういうこと? 手紙や金品を渡したらいけないというルールがあるの?」

男の言い分は店内ならともかく「店外で渡していてプライベートのことなのだから関係ないだろう。それに無理矢理渡してもいない」。

男は証拠を持っていた。

胸ポケットにiPhoneを入れ、動画を撮影していた。その内容を見ると男の言っていることが正しかった。

従業員のいうことを鵜のみにして、お客に不快な思いをさせたことに店長は反省した。

店外=就業時間外のことまでは、口を挟めない。にしても、男女関係はパチンコ不正にもつながる可能性を秘めている。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

  1. 自分が通う店でもあった。スロの設定漏洩。気付いたのは常連客。新参
    者見の客が毎度ツモってなぜかブン回してるのは確かにおかしな光景だった。客の間で噂になり店員と組んでたのがバレたんだけど、常連客はよく見てるよね。

    客の目    »このコメントに返信
  2. まぁわからないと思って
    やるんだろうけれど
    わかるから。

       »このコメントに返信
  3. 鉄火場だから常連さんも必死だよ、タダでさえ遠隔操作でもしてんじゃねーのかと思ってんだから、同じ奴がいつも出してたらそいつの行動を注視するだろう。
    設定変更や釘叩き(ダメだけど)はスタッフがいない時にやるのが鉄則だ。
    この鉄則を破った店長の方が問題あるよ。

    ヤン    »このコメントに返信
  4. 従業員が不正な事をしても、警察に通報しないとは…。いやはや。

    オバサン    »このコメントに返信
  5. 有名どころの話では、べラジオ横堤ですか…

    前職場が近くなものだったのでグランドオープン後(Maxタイプ全盛期)何回かは行きましたが、スロットは客層がかなりシビアだったので高設定挙動の台を空くまで待ってましたが、中々空くこと無くそう言うシビアな立ち回りが要求されるお店だと判断して触ることなく行くのを止めました

    結果、情報漏洩が明るみになって結局末端の一般ユーザーは高設定と思われる台に座ることなく遊技をしなくてはならない、戦える舞台にすら立たせて貰えない事が分かりました
    恐らく朝の抽選も引き子を並べて居たでしょうし、高設定に座ることがこんなにもハードルが高いものなのかと思わされました

    今では永遠と高設定とおぼしき台に座れることのない店に常連として行かなくて良かったと思っていますし、べラジオと名の付く店には今後行くことはないでしょう

    客の目氏の言われる、滅多に見ない新参者の人がピンポイントで高設定ツモって、カチカチ君で高設定要素を計りながら1日9000千回転とか回している姿を見ていると、自分も疑い深く思いますね

    今、自分が常連として行っている大型店もパチンコで20連30連とか、一撃5万発、合計7万発とか出している人はほぼ、見たことない人が出していると常連は言います

    まぁ、関係ないとは思いますが顔認証とかないですよね~(笑)

    りゃん氏    »このコメントに返信
  6. こんなのまさに氷山の一角。
    「男女関係はパチンコ不正にもつながる可能性を秘めている」なんて今更だ。
    まぁこんなの今更なのは筆者もわかってるはず。
    ここでも注意喚起記事は過去にたくさんあったわけだし。

    この問題はそれこそ管理がAIにでもならない限り無くならないよ。AIになったって完全に無くなるかどうか。
    この業界に住む人間は、打ち手だろうがホール関係者だろうがメーカー関係者だろうが垣根無しに視野が狭くレベルが低い。
    光ある人生から堕ちたor行けなかった人間が集まる場所なんだから犯罪行為の巣窟だ。
    日常的に犯罪行為が行われている業界などここ以外にあるかどうか。


    あと内々で揉み消すんじゃないよ。
    そういうことやってるからいつまでたっても信用が得られない。
    不正行為があったんなら正直に警察に届け、世間の目に晒すべき。そうしないといつまでたっても犬のように同じ所をグルグル回るだけ。

    一般ゆーざー    »このコメントに返信
  7. 昔からよくある話。まだ美人局とかもあるかもね

    コルレオーネ    »このコメントに返信
  8. 今は昔。大当り確率1/500 デジタル対応の一発台にリセットモーニング機能が備わっていた。

    この機械は大当りすると出玉は無制限に出るので、それぞれの店で終了個数を決めていた。(一回交換が主流)

    大当り終了後→電源を落として再投入するわけだが、ここで「リセットボタンを押しながら電源再投入」するとリセモがかかる。

    さぁ、タイムマシンに乗って30年前に行ってくれ!!

    名古屋人    »このコメントに返信
  9. 昔からあるあるだよ。もう20年以上前だが〇〇宮殿と言う店でニイガタ電子のB物「リノ」で毎日6を同一台で打っているオバサンが居た。BB2回交換だった為、積み上げも無いからそんなに目立たない。ある日、横取りしたら爺さんマネージャーが、その背中の台を開けて、堂々と6に変更!!オバサンに打たせていました。体が対価だと常連皆で言っていた。

    猫店長    »このコメントに返信
  10. 伊藤素子事件!
    パチンコなんて小さい小さい。

    ワイド    »このコメントに返信
  11. 店内アナウンスで、「当店のルールを守りながら・・・」とかいいながら、きゃくには規模しく自分には甘く。
    本当、なにをしてもいい加減でどうにもならない業界ですな、パチンコ業界は。

    無能店長    »このコメントに返信
コメントする

コメントを残す